トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

モバイルバッテリの重さを徹底比較してみた(スマホ関連)

最近、すっかりバッテリばかり購入しています。
やはり、iPhoneなどのスマホのバッテリの持ちが気になるからでしょうか。
ただ、バッテリは容量に応じて重くなる傾向にあります。

そこで、各種モバイルバッテリの容量と質量の比較を整理しようかと。

では早速、軽い順に列記します。

ANKER Astro Slim2 モバイルバッテリー 4500mAh

Anker_astro_slim2
4,500mAh 120g (参考価格 2,780円)
出力 microUSB 1Ax1(ケーブル付き)+ USB 1Ax1

cheero Palette 4400mAh 薄型軽量スマホバッテリー

Cheero_palette 
4,400mAh 120g (参考価格 2,900円)

出力 USB 2.1Ax1 USB 1Ax1

SONY 薄型FLATタイプポータブル電源 3500mAh CP-F1LSAVP

Sony_cpf1lsavp
3,500mAh 125g (参考価格 2,830円)

出力 USB 2.1Ax1

cheero Grip 5200mAh 大容量モバイルバッテリー

Cheero_grip 
5,200mAh 130g (参考価格 2,180円)

出力 USB 2.1Ax1 USB 1Ax1

Panasonic 無接点対応USBモバイル電源 QE-PL203

Pana_qepl203_2
5,800mAh 165g (参考価格 4,200円)

出力 USB 1.5Ax2(注:2ポート合計1.5A)

cheero Powerbox White 7000mAh 大容量モバイルバッテリー

Cheero_powerbox
7,000mAh 175g (参考価格 2,650円)
出力 USB 1Ax2 (注:2ポート合計2A)

ANKER Astro2

Anker_astro2
8,400mAh 190g (参考価格 2,680円)

出力 USB 2Ax1 USB 1Ax1

SONY 薄型FLATタイプポータブル電源 7000mAh CP-F2LSAVP

Sony_cpf2lsavp_2
7,000mAh 198g (参考価格 4,840円)

出力 USB 2.1Ax2 (注:2ポート合計2.1A)

Panasonic 無接点対応USBモバイル電源 QE-PL302

Pana_qepl302
8,700mAh 220g (参考価格 6,600円)
出力 USB 1.5Ax2(注:2ポート合計1.5A)

ANKER Astro3E

Anker_astro3e
10,000mAh 240g (参考価格 2,999円)

出力 USB 3Ax2(注:2ポート合計3A)

cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version

Cheero_danboard
10,400mAh 258g (参考価格 3,750円)

出力 USB 2.1Ax1 USB 1Ax1

SONY 薄型FLATタイプUSBポータブル電源 10000mAh CP-F10LSAVP


Sony_cpf10lsavp
10,000mAh 260g (参考価格 6,774円)

出力 USB 3.6Ax2 (注:2ポート合計3.6A)

cheero Power Plus 2 10400mAh 大容量モバイルバッテリー

Cheero_power_plus_2
10,400mAh 290g(参考価格 3,280円)

出力 USB 2.1Ax1 USB 1Ax1

ANKER Astro E4 大容量モバイルバッテリー 13000mAh

Anker_astro_e4
13,000mAh 308g (参考価格 3,999円)

出力 USB 2Ax1 USB 1Ax1

Panasonic USBモバイル電源 QE-QL301

Pana_qeql301
10,260mAh 490g (参考価格 4,800円)

出力 USB 1.5Ax2(注:2ポート合計2A)

ちなみに、今所有しているのはANKER製の4種。
こうして見るとANKERは容量の割に安くて軽いですね。

逆に日本の有名メーカー(ソニー、パナソニック)はやや高い価格設定のようです。
ブランドイメージ?

一方、人気のCheero Power Plus 2ですが、価格は安いですが、結構質量は大きい。
(=重い)

価格と容量、そして質量のバランスが良いのはどれか、迷いそうです。

追記:
出力電圧、電流仕様をわかる範囲で追記しました。


では!

関連記事:
モバイル・バッテリー・レビュー(ANKER Astroシリーズ)
大人気!再販も即完売!(cheero Power Plus DANBOARD version)
「ダンボ-」バッテリ再販情報(モバイルバッテリ)
やっと来ました(cheero Power Plus DANBOARD Version)

2013年6月29日 (土)

自動車の自動化不具合はPL事故となるか?(安全性)

リコールプラスで知ったトヨタクラウンのリコール。
読売新聞にも報道が載っていた模様。

トヨタ 新型クラウン 予期せぬ急制動の恐れ (リコールプラス)
レクサス IS300h/IS250/IS350 予期せぬ急制動の恐れ(リコールプラス)

自動ブレーキ、誤作動で急制動…隣の車に反応か (読売新聞)
Drawing 読売新聞

新型クラウン プリクラッシュセーフティシステム装着車のリコール(トヨタ)
新型IS300h、IS250、IS350 プリクラッシュセーフティシステム装着車のリコール
(レクサス)

要約すると、本来、自車の前のクルマなどに異常があった場合に自動で
ブレーキが作動する(プリクラッシュセーフティシステム)機能に不具合
があったということ。
ミリ波を利用するものなのだが、隣接するクルマを誤認して、安全装置で
あるプリクラッシュセーフティシステムが作動するという不具合。

単なる安全装置の誤動作なら、普段は問題にならないのですが、本件の
困る点は、本来ブレーキを踏むような場所で無いところに急ブレーキが
作動するので、後続車が対応できずに、衝突する事故に至る点。

PL法的な考え方から言えば、自動車メーカーについて、安全性についての
検討考慮が足りなかった=設計に問題がある、ということで、訴訟しても
よいかもしれないレベルの不具合。

ただし、ややこしいのは、プリクラッシュセーフティシステムと事故の
因果関係を明確に示すことができるのか、という点。
後続車が安全な車間距離を保っていれば、前車が急ブレーキを掛けても
止まれるはず、という論理も成立するところ。

ただ、今回、トヨタ(レクサスブランド含む)が例のリコール問題で
教訓を得たのか、迅速に対応(リコール)したことが印象的。
アメリカなら十分訴訟(民事訴訟を含む)できるでしょうし。

ネット上は、こういう安全装置を過信すべきでない、という意見もあり
興味深かったです。

もっと驚いたのは、今回の不具合の対応をソフト改変で対応すると
公式サイトに記載があった点。
要は、認識するエリアの範囲をソフトで制御できる設計になっている
ということ。
ミリ波のハード的な改善じゃないのが面白い。

本来なら、飛行機じゃないけど、冗長設計にして、2カ所以上の距離の
認識で本当に事故に至る可能性が高いと瞬時に判断してブレーキを
作動させる仕様にするのかなぁ。

なかなか興味深い技術です。
そのうち、「日経ものづくり」などの専門誌に今回の不具合詳細が
出ると思うので、是非確認してみようと思います。

では。

極短Lightningケーブル購入(Apple iPhone関連)

最初にお断りしておきますが、一応、「非純正」です。

購入したのは以下のモノ。

Logitec Apple認証 (Made for iPhone取得) Lightning - USBケーブル LHC-UALシリーズ
Lightning_cables_10cm
ロジテック製です。
10cmのホワイトを選択。
お値段はAmazonで1,500円程(高い!)

購入目的は、最近入手したモバイルバッテリと一緒に持ち歩くために
ちょっと短めの充電ケーブルが欲しかったから。

もちろん、最初、Apple純正のmicroUSB-Lightning変換ケーブルも検討しました。
Apple Lightning - Micro USBアダプタ MD820ZM/A

Md820zma
これにしなかったのは、
・定価が1,800円で高いこと(でもよく考えると短いケーブルも高いけど)
・安い物は正規品でないので怖い気がした
・小さすぎて無くしそう

という理由から。

で、早速届いて、カバー付きのiPhone 5に挿そうとすると・・・
挿せない!?

なぜか?
理由は簡単でした。

Logitech_lightning_cable

上が純正の(iPhoneなどに付属する)Lightningケーブル。
下がロジテックのケーブルです。
特徴は、本体挿入部分が微妙に短いのと樹脂モールド部分が
かなり分厚く大きいことです。
(改めて、Apple純正Lightningケーブルはチップ内蔵であの薄さ、小ささ
圧倒されたりもしましたが。)

iPhoneカバー(ジャケット)を変えると使えましたが。
短すぎて、PCとのデータ転送に使うには不向き。
(それでも問題無くiTunesによる同期は成功しました。)
充電も一応できましたが、ちょっと残念!

さて、そこで結局まがい物(?)のmicroSD-Lightningケーブルを購入。
それは次回にでも。

では!

関連記事:
安物のLightning-microUSBコネクタを試す(iPhone関連)
Apple Lightning - MicroUSBアダプタ(MD820ZM/A)レビュー
Apple Lightning - USBケーブル0.5 m(ME291ZM/A)レビュー

2013年6月28日 (金)

中古価格が高値推移中(SONY Xperia Z SO-02E)

好評のうちに生産台数終了となったドコモ SONY Xperia Z(SO-02E)ですが
販売終了に伴い、中古市場も結構高値になっていますね。

So02e_xperia_z

上記は一例ですが、新品で約67,000円。
上記写真の中には無いのですが、特に人気の高い色(パープル)だと
新品で7万円台、中古でも6万円後半という高値が付いています。

既に購入された方は大事に使いましょう。
使って、売りに出しても購入時よりも値上がりしているかも(?)

しかし、やっぱり残念だなぁ、生産終了。
もっと仕込み台数を多く見積もっておけば、SONYも儲かったのに。。。

では!

関連記事:
早くも生産終了(docomo Xperia Z SO-02E)

追記:2013/6/28

パープルの価格がありましたので再掲。
So02e_xperia_z_2

「ダンボ-」バッテリ再販情報(モバイルバッテリ)

すまほん!!さんのブログに情報がありました。

「ダンボー」バッテリーの再販、7月3日午後3時から実施とアナウンス ― 転売業者には法的措置も

Danboardcheeropowerplus

水曜午後3時か・・・
仕事中だなぁ・・・(汗)

で、今日のアマゾンでの「悪徳業者」の値付けはこんな感じ。

Danbo_battery
(クリックで拡大表示されます)

元値が3,750円なのに・・・18,900円ですかぁ。。。

どう考えても、人気もあるんでしょうけど、転売目的の買い占めも
多かったんでしょうねぇ。。。

さて、今度は入手できるでしょうか?
欲しい方、購入できるといいですね。

では!

関連記事:
大人気!再販も即完売!(cheero Power Plus DANBOARD version)
やっと来ました(cheero Power Plus DANBOARD Version)
モバイルバッテリの重さを徹底比較してみた(スマホ関連)

2013年6月25日 (火)

USB機器の電流測定器(CT-USB-PW ファーストインプレ)

コレ、結構楽しいです。

[CT-USB-PW] USB Power Meter (CENTECH)

何ができるかというと、USB機器の電流値の変動とピーク値、電圧値変動とピーク値を
表示できるというもの。

軽く、印象をレビューします。

良い点:
安い(2900円位で購入できました)
給電方式はUSBから取る発想が新鮮

ちょっと残念な点:
被測定側(メス側)のコネクタはちょっとだけ挿しにくい点

特別何か、コレがあるといい、という物ではないのですが、
手元のデバイスの消費電流を簡単に測れるのが楽しい!

ちなみに、iPad Retina/iPad 3rdは約2.05Aでした。
やはり2.1A仕様なんですねぇ。。。

参考値:
iPad mini 約1.46A
iPhone 5  約0.99A

あれ?iPad miniは5V 1A用のACDCアダプタが付属なのに、足りるのだろうか?
(この時の計測は、12W Adaptorを使用したので問題なかったのですが。)

早速、あの四角い小さなアダプタ(5Wタイプ)で給電して計測しました。
結果は・・・何と、0.92A!

問題ないですね。
面白いです。
純正でないタイプのアダプタだとどうなるのでしょうかねぇ?
非常に興味が尽きません。

<結論>
iPad miniの充電には2Aクラスの出力の電源アダプタを使う方が早く充電できる(かも)

まあ、高速充電に向かないバッテリもあるので、お勧めはしませんが、
多分大丈夫でしょう。

せっかくなので、計測した動画を以下に載せます。
スケルトンでパーツが見えたり、テスト端子の部分に小さく孔が空いていたりと
デザインもイケていますねぇ。

http://youtu.be/5bm7iq0QF3A


http://youtu.be/-b4Ol1BOcyU

では!

今後の対応に期待します(パケ詰まり比較結果)

まあ、噂は前々からあったのですがこういう形でニュースで見るのは珍しい。

パケ詰まりはiPhoneではKDDI、Androidではドコモが顕著--MMD研究所調査
(Wireless Wire News)

自分の場合、auのパケ詰まり問題と通信障害が頻発したことがきっかけで
「つながらない」と言われているSoftBank Mobile(SBM)にNMPしたので、
auのパケ詰まりについて実感が無いのですが、少なくとも、SBMは問題ないみたい。

まあ、それにしても、ソフトバンクのつながりの悪さと言ったら。。。
全然、プラチナバンドなんて来ていないですね、私の周辺では。

先日も埼玉の蓮田市というところ(病院)で圏外でした。
まぁ、病院は電源OFFすべきところなのでまあいいんですが。
ちなみに、ドコモ回線(IIJmio)はバッチリ接続できていましたよ。

そんなこんなで、電話は050プラスをWiFi経由でドコモ回線を使えば
どこにいても一応連絡は付く、というちょっとひねった使い方。

あー、やっぱり、auで上述のパケ詰まりやLTEカバー率の改善、
通信回線の安定性が向上すれば3Gエリアに関してはそっちの方がいい。

あ、そうそう、ドコモがiPhoneを普通に出してくれればいいんですけどねぇ。
さて、iPhone5Sはどうなるんでしょうか?

auはiPhone回線の改善を。
SBMはプラチナバンドの広域化を。
docomoはiPhoneの取り扱いを。
それぞれ期待したいです!

では。

2013年6月24日 (月)

昔は平和だったなぁ、という話(#25年前の若者に言っても信じて貰えないこと パソコン編)

こんなツイートハッシュタグが流行っていたそうです。

#25年前の若者に言っても信じて貰えないこと パソコン編 (togetter)
パソコン版”25年前の若者に言っても信じて貰えないこと” (EeePCの軌跡)

確かに、現在の技術進歩を当時予想できていたか・・・と言うと
ある程度予想できたこともあるけれども、ほとんどが予想の斜め上
だったように思えます。

当時、そういえば、PCってこういう今みたいなGUI(グラフィック・ユーザ・インターフェイス)
でなくて、ほとんどがテキストベースのコマンド入力(コマンド・スクリプト)だったはず。

当時、会社に入って、それでもCADはありましたし、UNIXでViコマンドで
訳のわからないスクリプトを作ったりした(させられた)気がします。

もっと昔の話。
学生時代、電子科だった自分の同級生に優秀な人がいて、当時、カセットで
音楽を聴いていた時代に、「そのうち、半導体メモリで音楽聴くようになるよ
と予言していた人がいましたっけ。

彼からは色々教えてもらいました。
テレカ(死語:テレフォン・カード)には磁気テープと同じ仕組みが入っていて
それによって残高などを書き換えるんだとか。

何が言いたいかというと、当時はこういった技術そのものがまだ理解しやすかった
ということ。

今のSuicaの技術の仕組みを知っていて使っている人はどのくらいいるだろう?
何で、スマホやiPodなどで音楽が録音されるってわかっている人はどのくらいだろう?
などなど。

パソコンも別に特別なコマンドやI/O制御を覚えなくても使える時代。
そう、もう道具なのです。

昔のように、完全に自分で色々やれることが有る方が平和で牧歌的で、
幸せだったかもしれません。

そういう過去から現代への多くの先人達の血と汗と涙の結晶が、現代のハイテクを
支えている。
だから、もの凄い技術がスマートフォンに入っているし、制御も凄く難しいのに、
すぐに「フリーズした」とか「バッテリが持たない」とか文句を言っている人を見ると、
ちょっと可哀想になります。

先日もコンフィデレーションカップで日本が3敗してしまって残念ながら敗退しましたが
ネット上では非難などが多く見られましたね。
そんな時、ふと思ったのです。

「じゃあ、自分でピッチに立ってみろ」と。

普段、レビューで厳しいことを書いている自分も、じゃあ自分で作ってみろ、
と言われたら正直辛い。
難しいことをやっているエンジニアの方々、本当にお疲れ様です。

Appleも気が狂うような残業とムチャクチャなスケジュールで過去製品開発していた
というのは有名な話。

(自分の勤務している会社も昔は、その周辺では「不夜城」と呼ばれていた。
 そう、みんな、夜遅くまで残業するのが当たり前だった。)

そういった、現在ではブラック企業と呼ばれる多くの会社の従業員の努力の
お陰で安くて高度な技術の製品を買うこと・使うことができるのです。

感謝なことです、ホントに。

長くなりました。すみません。

では。

統一球問題・・・結局、正しい物に変えたのか?(野球)

どうもすっきりしないんですよね、統一球問題。

“ルール違反”統一球に自身の署名。
加藤良三コミッショナーの責任を問う
。 (Number Web)

上記記事によると「アグリーメント違反」
つまり、今年は同点の場合、12回まで延長しますよ、といったルールと
同様に、反発係数もこの範囲にしますよ、というのを破っているということ。

ちなみに、この統一球ですが、問題「発覚」後、あるべきものに戻したのでしょうか?
どうもそういう話を聞かないんですけど。

うやむやのうちに、反発係数の大きなものをなし崩し的に使うようになっていないよね?

こういう行為=勝手にルールを破りそれをそのまま使う、
ということは、本来やっちゃいけない。

日本って、契約という考えが弱いんだろうなぁ。
ルール破っても、「私は知らなかった」で済ませたりできるという神経が理解できない。

なんて思ったのです。

で、結局、正しいボールに戻したのでしょうか?
謎です。

では。

2013年6月23日 (日)

NOTTVが大赤字らしい(モバイル)

ドコモの鳴り物入りで始めたサービス「NOTTV」が赤字だそうです。

ドコモ「NOTTV」は売上「11.4億」営業損失「216億」の大赤字 (すまほん)
Nottv
ちなみに、この名前の由来ってご存じですか?
not TV つまりTVではない、という新しいメディアを目指したそうな。

最近、100万人を超えたとか報道があったと思ったけど。
「NOTTV」契約者数が100万人突破 (ケータイWatch)

果たして、これからどうなるんでしょうね?
ちなみに私は・・・まだ未経験ですw

では。

追記:
100万人突破キャンペーンをやっているらしい。
Notty  nottv

このキャラ、考えた人はプロのデザイナーなのだろうか・・・?
かわいくないんですけど(涙)。。。

関連記事:
NOTTVが酷いことになっているらしい(MEDIAS TAB N-06D)
NOTTV、終了のお知らせNOTTV、終了のお知らせ

あと1万円でMacBook Airに手が届く(REGZA Tablet AT703/58J)

Tegra4や高解像度ディスプレイを搭載した、REGZA Tablet AT703/58J

Tegra 4搭載タブレットが初登場、ペン入力も可能 (Akiba Watch)

Regza_tablet

しかし、価格もそれなりです。

Price_regza_tablet_at703

うーむ。

MacBook Air 11が確か98,800円から買えたはず。

Macbook_air_price

もう少し、価格についてもバランスを考えて設計・開発しないと
なかなか、厳しい戦いになるんじゃないかと。

頑張れ、日本!

では。

挑発的?パロディ?ジョーク?(PLANEX)

挑発的?パロディ?ジョーク?

「素人志向」な製品がプラネックスから登場、玄人志向に対抗?
(Akiba Watch)

Shirouto_shikou

PCパーツで有名な「玄人志向

Kurouto_shikou

それへの対抗心?

それとも、普段、設定が難しいプラネックス製品に対する反省なのか?

本当に「素人志向」の設定が易しい製品をお願いしますね、プラネックスさん。

関連記事:
PLANEX、プラネックスコミュニケーション評判(まとめ)

哀しい自作自演レビュー(Planex CQW-MRB2)
Amazonレビューの偽装?(PLANEX PL-CRMicroU)
モバイルルータCQW-MRBの評価は本当か?(Amazon)

モバイルルータ CQW-MRBレビュー(その1)
モバイルルータ CQW-MRBレビュー(その2 接続編)
モバイルルータ CQW-MRBレビュー(その3 総括)
モバイルルータ CQW-MRBレビュー(その4 画像編)
PLANEXの対応って。。。(モバイルルータ CQW-MRB)

こっそり「対応情報」を変えるPLANEX(モバイルルータ CQW-MRB)
こっそり「対応情報」を変えるPLANEX-その2(CQW-MRB)
対応不能な対応表(PLANEX CQW-MRB)
CQW-MRBの発熱源のチップ(PLANEX)
モバイルルータとPHSの動作(CQW-MRB NS001U)

外付けタイプの無線LANルータの今後は(PLANEX CQW-MRB2)
本当か?また嘘か?(LTE対応? モバイルルータCQW-MRB2)
LTE対応予定って本当ですか?(PLANEX無線ルータ)
致命的な欠陥による発売時期延期(PLANEX CQW-MR200)

早速、未対応製品なんだから。。。(PLANEX ZEROYENモバイル)
PLANEXのFAQアクセスランキング第1位は、「返品したい」
PLANEX リコール(MZK-MF150)
リコール品のおまけにはリコール品?(PLANEX MZK-MF150)

【拡散希望】ブラック企業?プラネックス(画像)

2013年6月22日 (土)

たった5分でわかる・・・タブレット比較レビュー

まずは、流行の7インチクラスから。

①Galaxy Nexus 7
良い点:
・安い
・最新のAndroid OSが使える
・動作が軽快
・画面もそこそこ(1280X800のIPS)
・NFC付きなのでSuicaなどの読み込みができる
・SIMフリー機もあり(但し、LTE未対応、ドコモ3Gのみ。)
ちょっと残念な点
・あまりないけど、背面カメラが無いのでカメラアプリが使えない

②iPad mini
良い点:
・薄い、軽い
・デザイン、質感が高い
・アプリが充実している(iOSという意味)
・バッテリの持ちが良い
・ネームバリューと豊富なアクセサリ(カバー)類がある点
ちょっと残念な点
・Retinaでなく、ちょっと粗いディスプレイ(1024X768)
・高い点

③Amazon KIndle Fire HD
良い点:
・安い
・ドルビーサウンド?
・安い割には良い液晶パネルな気がする点
ちょっと残念な点:
・AndroidベースだがGoogle Play未対応
・幾つもアプリを動かすと動作が鈍くなったり、タッチパネルの反応が悪いことがある

④Galaxy Tab Plus 7.7 SC-02D
良い点:
・ドコモのLTE(Xi)が使える
・有機ELの中でも新しい方で、見やすさが改善されている点
・マルチタスキングなメニューがある点(画面下部)
ちょっと残念な点:
・画素数が多いが大きさが微妙で、標準サイズでは文字が小さく読みにくい
 逆に大きくすると、アプリによっては文字がはみ出てしまう
・Androidタブレットの弱点なのですが、タブレット用のホーム設定でない
 →自分でランチャーを入れれば解決しますが。
・あまり人気が無いのか、アクセサリ類がほぼ壊滅状態である点

番外編:MEDIAS TAB UL N-08D
良い点:
・薄い、軽い
・ドコモのXiが使える
ちょっと残念な点:
・動作がやや不安定
(余談:動作がちょっと引っかかって、こちらはすぐに手放してしまいました。)

では、続いて10インチクラスを。

⑤iPad Retina (第4世代)
良い点:
・Retinaディスプレイの美しさ
・大画面の迫力を感じる点
・バッテリの持ちが良い
・デザイン
・豊富なアクセサリー
ちょっと残念な点:
・スピーカーがモノラル(iPad miniはなぜかステレオ)
・バッテリの減りが早い
 と言ってもiPad第3世代(iOS5.1)との比較ですが。
・iPad2と比較して重い(652g)
・高い
・まだ、MapがGoogleマップ未対応(この夏にGoogleが対応するそうですが。。。)

⑥新しいiPad(iPad 第3世代)
良い点:
・iPad Retinaと同様
・旧コネクタ(30極)の資産が使える点
・iOS5でGoogle Mapがデフォルトで動く所!
ちょっと残念な点:
・重い(652g)
・わずか半年で生産終了してRetinaに切り替わってしまった(><)

⑦iPad 2
良い点:
・軽い(601g)
・安い(iPad Retinaに比べれば、という意味)
ちょっと残念な点:
・Retinaディスプレイでないので、ちょっと文字が粗い
 でも、Retinaモデルを持っていなければ気にならないかも
・現在では16GBモデルしか販売されていない点
(余談:iPad 3rd購入時に売ってしまいました。。。)

番外編:ASUS EeePad TF201
良い点:
・ドッキングキーボードにより自立するので、動画鑑賞などに便利
・ドッキングキーボードはバッテリにもなっていて駆動時間が延びる
・分離すれば比較的軽い(586g)タブレットとして使える
・動作がサクサク
・画面が比較的綺麗(IPS)
・キーボードドッキング状態で閉じるとスリープになる点
・キーボード付きだとWiFi ON/OFFや戻る、HOME、などキーボードでできる点
・マイクロSDカードが使える点。キーボードを付けるとUSBやSDカードも使える点。
ちょっと残念な点
・既に生産終了
・マイナー機種なため、アクセサリ類が非常に少ない点
・キーボードドッキングして使うことをAndroidは想定していないのか、
 アプリとの相性が良くない。また、ATOKがうまく使えない。
・タブレット単体だとバッテリの持ちが良くない
・GPSが使えない(不具合のため、追加純正GPSドングルが必要)

購入の参考になれば幸いです。

では。

関連記事:
間違いだらけのタブレット選び(GALAXY TAB, Nexus7, iPad, Kindle Fire HD)

鳥人間コンテスト提訴・・・落下の衝撃で障害(安全性)

またしても不幸な事故が起きてしまいました。

鳥人間コンテストを提訴「落下の衝撃で動けない身体に…」 (女性自身)

以前、芸人のスギちゃんが同様の事故に遭った時にもブログを書いていますが
(過去ブログ:10m自然落下速度は?(スギちゃん重症) )今回の事故は有名な
日テレ系列である読売テレビの「鳥人間コンテスト」での事故。

Birdman_rally_4

以前、何度か、見たことのあるこの番組。
明らかに、「素人」が全く十分な航空力学などを考えずに、安全性を軽視して
飛行機(厳密には飛行物体)を製作している、と思っていました。

すごく、設計がまともな場合、かつ、上昇気流などの天候が良いコンディションの
場合には、安定飛行できます。
しかし、私が見た限りでは、離陸してすぐに両翼が付け根から折れたりして
落下する、無残な姿がほとんどだったように思えます。

ネット上の意見は大半が、訴訟を起こした方がリスク認識していたはずで
読売テレビ側がとばっちりを受けた、という主旨でした。

うーん、そうなのかなぁ・・・

前回、スギちゃんの事故も水面に約10mの高さから落下したもので
今回とほぼ同じ高さ。
しかも、今回は飛行機に乗っているために、手足の自由を奪われて
(自分で防御しきれない状態で)水面に衝突したと思われます。

前にも書いたのですが、自然落下で約時速50km程の速度での衝突。

テレビ局って、水だと落ちても大丈夫って思っているのかな?

しかし、それにしても残念なのは、こういうコンテストは理系の学校
(今回は九州工業大学)の学生なので、少なくとも理系の生徒だったはず。

物理を理解していれば、それがどれ程の危険かは想像できたはず。
いや、事故にあった本人よりも、顧問やその他の人々が安全性を
軽視していたのではないか、と思います。

いずれにせよ、何らかの安全対策をテレビ局側(コンテスト企画側)でも
十分考えないと、彼女の事故がムダになってしまいます。

では。

関連記事:
10m自然落下速度は?(スギちゃん重症)

2013年上半期、個人的ヒット商品は?(モバイル)

日経トレンディの最新号(2013年7月号)の特集は、上半期ヒット商品。

Nikkei_trendy_july_2013

個人的に、この上半期でヒットしたなぁと思う商品が1つあります。

それは、コレ。

Ocn_mobile_entry_d_lte

そう、OCNモバイルエントリーd LTE 980です。

これが大ヒットしたのは、
・980円/月という激安価格
・30MBなら一日、高速LTE通信が可能
・上記上限を超えても、23:59:59まで200kbpsで通信可能
・24時(0時)を超えると速度制限が解除される
・当初LTE端末のみだったが3G端末(FOMA)にも対応可能となった


という理由でしょう。

それにしても1日30MB X30日=900MB(=0.9GB)というデータ量にも
関わらず、やはり、低価格というのが効いたのでしょうか、Amazonでも
常に高い評価を得ています。

私みたいに複数回線のMVNO契約でない人にはIIJmioよりも使いやすいのでしょうね。
(IIJは3回線でも契約時の初期費用は3,150円なので、OCNを複数回線契約するより
 初期投資は少なく済みます。)

そう言えば、元祖の日本通信は最近、あまり新しいサービスが無いですね。
OCNもIIJもNTT系列なので、しょっちゅうNTTドコモとぶつかっている日本通信は
その勢力に圧倒されているように思えます。

下半期にも、新たなモバイルサービスがどこかから出てくる事を期待したいですね。
だって、あまりにもスマホなどの通信費ってキャリア契約だと高いのですから。。。

では。

関連記事:
APN新規設定の手順(OCN モバイル エントリー d LTE 980)
開通までの道のり(OCN モバイルエントリー d LTE 980)
解約時の注意事項(OCN モバイル エントリー d LTE 980、BIGLOBE LTE・3G)
Aterm MR01LN APN変更手順(OCN モバイル エントリー d LTE 980)

イオン980円やIIJmioキラーとなるか?(OCN モバイル エントリー d LTE 980)
docomo LTE端末限定?(OCNモバイルエントリーd LTE 980)
30MB超えた時の速度検証(OCNモバイルエントリーd LTE 980)
朗報?FOMA専用端末への対応(OCN モバイルエントリー d LTE 980)
「予想を超える反響だ」(OCN モバイル エントリー d LTE 980)

通常時の速度はどう?(OCN モバイル エントリー d LTE 980)
FOMA端末対応への課題とは?(OCN モバイル エントリー d LTE 980)
解約した理由(OCN モバイル エントリー d LTE 980)

OCNユーザ必須?通信量管理アプリ(My Data Manager)

2013年6月21日 (金)

なぜか、再開?(日本通信 b-mobile4G WiFi3)

理解不能な会社だなぁ、日本通信様。。。

WiFi3出荷再開のお知らせ (公式サイト)

不思議なのは、

ドコモ、ソフトバンクモバイル、au のSIM で
ご利用いただけます※1
※1 接続方法は各事業者にお問い合わせください。

という箇所。

だって以前ブログに書いたけど、周波数や通信方式が違うauなんか使えるんだろうか?
もしかしてLTEだけ?

それに、各接続事業者はこんな製品のサポートしてくれるんだろうか?
MVNOで購入して、以前、ドコモに問い合わせをしたら「サポート外」
扱いされましたよ。。。

何か、心配になってきました。

では。

Faq

上記はFAQ:クリックで拡大表示されます。
-------------------------------------------------------------------
ドコモネットワークを利用した通信サービスであれば、どこの事業者のSIMカード
であっても利用できます。それ以外のネットワークを利用した事業者の SIMカード
についても、通信方式と周波数帯が合えばSIMロックフリー端末なのでご利用
いただける可能性があります。但し、ドコモネットワーク以外を利用した事業者
のSIMカードでのご利用は動作を保障するものではありません。

-------------------------------------------------------------------

どういうつもり、なんだろう・・・???

関連記事:
b-mobile4G WiFi3仕様と各社通信仕様について(まとめ)
どんなLTEでも使える->実はドコモだけ(b-mobile4G WiFi3)
本来あり得ない理由で、会社の資質が問われた(日本通信)

2013年6月20日 (木)

「BB.exciteモバイルLTE」も新料金、値下げ(MVNO)

うーむ、安いけど。。。

「BB.exciteモバイルLTE」に新料金、追加チャージは値下げ  (ケータイWatch)
BB.exciteモバイルLTE (公式サイト)

「LTE500MBコース(SIM1枚)」は、月額892円で、毎月500MBまでLTE通信が行える
サービス。
「3Gコース(SIM3枚)」は、月額 1155円で、3Gで3枚のSIMカードが利用でき、100MB
のLTE通信が毎月プレゼントされる。
「LTE2GBコース(SIM3枚)」は月額 2940円で、3枚のSIMカードで毎月2GBまでのLTE
通信が可能。
なお、いずれのサービスもLTE通信分を使い切った状態であっても最大 200kbpsの
通信が可能。       

なんか、どこかで聞いたことのある(OCN、IIJmio)サービスですね。

でも、このBB.exciteって、AmazonのOCNモバイル何とかというレビューによると
速度が遅いような評判なので、ちょっと使うには怖いですね。
(すみません、実際はどうなのか不明なので、推測ですが。)

果たして、速度はどうなのでしょうかねぇ。。。
レビューを待ちたいと思います。

では。




<お知らせ>ブログお引っ越し

7/1よりフリーのココログに広告が増えるという案内がありました。

ということで、仕方無く、有料サイトの方をメインにしようと思います。
(元々、こちらのページは英語だけのブログとして作ったものです。)

宜しくお願いします。

前のサイトはこちら→http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/

Cocolog

トップページ | 2013年7月 »

関連サイト

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ