« 2013年上半期、個人的ヒット商品は?(モバイル) | トップページ | たった5分でわかる・・・タブレット比較レビュー »

2013年6月22日 (土)

鳥人間コンテスト提訴・・・落下の衝撃で障害(安全性)

またしても不幸な事故が起きてしまいました。

鳥人間コンテストを提訴「落下の衝撃で動けない身体に…」 (女性自身)

以前、芸人のスギちゃんが同様の事故に遭った時にもブログを書いていますが
(過去ブログ:10m自然落下速度は?(スギちゃん重症) )今回の事故は有名な
日テレ系列である読売テレビの「鳥人間コンテスト」での事故。

Birdman_rally_4

以前、何度か、見たことのあるこの番組。
明らかに、「素人」が全く十分な航空力学などを考えずに、安全性を軽視して
飛行機(厳密には飛行物体)を製作している、と思っていました。

すごく、設計がまともな場合、かつ、上昇気流などの天候が良いコンディションの
場合には、安定飛行できます。
しかし、私が見た限りでは、離陸してすぐに両翼が付け根から折れたりして
落下する、無残な姿がほとんどだったように思えます。

ネット上の意見は大半が、訴訟を起こした方がリスク認識していたはずで
読売テレビ側がとばっちりを受けた、という主旨でした。

うーん、そうなのかなぁ・・・

前回、スギちゃんの事故も水面に約10mの高さから落下したもので
今回とほぼ同じ高さ。
しかも、今回は飛行機に乗っているために、手足の自由を奪われて
(自分で防御しきれない状態で)水面に衝突したと思われます。

前にも書いたのですが、自然落下で約時速50km程の速度での衝突。

テレビ局って、水だと落ちても大丈夫って思っているのかな?

しかし、それにしても残念なのは、こういうコンテストは理系の学校
(今回は九州工業大学)の学生なので、少なくとも理系の生徒だったはず。

物理を理解していれば、それがどれ程の危険かは想像できたはず。
いや、事故にあった本人よりも、顧問やその他の人々が安全性を
軽視していたのではないか、と思います。

いずれにせよ、何らかの安全対策をテレビ局側(コンテスト企画側)でも
十分考えないと、彼女の事故がムダになってしまいます。

では。

関連記事:
10m自然落下速度は?(スギちゃん重症)

« 2013年上半期、個人的ヒット商品は?(モバイル) | トップページ | たった5分でわかる・・・タブレット比較レビュー »

安全性」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ