« 最近のお気に入り?(毒舌な後輩bot) | トップページ | BUFFALO AirStaion設定メモ(ブリッジ接続) »

2013年7月11日 (木)

AirMac Expressベースステーション・プチレビュー

長年使用してきた、ADSLに実装するタイプのWLANカード(NEC製AtermWL54AG)が
この数日の猛暑のせいか、全くスピードが出なくなり(100kbps以下)、仕方無く、
円安値上がり前の駆け込み購入したAirMac Expressに置き換えしました。

Airmac_express

やり方を一応メモ。(なお、ワイヤレスの設定等は別途設定済としています。)

①ADSL機器の電源OFF
②上述のLANカードを抜く
③AirMac ExpressのWAN側とADSLのLAN端子をEthernetケーブルで接続
④AirMac Expressの電源ケーブルをAC100Vコンセントに挿す
⑤ADSL機器の電源ON


すると、ネットワークに接続するのですが、iPhoneのAirMacユーティリティで
確認すると、オレンジの点滅表示。

エラーメッセージを読むとどうやら、設定を一部変更しないといけないらしい。
(このように「ブリッジモード」で使用する場合のみ。)

上述のAirMacユーティリティ・アプリで簡単に設定変更できます。

Setting_menu

上記写真のように「DHCPとNAT」を選択します。

Dhcp_and_nat

デフォルトの設定は一番上の「DHCPとNAT」が選択されていました。
それを上記写真のように、「オフ(ブリッジモード)」に変更。
その設定を完了すると、アップデートという表示と共に再起動がかかるようです。

完了後のメインメニューの様子。

Airmac_utility_main

こんな感じで下のLED表示がオレンジからグリーンに変わりました。

で、肝心の速度ですが、快適ですねぇ。
ざっと、Speedtestアプリで確認したのですが、ADSL 12Mタイプなのに
9M位出ています。


今まで、何だか、動作がもっさりしていたのが嘘のようです。

今回は書きませんでしたが、Macからも上述のAirMacユーティリティという
ユーティリティプログラムにより、設定を変えることができました。
最初、そのやり方がわからなくて、結構、苦労しました。

忘れないように、機会を見て、メモしたいと思います。

では。

関連記事:
BUFFALO AirStaion設定メモ(ブリッジ接続)

« 最近のお気に入り?(毒舌な後輩bot) | トップページ | BUFFALO AirStaion設定メモ(ブリッジ接続) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ