« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

iOS7β版はまだまだ不安定(Apple iOS)

今日、iOS7のbeta3からbeta4へのアップデート通知が来ました。
一回iOS7にアップすると、自動更新通知が来る仕組みと知りびっくり。

早速、beta4にアップしました。

それにしても、beta3は・・・まあ、よく落ちること落ちること!
設定画面でちょっとWiFi設定を変えようとすると落ちるし、
背景画像を変更しようとすると落ちるし、とにかく不安定。

まあ、だからβ版なんでしょうけど。

今の感じだと9月リリースも難しいんじゃないかと。

それに、あの角度を変えると壁紙の角度が変わって立体的になる、
というのもイマイチ。
全然、あのプレゼンのような印象ではないですし、これでハード
リソースを無駄遣いしているんじゃないかと勘ぐりたくなる程。

でも、メニューとか、アイコン、文字の印象はシンプルで洗練された印象。
早く、正式版、もしくは安定版がリリースされるといいんですが。

では。

関連記事:
iOS7 beta版を開発者登録無しでインストールする方法(Apple iPhone)
iOS7 beta版:起動までの様子(Apple iPhone)
iOS7 betaプチレビュー(ミュージック編)
ロック画面とアプリアイコンの様子(iOS7 beta4)
早くもiOS 7 beta 5がリリース

正式発表・・・NECスマホ事業から撤退報道

数日前から日経新聞などから報道(リーク?)されていたNECのスマホ撤退。
今日、NECの決算報告およびHPプレスリリースにて正式発表されました。

Presen
平成25年度(第176期) 第1四半期連結決算概要 プレゼン資料より)

携帯電話端末事業の見直しについて
 (NEC公式サイトプレスリリースより)

--------------------------------------------------------------------
当社は、ICTを活用した高度な社会インフラを提供する「社会ソリューション事業」を
軸とした成長戦略を加速すべく、NECカシオモバイルコミュニケー ションズ株式会社
(本社:神奈川県川崎市中原区、代表取締役執行役員社長:田村義晴)が担う
携帯電話端末事業の見直しを決定しました。(以上抜粋)
--------------------------------------------------------------------

これによると、7/31付けで新規開発を停止。
保守は継続。
従来型(フィーチャーフォン)、タブレット事業は継続。

このNECカシオモバイルコミュニケーションズという会社、株式を見ると
NEC、カシオ、日立が保有しています。

そうそう、昔、色々合併しましたねぇ。。。

NECと言えば思い出すのは「ルネサスエレクトロニクス
これは、NEC、日立、三菱から半導体部門が分離して出来た会社。

どちらもうまく行ってないようです。

まあ、前々から書いていますが、弱者連合ではダメなのです(とても残念ですが)。
ルネサスの例で言えば、つい最近まで、旧NECと旧三菱の事業所や工場が
そのまま残っていて、合併のよく言われる「シナジー効果」が全く出てない。

NECカシオのスマホと言っても、思い出すのはNEC色だけです。
昔々は、ケイタイと言えば、ドコモのNシリーズ、だったのに・・・ねぇ。
キーの打ちやすさとか、日本人の使い勝手を考慮した製品コンセプトが
シェアに寄与していましたね。

ドコモの戦略を非難するのは簡単。
だけど、NECはカシオのGショックブランドで尖ったスマホって作れなかったのかな?
世界で(多分)通用しているGショックブランド。
カシオのブランドとNECの技術力で違ったベクトルを目指して欲しかった。

残念です。

では。

ノートPC HDD交換手順(Windows PC)

古いPCのHDD容量を増やしました。

忘れない様に、以下にメモとして手順を記載します。

PCのHDD種類の確認
I/O部(コネクタ)がSATAなのかの確認
HDDのサイズ(2.5インチ)、厚さは幾らかの確認

内蔵HDDの型式をメモってGoogleで検索して仕様を確認しておく。
私のPC(NEC Lavie LL730/T)の場合、SATA 2.5インチ 9.5mmでした。

シャットダウン→ACアダプタを外す→バッテリを外す→ネジを外しHDDを外す
これでHDDにアクセスできました(上記PCの場合)

HDDとケースの購入

使用した物。

HDD:
HGST Travelstar パッケージ版 2.5inch 1TB 7200rpm 32MB SATA 6.0Gb/s 0S03565

8,580円

HDDケース:
AREA USB2.0 外付HDD2.5インチケース S250 Ver.2 ブラック SD-SC25U2-BK
691円

HDDをHDDケースに取り付け
→付属の説明書に従い実施

PC本体HDDのコピー(クローンの作成)

使用したソフト(フリーウェア)
EaseUS Todo Backup Free 6.0
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeustodobu/ (窓の杜)

PCと新HDDを接続(USBケーブル)

HDDの初期化
「コンピュータ」→右クリック「管理」→「ディスクの管理」
まだ初期化されていないことを確認
プロパティか(何かで)初期化ができました
(下図、赤で囲んだ部分を右クリックして初期化/フォーマットします)

Hdd_format

Clone(クローン)の作成
EaseUS Todo Backup Free 6.0を起動
「ディスククローン」の作成を選択
適当にパーティションを切る(マウスで領域をGUIで動かすとできる)

ソフトを起動。ただひたすら待つ。。。
私の場合(320GB HDD)約4時間掛かりました。。。

終了後PCをシャットダウン。

先の手順通りにPCのHDDを取り外し新しいHDDに入れ替え

元に戻して、PCの電源ON
起動できれば終了!

追記:
速度テストを実行しました。
有名なCrystalDiskMarkです。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   117.606 MB/s
          Sequential Write :   112.859 MB/s
         Random Read 512KB :    37.657 MB/s
        Random Write 512KB :    50.130 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.474 MB/s [   115.7 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     0.913 MB/s [   223.0 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     0.896 MB/s [   218.6 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.896 MB/s [   218.7 IOPS]

  Test : 1000 MB [C: 25.4% (128.9/507.3 GB)] (x5)
  Date : 2013/08/11 15:37:23
    OS : Windows Vista Home Premium Edition SP2 [6.0 Build 6002] (x86)


Crystal_diskmark_result

Crystal_diskmark_result_d

(誤差が大きく、何回か実行すると値が大きく変わります。)

では。

参考:
分解工房・Lavie LL730/T HDD交換

2013年7月29日 (月)

意外に便利なNFC付きおサイフ機能(Galaxy S4 SC-04Eレビュー)

タイトルの通りです。

GALAXY S4(SC-04E)にはおサイフ(Felica)機能だけでなく、NFC機能も内蔵。
ということは、Google Nexus7同様に、Suicaなどの残高参照ができるのでは?
と思って下記のアプリをインストールしてみました。

Google_play_suica_reader

インストールすると、 こんなアイコンが現れます。

Icon_of_suica_reader

実際にやってみると、無事読み込みに成功。
但し、電波受信が弱いのか、きちんと近づけないと認識しないことがありますね。

(私は、iPhone5を入れるケースにSuicaを入れて使っていますが、コンビニや駅
 では無問題で認識するのですが、PC付属のSuicaリーダーやGALAXY S4だと
 認識がちょっと遅い気がします。)

何はともあれ、これは便利。
おサイフ、モバイルSuicaじゃない人が近くにいたら貸してあげて残高参照したり
私のように、Suica単体の残高参照を外でもできるので便利。

あと、チャージもできるんだろうか?
SuicaはView card(ビックカメラとの提携カード)を作ったのでPC内蔵のFelica
ポートを使うとチャージ可能。(ただし、IEでないとできない)

IEってAndroid版なかったよね・・・
実際にAndroid標準ブラウザとDolphinブラウザで実験してみたら
OSがWindowsであることとIE(しかもバージョン指定あり)でないと
動作しないというエラーメッセージがでました。
残念。

では。

関連記事:
ドコモツートップGALAXY S4 SC-04Eファーストインプレ(レビュー)
ドコモツートップGALAXY S4 SC-04Eセカンドインプレ(レビュー)
結局、GALAXY S4は買いか?(docomo SC-04Eレビュー)

iOS7 betaプチレビュー(ミュージック編)

iOS7 beta3 iPhoneでの「ミュージック」は大きく変わりました。

まずは現行のOS(iOS 6.1.4の例)

Ios6_album_arts

iPhone初代の発表時にスティーブ・ジョブズが誇らしげに、アルバム・アーツを
ジャケットをめくるように動かした姿が今でも記憶に残っています。

そして、シンプルデザインになったiOS7は以下のような表示に。

Music_ios7

何と、タイルのようにずらっと並べられたジャケット類。

確かに視認性は良いのですが、何だか、ちょっと寂しいなぁ。
スティーブ・ジョブズとのお別れ、新しいiPhoneに変化していく、
そういう意思を強く感じるデザイン変更です。

あと、変化があったのは「アーティスト」の表示。

Artist_info

アルバムジャケットに設定してある情報以外に、アーティスト名から
Appleが独自にプロファイルを拾ってきて、それを表示させている模様。
(上図では、Bill EvansやBilly Joelがその例。)

確かにこれはこれでいいかもしれませんが、自分でカスタマイズして
いたものが勝手に別の写真に変わるのは・・・ちょっと違和感ありますね。

注意:
当然ですがこれらの情報はbeta3のものであり、最終(正式)版では変更になる
可能性があることをご了承ください。


では。

関連記事:
iOS7 beta版を開発者登録無しでインストールする方法(Apple iPhone)
iOS7 beta版:起動までの様子(Apple iPhone)
iOS7β版はまだまだ不安定(Apple iOS)
ロック画面とアプリアイコンの様子(iOS7 beta4)
早くもiOS 7 beta 5がリリース

iOS7 beta版:起動までの様子(Apple iPhone)

先の記事で書いたように、iTunes経由でiOS7 beta版を入れてみました。

省略した最初の画面表示までのイメージを列記します。

Update_wifi_3
最初はいつも通り、WiFiの設定。
元の情報は保持されていてすぐに接続OK。
右上の「次へ」をタッチ。

Update_finish

「続ける」をタップ。

Update_location_service

位置情報はオンを選択。

Apple_id_sigh_in

メールアドレス(空白にしています)に対するパスワードを
要求されるので入力します。
キーボードもiOS7らしいシンプルなデザインでイイ感じ。

Imessage_and_facetime

iMessageとFaceTimeの設定画面。
内部の電話番号情報を引っ張ってくるみたい。

Icould_keychain

iCloudキーチェーンの設定。
後からでも設定できる模様。(他の設定もそうですが。)

Welcome_2

OKをクリックするとお馴染みの画面へ。

Screen_capture_1_2

次回は、もう少し各アプリの画面の様子を紹介したいと思います。

では。

関連記事:
iOS7 beta版を開発者登録無しでインストールする方法(Apple iPhone)
iOS7 betaプチレビュー(ミュージック編)
iOS7β版はまだまだ不安定(Apple iOS)
ロック画面とアプリアイコンの様子(iOS7 beta4)
早くもiOS 7 beta 5がリリース

iOS7 beta版を開発者登録無しでインストールする方法(Apple iPhone)

iOS7 beta 3開発者向けアップデートが公開されています。
そこで、ソフトをiOS 6.1.4からiOS7へアップデートしてみました。

正規のルーチンだと、Apple Developer(開発者)への登録($99/year)が必要です。
今回は、非正規な手順で実施。
(注:以下は自己責任でお願いします。)

①ダウンロードサイトへ行く
 iOS 7 beta 3 Officially Released for Developers

 Downloard_site

②ファイルをPCにダウンロード
 Download_file
 説明がありますが、日本向けのモデルはModel A1429なのでそちらのファイルを
 クリックします。

③ダウンロードが始まる
 上記リンク先に飛びます。結構、ひたすら待ちます。(ネットワーク速度に依存)
Mega (クリックで拡大)

④iTunesを起動して、iPhoneのバックアップを取ります。
 手動でバックアップ、というところをポチる。

⑤ソフトウェアの「更新の確認」を「Shift」キーを押しながら、押す。(Windowsの場合)
 なお、Macの場合「Option」を押しながらやるそうです。
 参考サイト(以下)
 Ios_update

 ファイル選択メニューが起動しますので先にダウンロードしたファイルを選択します。

⑥あとは通常のアップデートのように、勝手に実行されます。

Ios7_beta3

 こんなふうにiPhoneが起動すればOK。

Welcome

Screen_capture_1

どう変わったかについてはまたの機会にでも。。。

では!

関連記事:
iOS7 beta版:起動までの様子(Apple iPhone)
iOS7 betaプチレビュー(ミュージック編)
iOS7β版はまだまだ不安定(Apple iOS)
ロック画面とアプリアイコンの様子(iOS7 beta4)
早くもiOS 7 beta 5がリリース

2013年7月27日 (土)

iWatchは今年発売されない?(Apple ウェアラブルデバイス)

日本でも最近、登録商標されて話題になった「iWatch」
先日のアップルの決算発表の場でもCEOのティム・クック氏が
新たな製品の発表を匂わせています。

早ければ今秋にも発売か!という期待の反面、残念な報道も。

Nikkei_business_iwatch

「アップル、iWatchで人材集め」 日経ビジネス 2013.7.29号より
(ソースはFinancial Times

いよいよ、本格的に開発を実施するらしく、人材集めに奔走している模様。
ということは、開発はほぼ間違い無いのでしょうが、今、この時期にまだ
人材不足とは、開発遅延していると思われます。

それにしても、ウェアラブルデバイス(端末)に必要な機能って
自分にはピンとこない。

そもそも、スマホがあれば、時計はいらないので。
あの小ささは前モデルのiPod nanoと同じようなサイズにしかできないので
果たしてどんな機能があるのか、楽しみと不安です。

では。

2013年7月26日 (金)

ドコモツートップGALAXY S4 SC-04Eセカンドインプレ(レビュー)

1日触っていて、やっと自分のモノ(カスタマイズ)ができてきました。
当初の不満も大分減ったかな?

前回は、不満点を書いたので、今回は良いと思われる点を。

良い点:
・薄いこと。

5インチの大型液晶なのに、薄い。
これはサムスン得意の有機EL(Super AMOLED)のお陰でしょうね。

・ワンセグアンテナ内蔵(しかも長く伸びる!)

どこかのメーカーさんは外付けのアンテナケーブルを付けないといけないので
その荷物が減るのはいいことかと。

・画面が綺麗
そりゃねぇ、PC並、いやPCよりも画素数が多い(1920×1080ドット!)なんて
スペックですから(しかも、最近、こんなとんでもないスペックを他の製品でも
実現している、という始末)。

ところが、これが仇になるのが、ワンセグを見ている時。
ワンセグ画質の汚いこと。。。
今までのケータイ(フィーチャーフォン)の頃には丁度良かったのに、今の
大画面、高画素数の時代には・・・残念!

・内蔵メモリが多い(32GB)なのに、外部microSDも追加可能
・バッテリ着脱可能

さて、いつものようにIIJmioのSIMを入れて運用しているのですが、
なぜか、Galaxy Note2の時には出なかった警告が出ます。

前回の記事の写真左上に△の警告マークがありますが、
これがドコモの回線をうまく掴めないというメッセージ。

Error_indicator(クリックで拡大表示)

Error_message(クリックで拡大表示)

でも、ちゃんとアンテナピクトは表示されLTEと表示されています。
Lte_indicator (クリックで拡大表示)
ということで、気にしないようにしていますが。。。

何だか感動は無いですが、こんな感じです。

では。

関連記事:
ドコモツートップGALAXY S4 SC-04Eファーストインプレ(レビュー)
意外に便利なNFC付きおサイフ機能(Galaxy S4 SC-04Eレビュー)
結局、GALAXY S4は買いか?(docomo SC-04Eレビュー)

2013年7月25日 (木)

ドコモツートップGALAXY S4 SC-04Eファーストインプレ(レビュー)

ドコモツートップGALAXY S4 SC-04E。

はっきり言って、「凄くややこしい」メニューになってしまいました。

設定メニューが4つに分類されている点。(下図参照)

Galaxy_s4_connectionGalaxy_s4_my_device

Galaxy_s4_accountGalaxy_s4_etc

これ、初めての人には複雑すぎませんか?
(私は慣れているけど、こんな複雑なAndroidの設定は初めて。)

Galaxy Note 2 (SC-02E)のようなシンプルな設定の方が良かったのに。

Galaxy_note2

こうしている間にも、ソフトウェアの更新が3回も入ったり、バッテリ残が80%以上
ないと、セキュリティロックができないという罠とか。。。

(訂正:このセキュリティとは暗号化のようです。普通の端末ロックは別にありました。)

ありえない。。。

ということで、所感は
「初心者やスマホデビュー者にはお勧めしたくない」
です。

では。

関連記事:
ドコモツートップGALAXY S4 SC-04Eセカンドインプレ(レビュー)
意外に便利なNFC付きおサイフ機能(Galaxy S4 SC-04Eレビュー)
結局、GALAXY S4は買いか?(docomo SC-04Eレビュー)

2013年7月24日 (水)

新型Nexus 7のスペック等の情報(ニュース)

明日だと思っていたのですが、もうリーク情報が。。。

新型Nexus7の完全スペックが判明 開封動画も登場で発売秒読み
(ガジェット速報)

1920×1200ドットの液晶ディスプレイ
2GBのRAM
Android 4.3

と、まあほぼ噂通りの模様。

動画まであるのにはびっくり。

The New 2013 Google/ASUS Nexus 7 in the Flesh

日本での発売はいつ?
値段はいくら?

それだけが気になります。

では。

関連記事:
Google Nexus7 2nd (2013モデル)レビュー
Nexus7 2nd (2013)分解写真
新型Nexus 7不具合情報(タッチパネル)
新型Nexus 7不具合情報?個体不良?(NFC)
GPS比較(Google Nexus 2012/2013)
Nexus7 2013 LTE版の基本的な注意について(周波数帯)

Nexus7(2013)は8/28発売!(Androidタブレット)
新型Google Nexus 7レビュー記事(タブレット)
新型Nexus 7は7/24に発表?(Android Tablet)
次世代Nexus 7のスペック流出?(タブレット)
タブレットデビューにお勧め?(ASUS MeMO Pad HD7)

2013年7月23日 (火)

中国メーカの台頭が著しいスマホ市場(ニュース)

結構、興味深い記事です。

【Market View】TrendForce: 2Q13 Smartphone Shipment Grows 6.6%,
Chinese Branded Smartphones Dominate Mid-End Market Sectors

Marketview_20130722a

サムスンはGALAXY S4が予想よりも売れていないが、ミドルレンジの製品で
売り上げをカバーしてシェアトップを維持し、販売台数も前四半期より増えています。

アップルはご存じの通り、販売台数減。次の四半期に新製品が売れないと厳しい状況
とのこと。

そして何より、中国の4メーカ(Huawei, ZTE, Lenovo, Coolpad)がミドルレンジから
ローレンジのスマートフォンで新興国で販売台数を増やしているという事実。

そのせいで、Huawei(ファーウエイ)は世界シェア何と3位なのです。

そう言えば、iPhoneも廉価版を出すという噂が絶えないのは、もう需要が一巡した
先進国ではハイエンド・スマホの売り上げが飽和しているので、これからは
ミドルレンジの製品を拡張していかないと台数は増えないという理由。

日本メーカー(特にソニー以外)は上表の通り、影も形もありません。

何やっているんでしょう?
技術力はあるはずなのに相変わらず、ハイエンドを狙って、iPhoneとの
比較というセグメントを攻めようということなのでしょう。

中国のしたたかな戦略。
台数が増えると部品調達の面でも価格を安く出来るメリットがあります。
そうなると、製品を安くできる。
安くて良い製品、そこそこのスペックで、SONYなどがまだ進出していない国では
中国製でも売れるでしょうねぇ。。。

もう、これ以上書きませんが、日本電機企業の弱体化は特にスマホでも
タブレットでもPCと同じ轍を踏んでいる気がします。。。

では。



やっと来ました(cheero Power Plus DANBOARD Version)

3度目の販売、7/3に購入できたのですが、今日やっと届きました。
丁度、20日、約3週間です。

cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version (Amazon)

Package_front
Package_rear
In_box
Battery_front
Battery_rear

結構大きくて重いスペックなのに、全然そんな気がしません。
きんちゃく、みたいな袋も「かわいい」

ほぼフル充電されているようで、早速、充電してみています。

MADE IN CHINAと記されています。
生産は中国なのね。

今日見ると、Amazonも悪徳転売業者でなく、cheeroマートから購入(予約)可能
になっていますね。いいことです。

では!

関連記事:
「ダンボ-」バッテリ再販情報(モバイルバッテリ)
大人気!再販も即完売!(cheero Power Plus DANBOARD version)
モバイルバッテリの重さを徹底比較してみた(スマホ関連)

スマホ難民にならないために必要なこと(つぶやき)

自分には理解できないのですが、意外に若い人でもいるのかもしれません。

急増する「スマホ難民」を救え (日経)

まず大切なことは「目的」をしっかり持つこと。
つまり、スマホで「何をしたいか」をはっきりさせること。

自分の例では、最初はiPod touchでしたが、当時29,800円(8GB)もしたのに
購入したのは「電子辞書より安い値段で辞書が使える」という点。

ロングマン英和辞典の紙版を使用していて気に入っていて、持ち運びや
検索性、また逆引き(和英)機能ができるiPod touchからアプリの世界に
入っていきました。

これで、十分、元が取れました。

SNS(Facebook, twitterなど)やブログを持っていないと、スマホはそれほど
必要ない気がします。
先の辞書機能はオフラインでいいので、iPod touchで事足りる訳で、
オンラインのスマホである必要性が無いのです。

つまり、スマホでできること、自分のやりたいことがはっきりすればあとは
ググって評判のいいアプリをインストールすればいいだけ。

定番のEvernote, Dropbox, Flipboard, Radiko, らじる、 YouTube, ジョルテ、
Chrome, Dolphin browser, Weathernews, 産経新聞、Google Maps, Ustream,
TED, Y!乗換案内、Kindleなど、必要なければいらないですし、無理して
使う必要も当然無いわけです。

単純に音楽聞いたり、動画、映画を観たりしてもいいわけですし、まずは
デフォルトのアプリを使ってみるのがいいのでは?

Androidの場合、ちょっとコツが必要だけど(タスクキラーなど)、それが
できないと難民化する恐れが十分ありますね。
自分でカスタマイズするちょっとしたスキル(コツ)を知っていないと。

ふと思うと、自分の場合、複数のデバイスを持っているけど、ほとんどが
当初の目的から外れて、単にスペックや使用感、デザインなどで持っていて
単なる「趣味のコレクション」になっている感じ。

そういう人は別として、とにかく、英語の勉強に使いたいなど、目的があれば
スマホは便利な道具です。
何せ、ネットに接続できる小さなパソコンなのですから。

では!

2013年7月22日 (月)

ソフトが豊富なiPhone、ハード機能が豊富なAndroid(つぶやき)

ふとしたことから、SONY(Ericssonブランド時)のXperia Acro HD(SO-03D)を
触りながら、ワンセグを起動してみました。

Xperia_acro_hd (私のはブラックだけど。。。)

さすがは、SONYさん。
意外に感度が良くて、今までロクに受信できた経験のなかった自分の家でも
結構快適に視聴できるのにびっくり。

で、他のワンセグ付きのAndroid端末でも比較してみました。
ざっくりとした印象は、
Xperia Acro HD(SO-03D) > Galaxy Tab Plus 7.7(SC-01E) > Galaxy Note2(SC-02E)
GalaxyはGPSも感度が悪いようで、こういう「ガラケー」機能は日本メーカーに
一日の長があるのかもしれません。

それと、やっぱり便利なのはおサイフケータイ(スマホ)機能。
ケータイ時代よりもGUIが進歩していてより使いやすい。

カバーがちょっと邪魔だけど、Xperia Acro HDは安いのに防水機能も有り!

一方のiPhoneは上述の機能はもちろんありません。

ハードウェアの機能、性能だけ見たら、今のAndroidスマホって本当に凄いなぁと。
カメラだって、スペックを見ればみんな1300万画素とか(iPhone5は800万画素)。

でも、Xperia Acro HDで撮影した写真とiPhone5で撮影した写真でどっちが
好きかと言うと、意外にこれがiPhone5の方が自然な色合いで好きだったりする。

面白いものです。

次のiPhone5(iPhone5S、iPhone6 ?)には指紋認証機能付きの画面だとか
噂がありますが、そういうヘンテコなハードの差別化はいらないなぁ。。。

iOS7でフラットデザインを採用するのもいいけれど、まずは地図アプリを
何とかして欲しい!!!
(なので、未だにiOS5のiPhone4SやiPad 3rdも所有したままなのです。)

今日のニュース。
アップル、地図関連のベンチャー企業2社を買収 (WirelessWire News)

日本にはあまり関係の無いニュースかなぁ。

頑張って、iOS5時代の頃の地図アプリが標準アプリになってくれないと
ホント困ります。。。

GPSの精度はiPhoneはいいので、しつこいですがマップアプリを最優先で
改善して欲しい。

カーナビ関係にも参入しようという噂のあるApple。
ホント、なのかなぁ・・・?

では。

追記:
ワンセグの感度やGPSはあくまでも個人的感想です。
場所、環境条件、ハードの違い(個体差含む)など様々な条件で
結果は違うと思いますので、ご了承願います。


Ios6_map_application_akan_3_1

http://ushigyu.net/2012/09/21/ios6_map_application_akan/

2013年7月21日 (日)

また不具合?(NEC Aterm MR01LN)

どうも、相性が良くないようです。

Mr01ln
BIGLOBEから入手したLTE/3Gモバイルルーター NEC Aterm MR01LNが
調子悪くて修理に出す羽目に。

症状は、フル充電して、完全に電源をOFF状態にも関わらず、勝手に本体が
熱くなり、放電しているというもの。

(その時、通信などはしていない。なぜなら、電源ボタンで初めて起動するから。
ただし、電源ボタンを押すとONするがバッテリ残量が47%などになっていたり、
全く電源ONできず、ほぼ0%近い状態になっていた。)

カスタマセンターに連絡し、症状を伝えるとNECはPC修理などで佐川急便の
引き取り修理をしてくれるらしく、そのような対応をしてもらいました。

昨日、修理から戻ってきたのは新品らしき物。
修理報告書には、「現象確認できたので交換した」という主旨の記述が。

本当の原因は何だったんだろう!?

設計、部品、製造問題???
交換して様子見ていますが、今のところ正常。
まあ、保証期間内だから良かったけど、よく外れを引くなぁというのが感想。

(前回はAterm WM3600Rで同じ現象なので2度目です。)

それでもNECの修理対応はいいですね。約4日で完了です。
いい仕事しています。

では。

関連記事:
バッテリ減不具合?の件・・・続き(WiMAX Aterm WM3600R)

異様に熱いリアパネル!(au HTC ONE HTL22)

久しぶりにヤマダ電機でHTC ONEのモックを触ろうと手に取った瞬間、

「うわぁ、熱い!」

となって、思わず、手を引っ込めてしまいました。

モックアップなんて、誰も使っていないのに・・・何で?

そう思って、Googleで「HTC ONE 熱い」とググると、出るわ出るわ。

実は筐体が全面金属であることが災いしているみたい。

これは、まずいんじゃないだろうか?
HTCは社運をかけてこの製品を開発したそうだが、大丈夫?

昔、アメリカでマクドナルドのコーヒーが熱くてやけどして訴訟になった事例が
あるけど、それに匹敵するくらい(大げさ?)。

あー、こんな時、放射温度計で測定できればと思いました。
(放射温度計は持っていますが、さすがにお店では使えない。。。)

Shinwa_73010 シンワ放射温度計

では。

関連記事:
HTC Oneファーストインプレッション(au HTC J One HTL22)
やはりauから出てくれた(au HTC J One HTL22)
日本発売はあるのだろうか?(HTC One)
これからのスマホはデザイン!(HTC One)
遅刻の言い訳に使える?(HTC J ONE HTL22)

Htcjone

窓辺ななみ抱き枕カバーが特典(DSP版Windows 7)

こんな記事が。

窓辺ななみの抱き枕カバーが登場、Windows 7の購入特典 (Akiba Watch)

Win772

いくら特典とは言え・・・

PC不況と言われていますが、この件に限らずPC(特に自作など)は
男性の趣味という雰囲気(固定観念)があるのは残念。

最近では、女性のエンジニアの方も増えているのに。

もっと、広い層に向けた、かわいい(別の意味で)景品や
変わったアイディアが出てきて欲しいなぁ。。。

ちょっと、これ、家族持ちだと家族の目が・・・

では。

2013年7月20日 (土)

ヤマダ電機のタブレット、触ってみました(EveryPad レビュー)

まさか実機があるとは思わなかったので驚き。
今日、ヤマダ電機に行ったら、ヤマダ電機とLenovo共同開発のタブレット
EveryPadの実機があり、ちょっと触ってみました。

Everypad_21800

実は全く期待していなかったので(Lenovoというと過去IdeaPadでかなり
辛い経験をしていたので)、予想外にまともでびっくり!

動作にひっかかりは無く、また、タッチの反応もストレスは無くて、意外に
良いできあがりではないかと思った程。

手に持った感じも、しっくりきました。
家に帰って、Nexus 7をカバー外して持ってみたけど、何だろう、EveryPadの
方が持ちやすかった気がしました。

スペック比較:
Google Nexus 7 高さ198.5 x 幅120 x 奥行き10.45 mm 340g
EveryPad      高さ:194 ×幅:120 × 奥行き11mm 345g

Everypad Nexus_7


うーむ、Nexus 7の方が高さがあるので(約4.5mm)持った時のバランスが
悪いのかな?
それとも、背面の処理がNexus 7がエンボスのラバーライクな処理なのが
そういう印象なのか?
不思議。

今日、新聞折り込みちらしも入っていたけど、前回の記事で書いたような
ゼロ円の落とし穴については記載がなかったのが残念。

Ad

それにしても、人が居ないなぁ。。。
何て関心度の低い製品なんだろう。。。

では。

関連記事:
ヤマダ電機のタブレット?(EveryPad)

誤算?予想されていたことでは?(ドコモのツートップ戦略)

うーむ、厳しいことを書くけれども、どうしてあんな愚策に走ったのだろう。。。

NTTドコモ:「ツートップ戦略」誤算 6月契約純減 (毎日新聞)

まず、売れると解っているのならGALAXY S4(SC-04E)は値引きせずに
高値で売れば良かったのでは?

サムスンだってブランドイメージを「高級・ハイエンド」としたいはずなのに
あれじゃ、安売りしている感じ。

そして何よりも、昔の電電公社の頃からの長い付き合いのあったNECや
富士通といった大手企業を袖にして、日本が真っ向から戦わないといけない
アップルやサムスンという会社(アップルとは契約していないけど)、つまり
敵に塩を送るようなことをしてしまったこと。

信頼関係をドコモのエゴで台無しにしてしまったのが非常に残念。

携帯電話時代のように、必要な数量を発注し、それをキャリア会社が買い上げ、
自社販売網や二次、三次の販売店に売りさばくシステムから、スマホ時代は
スマホメーカーが主体でキャリアは「土管屋」になる時代。

その土管、つまり、通信網のクオリティではドコモは他社に負けないのでは?
いや、厳密にはLTE高速通信時代にどうか?という検証は必要ですが、
より高い通信品質に安いコストでサービスを提供できれば、顧客は戻ってくるはず。

imodeの成功体験から抜けられないドコモ。

サムスンを扱う覚悟があるなら、アップルも扱うべきでしょうに。。。
それができないなら、純国産ブランドで全て賄えるよう、頑張って欲しい。

今のドコモと日本電機メーカーとの関係はWin-WinでなくLose-Loseになっている、
そんな気がします。

ツートップという他社に対し失礼なキャンペーンは、もう二度とやって欲しくないです。

では。

Appleの危機?iPhoneの伸び率が心配(スマートフォン)

iPhoneの神通力もそろそろ危なくなってきたのでしょうか?

市場全体を下回るiPhoneの販売台数増加率(IHS iSuppli予想)
(WirelessWire News)

Iphone_unit_sales

スマートフォン市場全体の成長が続くなかで、アップル(Apple)「iPhone」の
成長率が市場全体の伸び率を下回りそうだ
とのこと。

Android端末は複数のメーカーから発売されているのに対し、iPhoneの
場合Apple1社で、しかも色の違いや容量の違いこそあれ、それ以外の
選択肢 - 例えば液晶サイズなど - を選択する余地がないからでしょうか。

先進国にはほぼ普及して、飽和状態のiPhoneという認識はAppleにもあって
新興国のために、廉価版iPhoneの発売が各所で噂されています。

それ以外にあまり真偽の程は定かではないけれども、画面の大型化や
指紋認証などの機能による差別化などもあるようです。

でも、一番の問題は、iPhoneというのが「電話器を再定義する」
というスティーブ・ジョブズの宣言を他社でも実現できるようになったこと。

同様に、iPadもiPhoneとLaptop PCとの中間のカテゴリ(新たなカテゴリの提案)
というように、本当の意味での新製品(在来品の改良ではない、という意味)
最近無いのが心配。

スティーブ・ジョブズ没後に何か、新しいカテゴリは出てきた?
出る出ると言われ続けている、iWatchや新Apple TVは?

あの、スティーブ・ジョブズが居なくなったApple暗黒時代に戻るのが心配。
だって、CEOが購買出身ですから、過去のAppleの経営の歴史を見ても
ハードの会社なのに、ハードが判らない人がCEOになって、業績が向上した
ことってあったかなぁ?

今は、デザイン(ジョナサン・アイブ)の一本足打法という感じ。
iOS7のフラットデザインもいいけど、ユーザは新たな体験 - 刺激 - を求めています。
まだ、ユーザが気付いていないニーズを満たす製品を。

期待したいのですが。。。

では。




2013年7月19日 (金)

展示会に行ってきました(テクノフロンティア2013)

場所は有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)

Tecnofrontier2013

テクノフロンティア(TECNO-FRONTIER2013)です。

まあ、よくある展示会です。
電機メーカーなどが一同に介して製品をアピールして商談をしたりする場所。
CEATEC JAPANと異なりちょっとマイナーなのは、ちょっと寂しいです。

最終日の金曜というのはどのイベントでもそうですが、大体一番人が多い。
今日もその例に漏れず、比較的多くの人が居た気がします。

海外メディアは取材に来ていましたね。
この手のテクノロジー関連のWEBサイトでVIDEO配信するのをよく見ますから。

色々あるんですけど、一般の人に興味がありそうなのは日経エレクトロニクスが
時々やっている分解シリーズ。
その実機がありました。

あったのは、WiiU, NEXUS 7, iPhone5, iPad miniなど。

Iphone51

Iphone52

Ipad_mini1

Ipad_mini2

「お手をふれないで下さい」と「日本語」で書いてあるけど、ご覧のように
散乱されています(汗)。
日本人以外の人が(日本語が分からなくて)触った、と思いたい。。。

日経BP社はメディア関連だから、こういう展示が苦手なのかな?
他の部品メーカーなどの展示はもっと綺麗に展示していますから。

それにしても、シンプルな作りだなぁと感心。
分解は結構面倒なはずなのに、今のスマホ、タブレットという電子機器が
本当に簡単な部品のアッセンブリ(組立)で出来ていることを再認識。

これじゃ、PCより安くできる訳です。

さて、展示会を見ての感想ですが、電源、モーター関連の展示が多かった印象。
恐らく、最近流行のエコ関連なのでしょう。

高効率の電源、大電流を流せる部品など、数年前にはニッチだった分野に
多くの企業が参入している、という印象を受けました。

いやー、それにしても、この手の展示会って、ホント疲れますね。
床がコンクリート打ちっ放しなので、足が痛い。。。

今年はまだ景気がいい方なのか、人がいたけど、これで不況で天候も悪かったら
目も当てられない。。。

有明という場所もそうですが、このビッグサイトの場所の駅から結構歩くので
アクセスという面ではちょっと不便。

現物を見て、開発・設計者とじかに話せる機会が展示会の魅力。
もう少し、盛り上がって欲しいなぁ。。。

では。

おまけ:
雰囲気を味わって頂ければ・・・と思い動画をアップしました。

YouTubeより)

機器が静電気に対し誤動作することがあります。
(静電気波形は高周波成分を含むため。)
そういうことが無いように、決まった規格で静電気試験をします。
これはカメラに対し、静電気試験を繰り返し実施する装置。
メリットは、人がやる時に、実施する作業者によるバラツキを無くす、
繰り返しの作業工数の削減、などが見込めます。

でも、カメラ、可哀想だなぁ。。。と思いながら見ていました。

2013年7月18日 (木)

新型Nexus 7は7/24に発表?(Android Tablet)

少なくとも、何かの発表はあるようです。

Google Nexus 7 rumor mill churns out leaked photos (CNET)

写真の真偽はともかく、Googleが7/24にイベントを催すのは確かなようです。
時期的にも、現行モデルも発売されてから相当時間が経った(注)ので新型の
可能性は高いと思います。

(注:ただし日本での発売は遅かったですが。。。)

触ってみたいけど、購入するかは・・・うーん、微妙。

とてもじゃないけど、どれか数台処分(売るなど)しないと管理しきれないので。

何か、新しい「体験」があるのか、そこがポイントになりそうです。

では。

関連記事:
Nexus7(2013)は8/28発売!(Androidタブレット)
新型Google Nexus 7レビュー記事(タブレット)
次世代Nexus 7のスペック流出?(タブレット)
タブレットデビューにお勧め?(ASUS MeMO Pad HD7)
新型Nexus 7のスペック等の情報(ニュース)

Google Nexus7 2nd (2013モデル)レビュー
Nexus7 2nd (2013)分解写真
新型Nexus 7不具合情報(タッチパネル)
Nexus7 2013 LTE版の基本的な注意について(周波数帯)

意外に知られていない節電方法(スマートフォン)

機内モード。

この言葉から、「飛行機に乗らないと使わない機能」だと思うような人は
このブログ訪問者にはいらっしゃらないと思うのですが、きっと、ふつーの
人は「何だろう?」くらいにしか思わないはず。

知っていました?
機内モードでもWiFiをONできる
ってこと。

知らない人、案外多いんじゃないかと。

「機内モードって何ですか?」と言う人のために一応説明。

機内モードとは上述のように本来は飛行機内でスマホから電波を発信して、
飛行機の計器等に悪影響を及ぼさないようにするために用意された機能。

具体的には(ご存じでしょうけど)Bluetooth、データ通信(LTE, 3G通信)等
無線関係機能を全て一括して停止してくれるとても便利な機能。

で、この機内モードにすると上述のように「電力消費の多い」通信関係の節電に
なりますので、電池が長持ちする(充電池の放電時間が長い)わけです。

家などで、もう電話が掛かってこない(掛かってきても出たくない、などでもOK)
場合には、機内モードにすれば節電。
でも、家のWiFiと接続したければ、単独でWiFiをONすればOK。
(iPhoneでも、Android端末でも同じ。)

あと逆に、普段、外で使う場合には機内モードをOFF、WiFiもOFFにします。
(もちろん、BluetoothやテザリングもOFFにしています。)

これ、何かというと、WiFiがONだと一生懸命、WiFiがデータ通信よりも優先
されるのでアクセスポイントを探しに行くのです。
そうなると、余計な電力が消費され、バッテリの持ちが悪くなる、ということ。

何でこんな自明なことを今更・・・と言うと、最近、身近な人達がどんどんスマホ
デビューしているのですが、バッテリの持ちが悪いという話をしているので。

少なくとも、iPhoneはAndroidより初心者にとってはバッテリの持ちはいいと思います。
(Androidは色んな、タスクキラーアプリや電源監視アプリが必須!)

まあ、とにかく、モバイルバッテリは手元に沢山あるので自分は平気ですが
スマホのスペック競争はもういいから、バッテリ駆動時間を延ばすように
メーカーは頑張って欲しいものです。

では。

Airplane_mode

さよなら電子書籍。挫折した男のつぶやき(電子書籍)

ずーっと前からなかなか盛り上がらない日本の電子書籍事情。
今日はこんな記事がありました。

スマホが引っ張る電子書籍 SNSにアマ作家市場も (日経)

Kindle

私のブログを以前から読んでいる人は知っているかと思いますが、
Kindleに関しては、日本版が出る前から輸入して本を読んでいました。

しかし日本の本については、正直、電子書籍(Kindleなど)だと読みにくい
と最近思うようになってきました。

新書サイズの本は短い時間で読み終えられることや、カバンに入れても
さほど邪魔にならないこと、価格も1,000円以内で手軽に購入できることから
結構好きなのですが、この手の本をAmazon kindleアプリでiPadで読んだりしよう
という気になれないのです。

なぜか?

それは「疲れるから」だと気付きました。

なぜ疲れるか?
まず、ページめくりが面倒。
実は紙の本だと結構、速く読めるのですが、電子書籍でスワイプしてページめくり
すると、思ったより速くめくれないのです。
あと、速くめくろうとすると、予想外に先に進みすぎたり。

読んでいる途中での達成感が無い。
紙で読み進めていくと、直感的にあと半分だとかあと四分の一だとか、わかりますが
電子書籍だと平坦な道を黙々と歩む気分。

あとどの位で読み終えられるという時間表示機能のあるアプリもありますが、
それはそれで何だかせかされてている気分。

そして手と目が疲れる点。
昔のKindleはハードキーでポチポチ押すと改ページしてくれて、結構気楽に
操作できたのですが、最近のデバイスはほとんどがタッチパネル操作。
ブラウザのスワイプを繰り返すのも疲れるけど、あの作業をページ分だけ
やる必要があるのと、正しくスワイプするというのが必要で、知らないうちに
手にストレスが掛かるようです。

目は液晶パネルがそのまま疲れ目の原因。
Kindle Paperwhiteは電子ペーパーなのでややストレスは少ないですが、
紙に比べたらやっぱり劣る気がします。

書籍の数(種類)という点以外にも、以上のような点が「個人的に」ツライ。

英語だと、辞書機能があったり便利なんだけど、日本の本は紙でいいかなぁと。
だって、日本の本って装丁も綺麗だし、紙質も洋書よりいい(ペーパーバックとの比較)

そして、読み終えたら、売ることもできるし、人に貸して勧めることもできる。
これ、意外に電子書籍が不便だなぁと思った点。
自分が家族に読ませたい本があっても、KindleやiPadなどを貸すというのは
ちょっとできない。
でも本(紙)だと、気楽に貸すことができる。

もうすっかり挫折した気分です。

雑誌なんかも、よくiPadで表示したものをお店で見かけるけど、正直読みにくそう。

最近マンガとかは結構売れているようですが、ああいう用途には向きそう。
(注:但し、まだコミックを電子書籍で読んだ経験無し。)

文章をじっくり、しかし速く読むには自分の場合、紙だなぁと気付いたのです。

あー、どうしよう。

では。

関連記事:
Amazon Kindle Wi-Fi 6"レビュー(電子書籍)
Koboに見る「楽天」電子書籍事業参入の不安点
楽天も本格参入(電子書籍端末kobo)

電子ペーパー E-inkの素晴らしさ(Kindle)
楽天Koboでカルチャーショック?(電子書籍)
Kindle買うならtouchじゃない方がいい(電子書籍)
Kindle関連記事一覧

2013年7月17日 (水)

タブレットデビューにお勧め?(ASUS MeMO Pad HD7)

うーむ、これは、結構面白い、かも。

ASUS「MeMO Pad HD7」
~背面カメラとmicroSDカードスロット搭載の7型Androidタブレット
(PC Watch)

軽くてカラフル、7インチタブレット「ASUS MeMO Pad HD7」
(ケータイWatch)

Mph00

何と言っても
19,800円
背面カメラ付き
microSDカードスロット付き
Android 4.2.1
800×1,280ドット
軽い(約302g) 
備考:iPad mini WiFiモデル 約308g

というスペック。
安い、だけど基本性能・機能は万全。

NFCが無い、SIM付きモデルが無いという点くらいがGoogle Nexus 7に対する
弱点かもしれませんが、普通の人、初めてタブレットを購入したい人にはお勧め
ではないかなぁ、と。

とにかく、この価格設定ができる(しかも円安なのに)ASUSの底力を感じました。

ただ、Nexus 7との共食いにならないか、が心配ですね。

まあ、あれはもう発売されてからかなり日が経っているのと、新型がそろそろ
出るという噂(ディスプレイの高画素数化、など)がある
ので問題ないのかな?

では。

Top_2

関連記事:
Google Nexus7 2nd (2013モデル)レビュー
Nexus7 2nd (2013)分解写真
新型Nexus 7不具合情報(タッチパネル)
新型Nexus 7不具合情報?個体不良?(NFC)
GPS比較(Google Nexus 2012/2013)
Nexus7 2013 LTE版の基本的な注意について(周波数帯)

Nexus7(2013)は8/28発売!(Androidタブレット)
新型Google Nexus 7レビュー記事(タブレット)
新型Nexus 7は7/24に発表?(Android Tablet)
次世代Nexus 7のスペック流出?(タブレット)


2013年7月16日 (火)

今度はGalaxy S4にて事故(安全性)

今度はGalaxy S4にて事故ですか。
ただし、国は中国では無いようですが。

今度はGalaxy S4にて事故 (Gigazine)
Samsung Galaxy S4 catches fire while charging (Emirates 24/7)

Galaxy_s4_catch_on_fire

写真を見ると損傷が激しい箇所はmicroUSBコネクタ部分とケーブル先端

コネクタを逆挿ししてもし逆電圧が印加されたら・・・恐らく、電源(AC/DCアダプタ)
内部保護回路が作動して、出力が出なくなるはず。
(そもそも、機構的に逆に挿せない構造にはなっていますが。)

Gaxaly本体のコネクタ部分にも過電流保護装置があるはず。
ちょっと思いつくのは、Galaxy S4コネクタとケーブルコネクタ間に異物(導電性)を
挟み込んで、異常電流が長時間流れて発熱に至った
のかな。

ちなみに余談ですが、商品の交換を拒否されて修理を勧めるのはメーカーの
基本姿勢です。(常識という意味)
普通、何らかの不具合が発生しても新品交換しないものです。
(不具合箇所だけを修理して戻すのが基本)

ただし、今回のように、「事故」つまり焼損が激しい場合には、本品を修理して使用
することが不可能だと判断できるので、交換すべきだと思います。

いずれにせよ、現品を回収して、原因調査と再現実験、そして事故についての
調査についてプレスに報告する必要がサムスンにはあると思います。
(製品の欠陥か、使用者の瑕疵かを明確にする必要あり。)

ちなみに事故のあったアラブ首長国連邦の電源電圧値は220/240Vのようです。

では。

関連記事:
中国女性がiPhone充電中に感電死?(安全性)

2013年7月15日 (月)

中国女性がiPhone充電中に感電死?(安全性)

iPhoneというキーワードだけで、大ニュースなのは違和感がありますが。。。

中国の女性がiPhone充電中の通話で感電死…徹底調査へ (サーチナ)

記事によると、CCC(中国の安全規格)を取得されていない装置から充電したかの
ような文章になっています。

中国って確か220Vだよなぁ。。。
日本は感電などの危険性を考慮して、民生用機器は100V ACにしたって昔聞いた
ことがありますが、220Vだとリスクが増えるんだろうなぁ。

と思っていたらこんな記事を発見。

中国の電源事情 電圧だけじゃない!日本から持ってきた機器が…
 (中国ビジネスヘッドライン)

記事の中に白熱電球が破裂。不安定な中国の電源 という記載がありました。
詳細は以下の通りです。

日本の商用電源の電圧変動幅は95V~107Vとされています。
+/-10%にも満たない数値です。
これに対し中国の電圧変動幅は、
180V~270Vと 言われています。
+23% -18%という大きな変動幅がある
のです。
更に短時間内での激しい電圧変動があり、サージ電圧も入ります。
白熱電球は過電圧で寿命が短くなり、サージ電圧で破裂するのです。
(以上抜粋)

ひえー!怖っ!

中国出張したことあるけど、ビクビクしていたのはあながち過剰反応
ではなかったのかもしれません。

さらに記事は続きます。

火花がバチバチ!危険な中国のコンセント
更に中国のコンセントにも注意が必要です。
ご存じの様に中国のコンセントは、日本と同じ、2枚の板状のもの。
2本の丸い棒状のもの。3枚の板状のものがハの字型になっているものなど、
どの形状のプラグでも使えるようにできています。


しかしこれがクセモノで、プラグを選ばないように作った結果、プラグをしっかり
固定するストッパーが付いていません。

その為コンセントのプラグがグラグラし、接触不良を起こしたり、バチバチと
火花を噴いているものも良く見かけます。

この瞬間も過電流が流れている訳ですから、機器に負担を掛けているのは
言うまでもありません。
 (以上抜粋)

うーむ、納得。
中国のコンセントは確か3極で1つは多分アースだと思うのですが、日本から
持って行った変換プラグはその端子を使わない仕様でした。
なので、変換プラグはかなり、接触に不安を持っていました。

海外製品(=日本製)だけでなく、自国(=中国製)も勘合がきちっとできない
かもしれませんね。

ということで、長くなりましたが、今回の事故、本当の原因は全然Apple iPhone
とは関係ないんじゃないかと、邪推してしまいました。

Hotel_in_china

中国で泊まったホテルのコンセント形状はこんな感じでした(上図)。

では。

関連記事:
安全性のカテゴリー
今度はGalaxy S4にて事故(安全性)

IIJmio LTEが激速だった件(MVNO)

ドコモ回線を借りるMVNOって通常のドコモ回線よりも速度が遅いものだと
今まで思っていました。

今日、たまたまかもしれませんが、電車の中(LTE圏内)でIIJmioのSIMカードを
入れたGalaxy Note 2(SC-02E)でスピードテストした結果が下の図。

Iijmio_lte_speedtest

何と、下り12Mbps超え、上りも2.2Mbps出ています。

これは、今まで体験したことの無い数値。
電車の中がLTE化されたのでしょうか?

驚きです。
こんな速度が出るのなら、もっと使おう!という気になります。

信じられない数字だったので、確認のため自宅でも計測。

Iijmio_speedtest_at_home

家の中だと多少電波の入りが悪いのか、それとも場所の問題なのか、
多少遅いですが、それでも7.7Mbps近くも出ていて意外に高速。

前よりも速度改善されている、と思いました。

ご参考まで。

では。

関連記事:
LTEモバイルルータ MR01LN with IIJmioスピードテスト(レビュー)
BIGLOBE LTE, IIJmio速度比較(BIGLOBE LTEファーストレビュー)

2013年7月14日 (日)

ヤマダ電機のタブレット?(EveryPad)

ヤマダ電機とLenovo共同開発のタブレットEveryPad

ヤマダ電機ブランドのAndroidタブレットが発売、レノボ製 (Akiba Watch)

Everypad 公式サイト

スペックは平凡。
アウトカメラ(500万画素)という点はNexus 7に無い機能。
しかし、画面(画素数)は1024x600で今時のタブレットにしては粗い。

それでいて価格は21,800円。
手書き用のペンが付属するにしても・・・高いかなぁ。。。

WiMAXとのセット販売でゼロ円になる仕組み。

Campaign

もちろん、裏があって以下の注意事項が小さく書かれています。
------------------------------------------------------------------
(3) 契約期間は2年間とし、適用開始日を含む月の翌月を1ヶ月目とします。
   解約のお申し出がない場合、さらに2年間の契約として、自動更新となります。
(4) 2年契約の初回更新月までに「YAMADA Flat プラス」を解約された場合、
  24,969円(税込)の契約解除料がかかります。以降は更新月以外に解約された
  場合9,975円(税込)の契約解除料がかかります。
------------------------------------------------------------------

2年縛りはきつい。
3,880円x24回=93,210円 です。

せっかくなんだから、縛りは普通のWiMAX同様に1年縛りにして欲しいものです。
それと、セットアップ(WiMAXへの接続、認証)までを含めてヤマダ電機でやって
買ったらすぐにインターネットに接続できる、という仕組みになっているのかな?

多分なっていないと思うんだけど、そういうことができないと、サービスとしては
不十分だと思うんです。

狙っているユーザ層が見えない。
普通にこの手のタブレットに精通している人なら、プリインストールされたアプリとか
不要なので、恐らく、タブレット初心者、未使用の人をユーザと想定していると思う。

だけど、HPなどを見るとこんな感じ。

Sample

Twitter, Evernoteとのリンクが強調されているようですが、この手のアプリを
使いこなせる人が、このマシンを敢えて選ぶとは思えないのです。
まして、初心者にとっては何の事やらわからないはず。

在庫に悩むレノボ、それに乗っかったヤマダ電機なのかな?

果たして、予定台数の販売は可能なのでしょうか?
興味深いです。

ちなみに、このタブレット、ご存じAmazonのアプリもインストールできるはずですし
カメラも付いているので、店頭でタブレットで商品のバーコードを読み取って、最安値を
調べたら、ヨドバシカメラのように、値下げ交渉に応じてくれるのかな?

だったら、凄いけど。

では。

関連記事:
ヤマダ電機のタブレット、触ってみました(EveryPad レビュー)

2013年7月13日 (土)

BUFFALO AirStaion設定メモ(ブリッジ接続)

新しくルーターを購入。
BUFFALO WHR-G301N/N でAmazonで2,480円。

Whrg301n_n

写真で見るよりも現物はかなり小さい印象。
さて、接続は付属の簡単マニュアルに従って、ADSLのLAN端子を本機の
青色のLAN端子にLANケーブルで接続すればOK。

ただし、ややこしい問題が。

デフォルトでAUTO(ブリッジモードとルーターモードの自動切り替え)となっている
ために、IPアドレスを例えば、192.168.0.1 のように叩いても(WEBのアドレスバーに
入力しても)アクセスできない。
付属のCDからインストールしたユーティリティだと起動する・・・のですが、
IPアドレスの最後が15, 16, ・・・というふうに毎回変わってしまいます。

つまり、自動でIPアドレスを割り当てているんですよね。

これは不便。
ということで、本機裏側のスイッチを「AUTO」→「OFF」(ブリッジモード)に変更。

Selector_rear_view

上の図の⑥の場所が切替スイッチの位置です。

その後で、再度ユーティリティにてIPアドレスを決めてあげて完了。

Menu_1

ユーティリティを起動した状態(上図)

Menu_2

IPアドレスを設定するボタン(上図)

Menu_3

自動でなく、固定値を設定。
普通、ADSLが192.168.0.1というIPアドレスであることが多いので、
単純に192.168.0.2にしましたが、ぶつからないアドレスなら好きな数字でいいはず。

それにしても、デフォルトのユーザアカウントがrootでパスワード無しという設定は
理解できませんねぇ。
(管理メニューのパスワード設定が無いルーターは初めて。)

もちろん、管理者メニューで別にパスワード設定しましたが。

初心者に易しいと言っても、やっぱりルーターは決まり事が多くて、普段から
設定する機会が多くないと戸惑いますね、きっと。

自分も以前はSSIDやらWPAとか英文字を見てもちんぷんかんぷんでしたが、
モバイルルーターに鍛えられて(?)結構、慣れてきました。

では。

関連記事:
AirMac Expressベースステーション・プチレビュー
アクセスポイントモードとルーターモード(AtermWM3600R)

2013年7月11日 (木)

AirMac Expressベースステーション・プチレビュー

長年使用してきた、ADSLに実装するタイプのWLANカード(NEC製AtermWL54AG)が
この数日の猛暑のせいか、全くスピードが出なくなり(100kbps以下)、仕方無く、
円安値上がり前の駆け込み購入したAirMac Expressに置き換えしました。

Airmac_express

やり方を一応メモ。(なお、ワイヤレスの設定等は別途設定済としています。)

①ADSL機器の電源OFF
②上述のLANカードを抜く
③AirMac ExpressのWAN側とADSLのLAN端子をEthernetケーブルで接続
④AirMac Expressの電源ケーブルをAC100Vコンセントに挿す
⑤ADSL機器の電源ON


すると、ネットワークに接続するのですが、iPhoneのAirMacユーティリティで
確認すると、オレンジの点滅表示。

エラーメッセージを読むとどうやら、設定を一部変更しないといけないらしい。
(このように「ブリッジモード」で使用する場合のみ。)

上述のAirMacユーティリティ・アプリで簡単に設定変更できます。

Setting_menu

上記写真のように「DHCPとNAT」を選択します。

Dhcp_and_nat

デフォルトの設定は一番上の「DHCPとNAT」が選択されていました。
それを上記写真のように、「オフ(ブリッジモード)」に変更。
その設定を完了すると、アップデートという表示と共に再起動がかかるようです。

完了後のメインメニューの様子。

Airmac_utility_main

こんな感じで下のLED表示がオレンジからグリーンに変わりました。

で、肝心の速度ですが、快適ですねぇ。
ざっと、Speedtestアプリで確認したのですが、ADSL 12Mタイプなのに
9M位出ています。


今まで、何だか、動作がもっさりしていたのが嘘のようです。

今回は書きませんでしたが、Macからも上述のAirMacユーティリティという
ユーティリティプログラムにより、設定を変えることができました。
最初、そのやり方がわからなくて、結構、苦労しました。

忘れないように、機会を見て、メモしたいと思います。

では。

関連記事:
BUFFALO AirStaion設定メモ(ブリッジ接続)

2013年7月 8日 (月)

最近のお気に入り?(毒舌な後輩bot)

これがなかなか、味があるんです。

吹奏楽部の毒舌な後輩bot

Suisou_kouhai

こんなことをつぶやいて(tweetして)います。

Tweet
(クリックで拡大表示)

なんだろう、この感じ。
結構、後から、じわじわ来ます。

うまいなぁ。。。

では。

日本メーカの生き残りの道は?(ケータイ、スマホ)

予想はしていましたが、結構厳しい現実が明らかになりました。

ドコモ、非情の決断 日の丸ケータイの終焉
 (日経)

6月末までのスマホ販売台数はソニーとサムスンの主力2機種で合計123万台
達したが、ツートップから外れたパナソニックとNECはそれぞれ1万5000台、
1万台ほどにとどまった
という。
 (記事抜粋)

その後も記事は続いていて、ツートップ以外の機種は、カスタマイズパーツ、
アクセサリ類も少なく、負のスパイラルに陥っているとのこと。

そんな中、興味深い記事を見つけました。

フィーチャーフォンユーザーの6割、スマホに必要性を感じず
(ケータイWatch)

Mmd01

個人的には、今のキャリアの「スマホ重視」で「ガラケーユーザ軽視」
対応に大変不満を感じています。

通信費による利益が多いためスマホへシフトしたいという気持ちは
わかりますが、スマホが不要な人は新製品に買い換えたくとも、
選択肢は少ない上に、端末費用が高い。

本来なら(顧客を大切にするのなら)、長期ユーザの機種変割引という
インセンティブを与える、という施策が欲しいのですが。

歪んだMNPによる顧客の奪い合い。

管轄のお役所(総務省)も、こういう誤った競争原理を望んでいたのでしょうか?
事実上の3社の寡占状態。
そして、キャッシュバックなどによりMNPで客を奪い合ったり、要らない回線追加
(フォトフレーム、キッズケータイの抱き合わせ販売)。

何かおかしい。

でも、昔、ガラケーでこういう販売強化の施策(ゼロ円ケイタイ)を無理に止めさせて
ケータイショップが多数倒産したり、ケータイメーカーが不況に陥ったりしたので
複雑な心境。

DRAM競争と同じで、先の見えない自転車操業の争いと喧噪の中で、
儲かるスマホメーカーとそれにより通信費を増やすキャリア、販売手数料や
販促費で潤う販売店。

みんながみんな、スマホバブルと知りながら、それに乗っかっている。

そんな気がします。

そう、そして、自分もその一人だということに気づき、何だかとっても
虚無感で一杯なのです。

これでいいのかなぁ?

そして、日本メーカの生き残りの道はこれからどうなるのでしょう?
大変、心配です。

では。

2013年7月 6日 (土)

LTEモバイルルータ MR01LN with IIJmioスピードテスト(レビュー)

BIGLOBE LTEで入手したNEC製のLTE/3Gモバイル・ルータ MR01LNに
IIJmio高速モバイル/d ファミリーシェアプランのSIMカードを入れてスピートテスト。
(前にもやったかな?)

Mr01ln_outlook  Aterm MR01LN

どうも最近、このMR01LN、調子が悪い。

暑くなったせいか(?)気付くと、バッテリ残がゼロになっていました。
カバンから出して、満充電して、1日家に置いておいたけど、その時でも
バッテリが空っぽの状態。

以前、仕様を理解せずに電源長押し後赤色LED点灯した後に電源ボタンを
離さないと、電源が完全にOFFにできない
、ということを知らずに同様の事象に
遭ったことはありますが、今回は正しい電源OFF後でも発生しているのが問題。

なぜ?

ということで、充電後にルータとしての動作もちゃんとできるのかスピードテストで
検証した、という訳です。

<結果>

Mr01lniijmio_1 Mr01lniijmio_2

Mr01lniijmio_3

iPhone5にて、計測。
1.72~3.28Mbps(下り)という結果。

これ、3Gの速度?
いえいえ、本体ディスプレイには「LTE」の表示とアンテナもしっかり立っています

PINGは速いんですけどねぇ。

ついでに参考のために、SoftBank LTEも計測。

Softbank_lte

こちらは1回目で既に19.08Mbps(下り)を記録しました。
速いです。

ドコモのMVNOでないLTEだときっとこのくらいの速度が期待できるんだろうなぁ
と考えていたら、ドコモの普通のXi契約ってアリかなぁ、なんて想像中。

では!

関連記事:
Aterm MR01LN APN変更手順(OCN モバイル エントリー d LTE 980)
BIGLOBE LTE, IIJmio速度比較(BIGLOBE LTEファーストレビュー)
IIJmio LTEが激速だった件(MVNO)

2013年7月 5日 (金)

ちょっと気になった記事(相模原ムーンウオーク世界大会)

このニュース、とても興味深いのでピックアップ。

相模原「ムーンウオーク世界大会」応募者わずか、主催者に焦りも /神奈川 (町田経済新聞)

マイケル・ジャクソンのパフォーマンスが有名な「ムーンウオーク」で街を盛り上げようと
相模原の商店街「にこにこ星ふちのべ協同組合」が企画した世界大会への応募者が
予想外に少なく、関係者は焦りを見せる。
(記事抜粋)

先着100名の応募枠に対し、わずか6組のエントリ-。

最後まで読んでみると、こんな記事が。

賞金総額は、組合加盟店で使える商品券30万円分。

なるほど・・・これじゃ、誰も来ないわけだなぁと。

この商店街がどのようなものかは存じません。
しかし、私の住んでいる街も同じ様な催し物がありまして、時々、
「組合加盟店共通商品券プレゼント」のようなことをやっています。

が、そもそも、お店がほとんどない。
そう、今流行(?)のシャッター街なのです。

クルマを止めるエリアも無く、お店には特に変わった物もなく、
値段は定価販売。
ほとんどが、高齢者の経営だったりして、何年も改修した形跡の無い
店舗の様子。。。

今や、あらゆるものをすぐに検索し、なおかつ、最安値ですぐに購入できる
ネットショッピングの時代。
そうでなくて、実際の物を見比べながら購入するのなら、綺麗なお店に行きたい。
そう、時間を有意義に使いたいのです。
(買い物という行為に対して価値を見いだすなら。)

今回の相模原のイベントは、ムーンウオークに別に彼ら(企画した人達)は
関心がなくて、ムーンウオークを餌にして、買い物客を増やしたいというのが
本音でしょう。

せっかく、みんなで集めた30万円の商品券代と企画運営の費用等、どうなるのでしょう?

自分だったらどうする?
うーん、取り敢えず、ニッチなマーケットなんだから、それをネットやクチコミで
アピールできるように、つまり、お店自体の「価値」を高めないとダメじゃないかと。

カンフル剤(=今回のイベントなど)では延命措置であって、本当の治療じゃない。

でも、幸いなことに、これだけ不人気で逆にネットに載ったので、宣伝効果は
あったかもしれません。
後はいかに「リピータ」を増やせるか。

リピータと言えば、ディズニーリゾート。
そう、ディズニーリゾートのような、工夫(毎回新しいアトラクションを追加など)
ですかねぇ。。。

つまり、マイケルジャクソンにちなむのなら、毎年、それに関するイベントを
徹底的にやりまくる、とか。

なんだか、気分はゆるキャラです。

では。

関連記事:
もういい加減やめませんか?(ご当地キャラ)

2013年7月 2日 (火)

Apple Lightning - USBケーブル0.5 m(ME291ZM/A)レビュー

やっぱり、高くても純正、ということで現在入手できる中で最も短い0.5m(=50cm)ケーブルを購入。

Apple Lightning - USBケーブル(0.5 m) ME291ZM/A

Me291zma
Amazonで送料込みで1,880円でした。

本当に50cmなのか、確認するために、手元のメジャー(100円@ダイソーにて購入)
で計測したところ、ケーブルのコネクタ込みの端から端までで丁度50cmでした。

また、コネクタおよびそのケーブル芯線を保護している部分を除いた長さは、
約43.5cmでした。

ふと、気になって、標準の1mケーブルは本当に1mなのかを計測。
先の同じ端から端までの長さを計測。
手元の2本のケーブルを計ったら、両方とも105cmでした。

まあ、確かに、長くなれば公差、誤差分は増えるでしょうけど5%ですか。
結構、ざっくりした設計ですね。

よく、長さが違うのに1m/0.5mの価格が同じ設定はおかしい!というレビューを
見ます。
まあ、確かにそう思えますね。

でも、ケーブルのこの差は先の実芯線の長さの差分だけで、工数等は変わらないのと
50cmはきっちり50cm(ほぼ誤差無し)で作られていたことを考えると、手間は
同じかそれ以上に掛かっているのかな?

ということで自分を無理に納得させています。

ちなみに50cmという長さですが、微妙ですねぇ。
1mだと長すぎだと思ったのですが、PCと接続するにはまあ、丁度いいのに
50cmだとPCの真横に置かないといけない。

また、持ち歩くにはちょっと長すぎる気もします。
やっぱり先日買った10cmか、せめて20~30cmくらいが丁度いいのではないかな?

そんなことをふと思ったのでした。

さて、動作確認ですが、当然のように、充電、同期とも全く問題無し。
先日のMicroUSB-USBアダプタ同様に1年保証付き!

(過去30極コネクタタイプで認識できなくなる不具合品に
当たったことが1回ありますので、保証は必須!)

ホント、Apple製品(特にアクセサリ類)は高いなぁ。。。

では!

関連記事:
Apple Lightning - MicroUSBアダプタ(MD820ZM/A)レビュー
安物のLightning-microUSBコネクタを試す(iPhone関連)
極短Lightningケーブル購入(Apple iPhone関連)

2013年7月 1日 (月)

次世代Nexus 7のスペック流出?(タブレット)

色々あるけど、一番興味があるのは、OSがAndroid 4.3になってどう変わるか、
ですね~。

次世代「Nexus 7」は7月末までに登場─ASUS担当者がライブチャットで明かす
(リンゲルブルーメン)

ASUSの公式ライブチャットにおいて、ASUSの担当者が第2世代Nexus 7として
知られる未発表端末「K009」の発売時期と仕様をリークさせていました、

とのこと

Snapdragon 600 APQ8064 Quad-Core CPU
7インチディスプレイ 1980x1200 with LED (1980は書き間違い?)
2GBのRAM
32GBのストレージ容量
500万画素背面カメラ、120万画素院カメラ
Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth 4.0/NFC
4000mAhのバッテリー容量
LTE / WCDMA / GSM

Android 4.3 JellyBean

今のスペックでも全く不満は無いほど完成度の高かったNexus 7。
新スペックになって値上げが無いことだけを祈りたいものです。

では!

関連記事:
新型Nexus 7は7/24に発表?(Android Tablet)

間違いだらけのタブレット選び(GALAXY TAB, Nexus7, iPad, Kindle Fire HD)
ネットワーク接続できない(Google Nexus 7 SIMフリー プチレビュー)
結局Google Nexus 7はどうなのか?(レビュー)
Google Nexus 7 プチレビュー(ハード編)
Google Nexus 7 プチレビュー(ソフト編)
Google Nexus 7 レビュー(GPS編)
Google Nexus 7 レビュー(Browser編)

Apple Lightning - MicroUSBアダプタ(MD820ZM/A)レビュー

ヨドバシ.comにて購入。

Md820zm_a_yodobashi

なぜ、Amazonで買わなかったかと言うと、明らかに安い物が売られていたから。
(レビューを読むと、正規品で無いと思われるものが多数。)

Md820zm_a

874円ってやっぱり怪しいでしょ?

正規品には1年の保証が付いていました(但し、英文のみ)。
先日購入した、安物と違って、一回り小さいです!

あまりに小さくて、無くしそうです。
しっかり、microUSBコネクタに接続できます。
(前述の安物品はややぐらつき有り)

さて、肝心の認識確認ですが、前回、認識できないことがあったケーブルでも
一発で認識OKでした(当たり前ですね 汗)。

もちろん、iTunesによるデータ同期も問題無くできました。
認識も若干、速い気がします。

ヨドバシ.comで購入したのは5%のポイントが付くことも理由の1つにあります。
たった99円ですが、それでも、値引きの無いアップル商品への小さな抵抗(?)です。

それにしても、この価格はやっぱり高い気がします。
同じ値段で12W電源アダプタが購入できるんですから。。。

アップル(Apple) Apple 12W USB電源アダプタ [MD836LL/A]

Md836ll_a_2

アップルさん、いつまで殿様商売していくつもりなのでしょうか・・・?
しかし、ホント、アップルユーザはお金が掛かります(涙)

では!

関連記事:
安物のLightning-microUSBコネクタを試す(iPhone関連)
極短Lightningケーブル購入(Apple iPhone関連)
Apple Lightning - USBケーブル0.5 m(ME291ZM/A)レビュー

安物のLightning-microUSBコネクタを試す(iPhone関連)

先日、予告しましたように、今回はApple非純正のmicroUSB-Lightning変換
コネクタを購入して、使えるかどうかの確認を実施しました。

信号伝送はともかく、充電できれば、御の字かと思って。

購入したのはコチラ。

iPhone5/第4世代iPad/iPad mini/新型iPod対応
Lightning to Micro USB Adapter /Lightning 8ピン Micro USB 変換アダプタ

Lightning_to_microusb

Amazonでの価格が何と送料込みで173円
怪しいでしょ?
(ちなみにApple純正品は1,980円也・・・これはコレで高いけど... orz)

実際に実験してみました。すると、

Microusblightning_alarm_message


何という、お約束のメッセージ!

「充電機能はこのアクセサリーではサポートされていません」
とのメッセージが表示されたのでスクリーンキャプチャー撮りました。

ところが、です。
コネクタを一旦外して、再度挿すとちゃんと認識して充電開始します(?)

なぜ?

最初は表裏の向きの問題かと思ったのですが、それもおかしいかな、と
感じて、他のデバイスでは同じ向きでエラー発生後に外して再挿入すると
やっぱり正常認識してくれます(?)

どうも、1回目だけがダメっぽい。
器用な仕様だなぁ。。。(汗)

Amazonのレビューを見ると、Apple純正の変換コネクタでも同様の事象が起こるらしい。
ということで、結局、正規品も購入して比較しようかと。

あと、同期機能ですが、これは
USB-microUSBのケーブル種類によって認識するもの
としないものがあるという事象に遭遇しています。
これも面白い現象ですね。

認識できたケーブル:ASUS Nexus 7付属品のUSB-microUSBケーブル

認識しないだけならいいですが、機器(iPhoneやiPad)側の入出力端子を電気的に
破損しないとも限りません。
結構、不安なので
自己責任ということでご了承願います。

あと、余談ですが先日レビューしたロジテックの10cmケーブルはコネクタの部分が
やや太くて、カバー(ジャケット)付きのiPhone5だと干渉してうまく嵌りませんでしたが
本製品は、微妙に首が長くて、その分干渉を回避してくれて問題なく嵌合できました。

では!

関連記事:

極短Lightningケーブル購入(Apple iPhone関連)
Apple Lightning - MicroUSBアダプタ(MD820ZM/A)レビュー
Apple Lightning - USBケーブル0.5 m(ME291ZM/A)レビュー

いよいよ発表か?(iWatch日本での商標登録)

さすがに、今回の情報からすると、「遂に来る」と感じますね。

アップル、日本で「iWatch」の商標を出願 (Yahooニュース)

Iwatch_patent

うーむ、個人的にはどんな機能があるのか、興味深いところですが
果たして購入するか、というと微妙です。

なぜなら、夏場などだと汗をかくので、腕時計そのものを着けたくないという
思いがあるから。

これが、本当にアップルらしい「革新的な」製品になることを祈りたいです。
(最近、サプライズが無かったので。)

では!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ