« Appleの危機?iPhoneの伸び率が心配(スマートフォン) | トップページ | ヤマダ電機のタブレット、触ってみました(EveryPad レビュー) »

2013年7月20日 (土)

誤算?予想されていたことでは?(ドコモのツートップ戦略)

うーむ、厳しいことを書くけれども、どうしてあんな愚策に走ったのだろう。。。

NTTドコモ:「ツートップ戦略」誤算 6月契約純減 (毎日新聞)

まず、売れると解っているのならGALAXY S4(SC-04E)は値引きせずに
高値で売れば良かったのでは?

サムスンだってブランドイメージを「高級・ハイエンド」としたいはずなのに
あれじゃ、安売りしている感じ。

そして何よりも、昔の電電公社の頃からの長い付き合いのあったNECや
富士通といった大手企業を袖にして、日本が真っ向から戦わないといけない
アップルやサムスンという会社(アップルとは契約していないけど)、つまり
敵に塩を送るようなことをしてしまったこと。

信頼関係をドコモのエゴで台無しにしてしまったのが非常に残念。

携帯電話時代のように、必要な数量を発注し、それをキャリア会社が買い上げ、
自社販売網や二次、三次の販売店に売りさばくシステムから、スマホ時代は
スマホメーカーが主体でキャリアは「土管屋」になる時代。

その土管、つまり、通信網のクオリティではドコモは他社に負けないのでは?
いや、厳密にはLTE高速通信時代にどうか?という検証は必要ですが、
より高い通信品質に安いコストでサービスを提供できれば、顧客は戻ってくるはず。

imodeの成功体験から抜けられないドコモ。

サムスンを扱う覚悟があるなら、アップルも扱うべきでしょうに。。。
それができないなら、純国産ブランドで全て賄えるよう、頑張って欲しい。

今のドコモと日本電機メーカーとの関係はWin-WinでなくLose-Loseになっている、
そんな気がします。

ツートップという他社に対し失礼なキャンペーンは、もう二度とやって欲しくないです。

では。

« Appleの危機?iPhoneの伸び率が心配(スマートフォン) | トップページ | ヤマダ電機のタブレット、触ってみました(EveryPad レビュー) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ