« 福知山の露天爆発事故(安全性) | トップページ | モバイルルーター・プチレビュー(L-04D) »

2013年8月20日 (火)

やっぱり問題。スマホ契約のわかりにくさ。

自分も同じ経験をしたので以下の記事には共感できます。

「お得」スマホで高額請求…代理店がもうかる訳 (読売新聞)

この例は、無料だと思っていたのが実は請求されるという例。
あと、よく思うのが、「実質ゼロ円」「実負担無料」という表示。
これと混同されやすいのが(めったにないけど)「一括無料」

前者は、「機種本体代金を通信料から分割して割り引く」というのが
本当の意味なのに、そう説明されていない。
だから、購入した時は「タダ」だけど、実際は分割払いが残る。

自分はもちろん、そういうカラクリ(=罠)を知っていて、一括購入して
(一括購入で大型家電量販店チェーンで買うとポイント分還元されるから)
毎月の支払い料金を安くみせかけています。
(通信料から分割分の本体料金が割引されるだけなんですけど。)

このトリックに初めてひっかかったのは、PHSのWillcom。
安いデータカードだったと思うのですが、中途解約したら残金があったという事例。
(まあ、それでも契約し続けるよりは安いと思って、損切りしたのですが。)

さて、もう1例紹介されているのが、無料という名目で契約させられる
フォトフレームや子供用の見守りケータイの類。
前も書いたけども、これって見せかけの契約数割り増しというとんでもない
(消費者に何のメリットもない)ただの宣伝。

もちろん、機種代金(またはフォトフレーム代金)が存在していて、それを
購入したことになり、途中解約しなければ2年くらいで、通信料から
割引されていくというもの。

もちろん、これも一括払いしましたが、1つ落とし穴が。
それは、「事務手数料」が取られること。
なので、最初の月の引き落としは、一括でスマホと上述の電話付きで
2契約となり、3,150*2=6,300円もの契約手数料が引き落とされました。

まあ、自分の不勉強を知ったということなのですが、これ
売上高一兆円企業のやることかしら???

では。

Softbank_2  image(本文とは関係ありません)

 

« 福知山の露天爆発事故(安全性) | トップページ | モバイルルーター・プチレビュー(L-04D) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ