« 景気回復?高額でも売れている製品(Df、NW-ZX1) | トップページ | 「めぞん一刻」今度はiBookで読んでみました(電子書籍) »

2013年12月13日 (金)

中学で英語授業を英語でやることの是非について(英語)

文部科学省(以下、文科省)は日本的だなぁと実感。

英語授業、中学も英語で…20年度から (読売新聞)

【文部科学省は12日、中学校の英語授業を原則として英語で行う方針を決めた。】

まず、突っ込みどころとして、「原則として」って英語で何て言う?
これ、日本的ですよね~
強制のようで、例外を認める、という文化。
(文科省は無責任で、現場任せという印象を受けます。)

さて、本題ですが、中学で授業を英語でやることについて。
私は、個人的には「賛成」なんですが、問題は「そんな先生、確保できるのか?」
という疑問が。

賛成理由は、英語だけでも良い教材はありますし、日本語よりも論理的な言語の
英語の方が文法なども理解しやすいし、日本語に訳せない英語や英語に訳せない
日本語という問題も解消するから。

これなんかは、ホントに良書ですし。
English Grammar in Use with Answers and CD-ROM: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

一方の問題点は、そのような英語による英語教育というものが大学の教員過程で
まだ確立していないんじゃないか、という疑問、不安。

また、英語だけで授業ができる英語力を教師に求めるという矛盾。
だって、日本人全体が英語苦手な上に、教えるという別のスキルが必要で
その両方を具備する人なんて、そんな簡単に出てこないだろう、という点。

なので、教育現場が混乱するのと、学生側も試験問題が変わって混乱するだろうなぁ、
というのが予想です。

今のまま日本語で英語を教えてもいいけど、自分の経験では教員の英語力が
低すぎますよねぇ。
いや、厳密にはいい先生に当たればいいけど、発音などダメな先生も先生として
授業できる、というのが不思議。

なんか、英検で教師の英語力を測ろうとしている報道もあるけど、あれは
ちょっと違うよね。。。

文科省の先生方がどのように英語を取得されたか。
そして、学校では、どのように基礎学力を定着させるか、が大切かと。

あとは、学校出てから実践で鍛えればいいんじゃないかと。
それぞれ、必要な分野(専門)により、必要な単語も異なるので。

conductor、って場合によっては車掌さんになったり、指揮者になったり、
そして、電気やっている人には「導体」になるわけです。

そんなもの、実践でやるので、基礎だけ、きちっと落ちこぼれたり英語嫌いに
ならないように学校で教えればいい。

音楽やら映画(ちょっとやさしめの作品)などで英語文化から学ぶってどうでしょう?
動機付けできれば、きっと楽しく学習できるんじゃないかな?

これ以上、変な英語をしゃべる先生に英語で授業を受けさせられて、答えられず
トラウマになって英語嫌いになる、という負のループは断ち切るべきかと。

では。

« 景気回復?高額でも売れている製品(Df、NW-ZX1) | トップページ | 「めぞん一刻」今度はiBookで読んでみました(電子書籍) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

関連サイト

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ