« 半澤鋼業の「半沢ネジ」! | トップページ | OCN モバイル ONE SIMパッケージが10% OFFになっていた »

2013年12月15日 (日)

格安SIMカード、どれを選べばいい?(モバイル、白ロム)

SIMフリーのiPhone5S/5CやGoogle Nexus7などで俄然注目度が上がってきた
MVNO(仮想移動体通信業者)によるSIMカード。

最近、あまりにも選択肢が増えてきたので、「どれを選べばいい?」という気持ちに
なると思いますので、ちょっとまとめようかと。

<条件>
・とにかく低価格(月1,000円未満)であること

<結果>
①OCNモバイルONE 価格表
 30MB/日プラン 980円/月 (注:初期費用3,150円必要)
 ご存じ、格安SIMとして「OCNモバイルエントリーd LTE980」として発売し
 大ヒットとなった商品。
 このヒットに伴い、ラインアップを増やしてOCN モバイル ONEと改称。

 1日30MBならドコモのLTE/3Gの高速通信可能。
 30MBを超えると自動的に低速(200kbps)に速度制限されますが、
 日を超えて0:00になるとリセットされるのが特徴。


 速度は、NTTグループ会社のせいかどうか不明ですが、非常に快適。
 LTEは安定して数Mbps出ますし、低速でも200kbpsはワーストケースであり、
 実使用では、その速度以上は出るという素晴らしい品質。

 契約期間の縛り(ペナルティ)が無いのも利点です。
 
 難点は、OCNとのプロバイダー契約という方式のため、手続きが煩雑なのと
 OCNのアカウント、パスワード、メールアドレス設定がされる点。
 また、複数カードを所有する場合に、契約が煩雑なのがネック。
 それが気にならない人ならお勧めです。



②IIJmio高速モバイル/D
 価格表
 ミニマムスタートプラン 945円/月 (注:初期費用3,150円必要)
 500MB/月のプラン。LTE/3Gがこの容量で使えます。
 この容量のうち10MB分がSIMにクーポンとしてチャージされる仕組み。

 低速で使うかどうかの切り替えがスマホアプリ(みおぽん)や、PCの
 インターネット接続でIIJmioのHPで設定切り替えが可能なのが魅力。
 低速時は200kbpsになります。

 先のOCNもそうですが、200kbpsって遅いようですが、ブラウジング、
 メール、ツイッター、radiko、などはそんなにストレス無く使用できます。
 200kbpsの場合には上述のクーポンは未使用なので減りません。
 つまり、200kbpsで945円、かつ高速に使いたい時にはLTE/3Gにして
 500MB/月に収まるという人には結構魅力的なサービスかと。

 速度はこちらもNTTグループなのか、また法人向けにバックボーンが
 しっかりしているからか、かなり快適。

 最低利用期間は、翌月末、つまり2ヶ月は使用しないとダメみたいです。

 ちなみに私が現在使っているのは、これのファミリープランでSIM3枚で
 月2GB(繰り越し可能で最大4GB)のプランです。

③DTI SeeverMan SIM LTE 価格表
 490円/月から始められるサービス (注:初期費用3,150円必要)
 150kbpsのサービス。
 オプションにより高速化可能(100MB 262円~)
 最低利用期間の制限は無し。(レンタル機器がある場合は別途費用発生)
 詳細はこちらから。

 実はまだ使ったことが無いです。
 ちょっと前のネットの評判では「遅い」というのがあったのと、この価格なので
 そうなのかなぁと感じていたので。
 今度、トライしてみましょうかねぇ。

④日本通信

 b-mobile スマートSIM 月額定額980 (注:初期費用3,150円必要)
 MVNOの老舗、と言うかもう何度も日本のMVNOの草分け的存在と本ブログでも
 紹介しているbmobileブランドこと日本通信。
 最近は、そのユニークなプレスリリースがちょっとネットでは話題に。

 本サービスは、最近流行の月額980円対抗策と思われるプラン。
 従来は、容量1GBで何ヶ月、と言ったタイプやU300という300kbps制限ながら
 容量は無制限に使えるサービスがメインでしたが、時代の流れ、ユーザニーズに
 応じて、こういうサービスを増やしたようですね。

 ここの特徴は「音声」対応のSIMも選べるところ。
 ラインアップの多さは、他社を圧倒していますね。

 まだIIJmioなどがサービスを展開する前にはお世話になりました。
 ただ、高速SIMでも思った程速度が出なかったので解約しました。
 最近の速度がどうなのかわかりませんが、ちょっとそこだけが気がかりです。



追記:
日本通信がIIJmioとOCN対策プランを発表しました!

 詳しくは、関連記事(勝負に出た日本通信(驚異のプランI、プランN))を参照ください。

⑤BIGLOBE LTE・3G
 価格表
 980円/月ですがBIGLOBEユーザは770円/月 (注:初期費用3,150円必要)
 1GB/月でドコモのLTE/3Gエリアが使えます。
 使用データ量を超えると128kbpsに速度規制されます。
 追加チャージ(ボリュームチャージ)は100MB 315円~。
 最低利用期間の縛りは無し。

 これは最近始まったサービスですが人気があるようで納期遅延模様です。



ざっと見ただけでもこんなに多くあります。
これ以外にイオンSIM、ヨドバシ、ビックカメラブランドのSIM(IIJmioや日本通信との提携)
というのもあります。

今後は、もう価格競争にならないと言われています。
そうなると、品質勝負でしょうか。

今後の動向も気になります。
では。

« 半澤鋼業の「半沢ネジ」! | トップページ | OCN モバイル ONE SIMパッケージが10% OFFになっていた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ