« 次は売れるか?Galaxy S5発売(スマホ) | トップページ | SONY Readerは継続するのだろうか?(電子書籍) »

2014年2月 6日 (木)

SONY、PCとの決別

いよいよ本当になってしまいました。

ソニー、PC事業の譲渡で合意
(PC Watch)

ソニーは2月6日、「VAIO」ブランドで展開してきたPC事業を日本産業パートナーズ
株式会社へ売却することで合意。3月末までに正式契約し、7月1日を目処に取り引き
完了を目指す。日本産業パートナーズは新会社を設立し、ソニーのPC事業を引き継ぐ。

ツイッターでもつぶやいたけど、もうPCにときめきが無いのかな・・・

PC(パソコン)がテクノロジをドライブする製品であり、その性能差により
選ばれるという時代ではなく、価格で選ばれる時代だとSONYが判断した
ということかな。

今後、スマホやタブレットがテクノロジドライバーとしてコア製品になるとの
経営判断なんでしょうけど、正直寂しい。

SONYは尖ったPCを造っていました。
私も、VAIO Tというモデル(当時23万円程しました)を購入して使っていました。

SONYはデザイン、高密度実装などで他社とは違ったモバイル製品を作ってました。
ヒットしたバイオレットのVAIO 505シリーズも懐かしい思い出です。

今日、同時に発表された国内外での5,000人の人員削減。
厳しい状態なのですね。

最近、SONYらしいハードが続いているので期待していましたが
まだまだ経営というのは難しい。。。

では。

« 次は売れるか?Galaxy S5発売(スマホ) | トップページ | SONY Readerは継続するのだろうか?(電子書籍) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ