« それは禁じ手でしょ、日本通信さん(新プランについて) | トップページ | XQ1のフィルタ機能をちょっとお試し(デジカメ) »

2014年4月17日 (木)

まだまだ収まらないSTAP細胞と信じられない脳細胞(つぶやき)

今日は凄い記事を発見。

【小保方さんの騒ぎ】オヤジたちが情けない(4月16日) (福島民報)

これは・・・どういう脳細胞の方が書かれたのか、正直、震えが止まりません。

まず、年齢に対する差別。
研究の成果とは能力、およびその結果(論文等)により評価されるべきで
若いから、というのはもうその時点でアウト。

次に大暴言。
> 科学論文として不正かどうかなど、どうでもいい視野の狭い研究者の内輪での話だ。

これが真実で世界の科学がこういうことを認めたら、どんな仮説だって論文になるし
妄想との区別が付かないでしょう?
そんなことが無いように、科学とは、裏付けの正確なデータを提示し、実験の再現性を
明白にするのだと思うのですが。

> STAP細胞をめぐる小保方晴子さんの騒動を見ていると、日本社会の重大な
> 欠陥を見ているような気がして仕方がない。

→いや、あなたのようなお方が報道機関に居ること自体が重大な欠陥では?

> みんなでもう1回やってみようじゃないか、と前向きに励まし協力してやるのが
> オヤジの役割だろう。

→一回できたとしても、それが正しいかどうか、勘違いかどうかを確認するのが
 科学者です。そうでなければ、世界中に恥をさらすことになるからです。
 理科の成績は幾つだったのでしょう、筆者の方は・・・?

> 細胞研究とは何の関わりもないところで大騒ぎしている。
→はい、まさにあなた(=筆者)がそうです。
 全く科学的な見地からの考察が無く、情緒的な論理ばかりですから。

   :(以下省略)

という具合に哀しい記事。

まあ、質問していた記者も科学的な質問できていないかもしれませんが
少なくとも、昨日の小保方晴子氏の上司の方(笹井芳樹氏)の方が、彼女より
科学者的見地で物事を話していると感じました。

仮説、そう、そういうレベルなのです。
再現できた証拠をはっきりと明示できない小保方氏はねつ造と言われても仕方ない
のです。
悪意の有無という全く科学と関係ないことを彼女が弁護士を通して議論すること
自体が科学の信頼性という点では逆に恐ろしいことなのです。

愕然とした、そんな記事でした。

では。

関連記事:
科学というものを理解されていなかった小保方晴子さん(STAP)

« それは禁じ手でしょ、日本通信さん(新プランについて) | トップページ | XQ1のフィルタ機能をちょっとお試し(デジカメ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ