« もういい加減、人質を取っている犯人に従うべきじゃない(北朝鮮) | トップページ | 新しいイノベーションを起こせなくなった?(アップル Beats買収) »

2014年5月29日 (木)

突然の電子書店閉店にユーザ困惑(ヤマダ電機)

実はこのニュースを見るまで、ヤマダ電機が電子書籍事業に参加していたとは
全く知りませんでした。
まあ、それだけ「無名」だった訳ですが。。。

ヤマダ電機の電子書店が閉鎖 購入書籍は閲覧不能に (ITmedia)

ヤマダ電機の電子書籍サービス「ヤマダイーブック」が7月31日に閉鎖され、購入した
書籍が閲覧できなくなる。購入済みポイントの返金も行わないとしており、ユーザーから
不満の声が上がっている。

SONYのReaderが海外でのサービスを終了する、というニュースを聞いていた自分は
これも同じようにKoboなど他のサービスへの移行ができるとか、ポイントとして返金
されるものと思っていました。

が、驚いたのは、本の閲覧ができなくなるばかりでなく、事前に購入したポイントも
返金されない
、ということ。

呆れてしまいます。

こんな劣悪なユーザ対応では、本業の電器店も大丈夫でしょうか?

新しいサービスを立ち上げるということですが、恐ろしくってとても使う気になれません。
信頼が地に落ちるということ、想像しなかったのでしょうか?

大丈夫、ヤマダ電機?

では。

関連記事:
あとは日本だけ?(ソニーリーダー海外完全撤退)
SONY Readerは継続するのだろうか?(電子書籍)

Kindle

« もういい加減、人質を取っている犯人に従うべきじゃない(北朝鮮) | トップページ | 新しいイノベーションを起こせなくなった?(アップル Beats買収) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ