« MacBook Air 2010をMavericksにアップデート | トップページ | MacBook Air 2014の変更点 »

2014年5月 2日 (金)

まだまだインフラ未整備?タブレット教育利用での課題とは

今の子供達は授業にタブレットを使う所もあるようですね。
そんな今時のニュースがありました。

授業用タブレットで不具合続出…開始に大幅遅れ (Yomiuri Online)

最初、タブレット側のハードの問題かな、と思って詳細を読むとどうやら
転送するデータ量が多すぎて全員へ授業用のデータを送信する時間が
足りなかった、ということだそうです。

授業中にデータをダウンロードってちょっと考えれば、ネットワークの
太さ(回線速度)と生徒数によりどれくらい大変かわかるはずなのに。
IT関連の専門家が学校には居ないためか、大きなトラブルとなって
しまいましたね。

まあ、こういう経験を積んで、使えるインフラが整備されていくんだと
思いますので、前向きに進めて欲しいですね。

タブレット教科書になると、生徒の荷物が減り良さそうな反面、個人的には
あの紙の良さ(視認性等)が無くなるのはちょっと寂しい気がします。

では。

Eink

« MacBook Air 2010をMavericksにアップデート | トップページ | MacBook Air 2014の変更点 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ