« 日本HPはブラック企業? | トップページ | iPad mini対抗機、中国小米(Xiaomi)Mi Pad »

2014年5月17日 (土)

リストラ面接の現実

ある会社で業績が悪くなってリストラを始めました。
まず、人事部の方でリストラ対象者を絞り込みました。

早期退職制度への申込有無を各部の部長レベルの人と個人面談をします。
その際に、あなたの仕事はありません、とそのリストラ対象者は言われます。
そう言われた人は、会社に残りたいと言うと、「ではまた面接しましょう」
と言われ、仕事は与えられません。

永遠に続く面接。
何回も何回も同じ面接が行われます。

それでもダメな場合、配置転換を行います。
実際には、草刈りのような作業など今までの業務とは全く違う業務です。
もしくは出向命令が出ます。
それに従わないわけにはいかないので、その人はそれに従います。

大抵の人はそこまで耐えられないので、早期退職を選びます。

そうして、リストラされていくのでした。。。

補足:
会社の人事規定は非常に会社側に都合の良いように作られています。
上記の例では、その人の適正を考慮して、配置転換を推奨している
ということは違法でも何でもないので、会社に「非は無い」となります。

出向や配置転換についても、基本的に従業員は従わないと、業務命令
違反とされます。
上記の例以外に某有名電機メーカ(S社)では、人材能力開発室という
部屋で自主的に転職先を探すための能力開発を行う、ということを名目に
異動が行われました。

面接でも、退職勧奨ではなく、単に「あなたに仕事はありません」という
ことを言うだけですので、違法にならないのです。

« 日本HPはブラック企業? | トップページ | iPad mini対抗機、中国小米(Xiaomi)Mi Pad »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ