« 卓球ロボが素晴らしい | トップページ | いよいよ登場か・・・(Apple iWatch) »

2014年6月17日 (火)

映画と英語について(英語)

先日、ドラマ「フレンズ」の事を書きましたがその時に紹介した映画の
スクリプトを入手しました。

Front

Rear

プラダを着た悪魔です。

英語の字幕だとよくわからない箇所があるので確認のために。

解説が結構詳細でいいですね。

背景知識として知っておくべきことや、英語の使い方なども参考になります。

フレンズシリーズもスクリプトや解説書があればもっと勉強になるんだろうなぁ。

さて、スクリプトを読んで思ったこと。
それは、意外にやさしい単語だけでも聞き取れていないんだなぁと。

エミリーという秘書の英語、聞き取りにくいなぁと思ったら設定がイギリス英語
ということで納得。
実はアメリカ英語は慣れているのですが、イギリス英語やオーストラリア英語は
ちょっと苦手なんですよねぇ。

そういう点では、この映画はイギリス英語のリスニング教材にもなりうるのかも。

正直、映画好き(だった)私としては、映画を英語の教材に使うのは映画監督に
失礼かと思っています。
なぜなら、映画はまずは内容を楽しむ、鑑賞するものだと。

簡単な会話の勉強にはなり得ますが、会話より難しい本を読む力の方が
英語力という点では重要だと思いますので、映画はあまり役に立たないと
思います。
(観る映画のジャンルにもよるとは思いますが。。。)

日本語に置き換えるとよくわかりますよね。
映画やドラマを見ていても、日本語の読解力や表現力はあまりつかず、
文学など読書によって豊かな日本語表現力が付く経験があるはずです。

まあ、あくまでも個人的な意見ですが。

では。

関連記事:
ドラマ「フレンズ」英語学習にはどう?(英語)



« 卓球ロボが素晴らしい | トップページ | いよいよ登場か・・・(Apple iWatch) »

英語」カテゴリの記事

関連サイト

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ