« サッカーワールドカップ、ブラジルの現実 | トップページ | ドラマ「フレンズ」英語学習にはどう?(英語) »

2014年6月 2日 (月)

Surface Pro 3にイマイチ萌えないワケ

本日発表されたマイクロソフトSurface Pro 3

「Surface Pro 3」日本で7月17日発売、9万1800円から
(ケータイWatch)

でも、全然「萌えない」
いや、「萎えている」と言うのが正しいかも。

自分なりに理由を考えてみた。

これは、新しいデバイスか? 答えはノー。
タブレットの様な見た目だけれども、質量から言っても、キーボードを付ける
スタイルから見ても、「従来のノートPC」の延長線のデバイス。

いや、厳密には「MacBook AirになりたかったPC」のように見えます。

「でも、タブレットのようにタッチパネル対応している」
「タッチパネルに対応したOS」というのが彼らの主張でしょう。
それは認めます。

でも、スタイラスを持ってきた時点で、やっぱりタッチ(指)でなく、スタイラスペン
のような=マウスカーソルのような、細かい操作を要求しているのでは?

ビジネスユースにはいいでしょうね。
マイクロソフトですからあの高いOfficeソフトをバンドルできるので。
そして、やっぱり仕事で使うにはノートPC、というのが今の世の中。

でもね。

iPadって医療の現場とか、作業場とか、工場とかで使われています。
それは、従来のマニュアルの代わりに持ち歩きに便利で、その場ですぐに
閲覧できるデバイスだから。

そういう点でやっぱり「革新的な」デバイスだったわけです。
Androidタブレットも頑張っていますが、佐賀県のように、富士通製タブレットを
導入したはいいが、立ち上げ6分、ダウンロード15分、という有様では使えない。

ソフトバンクショップに行くと、iPadで何やらゴニョゴニョやっているのを
見たことある人多いでしょう。
確かにPCよりも便利なのです、タブレットの方が。
そういう「用途」向けにこれからタブレットには可能性がある気がします。

Surfaceに話を戻しますが、もう1つ萎えるのは、あのプレゼン。
全く、アップルの真似じゃないでしょうか、最近の製品は。
マイクロソフトに限った話じゃないけど。
(いや、厳密にはアップルの真似というより、Steve Jobsの真似。
 アップルも彼の真似をしているだけにしか見えませんね。)

そして、どうして?と思えるあのTシャツ。

Surface08

Steve Jobsが生きていたら、卒倒するかもしれません。
(Steveはイッセイミヤケのタートルネックがトレードマークでしたが。)

太っちょのおじさんが着るTシャツほど、着こなしの難しいものはありません。

そう、真似しているけど、わかっていないのです。
本質が。

Surfece Pro 2でいいじゃない?
せめて、劇的に安ければなぁ。。。

« サッカーワールドカップ、ブラジルの現実 | トップページ | ドラマ「フレンズ」英語学習にはどう?(英語) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ