« AmazonのFire Phoneについてアレコレ | トップページ | やっと国内販売!最強スマホ!(TORQUE G01) »

2014年7月28日 (月)

AIBOとの悲しい別れの時が来てしまった。。。

皆さんはSONYが作った犬型ロボットAIBOの事、覚えていますか?

Aibo SONY Global press release


AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ
(.dot)

もうとっくの昔に生産終了していたAIBO。
しかし、修理サポートはまだやっていたんですね。

それがとうとう終了するとのこと。
飼い主の皆様の悲しみはいかばかりかと。。。

ツイッターでのコメントでは、まだ修理できるだろう、という意見もあるようですが
この手の電子部品はもうディスコン(生産終了)の物が多いので、クルマみたいに
簡単に代替部品で動かすというのが結構難しいものなのです。

特に、SONYですから特殊な部品(量があまり出ない部品)など使っていた可能性が
高いと推測されますから、修理は難しいんでしょうね。

一応、保守用にメーカにラストオーダーを掛けて必要数量確保しているはずですが
この初代AIBOは1999年製。なのでもう14年も経過しています。

電機業界で10年というのは相当昔。

まあとにかく、こういう「代替の無い商品」そして愛玩動物(ペット)の役割も果たした
ロボットAIBOは、ユーザにとっては特別な思い入れがあるでしょうね。

上記記事の最後の言葉、
「これこそが、ソニーが最後に見せてくれた『未来』なのかもしれませんね」
が非常に重く感じられます。

では。

関連記事:
AIBO再生とメーカの事情について思うこと



« AmazonのFire Phoneについてアレコレ | トップページ | やっと国内販売!最強スマホ!(TORQUE G01) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ