« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

タブレットブームは終わったのか?

非常に面白い記事を見つけました。

タブレットの終わりがあっけなくきたわけを、こう推測しました (BLOGS)

この記事の中で故スティーブ・ジョブズがタブレットを

「iPadはテレビを見るときに手元に置いて、わからないことや
興味を持ったことがあったときに調べるためのもの」


と説明したそうです。

これはもの凄い見識だなぁ。

つまり、アーリーアダプタ、アーリーマジョリティという一部のユーザにしか売れず、
本当に多くの普通の人々には不要だと。

確かに。。。

PCの代わりにはならない、という意見やiPhoneをなぜ今まで大画面化しなかったか
についても私と全く同意見です。

スマホが大型化したらちょっとした小型タブレットは必要ないかもしれません。

個人的には、沢山タブレットを購入してきたけれども、本当に使うのは
iPad miniを単語調べ(辞書)に使ったり、iPad AirでSmart Newsを読んだりする
という使い方がメイン。

ほとんどの時間はPCを使っています。

PCはやっぱりキーボードが付いている、マルチタスクやりやすい、重たい仕事も
出来るなどなどやっぱり便利なのです。

今後、タブレットが劇的に増えるとは考えられない。
そう思うと、電機メーカ各社はまた苦しい展開を迎えそうです。

次のキラーデバイスは何か?
iWatchか?
それも結局、アーリーアダプタという一部のユーザにしか売れないでしょう。

家電などのように、本当に必要な耐久消費財としての商品の開発が必要なのですね。

では。



【悲報】MacPeople休刊のお知らせ

これも時代の流れ、必然なのかもしれません。

MacPeople「2014年 11月号」をもって休刊 (MACお宝鑑定団のBlog)

Cover_2

縦書きの右開きだった紙面が横書きの左から開く方式に変わった頃から
何だか不穏な予感がしていました。

その時に急に紙面が薄くなり、背表紙が無くなって、Amazonのレビューでは
非難囂々でしたから。

それだけ広告が減った、ということなのでしょうね。

一般的に雑誌不況と呼ばれているので、ここでは敢えてその原因等については
書かないで省略しますが、本誌は特に「Mac」と言いながら、最近はもっぱら
iPhone, iPadなどの記事、新製品発表中心の初心者向け記事がメインだったのが
存在価値を自ら低くしていたのではないかという気もします。

まあ、Macの専門的記事を書いたとしても、そのようなスキルのある人が雑誌を
買って情報を入手するとも思えない。

そう、情報が無料でインターネットから入手できる時代に、コンピュータ雑誌は
売れる確率が非常に低くなる
のです。

まあ、そうですよね、パソコン持っている人が読者なのですから。

最近の売れる雑誌はオマケ(付録)を豪華にして、「モノ」を売るということに専念
している雑誌ばかり。

情報はタダで手に入れるという感覚なんでしょうね。

話変わりますが、日経ビジネスも同じように不穏な雰囲気です。

Nikkei_business

ある時から、急に紙面が薄くなりました。
日経BP社の「日経エレクトロニクス」も同様です。

酷いなぁと思うのは、日経ビジネスの方は本当に読むところがほとんど無くなった点。
毎週刊行される同様なビジネス書に「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」がありますが
あちらはどちらかと言うと幅広いテーマを扱う分、ネタは尽きていないようです。

Diamond Toyokeizai

この手の雑誌を家でゆっくり読む時間は最近無いですね。
ついつい、ネットの情報をPCやスマホ、タブレットなどで入手するようになりました。

Steve Jobsは雑誌ビジネスまでも破壊した偉大なイノベータだったんですね。

では。



2014年8月30日 (土)

パナソニックLUMIX DMC-GH4キャッシュバックキャンペーン開始

一時期の熱狂的な品不足は解消されたようですね。
パナソニックがこのようなキャンペーンを開始するそうです。

パナソニック、LUMIX GH4購入で2万円キャッシュバック
 (デジカメWatch)

Campaign

パナソニック公式サイトより

この前は、前モデルになったGH3で3万円のキャッシュバックキャンペーンを実施
していましたが、新製品でいきなり2万円のキャッシュバックとは!

売れていないのかな?

価格をチェックしたところ、発売当時は17万円程したのが安いものだと12万円台
にまで価格ダウンしていますね。

話は変わりますが、パナソニックのミラーレスはちっとも新製品が出てきません。
DMC-G6はもう既に品薄ですし、DMC-GF6の後継機も噂を聞きません。

確かにDMC-GX7やDMC-GM1といった製品を昨年発売していますが、個人的には
GH4からFZ1000にも採用されたAF高速化技術、あれを他モデルへ展開して欲しいなと。

7月頃には出るかな、と思いつつ、既に8月も終わり。

秋と言えば運動会などカメラ、ビデオカメラの売れ筋シーズンですから期待したいのですが。

では。



祝!売れ筋ランキング第一位獲得!(FUJIFILM XQ1)

久々に価格comのデジカメのページを見てびっくり。

Kakakucom_2

何と何と、富士フイルムのXQ1が売れ筋ランキングの一位
になっていました。
(注目ランキングも2位!)

価格が安くなったのが売り上げに貢献したのかな?
評価もそこそこの評点ですので、ユーザとしてはちょっと嬉しいですね。

次期モデル(XQ2?)開発の可能性が出てきますね、コレは!
楽しみです。

では。

関連記事:
【レビュー】FUJIFILM XQ1購入(カメラ)
画像サンプル(FUJIFILM XQ1レビュー)
画像サンプル追加(FUJIFILM XQ1レビュー)
逆光比較FUJIFILM XQ1 vs Panasonic DMC-G5(デジカメ)
使ってみてわかった点(FUJIFILM XQ1レビュー)
FUJIFILM XQ1動画はどうか?(デジカメ)
XQ1のフィルタ機能をちょっとお試し(デジカメ)
モニター晴天モードへ瞬時に切り替える(FUJIFILM XQ1)
XQ1はミラーレスの代わりになるか(デジカメ)
【悲報】生産終了のお知らせ(FUJIFILM XQ1)
【朗報?】後継機、海外発表(FUJIFILM XQ1/XQ2)

ハイエンドコンデジに見るデザインの考えの違い
Nikon COOLPIX P330が安売りされていた件(カメラ)



LED LENSER P2BM 開封の儀

LED LENSER P2BM (OPT-8402)が届きましたので開封。(写真はクリックで拡大表示)

1_3

2

3

4

Pシリーズは「プロフェッショナル」の略らしく、このように立派な(!)箱に入ってきます。

ケース(ホルスター)、ストラップ、クリップ、単4電池1本が付属。
Pシリーズで嬉しいのはケースがあることなのですが、この収納用ケースは小型ライトには
不要かもしれません。

P2BMのBMはブルームライトの略らしく、光が青みかかった綺麗な形になります。

一応スペックを列記。(LED LENSER P2BM公式サイトより)

型番:OPT-8402
LED              5mm LED×1
サイズ           φ14.5x102.5mm
重量(電池込)  約36g
使用電池       アルカリ単4電池x1
最大光束       約16ルーメン*
最長照射距離 約25m*
点灯時間       (1 lm)約7時間*
*2012年4月現在のテストデータを基にした平均値です。(±15%)

16ルーメンという値は平凡な値かもしれませんが、自分が優先したのはむしろランタイム。
点灯時間が単4電池1本で7時間というのが実用的だと判断したためです。

質感はいいですね。

ON/OFFはテールのボタンを押すタイプ。
飛び出ているので、ちょっと触れただけでも点灯するのはちょっとマイナスポイント。

でもかわいいライトです。

追記:念のため、電池の接点はどうなっているか確認しました。

1_4

2_3

マグライトやジェントス・パトリオ6などとは違い、金接点のようです。
確か、LED LENSER P6, P14もそうだったような気がします。

ちなみに、LED LENSER A2も確認したら同じように金接点。
こういうところは抜かりがないですね。

追記:
フォーカスレンズは先端部分を回転させることで伸縮します。
(LED LENSER公式サイトでは前後にスライドすると書いてありますが違うようです。)

伸ばすとこんな感じ。(公式サイトより)

P2

伸ばした状態では照射円が大きくなります。
しかも形が綺麗。
まさにムーンライトという感じです。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSER L7 開封の儀
格安LEDライト購入(GENTOS パトリオ6)
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)
Maglite LED XL100レビュー


2014年8月23日 (土)

iPhone5バッテリ駆動が短くなる不具合(バッテリ交換プログラム)

こんな記事を発見しました。

アップルが『iPhone 5 バッテリー交換プログラム』を発表、バッテリー駆動時間が急に短くなる可能性 (トブiPhone)

確認の仕方:
iPhone 5 バッテリー交換プログラム (Apple公式サイト)

iPhoneの設定メニューからシリアルナンバーを確認して入力。

Screenshot_1

取り敢えず、対象外でした。

iPhone5ユーザでバッテリ駆動時間がおかしい人、要確認ですね。

では。

格安LEDライト購入(GENTOS パトリオ6)

安い(700円程度)ためかAmazonでのレビュー評価の高いLEDライト、
GENTOS パトリオ6 (GP-6BK)なるものを購入。

Ledlenser_a2_patorio6_small_2

先日購入したLED LENSER A2 (OPT-7212B)がいかに小さいかわかります。
それもそのはず、パトリオ6は単3電池、LED LENSERは単4電池ですから。

明るさはほとんど同じ。
ぱっと見た感じでは差がわかりません。

単3電池なので、ランタイム(駆動時間)は恐らくLED LENSER A2よりも長いでしょう。
また充電池であるエネループ使用可能と書いてあるので、ランニングコストも安そう。

質感もそんなに悪くなく、電源のON/OFFは後ろの突起部分を押すだけ。

それでいて、最初に書いたようにお値段はA2の約半分なのですから売れるわけです。

唯一気になる点をあげるとすると、テール部分の押しボタンの質感。
ややゴムっぽい柔らかさがありますね。
暫く使ってみて握った状態で親指でのON/OFFできるようになりましたので
慣れれば問題ないようです。

ただ、LED LENSER P7などのスイッチの方がしっかり感がありますね。

追記:電池の部分の接点を確認しました。

Contact_2

金メッキではありませんでした。(錫メッキっぽい)

では。

Patorio6

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)
Maglite LED XL100レビュー

2014年8月18日 (月)

小さなくせにパワフルな光(LED LENSER A2)

MAG LITEソリテールが液漏れにより壊れたので代わりのライトを探して購入したのが
こちらのLED LENSER A2 (OPT-7212B)

Ledlenser_a2_2

スペックは公式サイトによると以下の通り。

最大光束 約24ルーメン
最長照射距離 約45m
点灯時間  (1lm)約5.5時間
使用電池 単4電池1本
サイズ φ14.5x79mm

LED LENSERは他にも何本か所有していますが、筐体のデザインがいかにも
「ドイツ」っぽい無骨なところと、LEDの明かりのムラが少ないのが気に入っています。

本A2についても単4が1本とは思えない明るさ。

照明のON/OFFは他のPシリーズとは異なり先頭部分を廻してON/OFFします。
(P14などは後方部に押しボタンが付いています。)

キーリングも付いているのでキーホルダーとしても使用できそうですが
個人的にはキーと一緒に持ち歩くには大きい(太い)かも。
MAG LITEソリテールの方が細身なのであちらの方がいいと感じます。

Ad_2

レビューとは言えないけどファーストインプレッションでした。

では。

関連記事:
【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5)
【レビュー】よく似た2台の比較(LED LENSER P3AFS, P3AFSP)
【レビュー】謎の電源端子仕様(LED LENSER P5E)
【レビュー】変わった電池仕様のモデル(LED LENSER M8)
【レビュー】単3電池1本でも140ルーメン(LED LENSER M5)
【レビュー】インテリジェント・フラッシュライト(LED LENSER M7)
LED LENSER L7 開封の儀
LED LENSER P2BM 開封の儀
格安LEDライト購入(GENTOS パトリオ6)
LED LENSER P14レビュー(Flash light 懐中電灯)
LED LENSERとMaglite、どっちが好み?(LED LENSER P7)
Maglite LED XL100レビュー



2014年8月17日 (日)

扇子レビュー(初めての短地)

扇骨の多い短地扇子を買ってみました。(クリックで拡大表示)

Case パッケージ

Opening

Pict1_2 閉じた状態

Pict2_2 開いた状態(表面)

Pict3 手書き部分の拡大

Pict4 手書き部分の拡大

Rear1 開いた状態(裏面)

Rear2 手書き部分の拡大

Label 京扇子を表すラベルが付いています

Pict5 扇骨に光沢があります

とてもしっかりした作り。
見た目にも美しく、良い扇子だと感じます。

Top

上部も綺麗な水平になっていていいですねぇ。

では。

関連記事:
扇子レビュー(初めての京扇子)
扇子の作り方(日本の技術)
扇子レビュー(中国製竹仕様の日本製)

追記:
こうしてみると、扇風機って凄く安いんだなぁと再認識。
手作りって、定価販売(価格競争が無い)でもやっていけるんだなぁと。
まあ、電気扇風機も海外の安い労働力でアセンブリ(組立)しているわけなので
同じと言えば言えるのですが。。。
海外の労働力を搾取していなければいいのですが。。。

扇子の購入先:
扇子司 伊藤常 楽天市場

Img60311118

扇子レビュー(中国製竹仕様の日本製)

さて、最初に買った1本が良かったので、今度は別のお店で安いものを購入。

違いは、扇骨が中国製組立は日本という物。
「京扇子」というのはどうも決まりがあるらしく、扇骨(竹)を含めて日本産の物を呼ぶようです。

では写真をどうぞ。(クリックで拡大表示)

Pict1 閉じた状態

Pict2 開いた状態(表面)

Rear_2 開いた状態(裏面)

Top 閉じた状態(上部)

閉じた時、上の部分が多少歪んでいるのがわかりますか?

ちなみに比較のため、先に購入した京扇子はこちら。

Top_kyoto_fan  京扇子

これはマクロ撮影して拡大していますが、実物のサイズでも一目でわかるほど
全く違います。


もちろん、京扇子の方が綺麗ですよね。
今回購入した物は、テーブルの上に置くと水平でないためか、がたつきがあります。
京扇子は問題ありません。

実際に扇いでみた時の竹のしなり具合も微妙に違い、中国製の扇骨の物は
やや硬い感じになります。

安い扇子は軽いという通り、こちらは軽く、最初に開く時も堅さは京扇子とは
違い容易に開きました。

まあ、普段使いではこちらでも問題は無さそうですが、物としての出来は
全く違うと実感しました。

では。

関連記事:
扇子レビュー(初めての京扇子)
扇子の作り方(日本の技術)
扇子レビュー(初めての短地)



2014年8月16日 (土)

扇子の作り方(日本の技術)

扇子の作り方って各ショップのHPを読んでも今一つピンと来ない。

なので、YouTubeで探してみました。

見つけたのはこちら
扇子は4分58秒あたりから始まりますが、その前にあるうちわの作り方も面白い!

予想外に機械を使う部分があるところや職人さんの竹の扱う姿、素晴らしい!
紙に中骨(下図参照)を和紙の中に入れていく様子は凄い!
中骨は京扇子の普通サイズで35本程度。
短地という地紙が短いものだと45本程度もあるのですから!

扇子の構造(伊場仙HP)

Kozo_2

それにしても、昔の人ってホント凄い。
こんな手間が掛かることを思いつく。
いや、当時はこれくらいのこと、手間だとは思っていなかったのかもしれません。

秀吉の一夜城など凄いけど、日本人の血、DNAの中に物作りの血が流れている、
ふとそんな気がしました。

感動です。

では。

関連記事:
扇子レビュー(初めての京扇子)
扇子レビュー(中国製竹仕様の日本製)
扇子レビュー(初めての短地)



扇子レビュー(初めての京扇子)

夏、節電の夏。
あの2011年東日本大震災の後から会社の空調も28℃設定になり
うちわや扇子が手放せなくなりました。

私は会議の時などは扇子を持ち歩いていたのですが、それが行方不明に。
ということで、扇子を買うことに。

最初に購入したのはこれ。

Sobokunatakemt 京扇子 素朴な竹

京扇子の井ノ口松寿堂さんからお買い上げ。

となれば・・・簡単なレビューを(苦笑)。

では、早速、開封の儀から。(クリックで拡大表示)

Package

無料の簡易箱です。

次は、扇子を閉じた状態。

Pict1

開いてみます。

Pict2 表面

Rear  裏面

さて、良い扇子とはどういうものでしょう?
上に書いたお店のHPには以下の記載があります。

【いい扇子の見分け方】
・持ったときに重みを感じる。
 (特に竹の密度が高い)
・閉じたときにピチッと閉じ、その状態が長い期間続く。

こうなるためには、
 竹の材質が良く、扇面の加工が上手なこと、折りがきっちりなされていること、
 ため(親骨が内側に曲げてある)を含め、仕上げがうまくなされていること。
以上のことが必要です。


他のサイトにも記事がありましたので転載します。
伊場仙さんという扇子サイトにはこのように書かれてあります。
(注:伊場仙さんは東京日本橋のお店で、江戸扇子を扱っています。)

1 紙について
閉じた扇子を正面から見て、全体に左右対称であること、綴られた扇の紙を折ったところが平らかどうか確認してください。ここがまっすぐなものは熟練した職人の技である証拠です。

2  骨について
竹は普通、孟宗竹をつかいます。肉厚でまっすぐな物が良いとされ、扇子の骨に使うには厚さを均一にするために、竹を3枚に削いで使います。内側の肉の部分を使ったものもありますが、皮の部分を使うのが丈夫です。扇子の骨でも、竹の皮の部分を使った物を皮骨(かわぼね)と言います。親骨と中骨は、表面がなだらかで艶があるのが皮骨を使った高級品です。中骨に色々な模様の透かしが彫られていることがあります。

3  中骨について
扇子を広げ、灯りの前で透かして見てください。中骨が扇面の上部まできちんと入っているでしょうか?扇子の天と中骨の上の端の間が、1cm未満だったら良い扇子です。ここが大きく空いていると壊れやすく、弾力性がなくなり良い風を送ることができません。

4  要(かなめ)について
かなめは文字通り一番重要な部分です。ゆるすぎてもきつすぎてもいけません。
昔はくじらのひげを使っていましたが今は良質のプラスチックを使用しています。


Good_sample

結構、深いですね。

さて、今回購入した扇子ですが、上から見た時に平らでいい出来でした。
実際、竹は全て日本製(京都)で、光沢もあり、最初はやや硬い感じでした。

使うのがちょっともったいないなぁという作りです。

後で書きますが他のお店で安い扇子を購入したのですが、その時に、
最初に買ったこの扇子が良く出来ているんだなぁ
と比較してわかったのです。

それは、後日。。。

では。

関連記事:
扇子の作り方(日本の技術)
扇子レビュー(中国製竹仕様の日本製)
扇子レビュー(初めての短地)



iPhone6、早くも発表されたとか。。。

タイ政府がフライングをしてしまったようです。

タイ政府がフライング発表!iPhone6の正式販売が確定

もちろんアップルはクレーム。
ということはかなり信憑性が高いってことでしょうね。

こんなイメージらしいです。

Iphone6

あんまりかっこよくないなぁ。薄そうだけど。

まあ、でもスペックは上がっているのでしょうからそれなりに売れそうな気もします。

それにしても、アップルもすっかり先駆者から、後追いになってしまったなぁと
つくづく感じます。

このデザインが本当だとしたら、新しさを感じる箇所を見つけるのが難しい。
縁を狭くするというのは技術的には難しいとは思うのですが、LGのISAIなど
他社もやっていること。

発表前にこういうリークが出るのも、スティーブ・ジョブズがいなくなって
情報統御も及ばないようになった印象。
あの頃は、「水も漏らさない」という時代だったなぁと。

では。



2014年8月 7日 (木)

産経新聞アプリの仕様(Amazon Kindle)

Amazonのkindleアプリストアで産経新聞アプリの評価が酷いことに。

Sankei

で、ほとんどのレビューを読むと、iOSだと全面無料なのにAndroidは有料だと
お怒りの模様。

どうも勘違いされている方が多いようです。

産経新聞アプリは「スマホ版」は全面無料、
「タブレット版」は一面だけ無料(他は有料)という仕様です。

OSでなく、タブレットかどうか、で判断されているのです。

なので、iPhoneでは全面無料ですがiPad系は一面しか無料で読めません。
逆にAndroidスマホでは全面無料ですが、Androidタブレットでは一面だけ無料。

そりゃ、新聞社にしてみれば当然、タブレットで無料で読まれたらたまらないから
なんでしょうねぇ。

実は(多分)rootを取って、タブレットとスマホの認識を騙せばタブレットでも
無料で全面読めそうな気がします。
まあその場合でも解像度はスマホレベルの画面調整で荒いはずですが。

余談ですが、Galaxy Note2はスマホなので全面ダウンロード可能。
これで見ると、結構大きな画面なので視認性は良いですよ。

では。



そして最悪の結果となってしまった(STAP問題:理研笹井副センター長自殺)

もう本当に悲しい出来事です。
STAP細胞問題で渦中の理研の笹井副センター長が自殺されました。

今日はこんな記事を見つけました。
人はなぜ自殺に至るのか-労災認定基準の観点から (Yahoo)

自分が気になった箇所はここ。
理研の幹部が「痛恨の極み。もう少し、我慢してほしかった」(2014.8.5デイリースポーツ

この記者会見、テレビで見ました。
理研の広報担当の方が発した「我慢」という言葉。
もの凄い違和感を覚えたのです。

うつの状態になっていたと思われ、治療中だった笹井さん。
そんな状態なのに、無理させていたのではないのか・・・?

また、テレビでは誰も涙を流したりしていなかったことも気がかりでした。
会社の同僚が自殺したんですよ。
悲しくないですか?

広報の方は仕事だから、そういった感情を表に出すべきではないのかもしれません。
でも、「もう少し、我慢してほしかった」というのはあまりにも酷い言葉だと
思えました。


理研という会社が、とても冷たい会社なんだなぁと。


本当に優秀な人を亡くしてしまった。
いや、優秀かどうかは関係なく、尊い一人の命を失ってしまったという事実。

マスコミのせい、ネットのせい、色々言われていますが、
一番身近な人々、職場の人達がちょっと気配りしてくれていたら。。。

そして、本人の希望のように副センター長を解任してあげたら。。。

今回のことを他山の石として、再発防止に努めて欲しいものです。

お悔やみを申し上げます。


2014年8月 2日 (土)

EZ Screen Offが便利(Androidアプリ)

GALAXY NOTE2(SC-02E)のバッテリの減りが早い件。
どうもロック画面に入る時にスリープにならず、OSがバックグラウンドで動いている
という書き込みを発見。

「Galaxy Note II SC-02E」での異常な電池減り現象-ロック画面が原因の不具合っぽいです
(スマホ口コミ評価速報)

さて、今回紹介するのは、AndroidアプリのEZ Screen Offです。

Screen_off_and_lock

このアプリ(ウィジットなのですが)のいいところ、それはタップ1発でWiFiと同期を
OFFにして画面ロックまでやってくれるところです。

実際に起動すると以下の画面設定が出ます。

Screen_capture

必要に応じて、止めたい動作のチェックボックスを有効にするだけ。

Screen_capture_2

もちろん、GALAXY NOTE2に入れています。

で、もう1つ必要な理由がありまして。
電源ボタンを押した時の動作設定は「ロックしない」にしているのです。
というのも、画面OFFのために電源ボタンを押すと解除するたびにパスコードを
入力しないといけないのが煩雑なので。

でも、例えば、会社で自席を離れる時に瞬時にロックしたい場合もある訳です。
そういう使い分けのために、このアプリとウィジットを使っている、という訳なのです。

では。



価格comで格安SIM比較が開始されました

格安SIMも遂に価格comサイトでの比較対象に!

Kakaku
http://kakaku.com/mobile_data/sim/

果たして人気1位は?

気になる方はチェックしてみてください。

では。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

関連サイト

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ