« 【悲報】MacPeople休刊のお知らせ | トップページ | ぷららから容量無制限プラン発表! »

2014年8月31日 (日)

タブレットブームは終わったのか?

非常に面白い記事を見つけました。

タブレットの終わりがあっけなくきたわけを、こう推測しました (BLOGS)

この記事の中で故スティーブ・ジョブズがタブレットを

「iPadはテレビを見るときに手元に置いて、わからないことや
興味を持ったことがあったときに調べるためのもの」


と説明したそうです。

これはもの凄い見識だなぁ。

つまり、アーリーアダプタ、アーリーマジョリティという一部のユーザにしか売れず、
本当に多くの普通の人々には不要だと。

確かに。。。

PCの代わりにはならない、という意見やiPhoneをなぜ今まで大画面化しなかったか
についても私と全く同意見です。

スマホが大型化したらちょっとした小型タブレットは必要ないかもしれません。

個人的には、沢山タブレットを購入してきたけれども、本当に使うのは
iPad miniを単語調べ(辞書)に使ったり、iPad AirでSmart Newsを読んだりする
という使い方がメイン。

ほとんどの時間はPCを使っています。

PCはやっぱりキーボードが付いている、マルチタスクやりやすい、重たい仕事も
出来るなどなどやっぱり便利なのです。

今後、タブレットが劇的に増えるとは考えられない。
そう思うと、電機メーカ各社はまた苦しい展開を迎えそうです。

次のキラーデバイスは何か?
iWatchか?
それも結局、アーリーアダプタという一部のユーザにしか売れないでしょう。

家電などのように、本当に必要な耐久消費財としての商品の開発が必要なのですね。

では。



« 【悲報】MacPeople休刊のお知らせ | トップページ | ぷららから容量無制限プラン発表! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ