« 【続報】アメリカ消費者団体の検証結果(iPhone6 Plus bending) | トップページ | 【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5) »

2014年9月30日 (火)

自然災害の恐ろしさと危険の認識(御嶽山噴火)

御嶽山が噴火したというニュースが日本国内を揺さぶっています。
秋の紅葉シーズン、また土日好天とあって多くの登山客が犠牲になっています。
捜索活動も噴火が続いているために難航を極めています。

あの3.11大震災の後、災害関連の書籍を買っていた私は早速火山の危険について
調べてみました。

自然災害ハンドブックという本に記載がありました。

Book

詳しい解説は本書に譲りますが、これを読むと山って決して安全じゃないんだと
改めて感じます。

火山というのは予知が難しいのはわかりますが、自分が驚いたのは
この御嶽山というのは伊豆大島、桜島、雲仙岳などのように、
噴火警戒レベル導入火山】という山のランクに含まれていたこと。


下の写真は他にもある日本の活火山108が載っています。

Volcanos

御嶽山が矢印の先にあります。(下図参照)

Ontake 拡大した様子。

御嶽山は常時観測火山だったんですね。

ちなみに、常時観測火山対象外でも最近火山噴火活動があったようです。
しかし、その時はこのような大惨事でなかったせいか、それほどメディアでは
話題になりませんでした。

あの世界遺産に登録された日本のシンボル
「富士山」もしっかり活火山に含まれています。


富士山の場合1707年の大噴火以来噴火が無いようですが。

今回の噴火は水蒸気噴火と言って、テレビの解説ではマグマの上部にある
水蒸気が暖められ噴火したものだそうです。

ということは、その下のマグマってやっぱり活動しているんですよね?

地球は生きている、そう実感します。

そして島国ニッポン。火山の数も多いです。
南の方では火山活動で新島ができるくらい。

登山者のうち、何人が火山という認識を持っていたのでしょう?
山のレジャーが盛んになるのは観光にとって良いことですし、登山時代も
安全に行えばよい運動、ストレス解消になるでしょう。

でも、簡単になっても3000メートル級の大きな山に存在する自然災害のリスクは
頭の片隅に入れておいた方が今後は良さそうです。

気象庁に対し、予知や報道、周知のありかたの見直しという意見も当然あります。
それも大事ですが、我々も、山の恐ろしさ、自然の突然の災害に対し、どうするべきか
改めて注意を怠らないことの大切さ、それがもしかしたら助からなかった尊い命を
1つでも救うことができたかもしれない。。。

映像で見る噴火はその瞬間はどれほどの危険か全くわかりませんでした。

ちょうど、あの3.11で津波がやって来るときのように、人々はカメラを廻して
撮影している、そんな余裕もあったのです。。。大惨事とは思わずに。。。

あの時の大惨事が再び頭をよぎった、そんな噴火でした。

では。



« 【続報】アメリカ消費者団体の検証結果(iPhone6 Plus bending) | トップページ | 【レビュー】旧型モデルでも十分な性能(LED LENSER P5) »

安全性」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ