« 安物買いの銭失い?(オリンパス XZ-10) | トップページ | 【レビュー】OLYMPUS XZ-10(助走編) »

2014年10月 9日 (木)

一見さんお断り、というカメラ?(LUMIX DMC-LX100)

CEATEC JAPAN 2014のパナソニックブースにて、発売前のLUMIX DMC-LX100
触ってきました。

Dmclx100_1

Dmclx100_2_2

実は事前調査をせずに触ったのですが、パナソニックLUMIXユーザの私ですら
使い方に迷ってしまったのです。

LX100は一応コンデジのクラス。
でも、上記写真にもありますが、上部に配列されている2個のメカニカルダイヤルは
シャッタースピードと露出補正のダイヤル。

前モデルのLX7だと、通常のモード切替(Auto、Program auto、等)のダイヤルが
あるのですがこれには見当たりません。

つまり、これは、自分でシャッタースピードや露出を追い込んでいくような使い方の
できるカメラマニア向けのカメラなんだと。


本体のサイズは一応コンデジの中では大きい方ですが、自分はあまり気になりません
でした。
むしろ、隣に配置されていたDMC-FZ1000の大きさの方に圧倒されていましたから。

とにかく、このサイズにマイクロフォーサーズの撮像素子が入っているとはとても
見た目では思えませんでした。

羊の皮を被った狼なのか・・・?

まあとにかく、あまりカメラに詳しくない層を「ばっさり」切って、コアなユーザ向けに
開発したカメラって位置づけのような気がしました。

まあ、これはコレでありなのかもしれないかな。

でも、逆にカメラにこだわる人って、レンズ交換したりしたいんじゃないだろうか?
そういう人はDMC-GM5のようなコンパクトでレンズ交換式カメラに行くんじゃないだろうか?

そんな気がしたのです。

では。



« 安物買いの銭失い?(オリンパス XZ-10) | トップページ | 【レビュー】OLYMPUS XZ-10(助走編) »

写真・カメラ」カテゴリの記事

関連サイト

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ