« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

お世話になりました

今年も1年、本サイトへ訪れてくださいましてありがとうございました。

皆様にとって、2015年が実り多き、良い年となりますように。。。

では、また。

2014年12月30日 (火)

パナソニックのカメラ戦略が面白そう

カメラメーカ各社の来年以降の予測記事が面白いです。
期待の(?)パナソニックの記事が載っていて、予想通り面白かったです。

2015年はどうなる?メーカー直撃インタビュー:パナソニック編 (デジカメWatch)

Cm1_2 CM1
Lx100 LX100

以前書いた記事と同じように動画性能が4K→8Kに変わると世界が変わるという
ことをメーカはやはり考えているようです。

以下、記事の中から面白いと思った箇所を抜粋します。

現時点では4Kフォトの画素数が静止画に比べて低いですが、8Kになると3,200万画素になって、動画と静止画の壁がなくなります。今後は動画と静止画の画素数が近づいてきて、さらに新しい使い方がされるのではないかと思っています。

見えない世界が撮れる機能が欲しいですね。例えば高速での動き。そういった意味で高速読み出しは欲しいですね。それに高速読出しができれば、動画のフレームレートアップ、ローリングシャッターの影響を軽減できる、連写コマ速をアップできるなど、いろいろな効果をだすことができるようになります。

カメラではまず見た物を忠実に再現するというのが1つだと思っています。次は人間の目には見えないものを見えるようにするということもできるようになるでしょう。

カメラは今見えるものを撮ることから、見えない物を撮ることへ。そして人間の目に変わるものという3ステップで夢が広がっていくのかなと思っています。そして、カメラの究極の夢は「人間の目を超えるもの」になることだと考えています。

4Kフォトはただ動画を撮って取り出すのではなく、静止画を撮る延長としての高速連写機能です。最初に撮りたいシーンをイメージして、それを撮り逃さないために使う機能、写真を撮る行為の延長だと思っています。

熱対策は、今後ますます重要になってくると考えます。

---------------------------------------------

パナソニック製品の寿命が長いのは、このように熱対策ということをきちんと
設計で考えている点でしょう。
むやみにハイスペックにするのは容易ですが、きちんと熱対策しないと1年を
超えると急激に故障率が上がってきます。

フィルムカメラの経験が無い分、デジタルで自由な発想ができるパナソニック。
未来を見ているという点では他社とは違ったアプローチで面白いと思います。

では、また。

関連記事:
連写速度って重要でなくなるかもしれない(カメラ)

関連サイト(Impress デジカメWatch):
メーカー直撃インタビュー:ニコン編
メーカー直撃インタビュー:キヤノン編
メーカー直撃インタビュー:オリンパス編
メーカー直撃インタビュー:ソニー編
メーカー直撃インタビュー:富士フイルム編
メーカー直撃インタビュー:リコーイメージング編

4K撮影のできるコンデジ

今更ながらハイレゾウォークマン聞いてみた(NW-A16)

久々の銀座SONYビルにてハイレゾウォークマンの試聴をしました。

Sony_ginza

視聴した機種は今、価格comランキングでもトップのNW-16という製品。


自分の所有している楽曲やクラッシックを値段の高そうなヘッドフォンと一緒に
聞いてみました。

まず普段聞いていた曲。
確かにクリアな感じと、種々な楽器の細かい音まで再生してくれています。
実際に自宅に戻ってから、自分の持っているWalkman Sシリーズとインイヤー
フォン何個かと聞き比べましたが、その差は歴然。

一方クラッシックなのですが、普段クラッシックをあまり聴かないので、
それほど凄いとは感じませんでした。

では、ハイレゾWalkmanが絶対的にいいのか、というと実は正直微妙かなぁと。
これが最上位機種でないからなのか、それともヘッドフォンの相性なのか、
ポータブルMP3プレイヤーとしてはいいけど、オーディオマニアとしては
多分物足りないのかなぁと。

何だろう、昔、ちゃんとしたオーディオセットとヘッドフォンで聴いたり、
大きなスピーカで聞いた時のような、体全体で感じる音圧のようなものが
感じられなかった
のです。

但し、今回の視聴でヘッドフォンも進化しているんだなぁと感じました。
以前のヘッドフォンは非常に圧迫感や重さがあったイメージですが、
今のは耳に軽くフィットする-包み込むような、そんなヘッドフォンなんですね。

これなら長時間聞くのも、インイヤーフォンに比べて負担は少なくてナチュラルな
音という感じがして好印象。

型式から後で価格を調べたら1万円台でしたからそんなに高くも無い。
でも、本体約2万円、ヘッドフォンを加えるとざっくり4万円近い。

で、ハイレゾ音源というのもまだまだ配信されているのが少ない。
そう思うと、買い換え、買い増しの動機としてはちょっと弱いかな。

もちろん、最初から買うには良いチョイスでしょう。
できれば付属のイヤーフォンでの音質も聞き比べたかったです。

ということで、初めてのハイレゾ体験。
廻りにも人が多くて人気の程がよくわかりましたが、購入にまでは
至っていません。

安くならないかなぁ・・・

では、また。

関連記事:
ヘッドフォン購入しました(SONY MDR-10R)
ハイレゾ、ちょっと興味あるけど・・・(SONY Walkman NW-ZX2)

2014年12月29日 (月)

会社の社会的責任を果たしたウェザーマップ

ようやく、事の重大さに気づいたのか、ウェザーマップから謝罪文が公表されました。

Weathermap

お詫びとご報告

 このたびの当社所属気象予報士佐藤大介、同岡村真美子に関する一連の報道の件について、関係者及び視聴者の皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけしましたこと、ここにお詫び申し上げます。

 上記2名につきましては、ニュース番組で気象情報をお伝えするという役割の重要性に鑑み、NHK「ニュース7」、TBS「ひるおび!」の各番組に対し、降板の申し入れをいたしました。

 当社といたしましては、
気象情報の提供を通じて皆様に安心と安全をお届けするという気象予報士の本来の職務を全うするべく、社員一同、信頼回復に努めてまいりたいと思いますので、今後とも変わらぬご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ウェザーマップ


そうですよ。
気象予報士を人間として信頼して天気予報を見ているんですから。
そうでなければ「気象予報士」という資格なんていらないのですから。

そういう信頼できる人と見込んで放送局というマスメディアへ送り込んでいるのに
不適切な関係を持つということ(不倫)、そりゃウェザーマップという会社の信頼に
関わりますから。

それに、同じ会社で不倫した2人が今後継続して働けるのだろうか?
と思ったら・・・

Weathermap_before (クリックで拡大)
変更前

Weathermap20141229 (クリックで拡大)
変更後

お二人とも取り敢えず気象予報士一覧からは消えています。
(諭旨退職?懲戒免職?契約解除?)

では。

追記:「ウェザーマップ」担当者コメント
「アクセス集中を回避するためにいったん29日にプロフィールを外した。本人たちの処遇など今後についてははまだ決まっていない」 (東スポ)

Screenshot_1 HP

NHKは過去ブログも含めて存在そのものを全く閲覧できなくなっていますが
ウェザーマップのHPにはトップページにまだ本の紹介がありますね。。。

関連記事:
岡村真美子さんについて(つぶやき)
狐と狸の化かし合い(岡村真美子、佐藤大介事件)
こ、これは・・・(ウェザーマップ 気象予報士)
男ってホントしょうもない生き物だと思う(岡村真美子による男性論)
何とも皮肉な・・・(群馬県危機管理フェア:岡村真美子不倫事件)

狐と狸の化かし合い(岡村真美子、佐藤大介事件)

驚いた。
こんな事件があっても岡村真美子のファンがまだ復活を待っているということが。
ツイッターとかアマゾンのレビューを読むとそういう人っているんだなぁと。

結婚詐欺って知っていますか?

意外にも身近にいる「結婚詐欺」 餌食にならないために手口を知る
 (女性の美学)
結婚したい女性に警告!結婚詐欺の恐るべき実態 (女性の美学)

抜粋:
ただ単に騙すというのではなく、相手との恋愛関係をしっかり築き上げることや、自分への信頼感を持たせるために多くの時間を費やすのが特徴です。


今回の件は、佐藤大介が結婚すると多分言って岡村を騙した=結婚詐欺の一種かと。

一方、岡村は佐藤やA氏(今回の事件のトリガーになった人)、また他の男性に対し
好意があるように見せかけ、ごちそうになったり、男女関係を持ったりしたという
これまた一種の「結婚詐欺」の手口。

で、何が言いたいかというと、未だに岡村を信じている人が多いのは、
まさに「恋は盲目」で彼女のことを信じて、騙されていることを知らない
「ファン」がいるということ。

そんな、一度に3人(多分)の男性と付き合う女性ってそれは女性結婚詐欺師の
手口、そのままじゃないでしょうか?

今回の事件、佐藤、岡村という狐と狸の化かし合いだったようにも思えます。

人間、本当に盲目になると(詐欺師に騙されて信じ込ませられると)、
疑うことを止めて、逆に反対する人を非難するようになります。

岡村を庇う人、それは彼女のためにはなりませんよ。
不倫は反社会的行為で、相手の家族、また自分の両親を傷つけます。
自分のことを良く見せようとしていたプロフィール、ブログ、著書等は全て
彼女のイメージを良くするための虚構。

そういう意味で、本当の愛情に飢えていたか、満たされないものがあったのでしょうね。

では、また。                          (文中:敬称略)

関連記事:
岡村真美子さんについて(つぶやき)
会社の社会的責任を果たしたウェザーマップ
【悲報?】NHK気象予報士カレンダー販売停止?
こ、これは・・・(ウェザーマップ 気象予報士)
男ってホントしょうもない生き物だと思う(岡村真美子による男性論)
何とも皮肉な・・・(群馬県危機管理フェア:岡村真美子不倫事件)

2014年12月28日 (日)

日本ではSIMフリーiPhone6がもう買えないのか?

突然、アップルストアからの注文が出来なくなり、事実上購入不可となった
SIMフリーiPhone6。

その理由は最初円安の影響だと思っていましたが、それだけでは無いようです。

アップルがSIMフリーiPhoneを販売停止した本当のワケと中国の「黄牛」 (Credo)

世界一安い日本のiPhone6とiPhone6 Plusというタイトルで以下の表が掲載されています。

Capture (クリックで拡大)

これで、中国のバイヤーが大量にiPhoneを買い、本国で転売して利ざやを稼ぐ
という構図が目に浮かびます。

これは複雑な思いですね。
中国で販売しないなら、日本に来て大量に買い占める。
でも中国で販売しても、結局日本の方が安いのでまたしても日本で買い占める。

アップルのことですから、購入者の情報はしっかり情報グリップしているはず。
(自分もアップルストアで購入時にAPPLE IDとの連携を確認された記憶が。)

中国では高値で販売できる、と考えているアップル本社。
だとすれば、市場規模の小さく、利ざやの少ない日本のSIMフリーは止めても
良いと判断したと推測するのはあながち間違いではないと思えます。

まあ、3大キャリアにとっても好都合でしょうし。。。

来年、総務省のお達しにより各社SIMフリー義務化されるようです。
その時、iPhoneもその対象になるのでしょうか・・・?

そうなればいいのですが、そうでないとまた昔に逆戻り(=SIMフリー版が買えない)。

どうなるのでしょうかねぇ。。。

では、また。

【祝】中森明菜さん復活&NHK紅白出演

NHK、長くかかりましたがどうにか出演OKもらえたようです。

中森明菜12年ぶり紅白!海外から生中継 (日刊スポーツ)
中森明菜さん 出演決定のお知らせ|第65回NHK紅白歌合戦 (NHK公式)

Nhk

彼女の凄さを知ったのは某動画サイトで以下のライブ映像を見たとき。

中森明菜イースト・ライヴ インデックス23

圧巻だったのは、"DESIRE"と"TANGO NOIR"。
カッコいいんですよ、とにかく。

Desire  DESIRE

また、観客と楽しそうにやり取りするシーンなど、とにかく良かったんですね、コレが。

また当時の恋人「近藤真彦」との別れを思ってか、涙を溜ながら歌った
"難破船"と"セカンドラブ"
(実際、このライブの後間もなくして、彼女は自殺未遂を起こしたそうです。)

Wecked_ship 難破船

全盛期の頃に比べると、音量を非常に落としてつぶやくような、ささやくような
唄い方に変わりましたが、それでもきっと情感を込めて歌ってくれるでしょうねぇ。

ベストアルバムもCDランキング上位に入ったらしいですし、80年代のファンや
私のように動画サイトで知ったファンも多そうですね。

ということで、できたら見たいものです、紅白。

では、また。



培養肉と成形肉、どちらが安全?

バイオテクノロジーが進化すると、今までの常識が一変しそうです。

ヤバすぎる!「培養肉ハンバーグ」の衝撃 肉の生産も消費も、根本から変わる
(東洋経済オンライン)

Toyokeizai

Hamburger

培養肉とは、「牛の幹細胞をシャーレで培養して人工的に製造されたもの」だそうだ。

ふと頭をよぎったのは、この肉は安全なのだろうか?という点。

しかし、そんな疑問を予想してか、こういう一文があるのです。
成型肉は細かいクズ肉やそのままでは販売できない内臓肉を軟化剤で柔らかくして食品添加物で固め、形状を整えた食肉である。

そうでした。
以前、何かの本で読んだけど市場に流通している成形肉って中身を知ると
結構酷いもの(=値段相応)であることを思い出しました。
まあ、そういう食品って多いです。
名のない魚、つまり市場価値の低い魚を「白身魚」として販売する、など。

安い食材ほど危険な可能性が高いことを否定できないのです。
そうでなければ、100円バーガー等で利益がでる訳がないのでしょう。

培養肉(cultivated beef)がそのまま売れないとしても、ミートボール、
ハンバーガーとして売られたら、本当に今までのビジネスモデルは一変します。

でも、世界の食料事情を考慮したら、こういう食品の方がより安全かつ安定的に
供給できるという点で普及するかもしれません。

誰もその安全性、危険性について検証できないでしょう。
不思議な複雑な気持ちです。

では、また。



2014年12月27日 (土)

ピント合わせが後から出来るカメラってどうなの?(LYTRO ILLUM)

ちょっと噂になっている、後からピント合わせなどできるカメラについての
記事が載っていましたのでご紹介。

ピント合わせも露出調整も後から自由自在な「LYTRO ILLUM」は以前の
「Lytro」に比べ進化しまくっていました
 (Gigazine)

P2570300

どういう原理でピントを後から変えるのか?
その秘密は、ソフトウェアにありそうです。

しかし、記事によれば、
撮影した55枚の画像を読み込むと1時間半ほど
かかってしまった

とのこと。

で個人的な感想ですが、うーむ微妙かなぁと。

どちらかと言うとカメラって何枚も撮影した中から良い出来の物を選ぶって
ケースが普通で、そうなると枚数が多いのでレタッチなど後処理はなるべく
あんまりしたくないので。

人によってはRAW現像でなきゃ嫌!って人も多いんだろうけど、それもわかりますが
面倒なので基本JPEG撮って出しというスタンス。
いや、本気ならJPEG+RAW撮影していればいいわけなので。

何十枚も撮影したもののピントを1枚ごと後でPCを使って修正するなんて面倒
じゃないですか?

それに、この撮影データは相当の容量があるはず。
立体的な位置関係、つまり3次元的にデータを格納していて、それをソフトで
前後パラメータを変えてピントが合っているように見せているのではないかと。

でなければたった55枚の画像データ転送に1時間半掛かる理由がわからない。

以前も書いたけど、これからカメラが生き延びるには、いかに人間の手を煩わせずに
誰でも思ったような綺麗だと感じる写真を撮れるか、ということが重要になってくると
思っています。

スマホのような単焦点でもあれだけ楽しく撮影できる、という事実を直視しないと。

今はまだ高価なこの商品。
失敗の許されないプロユースなど、特殊な条件では便利な道具でしょう。
でも、レタッチ力という「人間のスキルに依存する」という状態では、
機械としては敗北。

これは、カメラのスキルが必要無いという意味では無くて、構図、光の当て方
シャッタースピード、露出、アングル等々色々工夫してこそカメラの面白みが
あるのも事実。
ただ、みんながみんなその技術を習得する時間は無いので、オートで撮影しても
構図など以外は機械(カメラ)任せで自動処理できるような物がいい商品として
売れているワケです。

ということで、本商品は話題性には欠けないけれど、実際にはまだ過渡期の
製品のように思えます。

AF(オートフォーカス)技術の高速化、正確さが進化すればそっちの方が
ユーザとしては簡単、ラクなのではないかと。

では、また。



岡村真美子さんについて(つぶやき)

この数日、ちょっと話題になっている岡村真美子さん。
もう、この人、知らない人いないんじゃないでしょうか?

Screenshot_1

ググると「変態ダブル不倫」とか信じられないようなキーワードが続々出てきます。

今日、Amebaのブログが閉鎖されました。

Blog 在りし日のブログ(以前)

Blog_2 在りし日のブログ(最近)

いやね、正直信じられないですね。

何がと言うと「岡村真美子」という人が。

あんまり人を非難したくないんですけど、まだある彼女のオフィシャルサイト
彼女のブログを読むことができます。

消えると思われるのでキャプチャを載せます。

Okamuramamiko_official_site

Monologue_1 (クリックで拡大)

もう年の瀬

2014年
女性が体調を崩しやすいとされる
前厄の年でした。

実際にじわじわと体調を崩してしまった一年でしたが、
気が付けばもう年の瀬。
一年かかって
体調も戻りつつあります。

これまで支えてくれた家族や友人、
応援メッセージをくださった皆様への感謝でいっぱいです。。

24時間365日、毎日の積み重ね。

いろいろなことがありますが
当たり前の日常を大切にする。
そんな当然なことにいちいち幸せだなぁと感じます。

ピアノが弾ける喜びとともに・・・☆

岡村真美子  (2014年12月14日)


Monologue_201407

思考に気をつけ

関東から西の地域では梅雨が明け、
一気に強い日差しが降り注ぐように。

厳しい暑さにじわじわと痛めつけられます。

暑くて体もだるく、
気分まで上がってこなくなりそう。
そんな時に、こんな言葉をみつけました。

「思考に気をつけなさい、いつか言葉になるから。
 言葉に気をつけなさい、いつか行動になるから。
 行動に気をつけなさい、いつか習慣になるから」


修道女マザーテレサの言葉。

自分の中だけで完結しているように思ることも、
気がつかないうちに外に染み出てくるもの。

きっといろいろな深い意味が含まれている言葉なのでしょう。

でも、とにかくまずは考えから前向きであること。
これが全ての始まりということなのかな・・
なんて思った、暑い夏の日です☆


岡村真美子   (2014年7月23日)

これらはほんの一例。
この文章を読んで、普通の人はどのような感想を持つでしょう?

知的、聡明な文章。
非常に心に響くものが沢山あります。
文章は人柄を判断する手段になります。

でも、実際の彼女の行動は全く逆だったのですから、理解できないのです。

今回の件、別に彼女を擁護するつもりはないのですが、相手の男性も酷いですね。

佐藤大介(気象予報士)のプロフィール!裏の顔がスゴイ!?嫁や子供は?
(ダラママの勝手にレビュー日記)

Image

不倫はもちろん良くないですが、不倫という意味では彼が問題でしょ?
岡村真美子と結婚する気も妻と離婚する気も、愛情もなく欲情のため
彼女を利用していたのですから。(変態プレイというもの含めて。)

週刊文春の記事だと訴えていたA氏(気象関係者、妻子持ち)は独身と
偽り岡村真美子と付き合っていたとか。
彼も悪いですよね。
彼女が二股していて逆切れしたようですが、男性としても最低じゃない?

誰一人が悪いわけでなく、全員が加害者。
その家族(岡村氏の両親、佐藤氏の妻子、A氏の妻子)が被害者。

話を岡村氏に戻して、謝罪しないで矢口さんのようにテレビに復帰するのは
止めて欲しいです。
とても言うことが信じられないから。

もしくはカウンセリング受けて、心の闇、問題、悩みを解消した方がいいと思います。

長くなりましたが、これからどうなるのか、気になります。

では、また。

関連記事:
会社の社会的責任を果たしたウェザーマップ
狐と狸の化かし合い(岡村真美子、佐藤大介事件)
【悲報?】NHK気象予報士カレンダー販売停止?
こ、これは・・・(ウェザーマップ 気象予報士)
男ってホントしょうもない生き物だと思う(岡村真美子による男性論)
何とも皮肉な・・・(群馬県危機管理フェア:岡村真美子不倫事件)

Ameba_1 (クリックで拡大)
Ameba_2 (クリックで拡大)
Ameba_3 (クリックで拡大)

岡村真美子のプロフィール(Amebaより)http://profile.ameba.jp/mamiboshi/



バッテリ購入(DMC-FX8)

バッテリを購入しました。
型式は、DMW-BCC12。

Battery

で、これは何用かと言うと・・・

Fx8

DMC-FX8という機種です。

Dmcfx8

2.5型大型液晶、という言葉が泣かせます。。。
でもね、買った当時、会社の人に「画面大きいですね」って言われたっけ。

手ぶれ補正なんて今では当然の機能がわざわざ書かれてあるのが懐かしい。
この頃のセンサは今のCMOSではなくCCD(Charge Coupled Device)
今では安いモデルにしか使われていないけど、当時はCMOSより優秀だったはず。

で、大したことなさそうでもスペックを見ると・・・
Spec(クリックで拡大)


ライカDC VARIO-ELMARITレンズ6群7枚(非球面レンズ3枚)
F2.8(ワイド端)~F5.0(テレ端)
500万画素 1/2.5型CCD 総画素数536万画素 原色フィルター
f=5.8~17.4mm(35mm判換算 35~105mm相当)

まだまだ現役で使われています。

パナソニックの製品の凄いところは長持ちすること。
写真を見るとわかりますが、コンクリートに落下させたりしてもうダメか、
と思ってもちゃんと撮影できるのです、いまだに。

(パナはビデオカムも持っているけど、それはもう10年位(いやそれ以上か)
 使っていますが故障知らず。さすがです。)

もちろん今のデジカメと比べると、起動はもっさり、ズーミングもゆっくり。
2.5型だけど500万画素と少ないので、案外そこそこの写真が撮れちゃう。
(もちろん今時のスマホ程度かそれ以下ですけど。)

動画も撮れるけど、QuickTime Motion JPEGというフォーマットが特殊で
ちょっと面倒なのと当時はまだ動画はメジャーじゃなかったのでまあ使いません。

画角が35mm(35mm換算)で広角撮影だとちょっと困りますね。
広角タイプはこの後の世代で流行りましたから、その時欲しかったんですが
まあ、色々諸事情があってずーーーーと買えずに現在に至っています。

そんなFX8ですがさすがにバッテリは寿命モード。
と言うことで買えるうちに購入!

どうも使い回せるようで、他の機種にも多数対応していてまだ生産中止に
なっていないようです。ナイス。

え?新しいデジカメ買った方が安い?
いえいえ、こういった「シンプルな」デジカメでそこそこ撮れるのって無いんですよ今。

やたらと機能が多くて、子供のような、またメカ音痴の人とか誰でも使える、
という実にシンプルなカメラって無かったりするんですよ、コレが。

しかも、液晶ディスプレイが今より小さいので本体がとってもコンパクト
まさに「コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)」です。

なので、使えるうちは(代用品が見つかるまでは)使うつもり満々です。

では、また。

2014年12月26日 (金)

最近のWiFiルータが高性能過ぎて困っています。。。

何だかよくわからないタイトルですが、実は隣家(多分)のWiFiルータによる電波障害。
簡単に言えば、出力が強いらしく、見たくないのにSSIDが見えてしまう。

Wifi

もちろん、セキュリティがあるので(覗く気ももちろんないけど)そのアクセスポイントへの
接続はできないのですが。

自分の家の方のルータは弱いのか、1階-2階間の距離が遠いのか(ルータは
1階に設置)、とにかくiPadなどで接続しようとすると(特に窓際)、接続確立できない。。。

一応WiFiって家庭内で使うようになっています。
理由は電波の干渉を防止したいから。
でも、こんなに強力な電波を受けていたら、電波法って何だろう?と思ったりします。

Capture_2

まあ、早く、2.4GHzでなく5GHz対応のルータでも買えばいいんでしょうけど。

SSIDステルスにしなくてもいいけど、出力パワーは押さえて欲しいです、正直。

では、また。

関連記事:
WiFiに繋がらない時の対応(iOS, iPhone, iPad)



2014年12月25日 (木)

【悲報?】NHK気象予報士カレンダー販売停止?

NHKのHPの差し替え(ニュース7)はあまりの早業で驚きましたが出版物は
どうなるのだろう?と思っていたら、夜の10時頃、それまで購入可能だった
アマゾンでも販売中止(?)の模様。

Screenshot_1_2 (クリックで拡大)

NHK気象予報士カレンダー2015
です。

まあ、それにしても今回の事件は驚きました。

イメージを重視するメディアの世界。
カレンダーにイメージの良くない人がいたら、そりゃまずいでしょうね。

だから、リコール?
回収しているのか、販売停止指示を出したのか?

定かではありませんが、損失は大きそう。

では、また。

関連記事:
岡村真美子さんについて(つぶやき)
狐と狸の化かし合い(岡村真美子、佐藤大介事件)
会社の社会的責任を果たしたウェザーマップ
こ、これは・・・(ウェザーマップ 気象予報士)
男ってホントしょうもない生き物だと思う(岡村真美子による男性論)
何とも皮肉な・・・(群馬県危機管理フェア:岡村真美子不倫事件)



タブレット出荷減?これからが正念場。

こんなニュースがありました。

国内タブレット出荷台数が初のマイナス成長に、1位はアップル(ケータイWatch)

国内のタブレット端末出荷台数は、前年同期比3.0%減の162万台となり、
2010年の調査開始以来初のマイナス成長を記録した


(タイトルはアップルが一番減ったみたいですが、1位シェアがアップルという意味)

まあ、そうでしょう。
だって、iPadを含めて、外観上大きく変わったものありましたか?

iPad mini RetinaはiPad mini 2と名前を変え、iPad mini 3はただ指紋認証を追加しただけ。
iPad Air2はiPad Airが出た時のような「おお、薄い、軽い!」という感動は無く、
「予定調和の薄型化」という感じ。

なので、毎年iPad(大きい方、小さい方含めて)買い換え(または買い増し)してきた
自分でさえ、食指が動かないのです。
(注:決してカメラ沼に移行したわけではありません、多分。。。)

いわんや、Androidタブレットは。
Nexusは2013モデル以降は7インチの後継機は無く、他のサイズ(メーカ)の物は
増えたけど、価格が高い。

SONYなんかは頑張ってXperia Tabletを出しているけど、あの四角い箱には
ちょっと萌えない。

今のNexusで何か不満は?特にないです。
Galaxy Tab Plus 7.7はもうずーっと電源入れていませんねぇ。
EeePad TF201も同様。
SIMを入れれば使えるGalaxyやNexus 2012 3GモデルもSIMを入れて使う機会がない。

で、一番使っているのは結局iPad mini RetinaとiPad Air。
常時携帯はminiの方。
家でゆっくりする時はAir。

この2台あればタブレットとしては、
・電子書籍(Kindle)が読める
・SmartNewsでニュースが読める
・産経新聞の表紙ページのマンガが読める
・ちょっとしたブラウジングもできる
・twitterもできる
・たまーに動画ビデオを再生して楽しめる
・Podcastで英語のニュースが見られる

・英和辞典(Longman)で単語調べられる
・Merriam Webster辞書が使える

・予定表(Refile、ジョルテ、標準カレンダー)確認と更新ができる

と万能なわけです(取り敢えず私的には。)

よく言われる大画面に慣れると戻れない、というのはタブレットにこそ当てはまり、
Airの9.7インチは本当にベストサイズ。
これより小さくても大きくてもダメな気がします。
しかも、4:3の比率がまた丁度いい。

動画はNexus7でもいいのですけど。
AndroidでないとダメなアプリやNFCを使うアプリはNexus7に頼りますが
もし頻度はiOSの方が全然高い。(主にロングマン英和辞書が必須なので)

で、私のような人でなければ、つまりスマホのアプリとあの画面サイズで
十分な若者は、ファブレットや大型画面スマホ一択なんでしょう。

欲しい人(俗に言うアーリーアダプター)にはもう一巡したタブレット市場。
使いたいけど難しそう、高そうという人には不要でしょう。

安いAndroidの名機Nexus7以降のヒットが無いのです。

安さだけではもうスペックそれなり、ストレージそれなり、画面は1024X768
程度で安く作れちゃう時代。

逆にプレミアムな製品となると日本がお得意の薄型、軽量、防塵防滴、
という路線。

でも高いタブレットって余程目的意識を持って買わないと無駄になります。
極端な話、自炊してマンガ等本や雑誌を読むビューワーに専念したい、
でもいいと思うのです。
ただ、自炊はまだまだハードル(と周辺機器の準備等費用)が高い。

このままではタブレット市場(特にAndroid)は死んでしまうんじゃないかと心配。
逆にWindowsタブレットはキーボードと組み合わせられることで、法人向けなど
これから増えそうな予感。

iOSは相変わらずでしょう。マニア、信者は買う。

しかし、それより後はどうなるのか?
本当にユーザは12インチタブレット(iPad Plus?)を待ち望んでいるのだろうか?

正念場はこれからです。

では、また。

ニコンの福袋が凄そうな件(カメラ)

新年の福袋シーズン。

残念ながらニコン製品はカメラストラップとシューカバーという少額商品しか
持っていないのですが、ダイレクトメールで福袋のご案内が。

リンクを辿ると・・・

Nikon_lucky_bag

ひえー、200万円コースですか!

さすがはニコン。高級ですね。(クルマ買えるじゃないw)

まあ凄いですが買う人いるのかしら?
200万円あれば、好きな機材揃えられますよね、きっと。

客寄せパンダなのか、本気なのか?
気になる話題でした。

では、また。

Screenshot_1

ご購入はこちらへどうぞ。

2014年12月23日 (火)

カメラにWiFi必要ですか?

最近のデジカメにはSNSを意識したWiFi機能が搭載されています。

FUJIFILM XQ1で初体験。
Panasonic GF6、G6にも前モデルには無かった機能として新規追加されました。

WiFiと言っても、アクセスポイントになってしまうので、例えばスマホやタブレットが
他のWiFiアクセスポイントと接続されている場合、カメラ側のWiFiアクセスポイント(SSID)
が見えないので、再接続してやる必要が生じます。

つまり、「面倒」なのです。

それならば、スマホやタブレットで撮影して、ちゃちゃっと加工してTwitterなどに
投稿する方が遙かにスマートでラクです。

また、WiFiは速度がUSB接続に比べると1桁位速度が遅い。
大容量の画像データを転送するには不向き。
パナのG6, GF6というミラーレスのWiFiはさすが家電メーカらしく、容量を落として
転送させる機能もあるので、そこは賢いですがデータ保存ではやっぱりオリジナル
ファイルサイズでPC等に取り込みたい。

そういう場合にWiFiだと転送が1桁遅いのですから30秒だったら6分。1分なら10分と
とんでもなく時間が掛かり、非常にストレスになるでしょう。

なので、ファイル転送としてもあまりメリットを感じません。

技術者なら、USB(高速有線シリアルバス)とWiFi(無線)でどっちがデータ転送の
ロス(エラー)が少なく安定して送受信できるか、すぐに理解できますが、
一般の人にはそんなことはわからないので、すぐに「速度が遅い」とか
「WiFi時のバッテリの減りが激しい」などと某価格comなどのレビューに載せています。

消費電力を減らしたければ、WiFiでなくBluetooth転送でしょうけど、あれも
速度はそれほど期待できません(次の規格だと速くなりそうですが。)

カメラメーカはスマホに奪われたデジカメシェアを取り戻したいという気持ちはわかります。
また、出先でデジカメで撮ったデータをスマホ、タブレットに取り込んで見たいという
要求もわかります。
あれば便利です。

でも、そのために原価が上がったり、本来の写真撮影でのバッテリ消費へ影響が
あるんだったら、むしろ無しにして、Eye-FiやFlashAirなどで代用してもらえばいいのでは?

まあ、消費者(ユーザ)はいつもわがままです(自分を含め)。
生産者(メーカ)はどうしてもそういうわがままに声を傾けます。

でもね。
iPhoneなんかは、防水、防塵を未だに実施していない。
なのにそれなりに売れている。(シェアはAndroidが遙かに多いけどメーカが多いので。)
落下防止のためのストラップホールすら用意していない

そこにはある種、潔い程の「気に入る人、デザインに共感できる人だけ買えばいい」
という哲学すら感じます。(言い過ぎか?)

デジカメ時代、意外に単焦点のみの高級デジカメが人気だったりします。

一時期、流行ったGPS機能
あれはどうなったのでしょう?
位置情報が写真に付加されて個人情報が流出する問題で一気にカメラの機能から
消え去りました。

今流行のWiFiもそのうち要らない機能になるんじゃないかなぁ、スマホが進化すれば
ふとそう思うのでした。

では、また。

補足:
パナのWiFi機能はアプリでリモート撮影なんかができて便利です。
優秀なアプリにより、カメラの新しい使い方を提案するのはいいと思います。
ただ、やっぱりちょっと面倒なんですよねぇ。。。



あなたはどっち派?(カメラバッテリ充電方法)

カメラ比較雑誌など見ていると、最近の「流行」はUSB充電できるかがポイントみたい。

そう言えば、最近のコンデジってUSB充電式ですねぇ。
USB充電式の場合、旅などで充電する時に、スマホなどの充電器と共用できる
という点がその利点のようです。

あとFUJIFILM XQ1の場合、汎用のmicroUSBケーブルで充電とデータ転送も
済ませられるので便利です。

一方、OLYMPUSのXZ-2, XZ-10は評判の良くないオリンパス専用ケーブルなので
ちょっと不便。

個人的には、USB充電のみというのはあんまり嬉しくありません。
理由は、カメラを使いながら予備電池に充電ができないから。

ここが一番の大きな違い。
ほとんど写真を撮らない、バッテリの持ちの良いカメラを使う場合には
別にUSBケーブル充電でも問題無いでしょう。

しかし、多く撮影したい(=予備電池を用意するタイプ)、いつもカメラに
バッテリを入れっぱなしで使っている場合などは、別充電器の方が便利。

PANASONIC LUMIX G/GFシリーズなんかはそのタイプ。

別充電器による充電だと、容量が大きくても出力DC8.4V(なぜ?)だから
でしょうか、充電に要する時間も速い気もします。
あと、大容量のバッテリにも向いているようです。

よく、旅先でバッテリ切れになりそうな時、USB充電だと充電できるので
いいという意見があるのですが、実際撮影中には充電できないし、
充電中はカメラは再生すらできません。
(XQ1, XZ2, XZ10の場合)

なので、やっぱり充電器で本体から外して予備電池を充電する方がいいなぁと。

きっと予備電池を買わない人にとっては、本体からバッテリを外すのは手間なのでしょう。
確かに、それには賛成ですね。

それにしても、オリンパスのバッテリは外部充電器をオプションでも用意していないのが
残念。(FUJIFILM XQ1は4,400円もしましたがありますね。)

いや、正確には別充電もどきの箱はあるのですが。


これです。
見るとわかりますが、端子はUSBそのもの。
つまり、別にAC/DC(いわゆる普通のUSBチャージャー)が必要なのです。

しかも、よく見るとそのUSBケーブルも格納できるのはいいのですが極短い
ただのガワ、なのに平気で4,000円以上もする、という信じられない商品。
これを堂々とオプション設定しているのですから。。。
家電メーカなどでは考えられない発想です。

メーカにとって、コンデジはコストの厳しい商品
なので、充電器1つでも追加したくないのでしょう。
一方今や、スマホなどでmicroUSB規格のコネクタもその周辺回路部品も
コストは安いのでしょう。
なので、コンデジにはUSB充電が流行る、と思っています。

でも、コンデジはその大きさからバッテリ容量も小さいので予備は欲しい。
だから、充電器も同梱してもらいたい、というのが本音です。

では、また。



2014年12月22日 (月)

マラソンブームにつけ込んだ新手の詐欺か?

自分の周りにもマラソンランナーの方々がいらっしゃいます。
ちょっとしたマラソンブームなんでしょうね。

そこにつけ込んだと思われる新手の詐欺(?)

荒川マラソン:直前中止 主催者、道路使用の申請せず (毎日新聞)

どうも12/21に開催予定にも関わらず、何ら連絡が来ないことを不信に思った
参加者が荒川区に確認したところ、業者(黎明)が突然中止を発表したという件。

以下はそのサイト(http://arakawamarathon.atdawn.tokyo/index.html)の
キャプチャー。

Tokyo_arakawa_2

Address

東京都豊島区南大塚2-11-10 ミモザビル3F
(詐欺 架空 請求 迷惑メール ワンクリック 解決 相談)

住所がバーチャルオフィスで、上記サイトの詐欺情報とも一致。

また当初、返金については口座振り込み(!)という信じられない方法。
(後に訂正されました。)
つまり、口座番号、氏名等の情報を抜き取ろうとしているのでしょうか?

また、この業者の住所、口座等の情報が詐欺に関連しているとの情報も。

荒川マラソンが前代未聞の理由で開催中止に → 返金の連絡先が『振り込め詐欺に利用された要注意住所』と一致して大炎上wwwww



どうもRUNNETという情報サイトにも掲載されていたために被害が増えた模様。

Runnet

レビューも凄いことになっていて、皆様、怒り心頭のご様子です。
皆さん、RUNNETさんを信頼してエントリーしたようです。

どう考えても泣き寝入りになりそうです。
しかし、許せないですよね、こういった悪質な手口。

インターネットを使えなければエントリーできないでしょうけど、ネットで
詳しく主催者などの情報を実際に目で確認するなどしないと、詐欺に
やられそうです。

とにかく、今は本当に簡単に詐欺サイトを作ること(ドメイン取得など)が
出来る時代。

ネットは怖いなぁと再認識します。

では、また。



今年も入手(世界の車窓からカレンダー2015)

もはや、ブログのため、毎年恒例年中行事と化した感のある、
富士通グループの「世界の車窓からカレンダー」入手ネタ。

今年は、今日、何とか入手できました。良かった。。。

20151

20152

20153

例年のことながらこのカレンダー、写真が綺麗。
そして書き込むスペースが広い。
なので、非常に人気が高い(と推測しています)。

何だか知らないけど、人気につけ込みヤフオクで売っている人もいますね。
きっと関連会社とか取引先から頂いたモノでしょうね。
お金を出してまで買うか・・・と言うと微妙ですね。

毎年、11月頃から限定販売されるようですので、どうしても購入されたい方は
正規のルートで購入しましょう。

では、また。

関連記事:
今年も入手。「世界の車窓から」カレンダー(2014年版)
申し訳ない。。。今年も入手(世界の車窓から カレンダー)
今年もゲットした「世界の車窓からカレンダ」(富士通)
今年もゲットした「世界の車窓からカレンダ」(富士通)その2(入手編)
世界の車窓から-カレンダ入手

結局、どうなったか?(JR東日本 東京駅記念Suica)

もしやとは思ったのですが、まさか本当になるとは。。。

東京駅記念スイカ:希望者全員に販売…「限定」で混乱受け (毎日新聞)

別に悪徳転売業者の味方じゃないけど、これはある意味、酷い対応。

①最初に「1万5000枚限定」としたものが限定でなくなる。
 つまり、最初とは物の性質が変わってしまった点。
 人間、前にも書いたけど限定物というのに価値を見出すもの。
 普段見向きもしない物でも、品不足になるとわかると突然買い占めするようなもの。
 今回、この限定をやめてしまったら最初に苦労して購入した人(もちろん、正しく
 決まりを守って購入した人)の努力、労力はどうなるのでしょうか?

②希望者全員と言うけど、どの程度の枚数をどの位の期間販売するのか不明。
 1年くらいとしても結局は限定なので数量限定じゃないだけで、そこそこ価値が
 ある(希少価値)ものになるのか不明。

①と重複しますが、とにかく約束(最初に決めたこと)を簡単に反故にしすぎな
今回のJR東日本の対応。

まず徹夜禁止を反故。
そして、限定販売も反故。

最初から希望者全員、期間限定くらいにしておけば何ら問題がなかったはず。
せめて、当初の予定通り、残り7000枚は抽選にすると15,000枚限定というのは
約束通りだけれども、最初の8000枚が既にルール違反(徹夜組)の人に販売
されてしまったので、落としどころとしてはまあ、仕方無いところなのかも。


誰でも購入できるんなら、ちょっとは欲しいかも。
もちろん転売目的じゃありませんが。

では、また。

追記:
1月下旬に2週間だけ販売の模様。
東京駅では販売しないとのこと。
郵送等の手間を考えると、今回の件、結局JR東はかなり赤字になるんじゃないかな?
では。

関連記事:
祝:東京駅100周年のはずが・・・(記念Suica販売騒動)
転売について

2014年12月21日 (日)

今、我々はSFの世界に居る(Siri)

久しぶりにSteve Jobsの話。
こんな記事がありました。

ジョブズは「ネットをするために人々はコンピューターを買う」と1985年に予言していた
(Gigazine)

ふと振り返れば、iPhoneが発売されたのが2007年。

この7年間で私たちの生活、ライフスタイルは一変しました。

人々はスマホで今どこで何を食べているかを写真に撮り、ネットに投稿したり
店頭にあるもののバーコードを読み込んで最安値のショップを探して購入したり
Face timeでテレビ電話をすることができる、その他色々なことがリアルタイムに
できるようになりました。

そして、Siri

「明日の天気は?」と言えば天気予報をしてくれる。
どこかへの行き方を調べたい時には話せば地図が起動してルート検索してくれる。

「○○に電話してくれ」と言えば電話掛けてくれる。

まるで一昔前のSFのような世界に居るのだなぁと再実感。

コンピュータだって最初の頃はおもちゃのようなものでした。
しかし、今は手のひらに載る=スマホにより肌身離さず誰でも簡単に使うことが
可能になりました。


Siriと言った音声認識による命令実行、曖昧な意味を分析する能力がネットに
より高速に実行可能になっています。

もう少しすれば、技術が進んで本当にもっと正確に我々のしたいことを実現
してくれるようになるかも。

Siri

人間は退化しそうです。
スマホでゲームばかりしたり、動画を見たり、Lineをしたりするのも結構ですが
もう少し違った使われ方が見直される時、新しいイノベーションが起きるのかも。

Touch IDなんかもそうです。
いよいよネットでの決済に本格参入しようとしているApple。
私たちは指一本かざすだけで、買い物の決済認証を済ませることができる、
そんなことを昔の人は想像したことがあるでしょうか?
(日本のおサイフケータイはそういう意味で凄い技術だったのですが。)

ふと見逃してしまいそうな小さな発明。
でも、それが進化した時、全く違った風景が見えてくる、そんな気がします。

それは、決してApple Watchが単なる時計でなく、何か新しいライフスタイルの
提案になるだろう
、と密かに期待しているのかもしれません。

他社とは違ったアイディアがAppleから提案されないと、本当につまらない。
逆に最初は大したことではないと思われても、後で振り返ると凄い転換点だった、
そういう製品になることを期待したいです。

では、また。



【レビュー】デジカメ選び本を買ってみた

年の瀬です。
何かと、散財したくなる欲求と戦う季節(?)。

デジカメ選びの本をつい、購入。

Front

Back

中身は結構シンプル。

Alpha6000

Dmcg6

Dmcgf6

Zx2

今年の11月末に出たのでCANONのG7 Xとかもしっかり掲載されています。
一方、上記のような2年前に発売されたXZ-2(生産終了品)も載っているのが
面白いと言えば面白い。

買得度というのが個人的には面白くて、G6やGF6がお買い得品のようですが
こちらも前年ながらもう在庫があまり無いので入手に難ありです。


一方、以前購入した本はこちら(デジカメ&ビデオカメラの選び方がわかる本2015)

Front_2

厳しいコメントも広告にメーカを入れないことによりできるこの【家電批評】

以前はかなり辛口だったのですが、今回のはちょっと柔らかめ。
まあ、それだけ各製品の完成度が高まって差が無くなったというふうに
良い風に解釈もできます。

Alpha6000_2

Alpha6000_detail

前述の本(最新デジカメ選び2015 (Gakken Camera Mook) )は星5点方式なのに
対して、10段階方式で比較的ハード的な部分の評価が中心です。

Sample_1_2

Sample_2_2

ライバル商品との画質比較の記事があるのも特徴。

Sample_3_2

カメラだけじゃなく、レンズ、ビデオカメラについても記事があります。

Sample_4

今、ちょっと流行(?)のハイエンドコンデジ比較。

A、Bなどわかりやすい比較になっていますね。

ネットでも情報を入手できますが、紙の本でこうやってまとまっているのも
見やすくてまた趣があります。

では、また。




2014年12月20日 (土)

転売について

転売する人と生活保護者を比較する、という意味不明なツイートがありました。
その人によると、転売でも一生懸命仕事(←ここが引っかかる)しているのだから、
みたいな論理でした。

で、転売について考えてみました。

まず定義を辞書で調べると「買った物をそのまま他の人に売ること」(大辞林)
となっており、転売という語自身に「善悪」のニュアンスは含まれていません。

つまり、辞書的な意味では買った物を他の人に売るだけなので別に悪いことではないです。

次にオークション販売ですが、こちらもオークションの売買は基本的には販売物に
対してその価格に見い出す人がお金を支払う訳で、偽造品でなければ特に問題には
ならないでしょう。

実際に、絵画など美術品のオークションなんかは1品モノに対しその所有する価値を
認めて購入する訳で、それはそのまま購入者の「資産」となり、価値が上がって自分に
価値が無くなればその人も転売すればいい訳ですから。

そう考えると、転売自体は何ら問題ないように思えます。

で、なぜ転売にネガティブなイメージが付いているのか?
辞書的ではなく、現在では転売=明らかに一般常識を逸脱した手段で入手したものを
購入時よりも明らかに高価に販売すること
、ではないかと推測しております。

今回の事例に照らし合わせると、本来の目的=鉄道ファンなどに記念となるような
モノを販売する、そのことにより利益を得ようとしたJR東日本。
そもそもスターティングポイントからして、Suicaという500円のモノに「特別な絵を付けて
2000円で販売した」という商売な訳です。

それに価値がある、値上がりする、と考えて購入して転売することは別に問題では
ないでしょう。

問題は、「徹夜で並ばない」というルールがあったにもかかわらず、それを破った
つまり不当な方法で入手した
というのが問題でしょう。

あとは、1人3枚までと制限したにも関わらず大量に買い占めがあったとしたら
(本来の記念目的でなく転売目的で購入したり、その利益を予想して他人に依頼
して買い占めを行うこと)それは問題です。

そこのところは実はグレー。
なぜなら販売元のJR東日本にとっては、当初の販売数を売ること=利益を確保する
こと、以外には何も関心がなかったからと推察しています。

でなければ、HPなどで事前受付する、JRのクラブ会員の人のみに販売する、など
制約を付けることもできたはずなのにそれを実施していないから。

JR東は転売されようが、どうでも良かったのではないか?
そういう「本来の鉄道ファン」という重要な顧客満足を著しく低下させたことが
今回の騒動の問題なのかなぁと。

先に書いたように、ルールを破った人には販売すべきではなかったのです。
それすら守れないJR東はユーザ(顧客)との約束(徹夜販売はしない)を
反故にしてしまった
、ここが一番の問題点。

朝一の電車でやってきて買えなかった親子のインタビューはホント痛々しいです。
正直者が何とかを見るというのでは、客商売として失格です。

あと、Yahooオークションでの転売ですが、これはもう買わないに尽きます。
ホントのファンなら転売する人が利を得るなんてことを許すべきではないのです。
それに抵抗するにはとにかく、買わないこと。これしかありません。

逆に利益を得たい人は出来るだけ安値で購入し、高く転売すればいいのです。
まあ、個人的には気分良くないですけど、株なんかと同じ有価証券みたいな
ものとしての扱いですね、この場合。

暫くはSuicaバブルが起こるでしょう。
もっと問題なのは、商品が無いのにオークションに出品するケース。
振り込んでも商品が届かない、偽物が届くケース。
これは100%犯罪(詐欺)な訳ですから絶対に許せないケースです。

ということで転売を商売にするのは現在の法律上何ら問題は無いケースが
ほとんどで、取り締まる様子もないので合法ですが、パチンコ同様に
明らかにグレーな仕事であるので、個人的には好きになれない、というのが答え。

生活保護者というのを一括りにしているツイッターの人は何もわかっていないのかな
と感じた次第です。

では、また。

関連記事:
祝:東京駅100周年のはずが・・・(記念Suica販売騒動)
結局、どうなったか?(JR東日本 東京駅記念Suica)

祝:東京駅100周年のはずが・・・(記念Suica販売騒動)

今日12/20は東京駅開業100周年だそうで。

Tokyo_stn

上の写真は普段の土曜日の東京駅。

ところが今日はこんな感じ。

東京駅開業100周年記念「Suica」に9,000人以上詰めかけ販売中止
(FNN)

Dec20_tokyo_station_1

Dec20_tokyo_station_2

Dec20_tokyo_station_3

Dec20_tokyo_station_4

Dec20_tokyo_station_5

大混乱。

そもそも数量限定なのに行列が出来た場合の対応についての検討不足。
徹夜は認めないとしながら、構内に入れてしまった対応の不徹底さ。
中途半端に販売を開始しながら、突然中止するという対応のまずさ。

今は、ネット時代。
誰でも、ヤフオクなどで転売屋になれる時代。

数量が少ない希少価値があるモノ、鉄道関連のマニアに受ける記念品、
といったものはプレミアが付くと誰もが考えそうなこと。

そして、群集心理。
行列ができると自分も並びたくなる心理というのは誰しもあるもの。

全く人気の無い店より、行列のある店=人気がある、と感じるので。

とにかく、朝からまじめに並んだ人で購入できなかった人は相当お怒りでしょう。
iPhoneとかならまだこれからも販売するからいいけど、今回の記念Suicaはどうするのでしょうか?

あー、でも今年ももうあと残りわずか。
また、年明けにはアップルストアで恒例の福袋(Lucky bag)が販売され、
それを目当てに徹夜して並ぶ人が出るんだろうなぁ。

こういうビジネス、そろそろ見直して、それこそネット時代なのだから、
通販で購入できるような仕組み、数量限定しない(実際に数量は決めても
非公開にする)仕組みを考えた方がいいと思うんですが。

では、また。

関連記事:
転売について
結局、どうなったか?(JR東日本 東京駅記念Suica)



環境にやさしい燃料自動車と難工事のリニア新幹線

ご存じのようにトヨタが燃料自動車(MIRAI)を販売開始しました。

トヨタ:燃料電池車「MIRAI」発売…既に400台受注
 (毎日新聞)

Mirai

このクルマ、何と200万円(!)もの補助金が支給され、それで520万円程度と
なるという話。

また政府は環境にやさしい(?)エコカー減税の継続を検討開始したそうです。

エコカー減税 基準見直し来年以降延長で検討 (NHKニュース)

どちらもキーワードは「エコ」
決してダジャレじゃないけど「エゴ」ではありません。

環境に優しいという何となく美しい言葉で税金をジャブジャブ自動車業界へ
つぎ込んでいます。

一方、リニア新幹線の話。

リニア着工 ゼネコン、今世紀最大の難工事に挑む 世界最高水準の掘削技術
(産経新聞)

凄いキーワードが続出しています。

全区間の9割弱を占めるトンネル工事が大きな壁となって
 立ちはだかり、「今世紀最大の難工事になる」とゼネコン関係者も口を揃える。

・四方を海に囲まれ、山地が多い日本。その建築史はトンネル工事の歴史でもある。
 とりわけ青函トンネル(全長54キロメートル)では度重なる出水事故や
 多くの殉職者を出しながも過酷な工事を乗り越え、
 掘削技術を進歩させてきた。

普通に道路や鉄道を地上にこれだけの距離作ると幾らになるの?
その上に、このような難工事に掛かるコストは幾らになるの?
一体、何人死人が出れば気が済むの?

最も信じられないことの一つに、地震大国の日本がその活断層が通っていると
言われている南アルプスの高地をトンネルで破壊するという行為。

これは、「反エコ」な行為ではありませんか?

リニア新幹線のコストについては以下の記事があります。

リニア新幹線、採算は取れるのか?巨額建設費と債務を一社負担、コスト上昇、運賃収入…(Business Journal)

記事は1年前と古いのですが当時の試算で9兆円
負担はJR東海だそうです。

まあ、どう考えても無茶苦茶です。
リニアが出来たら、今ドル箱の東海道新幹線はどうなるの?
逆にリニアが高いと利用客は想定を下回らないの?

ビジネスユースが多いと予想しているんでしょうけど、出張なんてこれからの時代
不要になるかもしれないと考えていないの?

iPhoneがあれば、Face Timeでテレビ会議できます。
いや、本当に会社なんかだと、スマホでスピーカーフォンにして電話会議に
しちゃうケースがままあります。

つまりリニアの問題点は3つ。
1つは難工事というのはハイテクではなく、ローテク(危険作業労働者の確保)が
重要で、少子化で3K嫌いの若者の土建離れでは東海道新幹線のようにはいかない
ということ。
円安による材料費高騰、デフレ脱却による人件費の高騰。。。
コスト的にペイしない、つまり「税金投入」になる可能性が大。
そう、原発のように。。。

2つ目の問題点は環境に配慮されていない点。
前述の通り、日本の美しい国土を破壊する行為。
そして、今問題になっている土、残土問題
残土問題とは、建設関連で発生する土の処分地がない、そのため違法に
残土を捨て、それが大雨などで崩れて大事故に繋がるという問題。


作るのは得意だけど、捨てるのは苦手。
あれ?まるで原発と同じです。

3つ目は、電力が非常に必要だという点。
リニアの消費電力は新幹線の3倍といわれており原発が無いとダメ
となるのが予想されます。。。



燃料電池車という「エコ」を援助する国。
リニア新幹線建築を許可する国。

とっても複雑な気持ちです。

では、また。



2014年12月18日 (木)

リケジョって言葉、好きですか?

突然ですが、リケジョって言葉、どう思いますか?

今日、天下の日経新聞のサイトにこんな記事がありました。

「世界の発明50」に選出 30代リケジョが仕掛ける夢

Nikkei

今、安倍総理は女性が輝く社会、ということを掲げています。
それ自体は別にいいんです。

でも、この「リケジョ」って言葉の持つ響きの中に女性蔑視のニュアンスを感じる
のは私だけなんでしょうか?

女性は理系に向かないの?
それほど、珍しいの?

キュリー夫人って女性じゃなかったですか?

女性が理系に進むことを「リケジョ」と呼ぶことは、凄く不自然な印象を持ちます。

会社には、色んな女性がいます。
もちろん、エンジニアの女性もいます。

彼女達は別に女性だからということで仕事に差別されません。
そう、別に誰も「リケジョ」=理系の女子、ということを意識していません。

何で、こんな性差を含むような呼称をマスコミは平気で流布するのでしょう?
言葉を生業にしている人達とは思えないのですが。


STAP細胞で一躍有名になった小保方晴子さん。
昨日までの状況ではSTAP細胞は再現できなかったようです。

でも、当時マスコミは割烹着だとか、ムーミンだとか、とても理科・科学とは
全く関係ないものを取り上げて、騒いでいました。

そして、STAP細胞論文の疑惑の際に、テレビで街頭の女性に「どう思いますか?」
と聞き、同じ女性として残念だというコメントを(無理矢理)引き出していました。

何でしょうねぇ。。。

こういう社会では本当に男女平等の職場って形成されないのでしょうね。
昔、女性はお茶だしなどを職場でしたそうですが、自分の勤務している会社だと
お茶だしとかコピーなどの雑務も自分(=男性)がやることになっていました。

それが普通。
技術系の会社ってそうです。

もう、○○ジョ、というのは止めて欲しいなぁと思うのです。

では、また。



2014年12月17日 (水)

驚愕のレビュー結果(日本通信 高速定額プランの評判)

日本通信、やっぱりまだまだ手強いです。

先日の記事に書いた高速モバイルで無制限プラン。
早くもAmazonにてレビューが出ていました。。。

果たして、その結果は・・・ (クリックで拡大表示)

Bmobile_sim

星1つです。

詳しくはこちらのレビューを読まれることをお勧めします。



面白かったレビューは、【日本通信の悪夢】遅くて全く使い物になりません
というもの。

以下抜粋:
【日本通信の悪夢】はまだまだ健在
日本通信をなめてはいけません
「そろそろまともになったかな?」なんて思ってはいけません
まだまだ【日本通信の悪夢】は続きます


うーむ、舐めていました。
まさかこんな酷いとは。。。

ということでお勧めできないですね、このプランは。

では、また。

関連記事:
遂に老舗日本通信から高速定額プランが!(bmobile)

2014年12月16日 (火)

タブレットはもう日本で作らなくてもいいんじゃない?

NECからSIMフリーのタブレットの発表がありました。

NEC PC、SIMロックフリーの8型Androidタブレットを18日発売 (PC Watch)

今、どのメーカでも簡単にタブレットを作れる時代。
なぜなら、MediaTekなどはもう最初から「レシピ」のような設計ガイドラインを
準備してくれる時代だから。

上述のタブレットはIntelのAtomですけど、別に珍しくも何ともないのです。

こういった誰でも作れる製品、つまり「コモディティ化」したデバイスは価格競争になります。
いくら日本が防水などの部分で勝っているとしても、1万円程度でタブレットが買える時代には
消耗品のように、必要な時に買って、壊れたらすぐ買い換えればスペックも上がり
価格も下がっていい買い物になります。

こういうメーカの姿勢を見ていると、昔のPDAを思い出します。
ほとんどのシェアはSHARP ZAURUSが占めていましたが、東芝やNECは独自の商品
(NECだとモバギ=モバイルギアなど)に固執してなかなか撤退しませんでした。

まあ、会社勤めしていると何となく分かる気もします。
その部署は存続するために、何とか新製品をプレゼンして、稟議通して予算を取って
ということをしないと、自分の仕事が無くなる=失業する訳です。

そういう社内風土だとやっぱり後追い設計だけになり、斬新な製品は出てきません。

期待しているのはやはりシャープかな。
ヘルシオお茶プレッソなんてとんでもない(失礼!)製品を世に問うなんて
企業文化はシャープしかないのでは?

000034416

これ、売れないだろう、と思いながらなかなかどうして意外に健闘しているような。

まあ、すぐやめちゃうというのもシャープの文化なのですが。

とにかく、変わったものを作っていかないと、利益は出ないでしょう。
日本製タブレットはSONYだけにまかせて、東芝やNECは他の路線にリソースを
注いで欲しいなぁ。。。

では、また。



一般人にとって郵便の役割は終わったのかも(年賀状)

年の瀬。
日本の文化(?)年賀状。

今年は、萌えキャラをダウンロードできるようになった日本郵便。

日本郵便公式の萌えイラスト年賀状を公式無料ソフト「はがきデザインキット2015」で作ってみた (Gigazine)

P2380133_m

涙ぐましい努力。
テレビでもCMで年賀状をアピール。

ふと思うと、年賀状以外にハガキや手紙を出すことってここ数年していないなぁ
と気づきました。

恋文(死語?)なんか、今のケータイ・スマホ世代に生きている若者には全く理解不能
な世界かもしれませんね。

ダイレクトメール以外に来るハガキ、郵便物というのは皆無。
連絡を取るには最低でも電話、できればメールなど他の通信手段がありますから、今は。

あけおめメール、なんてあったけど明けましておめでとうメールというのは
日本郵政にとってはとんでもない競合相手なのです。

なので、日本の文化、など色んな宣伝でハガキを出させようとしている、そんな
気がしています。

昔の年賀状は手書きが基本。
それが「プリントごっこ」のような印刷からパソコンを使った印刷へ。
でも、何だか味気ない。
年賀状作成「作業」は軽減されたけど、それまでして年賀状を出す意味って?

今年は残念ながら喪中はがきというもので代用することになったのですが、
ホント、学生の頃の友人とか、親戚、職場の知人に毎年代わり映えのしない
年賀状作るのは時間が無い、忙しい12月にはかなり大変。

もらう方は嬉しいんですが。
でもね、友達とかが「家庭菜園始めました」みたいな手紙をもらうと、正直
「あ、自分はなーんにもしていないなぁ、今年も」みたいな後ろめたさ、焦りのような
ものを感じますね。

今や、LINEなどネットで繋がっている人への年賀ハガキも出せる(?)ような時代。
(多分。。。)

何だか複雑な思いです。

では、また。




2014年12月15日 (月)

ミラーレスでも高速AFを実現!(SONY α6000)

私が思っているよりも、技術はずっと早く進んでいるようでした。

ミラーレスは一眼レフを超えられるのか?最新ミラーレスα6000と5倍高いEOS 5D Mark IIIで、AF性能を比較した結果…
 (らばQ)

SONYの最新のミラーレスα6000。
発売は2014年3月14日

一方比較対象になったEOS 5D Mark IIIですがこちらは2012年3月22日なので
2年の差があります

それを差し引いても、技術的に遅いと言われたミラーレスのAF(オートフォーカス)、
このα6000はコンティニュアスモードで撮影すると素晴らしい性能を示すようです。

これはちょっと魅力的ですね。

でも、レンズが高そう(実際、上記比較記事でもレンズの方が本体より高い!

と言っても当分はマイクロフォーサーズからAPS-Cへシステムを変える予算は
無いので、「あー、いいなぁ」と見ているだけですが。

では、また。



遂に売れ筋ランキング第1位奪還!(CANAN G7X)

この最近、CANON PowerShot G7 Xがラインキングを1位を獲得中です。

Best_3

長く一位の座を保持してきたのは2年落ちで価格が3万円台になりコスパに
優れたSONY CyberShot DSC-RX100でした。

G7 X(以下G7Xと表記)は何と言っても価格と性能のバランスが絶妙なのが
受けている理由でしょうね。

当初ライバルと思われたRX100M3は価格がなかなか下がらず1万円以上も
G7Xより高かったことが一番大きいのではないかと。

一方でCANON G7Xの場合は値崩れが早く、現在5万円台でも購入可能なのが
高級コンデジの一番美味しい価格ライン(個人的には5万円前後だろうと推測)
にピッタリはまったのかなと。

もう1つ思いつくのはタッチパネルとRX100M3よりも高倍率ズームが可能で
ありながらF値が小さいレンズ。

あとは、CANONというブランドイメージでしょうか。

やはりこの位のサイズというが高級コンデジのスタンダードサイズになりそうです。

ちなみにRX100は先日の記事のように流通量が減ったのか、ランクを下げています。

Best_5

まあそれでも第四位なのですから立派なものですが。

なぜか、こちらも2世代前の型落ちFUJIFILM XF1が2位という謎なランキング。
実は、Amazonで低価格キャンペーンで売られていたのが背景にありそうです。

ただ、Amazonのレビュー評判は今一つなんですが。
もちろん、個人的お勧めはXQ1です。

では、また。

関連記事:
SONY RX100M3とCANON G7X 徹底比較記事
流通量減少?生産終了間近?(DSC-RX100)
【レビュー】FUJIFILM XQ1購入(カメラ)




2014年12月14日 (日)

便利な軽量10倍ズーム(Panasonic H-FS14140)

PANASONIC LUMIX DMC-G6の標準レンズキットに付属するのが14-140mmの
H-FS14140というレンズ。

14140
(一応Made in Japan)

軽量(約265g)でマイクロフォーサーズらしい軽量システムとなります。
今まではダブルキットレンズ(14-42, 45-150mm)を使っていたのですが
やっぱり1本で広角と望遠をカバーできるのは便利。

動画撮影には電動ズームが欲しいところですが、静止画であればコレで行けそう。
パナのこのレンズはレンズ内手ぶれ補正(Power O.I.S)ですが、レンズ内手ぶれ
補正のオリンパス機の場合、レンズ内の方をOFFするスイッチが付いています。

自分はパナ機なのですが、この手ぶれ補正が意外と早くてピタッと動作してくれて
ちょっと驚き。
望遠なんかだと迷うかな?と思っていましたがどうしてどうして、意外に早い。
正直、迷わないですっと撮影できてストレスフリーです。

まだ、そんなに暗所など厳しい環境でのテストはしていませんが、室内程度の
明るさでも結構合焦が早いので助かります。

Ginza_wako_1
(広角)

Ginza_wako_2
(望遠)

プロでないアマチュアの人にとって使いやすさはやっぱり第一。
気軽にパシャパシャ撮っても大丈夫な感じです。

では、また。

関連記事:
LUMIX標準レンズ比較(外観編)



2TBポータブルHDDが安かったので買ってみた(Amazon)

サイバーマンデーというのがアメリカにはあるらしく、セールが行われます。
Amazonもアメリカの企業らしく、サイバーマンデーのセールを実施中。

2TBのHDD(ポータブル=2.5インチ)が1万円(税込み)を切った価格だったので
思わず購入。

WD ポータブルHDD TV録画対応WD Elements Portable 2TB 3年保証 USB 3.0 WDBU6Y0020BBK-JESN


早速、開封の儀。

Pict_1
パッケージ表面

Pict_2
パッケージ裏面。
上の部分が開封口なのですが、カッターで切って開封(やや切りにくい)。

Pict_3
サンドイッチ状態でHDDが茶色の保護ケースに挟まれ、その上にマニュアル(英語)
と接続用のUSB 3.0ケーブルが入っています。

Pict_4
なぜか、HDDは裏面が上になって梱包されていました。

Pict_5
ビニール袋から出した状態。
表面加工の質感もいいですし、ややラウンドした角の部分もイイ感じ。
この写真からは見えませんが上部にUSB端子と動作表示のLEDが付いています。

生産国はMADE IN THAILAND

大きさをざっくり比較。

Compare_1
高さはiPhone5Sよりちょっと小さめ。
横幅は見ての通り、それなりにありますが、前述の通りで滑らかな角加工なので
圧迫感は少ないです。

Compare_2
厚みはiPhone5Sの2倍くらいありますね。
でもポータブルの名に恥じないと思います。

購入時9,980円(税込み)でネット上でも発信されていたので夕方には
もう在庫切れ。
12/12一日限定だったので遅かった人は納期が翌日ではなくてもう少し時間が
掛かるようです。

それにしても、ポータブルHDDも安くなったなぁ。
この調子で行くと、今回のセール以外でもこの先、また安値販売の期待がありそう。

動作音は静かで、前に自分が使っていた1.5TB東芝HDDよりもUSB接触部分も
特に問題なさそうです。

保証は3年付きですが、故障したらどこにコンタクト取ればいいんだろう?

あとマニュアルは英語のみです。まあ絵メインなので問題ありませんが。
保証書は日本語版も付いていました。

では、また。

Hdd


2014年12月13日 (土)

ユーザは混乱しないか?(au UQ Mobile開始)

UQと言えばWiMAX。
ところが、今回のUQ Mobileはちょっと違うようです。

KDDI、子会社によるau MVNO「UQ mobile」開始 月2GBで1058円 (ASCII.jp)
UQ mobile http://www.uqmobile.jp/ (公式サイト)

Uq_mobile

あれれ、これってauのLTEを使ったMVNOなの?
わかりにくいでしょうに。。。

どうも時々KDDI/auは「おや?」と思うマーケティングをする気が。。。

まあどちらにせよ、あんまり人気がでないようなサービスと思うのは
私だけでしょうか・・・?
(iPhoneでの動作についても未確認、という全くやる気が見られないのは
如何かと思いますが。。。)

では、また。

流通量減少?生産終了間近?(DSC-RX100)

長く価格comのデジカメ部門で第一位をキープしていたSONYサイバーショット
DSC-RX100の順位が後退しています。

気がつくと、価格もじりじりと上がっているようです。

Rx100

最安値の頃は33,000円台(!)と激安だったのですが、今、3万円後半にまで
値上がりしています。

多くのショップで軒並み値上がり傾向です。

Screenshot_1
Screenshot_2

この動きは、もしかして在庫が減ってきたのかな?

さすがに発売して2年過ぎていますのでそろそろ生産終了してもおかしくはありません。

昨日、カメラショップへ行った時の価格も35,800円程度でした。
あー、3万円台前半の時に思い切って買っておくべきだったのかな・・・?

購入されたい方でまだお悩みの方、この価格上昇が一時的なのか
それとも継続しそうなのか見極めが大切になりそうです。

たまにはSONY製品買ってみたいのですが、どうも縁遠くて。。。
起動などのほんの細かい動作がもう少し速いと迷うことなく買っていたんですけどねぇ。

では、また。

関連記事:
遂に売れ筋ランキング第1位奪還!(CANAN G7X)



2014年12月12日 (金)

エスクァイアの販売が好調なようです(ミニバン市場)

さすが販売のトヨタ。
新型ミニバン(と言っても中身はノア/VOXY)のエスクァイアの販売が好調なようです。

Esquire

トヨタ「エスティマ」が全面改良しない理由 新型ミニバン「エスクァイア」が後継車?
(東洋経済オンライン)

これによると、
トヨタは12月2日、エスクァイアの受注が発売から約1カ月間で約2万2000台と、
月販販売目標(4000台)の約5.5倍の出足になったと発表した

そうです。
ひぇー、凄いです。
日産セレナ潰しにまんまと成功したトヨタ。恐るべし。

予想通り、比較的高級車を扱っているトヨタ店、トヨペット店というだけあって
市場ニーズは十分、そして上述の記事にあるようにエスティマの顧客なども
あるので、本当にトヨタって「商売上手」だなぁとしみじみ感じます。

今日、偶然、トヨペット店のショールームの外に置かれてあったヴェルファイヤ
もとい、エスクァイアを見ました。

フロントグリルはクラウンを模したエグイ(死語)デザイン。
こりゃ、マイルドヤンキーさんに受けるんだろうなぁ。。。

でもね、さすがはトヨタ。
ぱっと見るとかっこよさそうにも思えてくるから凄いです。

サイド、リアはホントノア/VOXYなんですが、クルマに疎い人には違うクルマに
見えるんでしょうねぇ、きっと。

(余計な心配ですが、ノアはともかくVOXYはエスクァイアに少し食われるんじゃないか
 と思っています。)

東洋経済の記事にあるように、エスティマはモデルチェンジの雰囲気がありません。
初代エスティマは画期的なデザイン、かなり斬新でしたよね。

面白いのは、トヨタってアイシスなんかもまだ販売しているんですよねぇ。
さっき、WiKiで調べたら前期モデルは2004年なのでほぼ10年です!
フルモデルチェンジしていないから、長生きです。

昔、リバティ(廃番)、今プレサージュというミニバンを所有していますが、プレサージュ
はもうすでに日産のラインアップにはありません。

でもね、乗用車っぽい形のミニバンって結構安定感があっていいんですよ。
今の前の型のノア/VOXYは試乗したけど、やっぱり何かちょっと足が不安でした。
まあ、ミニバンってそんな飛ばす車じゃないんですけどねぇ。

まとまりがありませんが、先のエスクァイア、今後どれくらい売れるのか、
興味津々です。

では、また。

関連記事:
トヨタさん、もうお客様は騙せませんよ(エスクァイア)



2014年12月10日 (水)

読書ゼロ。何でもネットに頼って大丈夫?

今日のNHKクローズアップ現代で「読書ゼロ」の人が増えているということを述べていました。

ふと思ったのは、今の学校教育。
小学校なんかは酷いもので、宿題で「○○について調べる」といった課題を出してきて
図書館などで調べる時間を与えないということ。

どこが酷いか。
どう考えても、家庭に1台以上はインターネットに接続できる環境がある、という前提で
宿題を出している。
そして、課題の回答をネット検索によってまとめるというのが平然と許容されている
という点。

自分で本などにあたって色んな意見を取捨選択して、自分なりのオリジナリティの
あるものにする、その課程に意味があるのではないか?
それなのに、そういうプロセスを省略して、簡単にネット検索の上位に来る情報だけで
真偽を見分ける力が付くのでしょうか?

またネット上にある情報は玉石混淆なわけで、正しい情報もあれば、誤った情報も
ある訳です。
それは、「知識の無い一般の人でも情報発信できるから」なのです。

先日、BS朝日(だったかな?)の「恋するドライブ」という番組で女優の貫地谷 しほり
さんがYahoo知恵袋を見るのが好きである日、自分の体重についての質問があった
そうです。
そのベストアンサーが「色々調べた結果、58kg」というのがあって、思わず
「どこから調べた情報なの!そんなにあるわけ無いでしょう!(笑)」という
会話がありました。

まさに、これなんかがそう。
いい加減な情報があたかも真実のように溢れているのがネットの世界。

本だと、少なくともそれなりのバックグラウンドのある人でないと本は出版して
もらえません。
なので信憑性はかなり高くなります。

注:
ただし、紙の本と違い今流行の電子書籍の自費出版だと話は別ですけど。


話を戻して、本を子供の頃は読むべきだと思います。
大人になると、本ではなく実体験で色々経験することの方が本より価値があります。
なので読書ゼロでも問題はそれほど大きくないかと。
ただし、日本語という言語運用能力、すなわち脳の中の論理思考を鍛える
という意味で何らかの書物(日本語)に触れ、それを理解していく行為は継続的に
必要だと思います。



と、まあ堅い話になりましたが、ホント自分も最近全然本を読まないですね。
買っても積ん読状態。。。

時間と集中力が必要なんですよね、読書って。
集中力が無い→読書しない→余計に集中力が無くなっていく。
負のスパイラル。

たまには、パソコンやタブレット、スマホから離れて一人、本でも読みましょうかね?
と言ってアマゾンなどで本を買おうとしてパソコンを立ち上げて余計なモノを買っちゃう、
他の人のブログを読んじゃう、ということになるのですが。。。

では、また。



2014年12月 9日 (火)

LUMIX標準レンズ比較(外観編)

DMC-G5/G6/GF5/GF6の標準キットレンズ。

Pict2

Pict3
Pict1

左からH-FS1442A-K(14-42mm/F3.5-5.6)H-FS45150-K(45-150mm/F4.0-5.6)
H-FS14140-K(14-140mm /F3.5-5.6)

普段のスナップには一番左の14-42mmを使用。
φ46でホントにコンパクト、軽量です。

それでしたので、最初14-140mmの右端のレンズをマウントした時、
大きく、ゴツイ印象を受けました。
φは58mmで真ん中の45-150mmのφ52よりも大きい。

しかも写真を見るとわかりますが、レンズも大きい!

これでも、旧モデルよりも大幅に小型、軽量化されているとは!

驚くことばかりですが、これでもミラーレスなので小型軽量なようです。
(一眼レフのユーザから見たらどんなに贅沢な、軟弱な、と言われそうです 汗)

左2台はMADE IN CHINA。
右端の1台だけがMADE IN JAPANでした。

使った印象については別途。

では、また。

関連記事:
便利な軽量10倍ズーム(Panasonic H-FS14140)



2014年12月 8日 (月)

連写速度って重要でなくなるかもしれない(カメラ)

ふと思った事。
ミラーレスって原理的には撮像素子からの電気信号をモニタやEVF(電子ビューファインダ)
に表示するものですよね。

一眼レフ、つまりレフレックス(反射鏡)タイプのカメラは光を反射させて画像を
基本OVF(光学ファインダー)で見て撮影します。
(もちろん液晶ディスプレイでのライブビューも可能ですが遅延があります。)

光は高速(30万km/s)ですから、今の技術ではどうしてもミラーレスでの
EVFではOVFよりも動きの速いものに追従できません。

ミラーレスもここは技術がかなり進化してきましたが、原理的にはかなり難しい点です。

果たして、今後も一眼レフじゃないと動きの速いモノを撮影できないのでしょうか?
今は、動きの速い野鳥などの撮影には一眼レフが必要でしょう。

パナソニックが4K動画撮影できるミラーレス(DMC-GH4)を発表してかなり経ちました。
今は4K時代ですが、次は8K時代だそうです。

パナのGH4は動画から800万画素程度の静止画を切り出すことが可能なようです。
そうなんです、動画の性能が上がると、動画の中から必要な情報(静止画)を
切り出すことで、動きの速い被写体の撮影ができる
ということです。

そもそも、連写すると言う行為は、動きの速いモノの中から必要なベストショットを
取り出したいからではないでしょうか?

連写の究極が動画
なので、フォーカスさえきちっと被写体に追従できる動画システムがあれば
高速連写やOVFのような技術は不要になるかもしれないなぁ、と思ったのです。

そんなこと当たり前じゃないか、と思いながらも現在はまだ動画の技術が追いついて
いません。
短時間で大量のデータを扱う電気回路がまだ安価に提供できていないからです。

でも、4Kもつい昔のハイビジョン→フルハイビジョンのように普及したらあっという間に
コモディティ化してしまうかもしれません。

デジタル回路は集積度が上がれば安く速くなるので、この論理が成り立ちます。

パナソニックが4K動画をデジカメに搭載した、というのはそういう意味もあるのかも。
一眼レフに対抗するための方向の1つを提示したいのかもしれません。

では、また。

関連記事:
カメラの未来が暗いと思う訳



遂に老舗日本通信から高速定額プランが!(bmobile)

ぷららLTEの3Mbps容量無制限定額プランから始まった「無制限」「高速」プラン。

遂に、老舗の日本通信から定額プランが発表されました。(販売は12/12より)

b-mobile SIM高速定額 (日本通信公式サイト)

Bmobile

何と言っても価格が1,980円(税抜)でぷららLTEより1,000円程安い!

もちろん、制限はあるようですが、具体的な制限についての記載は無いのが
ちょっと悩みどころ。
速度はどの位出るのか?
大容量のダウンロード時のどのタイミングで帯域制限が入るのか?

ちなみに最低使用期限は5ヶ月でそれ以内に解約すると8,000円(税抜)が
請求されます。

また新規契約時は3000円(税抜)が必要になります。
詳細は上記公式サイトをご確認ください。

日本通信は1GB定額以来使っていないなぁ。。。
その頃はIIJmioに比べて速度が遅く、ストレスを感じていたので。

今度のプランは果たしてどうでしょう?
価格インパクトは十分な破壊力があるので、後は実際の使用感でしょうか。

楽しみが増えましたね。

では、また。

関連記事:
驚愕のレビュー結果(日本通信 高速定額プランの評判)
ぷららから容量無制限プラン発表!
価格破壊?容量と速度無制限のLTEプラン
安かろう、悪かろう?(U-mobileの評判)



2014年12月 7日 (日)

カスタムモード(C1, C2)割当設定方法(OLYMPUS XZ-2)

いやー、わかりにくい。

普通、ダイヤルでモードを切り替えることでお好みの設定をダイレクトに
設定できるカスタムキー(C1,C2)がありますがその設定がわからなかった
という話。(OLYMPUS XZ-2にて)

まあ、最終的にはできたのですが、マニュアルで探しても見つけられなかったのでメモ。

・好きなモード(例えばアートフィルタなど)にて撮影モードにします。
・Menuキーを押す。

Menu_1

上から3番目の「リセット/カスタムモード登録」を選択。

Menu_2

このカスタムモード1、カスタムモード2というのがC1、C2というオチ。

まず、カスタムモード登録のところに、補足で「機器の設定をリセットしたり
保存する」
みたいなことが書いてあったので、てっきり他の設定の初期化/保存
だと思い込んで
いました。

実はよーく調べると以下のように書かれてあります。マニュアル53ページ参照。

C_setting

どうして最初このページに辿れなかったか?
だってタイトルが先の通りでリセット/カスタムモード設定だったから。

あと、最初の方でダイヤルの説明があるのですがP, A, S, Mはあるのに
C1, C2についての記載が無い。

巻末の索引にカスタムモードが無い(以下参照)。

Index

残念な事に、英字のC1, C2も説明無し。

これはちょっと・・・ねぇ。

自分はそれなりに他の製品など使っていたから、この手順だろうなぁという
当たりが付いていて、その中から必死にメニューを見つけたけど、初心者とか
オリンパス製品に慣れていないユーザは混乱するでしょうね。

でも、まあこれがオリンパスの世界なのかも。
ググってみたけど見つからなかったから、自分くらいしか気にならないのかも
しれませんね。

ちなみにパナはこんな感じ(PANASONIC LUMIX DMC-G6)

好きな設定(クリエーティブモードなど)の撮影モードにてMenuボタンを押します。

Smenu1

Smenu2

Smenu3

説明不要ですね、簡単に出来ます。
さすがは家電メーカ、UIがすっきりわかりやすいです。

ちなみにマニュアルはカラーでこんな感じです。

Manual_1

ボタンの説明と関連ページを記載。

Manual_2

上述のページからC1, C2の機能の説明。
関連ページへの誘導。

Manual_3

カスタムモードについての詳細な説明ページ。

Manual_4

とどめは、文末のさくいんにも「カスタムモード」の記述がある点。
さすがです。

補足:
パナはミラーレスでオリはコンデジだから比較が不公平だという意見があるかも
しれないと思い、OM-DやPENシリーズの取扱説明書をWEBで見たのですが、
XZ-2同様にモノクロの冊子であまり代わり映えしませんでした。
ちなみに、OM-DやPENにはCモード無いみたいですけど。。。

あとPDFのマニュアルでページをクリックするとそのページにハイパーリンクを
貼っているのがパナのマニュアル

オリンパスのマニュアルは本当に紙をPDF化しただけで、電子化した恩恵が
少ないのも残念。
頑張れ、オリンパス!

では、また。

関連記事:
【レビュー】OLYMPUS XZ-2 ショートレビュー
暗所での撮影(OLYMPUS XZ-2)
遂に生産終了?(OLYMPUS XZ-2)
うーむ、意味がわからんモデルチェンジ(バッテリ)
OLYMPUS XZ-2用にケース/ポーチを購入(カメラ関連)



Androidに出荷時からのマルウェア混入

唖然、呆然。

米Lokout、出荷時からマルウェア混入のスマホを発見 - アジアを中心に被害
(マイナビ)

以下、抜粋:
米Lookoutは12月4日(現地時間)、出荷時にシステムフォルダー内にマルウェアが混入されているスマートフォンを発見したことをブログで発表した。

Lookoutは、このマルウェアをDeathRingと命名。DeathRingは、中国で作られたトロイの木馬で、ベトナム、インドネシア、インド、ナイジェリア、台湾、中国で被害が確認されている。

感染したスマートフォンは、所有者の個人情報を勝手に外部に送信してしまう。さらに、利用者にアプリをダウンロードするように促してくるため、誤って新たなマルウェアをダウンロードしてしまう恐れがあるとしている。

それにしても確認された端末が凄い。

偽造Samsung GS4/Note II
    多種の TECNO デバイス
    Gionee Gpad G1
    Gionee GN708W
    Gionee GN800
    Polytron Rocket S2350
    Hi-Tech Amaze Tab
    Karbonn TA-FONE A34/A37
    Jiayu G4S - Galaxy S4 Clone
    Haier H7
    メーカー不詳Samsung i9502+のコピー製品

ほとんど、いや全部見たことも聞いたことのない端末なのと
偽造品だのコピー品だのというのが強烈です。

こういう偽物が簡単に作れるのがAndroid端末の弱点なのかもしれません。
まあ逆に言うと、安いスマホを作れるというのが後進国や発展途上国には
魅力なのかもしれませんが。

しかも、タチが悪いことに、プリインストールされているアプリなので
簡単に消去もできない模様。
Androidのroot奪取して強引に削除するしか道はないのでしょうか・・・

今回は日本メーカが幸いにも含まれていなかったのが唯一の救いかも。
スマホがPCに代わって市場に浸透するほど、悪意をもった人はろくでもない
ことをするものです。

では、また。



急激な円高、円安。そして中小企業はいなくなるのか?

アベノミックスで円安が急激に進んでいます。

円安自体は時間が掛かって変動する分にはまだいいですが、急激だと
体力の無い中小企業には大きな負担になります。

昔、洋食器で有名な新潟県燕市などは急激な円高により、海外輸出を
断念し、多くの企業が廃業に追い込まれました。

円高でも強かったと思われる内需向けの部品メーカなどは、今回逆に
急激な円安で大打撃を受けています。

材料、燃料の高騰。
アベノミックスにより、賃金上昇は安い労働力確保にも課題を。
よく聞かれます、「円安で大企業は利益が出ているがこっちは
賃金を上げるどころではない」と。

トヨタは定期的に部品メーカに価格低減を要求しているようです。
(これ、下請法に反しないのかな?)

それが、今回、円安効果で利益が上がったことから「値下げ要求
しない」ということになったそうです。

いや、違うでしょ?と突っ込みたい。
むしろ、高くなっても買えるようにしてあげないといけない。
でも、当然、そんなこと大企業側から言うはずがない。


ということで、急激な円安は本当に国のためになるのか疑問。
海外拠点からの部品・材料購入している企業はそのうち苦しくなります。

一度無くなった市場は復活しない。
円高、円安という流れで日本の力ある中小企業は壊滅的ダメージを
受けるでしょう。

では。

2014年12月 6日 (土)

鏡を見たままの自撮りが出来るデジカメ(CASIO EX-MR1)

カシオらしい、オリジナリティのある商品。

カシオ、鏡で見たままの自分を写せる自分撮り用カメラ「EX-MR1」を海外発表(マイナビ)
カシオ、手鏡を思わせるセルフィー向けカメラ (デジカメWatch)

02

これはアジアで流行っている「自撮り(セルフィー)カメラ」の進化形。
鏡の裏というのが凄い斬新。

自分的には、スマホ/タブレットのフロントカメラが進化してもう少し
性能が良くなれば、簡単に自撮りイメージ(鏡のように左右反転)
というのは技術的に可能なので、こういう商品が増えると楽しいかも。

デジカメも機能、使われ方を考えていく時代なのかも。

日本での発売見込みはないようなので、中国など旅行に行った際に
入手するのも面白いかもしれません。

ではまた。



2014年12月 5日 (金)

しっかりしようよ、日本プロ野球(中島オリックス入団)

今日は松坂大輔投手のホークス入団と中島祐之のオリックス入団発表が。

オリ中島誕生!3年12億「打点を多く」
 (日刊スポーツ)

松坂さんはいいですよ、メジャーリーガーですから。
今年もメジャーで登板しましたし。

中島さんは理解できない。
WiKiにも書いてあるけれど、彼は元メジャーリーガーでないのです。
メジャーに結局上がれなかった、マイナーリーガーなのです。

それなのに、古巣の西武を袖にして、3年12億(!!!)ももらって
大きな顔して入団する、ということがあっていいのだろうか、という思いです。

オリックスには糸井選手とか素晴らしい選手が沢山いますが、彼らはどう思うでしょう?

こんなことが続くようだと、本当に日本のプロ野球は舐められてしまいますよ。
ちょっとFAかポスティングか何かでアメリカ大リーグに挑戦して、結果が出なくても
高額な契約金で日本復帰できるんですから。


一方、今日は中日の大島選手が年俸問題で保留にしたというニュースも。
打率など成績を残しても、ダウン額より元に戻さないというのはやっぱり理解できない。

何だろうねぇ。。。

向こう(アメリカ)から戻って活躍したのはホークスの五十嵐亮太とかいるけれど、
彼はホント苦労して頑張っていた(ラジオでのインタビューを聞いた感想です)。

まあとにかく、日本プロ野球機構(NPB)はもっとまじめに選手のことを考えて
契約するようなシステムを作ってあげないと、日本にいる選手はホント、やる気
無くしますよ。

そうなると、ますます人気が無くなり、TV放映もされなくなる悪循環に陥るような。。。

では。



2014年12月 4日 (木)

カメラの未来が暗いと思う訳

スマホのカメラ性能が向上した影響でご存じの通り、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)
の売り上げが各社激減しています。

その対応として、高級コンデジという大型センサを搭載し、F値の小さい明るいレンズを
搭載したカメラや、超望遠機能に重きを置いた製品へとシフトしています。

OLYMPUSのXZ-2というカメラを先日購入しました。
これは、もう2年前の製品ですので、動作の機敏さ、アートフィルタ系の処理速度など
現在のスペックに劣る点もありますが、その画質という点では良く出来たカメラだと
つくづく感心します。

発売当時は4万円くらいしたのでしょうか。
購入時は2万円前半でした。

XZ-2はわずか1/1.7型というセンササイズですが、画素数を1,2OO万画素に押さえ、
明るいレンズを搭載した非常にバランスの良いカメラだと思います。

ミラーレスがAPS-Cサイズやフルサイズの一眼レフデジカメ(デジイチ)のシェアを
取ると自分は思っていましたが、最近のSONY, CANONの1インチセンサのデジカメの
販売状況を見ると、もうミラーレスの存在意義って何だろうと思うようになりました。

ミラーレスも交換式レンズなので、初期投資は安くても、標準レンズではあまり
被写体に近寄れません。
かと言ってマクロレンズは高い、またF値の小さなレンズは大きく高い。
あれ、ミラーレスって小さいからいいんじゃなかったっけ?
という矛盾を感じたのです。

「どうせそんなに引き延ばさなければコンデジの方がいつでも持ち運べるし
近くにも寄れるからいいんじゃないか?」とすら思ったりもします。


もちろん、カメラマニア向けに上述の高級カメラ、高級レンズは趣味の世界で
残るでしょう。
でも、多くのユーザは軽くて、速くて(早くて)、高機能で近くに寄れて安い
デジカメ、コンデジでいいと思うようになるのではないか、と推測しています。

スマホがコンデジのシェアを奪ったのは、スマホのカメラ性能が上がっただけでは
ありません。
スマホのように、いつでも持ち運べる利便性が大切なのです。
わざわざ、カメラを別に持ち運びたくないのです。

スマホで写真に興味が湧き、ミラーレスなどを購入する人は一部でしょう。
背景のボケがスマホでは撮れない、などということ、ボケの量でミラーレス、
APS-C、フルサイズと比較するのは一部のマニアだけのことのように思えます。

もう少し技術が進めば、デジタル処理で被写体(人物など)の背景をぼかす技術が
もっと自然になるかもしれません。
そう、人の目というアナログな部分は、その人の目(審美眼)の違いを認識できるか
否かによってしか差別化されないのです。

今のスマホの液晶画面ってとにかく綺麗です。
テレビもそのうち4K、8Kなどと言われています。
もう、人の目で認識できないくらい(差がわからないくらい)技術は進歩していくのです。

そうなると、今までの常識が通用しなくなります。
昨日の非常識は今日の常識。

ほんのちょっと前まで、アナログのフィルムカメラの画質はやっぱりデジタルには
敵わないと言われていました。
確かに、プロ用途ではまだまだ高級カメラは必要でしょう。

でも、一般ユーザにはもう画素数からしてオーバースペック。
(よく色んなサイトでも書かれていますが、SONY RX100などなぜ2,000万画素も
必要なのか、もっと画素数を減らした方が1画素に取り込める光の量が増えるのに。。。)

もう2~3年したら、世界が一変している気がします。
いや、きっと全く違う世界があると確信しています。

もう既に兆候が見られます。
パナソニックのLX100はミラーレスのマイクロフォーサーズサイズの撮像素子を
遂にコンデジに実装しました。
これは、まさにミラーレスを開発したパナ自身がミラーレスの限界を感じている
そう思えて仕方ありません。
(なのにミラーレスばかり買っている自分ですが。。。)

またFZ1000は望遠レンズにミラーレスのハイエンドモデルGH4にしか搭載されて
いなかった空間認識AF機能をコンデジなのに搭載しています。
(パナのミラーレスで同機能を搭載しているのはGH4だけ!)

最初意味がわからなかったこのパナの戦略。
これは、ミラーレスに見切りを付けたのではないか、ということです。

きっと、思ったほど(開発費ほど)レンズが売れていないなど理由がありそうです。
(注:正確なデータを持っているわけでなく、あくまで推測ですが。)

先にも書きましたが、ミラーレスに大型の望遠レンズを買う費用対効果を
必要とするユーザがどれだけいるか、という世界。

スマホ同様に、カメラも寡占化が進むでしょう。
オリンパスがどれくらいマイクロフォーサーズを延命させようとするか興味深いですが
パナはもうミラーレスにそれほど開発リソースを投入していないのでは?と
疑心暗鬼になります。

CANON, NIKONはプロユースがあるので盤石でしょう。
逆にアマチュア向けは苦戦するでしょう。

アマチュア向けは本当にスマホによって市場が無くなるのではないか、
そんな心配をしてしまいます。

(ちなみに同じことをパナが考えているのかCM1というスマホに高性能カメラを
搭載したモデルを欧州で販売していますね。)

では。

関連記事:
連写速度って重要でなくなるかもしれない(カメラ)



私がスマホに興味を無くした訳

今日は最近考えていることを書きます。
(長くなりますのでご容赦願います。)

私がブログを始めた頃、まだ何をテーマに書こうかと思った時に、以前から
やっていた「モバイル」かなと軽く考えて書き始めました。

当時、まだSHARPのZAURUSがモバイル機器として「存命」でした。
元々はPIシリーズ(SHARP独自OS)のアクセス・ザウルスの頃から始まり、
その時、外付けモデム(調べたところCE-FM3 24OObps!)で電話線経由の
ダイヤルアップでnifty serveと繋ぎ、モバイルしていたのでした。

Pi6000

それでも、当時はまだ社内セキュリティも厳しくなかったので、niftyのメールアドレスを
使って出張先から会社にレポートしたりもできたのです。

その頃、やっぱりザウルスってマイナーでした。

スマホの前にiPod touchがありましたがあれが個人的には最初のiOS機器。
とにかく、小型で高性能、もちろん家のWiFiにも接続できるのでザウルス(当時は
LinuxベースのSLシリーズ)に比べ格段に性能が上でした。

iPod touchを購入した頃、もうシャープにはPDA(Personal Data Assistant)を
開発する力は無かったので新製品も出なくなり、自然とiOS機器へとシフトしたのです。

iPod touchの頃も楽しかったです。
何しろ、外で通信するには今は普通にありますが、当時はあまり無かった「モバイル・
ルータ」を準備しないといけなかったから。

旧WillcomのPHSのUSB通信ドングルをIOデータのモバイルルータと接続したり
色んなことをやっていました。

そのうち、スマホに興味が。
スマホも最初の頃のAndroid機器はまだまだ未完成で、新しい機器が出ると
買い換えてその性能向上を実感できました。


そして現在。
スマホはガラケーを販売数で抜きました。
電車に乗るとスマホを持っていない人の方が少数派のようです。

そう、もうコモディティ化してしまったことに飽きてしまったのでしょう。

Iphone5s

SLザウルス(通称:リナザウ)はUNIX系のコマンドや階層構造を理解しないと
その面白みがわかりません。
また、動画再生も一筋縄ではいきません。
色んな先人達が開発してくれたapkファイルをSDカード経由で読み込み、
それを解凍してインストールして動かすという世界。

メモリも少ないのでタスクキラー、アプリ管理も大変でそれをクリアにするための
ツール類を入手してカスタマイズしないと使えない代物でした。

でも、そうやって少しでも動画を綺麗に再生できるか試すのが面白かった気がします。

コモディティになって、誰でも使える(注:一部の方は苦労されているようですが)
スマホにはそれほど「萌えない」のです。

まだタブレットはスマホほどメジャーでないのでましですが、それでも操作はスマホと
同じです。

技術の進歩も一般の人には全く差がわからないので、アップルも大画面化するしか
アイディアがないのです。

人とは違った物を持つから楽しかったのかな、と今思います。
そんな状態なので、ブログにも書くことが減った気がします。

そろそろ新しいおもちゃ(?)を探さないとダメかもしれません。
それが何か、今模索中なのかもしれません。

長文失礼しました。

では。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ