« 今、我々はSFの世界に居る(Siri) | トップページ | 今年も入手(世界の車窓からカレンダー2015) »

2014年12月22日 (月)

結局、どうなったか?(JR東日本 東京駅記念Suica)

もしやとは思ったのですが、まさか本当になるとは。。。

東京駅記念スイカ:希望者全員に販売…「限定」で混乱受け (毎日新聞)

別に悪徳転売業者の味方じゃないけど、これはある意味、酷い対応。

①最初に「1万5000枚限定」としたものが限定でなくなる。
 つまり、最初とは物の性質が変わってしまった点。
 人間、前にも書いたけど限定物というのに価値を見出すもの。
 普段見向きもしない物でも、品不足になるとわかると突然買い占めするようなもの。
 今回、この限定をやめてしまったら最初に苦労して購入した人(もちろん、正しく
 決まりを守って購入した人)の努力、労力はどうなるのでしょうか?

②希望者全員と言うけど、どの程度の枚数をどの位の期間販売するのか不明。
 1年くらいとしても結局は限定なので数量限定じゃないだけで、そこそこ価値が
 ある(希少価値)ものになるのか不明。

①と重複しますが、とにかく約束(最初に決めたこと)を簡単に反故にしすぎな
今回のJR東日本の対応。

まず徹夜禁止を反故。
そして、限定販売も反故。

最初から希望者全員、期間限定くらいにしておけば何ら問題がなかったはず。
せめて、当初の予定通り、残り7000枚は抽選にすると15,000枚限定というのは
約束通りだけれども、最初の8000枚が既にルール違反(徹夜組)の人に販売
されてしまったので、落としどころとしてはまあ、仕方無いところなのかも。


誰でも購入できるんなら、ちょっとは欲しいかも。
もちろん転売目的じゃありませんが。

では、また。

追記:
1月下旬に2週間だけ販売の模様。
東京駅では販売しないとのこと。
郵送等の手間を考えると、今回の件、結局JR東はかなり赤字になるんじゃないかな?
では。

関連記事:
祝:東京駅100周年のはずが・・・(記念Suica販売騒動)
転売について

« 今、我々はSFの世界に居る(Siri) | トップページ | 今年も入手(世界の車窓からカレンダー2015) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ