« 一般人にとって郵便の役割は終わったのかも(年賀状) | トップページ | 驚愕のレビュー結果(日本通信 高速定額プランの評判) »

2014年12月16日 (火)

タブレットはもう日本で作らなくてもいいんじゃない?

NECからSIMフリーのタブレットの発表がありました。

NEC PC、SIMロックフリーの8型Androidタブレットを18日発売 (PC Watch)

今、どのメーカでも簡単にタブレットを作れる時代。
なぜなら、MediaTekなどはもう最初から「レシピ」のような設計ガイドラインを
準備してくれる時代だから。

上述のタブレットはIntelのAtomですけど、別に珍しくも何ともないのです。

こういった誰でも作れる製品、つまり「コモディティ化」したデバイスは価格競争になります。
いくら日本が防水などの部分で勝っているとしても、1万円程度でタブレットが買える時代には
消耗品のように、必要な時に買って、壊れたらすぐ買い換えればスペックも上がり
価格も下がっていい買い物になります。

こういうメーカの姿勢を見ていると、昔のPDAを思い出します。
ほとんどのシェアはSHARP ZAURUSが占めていましたが、東芝やNECは独自の商品
(NECだとモバギ=モバイルギアなど)に固執してなかなか撤退しませんでした。

まあ、会社勤めしていると何となく分かる気もします。
その部署は存続するために、何とか新製品をプレゼンして、稟議通して予算を取って
ということをしないと、自分の仕事が無くなる=失業する訳です。

そういう社内風土だとやっぱり後追い設計だけになり、斬新な製品は出てきません。

期待しているのはやはりシャープかな。
ヘルシオお茶プレッソなんてとんでもない(失礼!)製品を世に問うなんて
企業文化はシャープしかないのでは?

000034416

これ、売れないだろう、と思いながらなかなかどうして意外に健闘しているような。

まあ、すぐやめちゃうというのもシャープの文化なのですが。

とにかく、変わったものを作っていかないと、利益は出ないでしょう。
日本製タブレットはSONYだけにまかせて、東芝やNECは他の路線にリソースを
注いで欲しいなぁ。。。

では、また。



« 一般人にとって郵便の役割は終わったのかも(年賀状) | トップページ | 驚愕のレビュー結果(日本通信 高速定額プランの評判) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ