« あなたはどっち派?(カメラバッテリ充電方法) | トップページ | ニコンの福袋が凄そうな件(カメラ) »

2014年12月23日 (火)

カメラにWiFi必要ですか?

最近のデジカメにはSNSを意識したWiFi機能が搭載されています。

FUJIFILM XQ1で初体験。
Panasonic GF6、G6にも前モデルには無かった機能として新規追加されました。

WiFiと言っても、アクセスポイントになってしまうので、例えばスマホやタブレットが
他のWiFiアクセスポイントと接続されている場合、カメラ側のWiFiアクセスポイント(SSID)
が見えないので、再接続してやる必要が生じます。

つまり、「面倒」なのです。

それならば、スマホやタブレットで撮影して、ちゃちゃっと加工してTwitterなどに
投稿する方が遙かにスマートでラクです。

また、WiFiは速度がUSB接続に比べると1桁位速度が遅い。
大容量の画像データを転送するには不向き。
パナのG6, GF6というミラーレスのWiFiはさすが家電メーカらしく、容量を落として
転送させる機能もあるので、そこは賢いですがデータ保存ではやっぱりオリジナル
ファイルサイズでPC等に取り込みたい。

そういう場合にWiFiだと転送が1桁遅いのですから30秒だったら6分。1分なら10分と
とんでもなく時間が掛かり、非常にストレスになるでしょう。

なので、ファイル転送としてもあまりメリットを感じません。

技術者なら、USB(高速有線シリアルバス)とWiFi(無線)でどっちがデータ転送の
ロス(エラー)が少なく安定して送受信できるか、すぐに理解できますが、
一般の人にはそんなことはわからないので、すぐに「速度が遅い」とか
「WiFi時のバッテリの減りが激しい」などと某価格comなどのレビューに載せています。

消費電力を減らしたければ、WiFiでなくBluetooth転送でしょうけど、あれも
速度はそれほど期待できません(次の規格だと速くなりそうですが。)

カメラメーカはスマホに奪われたデジカメシェアを取り戻したいという気持ちはわかります。
また、出先でデジカメで撮ったデータをスマホ、タブレットに取り込んで見たいという
要求もわかります。
あれば便利です。

でも、そのために原価が上がったり、本来の写真撮影でのバッテリ消費へ影響が
あるんだったら、むしろ無しにして、Eye-FiやFlashAirなどで代用してもらえばいいのでは?

まあ、消費者(ユーザ)はいつもわがままです(自分を含め)。
生産者(メーカ)はどうしてもそういうわがままに声を傾けます。

でもね。
iPhoneなんかは、防水、防塵を未だに実施していない。
なのにそれなりに売れている。(シェアはAndroidが遙かに多いけどメーカが多いので。)
落下防止のためのストラップホールすら用意していない

そこにはある種、潔い程の「気に入る人、デザインに共感できる人だけ買えばいい」
という哲学すら感じます。(言い過ぎか?)

デジカメ時代、意外に単焦点のみの高級デジカメが人気だったりします。

一時期、流行ったGPS機能
あれはどうなったのでしょう?
位置情報が写真に付加されて個人情報が流出する問題で一気にカメラの機能から
消え去りました。

今流行のWiFiもそのうち要らない機能になるんじゃないかなぁ、スマホが進化すれば
ふとそう思うのでした。

では、また。

補足:
パナのWiFi機能はアプリでリモート撮影なんかができて便利です。
優秀なアプリにより、カメラの新しい使い方を提案するのはいいと思います。
ただ、やっぱりちょっと面倒なんですよねぇ。。。



« あなたはどっち派?(カメラバッテリ充電方法) | トップページ | ニコンの福袋が凄そうな件(カメラ) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

関連サイト

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ