« リケジョって言葉、好きですか? | トップページ | 祝:東京駅100周年のはずが・・・(記念Suica販売騒動) »

2014年12月20日 (土)

環境にやさしい燃料自動車と難工事のリニア新幹線

ご存じのようにトヨタが燃料自動車(MIRAI)を販売開始しました。

トヨタ:燃料電池車「MIRAI」発売…既に400台受注
 (毎日新聞)

Mirai

このクルマ、何と200万円(!)もの補助金が支給され、それで520万円程度と
なるという話。

また政府は環境にやさしい(?)エコカー減税の継続を検討開始したそうです。

エコカー減税 基準見直し来年以降延長で検討 (NHKニュース)

どちらもキーワードは「エコ」
決してダジャレじゃないけど「エゴ」ではありません。

環境に優しいという何となく美しい言葉で税金をジャブジャブ自動車業界へ
つぎ込んでいます。

一方、リニア新幹線の話。

リニア着工 ゼネコン、今世紀最大の難工事に挑む 世界最高水準の掘削技術
(産経新聞)

凄いキーワードが続出しています。

全区間の9割弱を占めるトンネル工事が大きな壁となって
 立ちはだかり、「今世紀最大の難工事になる」とゼネコン関係者も口を揃える。

・四方を海に囲まれ、山地が多い日本。その建築史はトンネル工事の歴史でもある。
 とりわけ青函トンネル(全長54キロメートル)では度重なる出水事故や
 多くの殉職者を出しながも過酷な工事を乗り越え、
 掘削技術を進歩させてきた。

普通に道路や鉄道を地上にこれだけの距離作ると幾らになるの?
その上に、このような難工事に掛かるコストは幾らになるの?
一体、何人死人が出れば気が済むの?

最も信じられないことの一つに、地震大国の日本がその活断層が通っていると
言われている南アルプスの高地をトンネルで破壊するという行為。

これは、「反エコ」な行為ではありませんか?

リニア新幹線のコストについては以下の記事があります。

リニア新幹線、採算は取れるのか?巨額建設費と債務を一社負担、コスト上昇、運賃収入…(Business Journal)

記事は1年前と古いのですが当時の試算で9兆円
負担はJR東海だそうです。

まあ、どう考えても無茶苦茶です。
リニアが出来たら、今ドル箱の東海道新幹線はどうなるの?
逆にリニアが高いと利用客は想定を下回らないの?

ビジネスユースが多いと予想しているんでしょうけど、出張なんてこれからの時代
不要になるかもしれないと考えていないの?

iPhoneがあれば、Face Timeでテレビ会議できます。
いや、本当に会社なんかだと、スマホでスピーカーフォンにして電話会議に
しちゃうケースがままあります。

つまりリニアの問題点は3つ。
1つは難工事というのはハイテクではなく、ローテク(危険作業労働者の確保)が
重要で、少子化で3K嫌いの若者の土建離れでは東海道新幹線のようにはいかない
ということ。
円安による材料費高騰、デフレ脱却による人件費の高騰。。。
コスト的にペイしない、つまり「税金投入」になる可能性が大。
そう、原発のように。。。

2つ目の問題点は環境に配慮されていない点。
前述の通り、日本の美しい国土を破壊する行為。
そして、今問題になっている土、残土問題
残土問題とは、建設関連で発生する土の処分地がない、そのため違法に
残土を捨て、それが大雨などで崩れて大事故に繋がるという問題。


作るのは得意だけど、捨てるのは苦手。
あれ?まるで原発と同じです。

3つ目は、電力が非常に必要だという点。
リニアの消費電力は新幹線の3倍といわれており原発が無いとダメ
となるのが予想されます。。。



燃料電池車という「エコ」を援助する国。
リニア新幹線建築を許可する国。

とっても複雑な気持ちです。

では、また。



« リケジョって言葉、好きですか? | トップページ | 祝:東京駅100周年のはずが・・・(記念Suica販売騒動) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ