« うつ?何だか憂鬱な気分?(うつ、適応障害) | トップページ | 【朗報?】後継機、海外発表(FUJIFILM XQ1/XQ2) »

2015年1月14日 (水)

ちょっと残念(NIKON D5500)

ニコンから既に海外で発表済みのD5500の国内発表が行われました。

ニコン一眼レフ初のタッチパネル採用機「D5500」 (デジカメWatch)

001_s

何でも、ニコンの一眼レフ初のタッチパネルだそうで。。。

「遅くない?」

ニコンのカメラ戦略、今一つよくわからないのです。
小型化したのは見ての通り。
つまり、どこかでAPS-Cのミラーレスを意識しているように思えます。

ミラーレスのAPS-Cセンササイズと言うとSONY α6000が思い浮かびます。

しかし、残念な事に、ニコンのD5500はAFポイントがわずか39点

020_s Source

中心から外れたポイントはAFC(オートフォーカスコンティニュアス)で
追従できない可能性があります。

一方のSONY α6000は179点です。

Alpha6000 SONY HPより

実際に、α6000のAF速度、対応はレビューなどでも評判が良いようです。

一眼レフがミラーレスにすり寄った感じのするタッチパネルによる撮影は
一眼レフの特徴であるOVF(光学ファインダー)を覗いて撮影するということだけでなく
他の撮影方法(ライブビュー)を提案している訳です。

これが、進むべき方向なのだろうか?

本来なら、もちろんタッチパネルはあってもいいのですが、そういう物とは違う
機能、性能というものを前面にアピールする商品であって欲しかったかなぁと。

ニコンファンなら、きっとAPS-CでなくてフルサイズのD750などその上のクラスに
行ってしまいそうです。
いや、最初からそういう「棲み分け」を意識してこういう製品にしたのかも。

個人的にはスペックだけでの比較というのは写真・カメラの分野では必ずしも
適切ではないのは理解しつつも、何か新しい提案が欲しかったというのが
ニコンに対する期待と同時に今回の発表で残念だったのです。

難しいですよね、商品企画。

D7000シリーズ、D5000シリーズ、D3000シリーズのAPS-C一眼レフ。
その下にJ, S, VシリーズというAPS-Cミラーレスのクラスもあるニコン。

もちろん、フルサイズにも力を入れているニコン。
コンデジもやっているニコン。

デジタル時代、ハード(電気)開発のリソースは大丈夫?

D750で不具合があったようですが、色々大変になって品質確保が単なる光学機器
だった銀塩カメラの時代とは違うと思います。

そういう点で、電機メーカのSONYよりもエンジニアの質、量の勝負になるかもしれません。
今後の「デジカメ」は。

ブランドイメージとしては日本を代表するカメラブランドNIKON。
今後の製品企画に期待したいものです。

では、また。

関連記事:
悩ましい選択(NIKON D5500 vs. D5300)



« うつ?何だか憂鬱な気分?(うつ、適応障害) | トップページ | 【朗報?】後継機、海外発表(FUJIFILM XQ1/XQ2) »

写真・カメラ」カテゴリの記事

関連サイト

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ