« FirefoxでJavaScriptを有効にする手順 | トップページ | 車名変更しないのかな?(トヨタ ISIS) »

2015年1月25日 (日)

英検受験日(英語)

今日は2014年度第3回英検一次試験日。
皆さん、どうでしたか?(これから受験の人、頑張ってください。)

Eiken_3

ツイッターのトレンドに準2というのが入っていました。
準2とは英検準2級のことで、高校中間レベルらしいです。

らしい、というのは自分の頃は3級の上は2級しかなかったから。
3級合格後はかなり時間を置いて、社会人になってから2級を取ったので
準2級を知らない世代なのです。

英検準1級も大昔には無かった級。
1級と2級の差が大きくて準1級を作ったという噂。
そういう意味では、英検準2級も同じような理由なのかな?

英語力の低下なのか、それとも受験者減に対する施策なのか?
みなさん、準2級頑張ってくださいね。

ちなみに、英検2級は高校レベル(多分)となっていますが、結構難しいはず。
以前、ちょっと問題見たけど、準2級のせいなのか、以前より難化したような
そんな気がしました。


さて、こういうツイッターの様子を見ていると、何だか自分も何か試験受けてみたい
という気にもなります。(勉強はあんまりしたくないのに・・・なぜ?)

以前記事に書いたように遅くなりましたが2013年に準1級を取ったので次取るなら
英検1級ですね。

しかーーし、英検1級と準1級では本当にレベルが違い過ぎます。

まず単語。
準1級に比べて格段に難しい。
これ、TOEICの語彙なんか比較にならない程難しい。

Eiken

準1級クラスが5,000語程度とするならば、1級は7,000~12,000語程度という
記事を以前どこかで読んだ記憶があります。

まあ、とは言え試験なので使われる単語の傾向はあるはずなのでもし勉強するなら
旺文社の「でる順パス単」などを利用して地道に覚えるしかなさそうです。

リーディングのレベルも高いです。
これはTIMEなどの英語雑誌や英字新聞レベルと言われていますので、なかなか
手強いです。

そして英検の特徴、アウトプット試験。
ライティングや2次試験では面接(スピーチ)ができないといけません。

1級と準1級の間に準準1級というのが欲しい程です(苦笑)。

TOEICだと1回の試験でレベル判定できるのが便利で、先日の日経新聞での
今年取りたい資格の中でもトップだったのがTOEIC。
社会人には英検って人気ないですね。

確かに英検の試験内容はビジネスというよりも、アカデミックな分野だったりします。
言語論みたいな問題とか、社会問題についてのトピックが多いのが特徴で
TOEICみたいなE-mailでクレームを受けて対応する、旅程表を確認する、という
のとは英語の分野が違いますね。

まあ、長々書いたのですが、昨年そういうことを考えて少し試験を受けないで
勉強しようと思ったのに、全然できなかったので、今年は最初から何か試験を
受けるつもりで勉強でもしようかと。
(無理かなぁ?)

試験が先で勉強が後。
勉強が終わるまでなんていうことをやっているとずるずる後延ばしになることが
昨年の結果からはっきりとわかったのです。

と言うことで、学生の皆さん、色々大変でしょうが、まずは試験に申込みましょう。
そうすれば嫌でも勉強するはずですし、やったことは無駄にはならないでしょう。

社会人の場合、なかなか頭も体も付いていかないし、時間もまとまって取れないので
大変ですが、たまには資格勉強というのもいいものだと思います。
まあ、何かの役に立つかもしれませんし。

では、また。

Mainvis01_2
(source from http://www.eiken.or.jp/eiken/ )

関連記事:
英検受験体験記
英検一次合否発表・・・果たして結果は?
英検2次試験体験記(英語)
英検二次合否発表・・・果たして結果は?(英検体験記)



« FirefoxでJavaScriptを有効にする手順 | トップページ | 車名変更しないのかな?(トヨタ ISIS) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

関連サイト

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ