« 【検証】WiMAXは遅くなったか? | トップページ | au Walletクレジットカード引継ぎエラーの件(続き) »

2015年2月16日 (月)

新生VAIO Z、喜びと落胆(パソコン)

SONYから独立したVAIO。
そのVAIOから往年のブランドZを付けたVAIO Zが発表されました。

最高のクラムシェル型PCにこだわった新「VAIO Z」(PC Watch)

01

私の最初の感想は素直に嬉しかった。
もちろん、自分も昔はVAIOのユーザだったし、VAIO Zというのは
VAIO Tから派生したハイエンドモデルということで羨望の眼差しを
持って見ていたから。

開発者の努力はひしひしと伝わってきた。
妥協しない、こだわりの設計ということ、デザインの洗練性もまた
VAIOの魅力の一つ。
美しいモバイルPC、しかしスペックでも通常のデスクトップに劣らない、
そういうところが魅力だと自分は思っている。

そういう意味では、今回の「復活」は素直に喜ぶべきだろう。

しかし反面落胆したことも事実だ。

1つは、タブレットに変形できることを優先してディスプレイが45°までしか
開かない仕様であること。

09 リンク元

2つ目はファンレスで無いこと。

13

3つ目は新しい提案が無かった事。

タブレットに変形できるのが新しいというのは無しです。
それに、以前はDVDドライブまであのサイズに詰め込んだという技術が
VAIO Zにはあったはずなのに、ドライブレス。

ドライブって確かに不要だけど。でもそのスペースは何に消えたのか?

MacBook Airは薄いという美しさを追求した製品で魅力があり、
ファンはあるけどもう3年以上前のデザインなのに少しも古くならない。

Let's noteは小さい上にドライブを内蔵して、その上加圧性能が優れている。
もちろん値段も高い。

VAIOが人々に熱狂的に受け入れられた頃は、MacBook Airのような美しさ、薄さ、
デザインが素晴らしかったからではないのだろうか?

なぜ、13.3型なのか。
いっそのこと15型位の大画面というサプライズは無かったのか?
13.3型でWQHD(2,560×1,440ドット)のタッチディスプレイは本当に使いやすいのか?
なぜ、AppleはMacBook Pro Retinaに15型ディスプレイを採用しているのか
考えたのだろうか?

とにかくもっと「買いたい」という魅力が欲しかった。
これが最低価格19万円からというのは、時代にマッチしていないと思う。

VAIO Zという輝かしいブランドをもっと大切にして欲しい。
こういうタブレットにすり寄ったPCじゃないPCであって欲しかった。

少々辛口になりました。ごめんなさい。
果たして、売れるでしょうか?
大変気になります。

では、また。

« 【検証】WiMAXは遅くなったか? | トップページ | au Walletクレジットカード引継ぎエラーの件(続き) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ