« そして、今日、4年目の3.11(つぶやき) | トップページ | 【リコール情報】ウォークマンNW-ZX2 »

2015年3月13日 (金)

なぜVAIO PhoneはVAIOらしくないかについて

出る出ると言われていたVAIO Phoneが遂にそのベールを脱ぐときが来ました。

「VAIO Phone」発表会、キーパーソン囲み取材一問一答
 (ケータイWatch)

Vaio_phone ケータイWatchより

一応、もう皆様ご存じかもしれませんがスペックをおさらいします。

約5インチ、720×1280ピクセルのHDディスプレイ
13メガCMOSカメラ(インカメラは5メガCMOS)
1.2GHz駆動のクアッドコアCPU、16GBのストレージに2GBのメモリを内蔵
バッテリーは2500mAhで、SIMカードはmicroサイズ。
テザリングに対応
約141.5×71×7.9mm、重さは約130g
そして価格が何と51,000円

これをハイスペックと呼ぶかと言うと・・・正直微妙。
5万円なら、ASUS ZenFoneとかと比べるとディスプレイ解像度から言っても
高い気がします。

やっぱりVAIO=High endというイメージがあったので落胆された方が多かったようです。

その後、色々な記事を読んでいくうちにわかってきたこと。
それは、この端末が日本通信製のスマホ、という立ち位置だということ。
製造メーカがVAIOということなのです。

これは、大昔のキャリア・ケータイビジネスに似ていると思いませんか?
シャープ、NECなどメーカ名を表にしないで型式で判別して、ドコモ製、au製ケータイ
という扱いだった、あの時代と同じなのです。

で、VAIOがこのスマホを設計する技術力は無く(通信機器のノウハウが無い)
設計(デザイン)を外注に出して仕様だけ詰めた、また外観のデザイン等に
VAIOが要求を強く出した、と言った感じのようです。

日本通信のインタビューからわかるのは実は大手メーカと協業しようとしたが
ダメだった、ということ。
恐らく台数が見込めないということだろうと推測します。

そこで数量をそれほど求めないVAIOとの協業が今回のVAIO Phoneのきっかけ。

普通の大手キャリア(ドコモ、auなど)では発注数が多く、また設計要件も複雑に
なるのでVAIOとしては売り込みにくい。まさに渡りに船。

厳しく言えば弱者同士が手を取ったという印象なのです。

ところがニッチでも光った製品にはやはりなれず、自社で設計していないので
コストも安くできない(もちろん数量も少ないでしょうし)。

だから51,000円という価格設定になった。

ただ51,000円一括だとさすがに高いので、日本通信の○○放題プランとの
セットプランと分割購入で安く見せかけて売ろうというシナリオ。

日本通信はVAIOというブランドが欲しかっただけ、というのが本音ではないでしょうか。
確かに、日本製と中国製、韓国製では日本製の方が・・・というユーザはいるでしょう。

日本通信はやっぱり大手さんと比べるとまだまだ一般の人の認知度は低い。
そこにVAIOという元SONYのブランドを付けることで日本通信のブランド向上も
狙っているのかもしれません。

しかし、逆にニッチな日本通信を知っているコアなユーザは、スペックについても
かなり厳しい視線を向けます。
それは、先日のVAIO ZというハイスペックPCを出したから、余計そうなります。

SONYの通信関係の技術者はXperiaを開発しています。
今回スピンアウトしたVAIOの技術者は純粋なPC設計ノウハウしかありません。

今はMediaTekなどデザインについてのリファレンスを提供するメーカもあるので
実は誰でもスマホを設計できる時代です。

MediaTekは、スマホの推奨部品を掲載したリファレンス(設計図)を公開している。このリファレンスさえあれば、技術や経験がないメーカーでも、簡単にスマホが作れる。
(参照元:100ドルスマホ用プロセッサで躍進する台湾MediaTekの「2年先しか考えない」ビジネスモデル

本当に力がVAIOにあればMediaTekのデバイスを使ってリファレンス通りに
スマホを安く設計できるはず。
ただ、それではハイエンドにはなりにくい。
それと、海外展開など無線の規格に適合させる、大量発注を掛けるという
資金力も無い。
そこで、EMSメーカにデザインと生産を委託した、そんなところでしょうか。

長々と書きましたが、そういう訳で無理にデビューさせた感のあるVAIO Phone。
日本通信は強気の販売数量を目標に掲げていますが、果たしてどうなのでしょう?

2年縛りはないかもしれませんが、分割購入なので契約を解除すれば残債があるので
支払い続けないといけない料金プラン。

○○放題と言うけど、速度のスペック、容量制限の情報も非公開で今まで
とにかくアプリ(動画など)によって速度制限を細かく掛けることで有名な
日本通信。

今までbmobileで苦い経験を持っているユーザはVAIOというだけで飛びつきません。
主婦とか、高齢者とかに販売していくのでしょうか?

まあ、大手よりは安いのでそれもアリかもしれませんね。

ただ、自分の場合、手を出さないだろうなぁ、と感じました。

では、また。

関連記事:
イオンスマホにVAIO Phoneと京セラ製MIL規格スマホが追加!

« そして、今日、4年目の3.11(つぶやき) | トップページ | 【リコール情報】ウォークマンNW-ZX2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ