« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月28日 (火)

あまりにも付け焼き刃的な釈明(ドコモSIMロック解除)

あまりにも唐突に出てきた釈明会見。

ドコモ加藤社長、SIMロック解除“180日間”は「不正防止」 (ケータイWatch)

「不正に入手した転売を防止したい」と言う説明。
正直に書くと、私にはこの論理が理解できません。

なぜ、一括で端末購入した人にも一律180日(6ヶ月)間SIMロック解除できないように
する必要があるのですか?


不正に入手とはどういう事例をドコモさんは考えているのでしょうか?
もし、そのような仕組みがあるのなら、それはドコモさんの販売方法の問題では?
販売方法を見直すべきで、SIMロックを人質にするべきでは無いと思うのですが。

総務省が弱いのか、とにかくこの国ではSIMロック解除ということを強制させられない
ばかりに、このような「抜け道」でユーザ不利益になるような縛りを付けるのですね。

本当のSIMフリーとは、購入時点で申請しなくてもSIMロック無しの状態で端末を
購入できること。
その状態でドコモというキャリアと通信契約を結べばいい。

まあ、まだまだ閉鎖的ということなんですよね。
キャリアも儲かっているはずです。
だって、7000円や8000円もする通信プランで情報弱者の人から高い料金を
得ているのに、一部の賢いユーザがMNPを使ってゼロ円端末を購入し、
それを白ロムとして売って利益を得る。

端末一括ゼロ円とか一括一円とかまだやっている時点でおかしいでしょ?

ドコモ、au、ソフトバンクとも有名俳優、女優を使い莫大な広告費を掛けられる。
その原資を少しはユーザに還元し、安いプランを提案して欲しい。

国際化する、いや国際化しないといけない日本。
ガラパゴスな通信市場は結局日本の端末メーカの弱小化の遠因だと思います。

公平な競争を望みたいものです。。。

では、また。

関連記事:
ユーザ不在のSIMロック解除(ドコモ)

揺れる通訳案内士。これでいいのだろうか?(英語)

観光立国を目指す日本。
円安の影響で外国人観光客が急増しています。
そんな中、気になるニュースがありました。

通訳案内士、試験内容を見直し ガイドの実務重視に (日経)

ご存じの方も多いと思いますが、英語の唯一の国家資格が通訳案内士。

通訳案内士試験概要 (日本政府観光局 JNTO)

--------------------------------------------------------------
通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。2014年4月1日現在の登録者数は17,736人に達しています。通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語及びタイ語となっています。通訳案内士試験は、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく受験が可能です。2014年度通訳案内士試験には、1,658人が合格しました。
通訳案内士(通訳ガイド)は、単に語学力が優秀であるだけでなく、日本の地理、日本の歴史、さらに産業、経済、政治および文化といった分野に至る幅広い知識、教養を持って日本を紹介するという重要な役割を負っています。外国人旅行者に日本の良い印象を持って帰ってもらうことは、正しい日本理解の第一歩となり、通訳案内士(通訳ガイド)の仕事は、“民間外交官”とも言える国際親善の一翼を担うやりがいのある仕事です。
--------------------------------------------------------------

このように、非常に難しい資格試験なのです。

それでも、今は昔よりも軟化しています。
英語の試験では、以前は日本語特有の名詞などの英訳を覚えるなど語彙が非常に
難しかったのですが、現在は英検1級保持者は英語試験免除となっています。

それでも、英検1級保持者自体が少ないのと、この通訳案内士を目指す人自体が
少ないので需要と供給のバランスが偏ります。

もう1つの問題は、英語に限ると優秀な通訳者は仕事に恵まれるのですが、
初めて通訳業を行おうとすると、仕事を得るのが多少難しい点。
それに、報酬の問題もあります。
拘束される時間に対する報酬が低いので、専業としてやるのは本当に厳しいようです。

試験をやさしくすれば、通訳案内士の門が広がり、登録する人が増えるのを
期待しているのでしょうけど、そうなると過当競争になり、報酬が下がるのは
目に見えています。
旅行会社が安いガイドを買い叩く可能性が高いのです。

既に難しい資格を取得した人達に取っても不利益となります。

法律で禁止されている無資格ガイドが実際にはいるのではないかと思います。
法的には、「報酬を得る」には通訳案内士の資格が必要となっているので、
ボランティア=無報酬、ならば法に反しないのです。


これも不思議な話。
まあ、素人通訳案内でも、英語ができればそれなりにガイドできますから。
ただ、それを許可したら、有料のガイドと無料のガイドの差はどうなるのでしょう?

英語関係の仕事の環境は近年非常に厳しいと思われます。
インターネットは翻訳の単価を低下させました。

英語の最上級の資格、通訳案内士。
その立ち位置は今、時代の流れに揺れ動いています。

では、また。

2015年4月24日 (金)

ユーザ不在のSIMロック解除(ドコモ)

ドコモ、本当に酷すぎる。。。

今日、以下の記事に激しく同意を覚えたものです。

SIMロックが解除されても誰も幸せになれない (PC watch)

何かと言うと、5月から発売される機種についてはSIM解除をネット上で行えば
無料になるなどの施策。
問題なのは、今までは購入時点でSIM解除できたのに、これからは6ヶ月後に
ならないとSIMロック解除ができないように改悪したこと。

一括購入して自分の物になっていようが、分割払いの残高の有無とかそういう
理由でなく、一律に6ヶ月のロックを掛ける意味がわからない。

不便じゃないかぁ~!

もっと面倒なのは、中古販売の端末はSIMロック解除できなくなったこと。
本人確認できないと解除できないって意味がわからない。

実際にね、SIMロック解除しても、海外でSIMを買って差し替えて使えるかどうか
それについても判断できない、という点(電波のバンド問題)についても
本当にユーザ視点が全く欠けているのです。

自分だったら、どんなサービスをすればユーザが喜ぶか、なんて思想が全く欠如して
どうすれば縛りを付けて、ユーザに解除させないか、ということをやっているように
しか思えないのです。。。

残念。

こんな改悪なら、やめて欲しい。

ふとそんなことを再度思ったのです。

では、また。

関連記事:
あまりにも付け焼き刃的な釈明(ドコモSIMロック解除)

2015年4月23日 (木)

どこがお勧め?参考になるかもしれない速度比較(MVNO)

次のSIMカードはどこのモノを使おうか、早くも物色中。
そんな中、以下の記事を見つけました。

格安SIMの通信速度、大手キャリアと差 昼に顕著に速度低下 (ITmedia)

Speedtest (クリックで拡大)

測定条件が同じスマホでないのが残念。
キャリアはiPhoneらしいので、是非SIMフリーのiPhoneで各MVNO会社の製品で
比較して欲しかったなぁ。

結果自体は実感と大体合っていますね。
昼休みの速度低下は自分だけでなく、こういう記事の測定結果と良く相関が
取れていると思いますね。

最近興味のあるのは容量無制限プランであるU-mobileとぷららLTE。
詳しくは上記データを見ればわかりますが、速度面ではかなり苦戦しているようです。

(そこそこ)速くて容量制限や速度制限(3日1GB超えると掛かる、とか)が無い
そういったモバイルサービスってもう無いのかなぁ。。。

Y! Moblile(旧EMOBILE)もソフトバンク系列になってサービスが悪化したという
よろしくない噂を目にします。
無制限と表示しながら、よーく見ると3日間で1GBを超える場合には帯域制限を
掛けると記載されていました。
月のどこで開通しても日割りではないとか、例えば月末の1日だけでも1か月分の
料金を払うとか。

それでいてお約束の24ヶ月縛りで割り引き。
違約金の縛りもたっぷり。

格安SIMと呼ばれるドコモ回線のMVNOは多く増え、競争により容量は増えました。
でも、速度という点ではまだまだやっぱり厳しいようです。

参考にしようと思います。
では、また。

新型Retina MacBookは買いか待ちか?(パソコン)

ファンレスなど魅力的な新型MacBook。

今日は興味深いレビュー記事を読んでいました。

新MacBookレビュー:薄さの代償は「大きい」 (Gizmodo)

150421_macbookrev1

結論は、「待ち」だそうです。
キーボードやタッチパッドにクセがある点や、1ポートしかないインターフェイス、
バッテリの持ち具合について厳しいコメントが。

そして、これらの技術が次期MacBook Airに搭載されるから、それを待てという
意見に、「ああ、なるほど。それは有るかも。」と非常に同意。

でもねぇ、やっぱり薄さは正義だと思うんですよね。
キーボードのタッチはまだ未体験。
早めにショップでチェックしてみたいと思っています。
モバイル性を優先して薄くする、という無茶な設計は昔のSONYのようで、
怖いけど、面白そうじゃない?

こういう記事が出ると、余計に地雷覚悟で踏んでみたくなるのが困ったものです。

是非、上記記事読んでみてください。
参考になりますね。

では、また。

関連記事:
複雑かつ修理困難な設計に恐怖を感じた(MacBook Retina 2015)
MacBook Retinaファーストインプレッション(レビュー)

2015年4月22日 (水)

IIJmioへ逆戻り(モバイルMVNO)

AtermMR03LNを購入して、SIMカードが必要になり(?)急遽IIJmioのカードを入手。

Iijmio

AmazonでIIJmioウェルカムパックを購入。
ご存じの方も多いと思いますが、これで買うと2,000円くらい。
普通にIIJのHPから購入するより安くて届くのが早い。

それにしても、同梱されている紙の多いこと。
親切丁寧なつもり(?)なのか、まあ、とにかくこんなにしないとSIM開通する
ことができないのだろうか、という感じ。

そして、やっぱり面倒だなぁと思うのはネットでのアクティベーション作業。
クレジットカードからの引落しなのでやむを得ないところは理解しますが、
パソコン使って、色んな個人情報の入力は慣れていても面倒ですね。

まあ、Amazonで購入している訳ですから、何らかのネットワーク環境を持っている
という前提で設計しているので、あながち間違いではないのですが。

以前、日本通信のbmobileプリペイドはやっぱりラクだったなぁと再認識。
あれは、ケータイ電話1本あれば、電話一本で数分後にアクティベーションが
完了するという素晴らしい使い勝手の良さでしたから。

そういう意味では、ネット環境が欲しい人は、プリペイドカードタイプのSIMを
買うことを強くお勧めしますね(但し、コストは高いですが。)

さて、肝心の速度ですが、手元のBIGLOBE LTEと比べて似たような速度。
夜(18:00頃)は速度低下が激しい時間帯の1つですが、IIJmioの方が倍くらいで
1Mbpsにはちょっと届かないかな、という速度でした。

BIGLOBEの名誉のために補足しますが、BIGLOBE LTEも遅いわけではありません。
朝、会社で測定すると30Mbps超えしたりしますから。

Speedtest   これがその速度

ちなみに、比較のためにSoftBank MobileのiPhone5Sで測定したら15Mbps程度でしたから
キャリア契約よりも速い時間帯があるMVNOなので驚きですね。
(単にSBMがdocomo回線より遅い時間帯だったのか、会社内でのSBM回線占有率が
 高かったのか、条件が同じではないので注意は必要ですが。)

IIJmioを止めたのは、当時ファミリープランでも使い切れなかった容量をコストダウン
するために1GB/月のプランを探していて、丁度BIGLOBEがルータ付きプランで
安いのがあったからだと記憶しています。
そう、決してIIJmioの速度や使い勝手に不満があったわけではありません。

BIGLOBE LTEの最安プラン(現在は3GB/月:税抜900円)の一番の不満点は
3日間で360MB超えると速度制限が掛かるという点。
その上のプランだと制限はないのに。。。

たっぷり余った容量を月末に使おう!と思っても制限があるので使い切るのが
無理だったりする点が不満です。

IIJmioの場合それは問題なさそうです。

また、アプリ「みおぽん」で200kbps低速による容量節約ON/OFF可能な点、
余りを翌月に持ち越せる点も良い
と思います。
(ちなみにBIGLOBEも今月からやっと繰り越し対応されます。)

遅い時もありそうですが、安定感では今まで使ってきた中では一番安心感が
あるのがIIJmio。

今では、ファミリープランは月10GBに増えましたから、キャリアやWiMAX 2+よりも
制限という点ではメリットがあるかと思っています。
(WiMAX 2+は制限の無いプランも最近出ましたが、価格が高いのと、
 エリアに不安があるので今回は見送りました。)

残り2枚は未着ですが、来たらGalaxyに挿してBIGLOBEとの速度比較をして
みようかな、と思っています。

では、また。



2015年4月21日 (火)

苦しいお家事情なのか・・・Xperia Z4発表(モバイル)

昨日、Xperiaの新型が発表されましたね。

「Xperia Z4」発表、今夏モデルとして国内登場へ (ケータイWatch)

Click_here

今日の日経の記事を読んで、SONYの苦しい台所事情がわかり、今回の発表に
納得したものです。

ソニー、最新スマホ「静かなお披露目」にみる反省 (日経)

以下、抜粋:

ソニーのスマホ事業に対して市場では「すでにソニーのコア(核)となる事業ではない」
販売を追うあまりに利益率が悪化し、赤字体質となった過去の反省から、20%台の
シェアを握る日本市場で着実に売り上げる道を選んだといえそうだ。


SONYの神通力が通用するのは日本国内だけなのか。。。

SIMフリーのExpensysなどを見ると本当に多数の機種をラインアップしているのですが
それが裏目に出ているのでしょうか。

ネット上では超ハイスペックを求めるユーザの嘆きの声、半年毎に発表される
製品サイクルへの不満などあまりいい声が聞こえてきません。
彼らは、半年後のZ5に既に期待している模様です。

スペックは申し分無いのですが、デザインがあまりに保守的になってきて
驚きが無かったのが原因の一つかも(新しさがわかりにくい)。

いずれにせよ、SONYのXperiaは国内では人気があるので、そこそこの
シェアは確保するでしょうね。

では、また。

2015年4月20日 (月)

ASUS ZenFone 2を日本発売!(モバイル)

価格とスペックのバランスが良く、密かに人気だったASUS ZenFone。
その後継機 ZenFone 2はスペックが凄く、日本での発売が待たれていましたが
今日その発表がありました。

ASUS、ZenFone 2を5月16日発売 (ケータイWatch)

Click_here

とにかく、スペックは置いておいてもSIMフリーなのが嬉しい。
どうして海外メーカがSIMフリーでSONYとか国内メーカがSIMフリーじゃないんだ!
と言いいたいのですが、そこは大人の事情があるので仕方ない。。。

(SONYの海外販売されているモデルを日本の技適を通して国内販売すれば
よっぽど売れるんじゃないかと思うのですが。。。)

まぁとにかく、このZenFone、スペックには余裕がありますし、ディスプレイはFHD。
価格はiPhon6などのSIMフリー機が10万円台なのに約半分の5万円程度で購入
可能なのも嬉しい。

いや、本来、この位の価格まででしょう、スマホの払えるのは。

そういう意味で、この端末は久々に食指の動く端末の1つと言えます。

あとは、ASUSのサポートがちょっと不安ですが・・・

DUAL SIMで海外へ行く機会の多い人にもお勧めかと。
実機を触ってみたいものです。

では、また。

関連記事:
【要注意】SIMフリー:Zenfone 2でKDDI SIMのLTE動作不可



docomo Galaxy S6, S6 edge価格を発表(モバイル)

今月末(4/23)に販売開始予定の「Galaxy S6 SC-05G」「Galaxy S6 edge SC-04G」の
予定価格がようやく公開されていました。

Galaxy S6/S6 edgeの予定価格を案内 (ケータイWatch)

Price (クリックで拡大)

本体価格が強気の93,212円
スペック的にはハイエンドと思われたGalaxy S6 edgeが同じ価格で少し驚き。

で、問題なのは新規実質価格でも約6万~約8万円
MNPでも何と、約6万(Galaxy S6)という価格設定。

高い。。。

これでは、実質ゼロ円というiPhoneに敵わないでしょう。
(注:4月からは負担金が増えて実質ゼロ円というのは無さそうですが。)

個人的には、最近人気に陰りが出てきたGalaxyシリーズなので、そのうち
また実質負担金がかなり安くなってくれないかなぁと思っているのですが。。。

果たして、この価格で日本ユーザに受け入れられるのか?
サムスンもなりふり構わないネット広告に巨額を投入していますが、
効果はあるのでしょうか?

iPhoneの強みは高く買っても、高く売れるというリセールバリューがある点。
Galaxy Sシリーズは白ロムではもう見るも無惨な価格ですが、iPhoneの場合
iPhone4Sの白ロムは13,000円くらいの買い取り価格(未使用レベル)。
少し使ったBランクでも数千円と1万円近くの買い取り価格が期待できます。
もちろん、iPhone5、iPhon5Sならもっと高値ですが。

そういう意味でもiPhoneの人気は凄い。
GalaxyはSONYのXperiaシリーズよりも人気は無いですね(白ロムの売れていく
スピードが違います。)

今日、奇しくもXperia Z4の発表がありました。
Xperiaは防水ですが、Galaxy S6はS5で初めて防水にしたのに、またS4のように
防水未対応に戻っています。

なんだかなぁ。。。

日本での苦戦が予想されそうなGalxy S6, S6 edge。
果たしてどうなることやら。

ちなみに、インカメラ等のスペックは凄そうなGalaxy S6。
Xperiaに比べてカメラの性能差も気になります。

では、また。

2015年4月18日 (土)

【悲報】声優・竹達彩奈さん、ツイッターを乗っ取られる→詐欺サイトへ誘導

何で、こんな怪しいツイートをしたのだろう?と思っていたら、竹達彩奈さんの
ツイッターアカウントが乗っ取られた模様です。

【悲報】声優・竹達彩奈さん、ツイッターを乗っ取られる
 (オレ的ゲーム速報)

これがそのツイート。

Ayachi

アップルの聴衆特別販売アップルクリアランス割引の購買アップル!
日本語、変でしょコレ。さすが中国人の詐欺。

相当リツイートされていたのでその人達は大丈夫かな?

それにしても、以前は偽ブログでレビューして誘導していたのが
今は有名人のツイッターアカウント乗っ取りで誘導するんだなぁ。。。

では、また。

関連記事:
【詐欺】格安Apple Watch、iPhone6販売(AppleIphoneWatch)

【詐欺】格安Apple Watch、iPhone6販売(AppleIphoneWatch)

人気のApple WatchやiPhoneが割引販売されている怪しいサイトを発見。
APPLEIPHONEWATCHというサイトです。

http://www.appleiphonewatch.net/

Appleiphonewatch

Applewatch

品薄のはずのApple Watchがなぜか値引きされています。

会社概要:

Photo (クリックで拡大)

店舗責任者、美奈子???

住所(大阪府東大阪市 3-3-12)を検索すると以下の結果が。
詐欺サイトの使われた架空の住所の模様。

Photo_2

住所が既に怪しいです。

怪しいポイントその2:
Foot1_3

なぜかHPフッターがシュピゲン・ジャパン楽天ショップになっています。
(メールアドレスがおかしい!)

で、こちらのページを見ると、あらら、ほとんど同じような作りになっています!
Rakuten_shopping_guide
Spigen
(こちらは正規のサイト。メールアドレスが正しいです。)

怪しいポイントその3:
本家のシュピゲン・ジャパンはクレジットカードOKなのですが、トップ(ヘッダ)部分の
支払い方法を見ると以下の通りで銀行振り込みのみ

Photo_3

怪しいですね。

怪しいポイントその4:
ドメイン検索したら、日本じゃなくて中国人がドメイン申請しています。

Domain

本来なら先の美奈子という(これ自体が名字も無いので怪しいのですが)人の
名前かそれなりの日本人の名前があるべきなのに中国人らしい名前。

ということで、本サイトでの購入は非常に危険だと思います。

念のため、シュピゲン・ジャパンにも通報しておきました。

追記:(2015/4/21)
楽天市場のシュピゲン・ジャパンに、詐欺サイトの注意喚起が出ましたね。

201504attention_fakesite

では、また。

関連記事:
【悲報】声優・竹達彩奈さん、ツイッターを乗っ取られる→詐欺サイトへ誘導

2015年4月17日 (金)

AtermMR03LNでBluetoothテザリング(モバイルルータ)

結局、Amazonで割引をしていたのでAtermMR03LNを購入。
実はOCNのMVNOとのセット販売なのでした。
但し、ルータ自体はデフォルトでOCNの設定もしてなくて、素のルータを購入したのと
何ら変わりはありませんでした。

さて、説明書も見ずに、USBケーブルとPCを接続して、手慣れた手順で端末設定。
今回私が使ったのはBIGLOBE 3G/LTEのSIMカード。

BIGLOBE LTE APNでググってAPNを調べ入力。
その他、WiFi関連の設定をサクサクと。

と、そこまでは問題無く、簡単にネットワークへも接続でき、WiFiも接続OK。
速度は500~700kbpsしか出ないのはBIGLOBEのSIMのせいなのか、金曜夜という
時間帯のせいなのか?まあ気にしません。

ところが、Bluetoothのペアリングができない。
USB接続でルータにログインしてもペアリングのメニューが無い。

そこでググって見つけたのは以下のサイト。
Bluetoothテザリング機能を使う (Aterm MR03LNユーザーズガイド)

Setting (クリックで拡大)

上図を見ての通り、「ルータ側のタッチパネルでペアリングする」という仕様。
しかも、「簡単無線設定」の配下にペアリングのメニューがあるとは!

このインターフェイスの作り、暫く使ってみたけれど、どうもしっくり来ない。
ただ、まあ、覚えるしかないのかな、と半ばあきらめモード。

話が逸れましたが、結局コレで簡単にiPadとのペアリングに成功!
速度はBluetoothなのでもっと体感速度的に遅いかな。

次にAndroidスマホとのペアリング。
具体的にはGalaxy S4とGalaxy Note2とのペアリング。

最初、ペアリングは簡単にできたのですが、ネット接続が確立しない事象に遭遇。

そこで先ほどのサイトのAndroidの箇所を見ると以下の記述が。

Android

で、どうしたか?
スマホ側で「設定」→「Bluetooth」でペアリングした端末を選択。
次に右端にある設定アイコンをタップ。
そこで一旦インターネット接続解除→インターネット接続
と2回同じ場所をタップ(トグル動作)するとあら不思議。
ちゃーんとネットワーク接続が確立しました。

めでたしめでたし。

これで、先日の問題は解消しそうです。

これから、正常に動き続けるか、ちょっと不安ですが付き合って行こうかと。

では、また。

関連記事:
Bluetoothテザリングの出来るモバイルルータ(AtermMR03LN)



2015年4月16日 (木)

複雑かつ修理困難な設計に恐怖を感じた(MacBook Retina 2015)

分解サイトで有名なiFixit.
今まで多くの分解記事を見てきましたが、今回は最強かも。

Retina Macbook 2015 Teardown

さて、最後にある修理のしやすさですが・・・

Score

堂々の1!
つまり、10段階で最も修理が難しいというレベルです!

私の記憶で、このスコア、見たことないです(笑)

とにかく、まあ、使う使う、接着剤!
修理なんて考えていないだろう、という設計。

それでもこうやって詰め込むことは、本当に恐ろしい設計。。。
記事の中でも書かれているけど、ディスプレイが壊れたりしたら、
とんでもなく修理費が高額になりそうですね。

かなり無理して詰め込んだ設計。
ご存じの通り、ファンレス。

この新型MacBook、非常に興味があったけど、(信頼性について)恐ろしくて
とても購入する気が起きなくなりました。
これ、温度センサも付いているけど、夏場など高温時、シャットダウンしちゃうんじゃ
なかろうか・・・?

すさまじいほどの実装技術。
とにかく、恐怖を覚えました。。。

では、また。

関連記事:
新型Retina MacBookは買いか待ちか?(パソコン)
MacBook Retinaファーストインプレッション(レビュー)

迷走極めるシャープが心配(スマホ向け4K液晶開発)

このニュースを見た時に、「あー、シャープは全く学んでいないなぁ」と落胆したものです。

スマホ向け4K液晶、シャープが開発
5.5インチで3840×2160ドット、精細度は806ppiに
(ケータイWatch)

シャープはオンリーワンを目指す企業。
そのオリジナリティや技術力というのは大切なのですが、コモディティになった
スマホ向けにどういう商品開発が必要なのかが分かっていないのでは?

過去にIGZO液晶にこだわった失敗から何も学んでいない。

iPhoneなどは、コストと安定調達性を保つために、絶対に部品を1社購買に
しないはず。
特に液晶パネルをシャープ1社に頼るというのはリスクが大きすぎますから
その時点で「シャープしか作れない」というのはスマホメーカにとっては
メリットでは無く、むしろリスクにしかなり得ないのに。


そもそも、スマホの5.5インチ程度の液晶に4Kの液晶が必要?
そのために、ディスプレイドライバも専用設計?
どれだけコストアップし、それが本当に差別化になるのだろうか?

アップルはデザイン(見た目)はちょっとカッコ良く、しかし中身は結構
レガシーデザイン。
ある程度、枯れた技術に近いものをうまく使っている。

そうすれば、原価率を低くして利益を大きく取れる。
だからアップルは業績が好調。

そんなことをぼんやりと考えていたら、シャープに関する厳しいニュースが。

シャープ、本社売却へ=主力行と再建協議大詰め (時事ドットコム)

再建計画には、本社売却のほか、主力事業である液晶事業の分社化や
国内社員の約1割強に当たる3000人規模の希望退職などの合理化策が
盛り込まれる見通し
、との報道。

シャープの製品には色々と思い出がありますが、こういう状態を見ていると
経営者の能力が会社の業績に大きな影響を及ぼすと再認識します。

技術は凄いが、商売下手。
B to B(企業相手のビジネス)に舵を切ると言われながら、先のような
中途半端な4Kスマホ液晶などを発表しているのだから本当に心配。

歴史ある旧早川電機、現シャープ。
その歴史も本当に今厳しい状況にあると、外からは見えます。

とにかく、再生に向けて新しい一歩を踏み出して欲しいものです。

では、また。



2015年4月15日 (水)

Bluetoothテザリングの出来るモバイルルータ(AtermMR03LN)

突然ですが、WiFi接続ではなく、Bluetooth接続のできるモバイルルータを物色中。
理由は
①オフィスで社内無線LANとの干渉問題から使用制限が厳しくなった
②展示会など人が多く集まる場所ではWiFiのチャンネル確保できず接続できない
と言う問題を解決したいからです。

もちろん、一番簡単な方法はiPhoneのBluetoothテザリングを使えば簡単。
(注:iPadやAndroidスマホとはペアリングokですが、iPhone同士はペアリング不可の仕様)

今は、テザリングオプション(7GBまで)に無料で契約していますが、もうじき2年になり
通信料のアップ(月月割が無くなる)、テザリングオプションが有料になるというのが
やっぱり気になります。

調べると、LTE/3G系はNECのAtermMR03LNという機種がBluetooth対応。
で、アマゾンで見るとOCNとのセットで16,800円という比較的割安なセットが
ありました。

コレでいいかな?と思ったのですがよーく読むとSIMフリーではないとの記述。
OCNなら動作保証しますが、他はサポートしませんよ、という注意書きが。
まあ、多分ドコモのMVNO系なら問題無い(mineoなどのau系はダメでしょうけど)
という意味なのかと思いつつ、まずは本体の評判をググってみました。

すると、なにやら動作不安定という情報が。。。

かく言う私も、過去にNECのLTEモバイルルータで不具合(バッテリの異常減少)を
経験してから、NECのモバイルルータにちょっと不信感があったので。

(そう言えば、WiMAXも最初はNECだったけど、その後はURoad-Aeroにして
大満足だったなぁ。。。)

やっぱり、ファーウェイあたりが当たりではないかと思うのですが、なぜか
Bluetoothテザリング対応のルータはLTEもWiMAX+もNECしか見つからず。。。

うーーむ。

益々混迷を極める私のモバイル通信環境。
6月のWiMAX2年縛り切れとソフトバンクのiPhone2年契約切れ。
お金があれば、SIMフリー機にどこか適当なキャリア(auなのかな・・・?)と
契約して、テザリングも付けて運用するのが一番シンプルなのかな?

悩む日々が続きそうです。

では、また。

関連記事:
AtermMR03LNでBluetoothテザリング(モバイルルータ)



2015年4月14日 (火)

家電サイト「まいど」突然の閉店(詐欺)

このショップで買い物をしたことは無かったですが、一見、良心的なショップだと
思っていたのですが。。。
今日こんな記事を見つけました。

突然消えたナンバーワン家電サイト「まいど」……架空発注でヤフーからポイント詐取1億円分 「禁断の錬金術」に手を染めるまで
 (ITmedia)

Homepage (クリックで拡大)
Yahooサイトより

手口が非常にシンプル。
社員などがYahooポイント目的で偽の売買を行ったというもの。
何も、こんなことをしなくても・・・

Yahoo側は詐欺罪として告訴する模様ですが。。。

インターネットはやっぱり顔が見えないから、本当に買い物は怖いですね。
今回はYahooが被害者になる訳で、一般の消費者はまだ詐欺被害に遭った訳で
ないだけ救いがありますが、購入された方はアフターサービスに不安があるでしょうね。

融資した銀行側も被害者ですね。
それにしても、こういうニュースを見るたびに暗澹(あんたん)とした気持ちになります。

では、また。



2015年4月13日 (月)

正式発表(OLYMPUS STYLUS TOUGH TG-4)

昨日TG-4の発表があるみたいなことを書いたら、本当に今日発表がありビックリ。

オリンパス、RAWに対応した防水デジカメ「TG-4」を海外発表 (デジカメWatch)

Tg4

見た目が全く変わっていない(ような気がする。。。)

見た目だけでなく、中身もあまり変わっていない模様。
記録形式にRAW対応!
また、マクロモードのワーキングディスタンスが1~30cm(TG-3は1~10cm)に
拡張されています。

この形状だと、従来からあったLEDガイドライト等のアクセサリ類もそのまま
流用可能なのでは?

とにかく、生産継続ということで一安心。

やっぱり1台くらいは防水機能のカメラが手元に欲しいものです。

では、また。

関連記事:
生産終了と新製品の噂(OLYMPUS TG-3/TG-4)
顕微鏡モードが魅力の防水デジカメ(OLYMPUS Tough TG-3)

2015年4月12日 (日)

生産終了と新製品の噂(OLYMPUS TG-3/TG-4)

ちょっと気になっていたオリンパス STYLUS TOUGH TG-3というカメラが生産を終了した模様。

Olympus_tg3_2 TG-3

Tg3  ヨドバシ.COM

Kakakucom 価格comの在庫状況

Price 価格推移グラフ

2月頃が底値だったんですね。。。
それでも多くあるコンデジの中で、価格が30,000円を割らなかったというのは
オンリーワンであるその堅牢性、防水機能、顕微鏡モードなど独自性が
他社には無いという価値を認められた、ということだったようです。

で、気になるのは後継機。
TG-4というモデルがある模様。

オリンパスが2機種のコンパクトカメラTG-4とSH-70を近日中に発表?(デジカメinfo)

新しい機種は最初価格が高いだろうから、TG-3を買っておくべきだったかなぁ?

しかし、メディアやオリンパスからも公式発表が無いTG-4。
夏の旅行シーズンなどには間に合わせると思うので6月頃発売かな?
(勝手な憶測ですが。)

オリンパスさんには継続生産をお願いしたいものです。

では、また。

関連記事:
顕微鏡モードが魅力の防水デジカメ(OLYMPUS Tough TG-3)
正式発表(OLYMPUS STYLUS TOUGH TG-4)



2015年4月11日 (土)

BLACKRAPID CROSS SHOT買ってみた(カメラ関連)

カメラに付属するストラップは通常首掛けタイプ。
なので、前屈みになるとカメラがブラブラしてちょっと危ない感じ。

どうすればいいかな、と思って以前から使っているのは肩に斜め掛けするタイプ。
ただ、デザイン的に片方(左肩から右脇に掛けるタイプ)しか使えなかったので
2台持つ事を想定して新たに両掛けタイプを購入。

Blackrapid iPhone5Sで撮影

BLACKRAPID(ブラックラピッド)のCROSS SHOT(クロスショット)という製品。

カメラの三脚穴にネジ止めするタイプなので、着脱が容易。
落下防止があればもっといいのでしょうが、自由回転するので、基本緩まない設計。

海外の製品らしく、サイズ的にも余裕があってイイ感じ。
ユースケースとしては、一眼レフよりはミラーレスのようなコンパクトなデジカメに
似合いそうです。

肩の滑り止めの部分にはBLACKRAPIDという文字のラバー仕上げ。
ちょっとデザイン的には?ですがまあ、見えないところなので気にしないでいいかな。

公式サイトに実際の使い方の説明があります。


自分はブラックを買ったけど、オレンジもイイ感じですね。

では、また。



2015年4月10日 (金)

今度はAC充電器!(Cheero ダンボーシリーズ)

今まではモバイルバッテリシリーズでしたが今度はAC充電器モデル!

コンセントにもダンボーを、今度はACアダプター (ケータイWatch)

Danboard02

いつものダンボーです。

初回販売分500個は1,580円でした。
昼間はまだ在庫があったのですが、夜見ると既に1,780円になり
ベストセラー第一位になっていました。

恐るべし、ダンボー人気。

かく言う私も初代ダンボーのモバイルバッテリを思わず買ってしまった一人。

で、今回のACアダプター(と言うかUSB充電器ですが)、コストパフォーマンスが
ちょっと今一つなんですよねぇ。

USBが2本しか取れない。
合わせて3.1Aということで、iPhoneとiPadという組み合わせはギリギリセーフだけど
iPad AirとiPad mini Retinaという組み合わせだと充電できない仕様。

また、最近のダンボ-モバイルバッテリは目が光る仕様なのですが本製品は
そういう「隠し技」も無いようで、ちょっぴり残念。

でも、まあ、こういうモノはそういう理屈で買うものではないので、デザイン重視で
いいんじゃないでしょうか。
シンプルなダンボーデザイン、多くの人を魅了しそうです。

では、また。



2015年4月 9日 (木)

Apple Watch 大絶賛レビュー

Apple Watchが腕時計とウェアラブルの概念を変える (ITmedia)

うわぁ、凄い絶賛しているなぁ、と思って筆者の名前を見て納得。
有名な林信行さん。
まさにアップル信者の林さんならではの「ブレの無い」完璧な絶賛記事。

これ、読んでいたら、ホント、凄く欲しくなってしまうから怖い。
確かに新しいアイディアが満載なのでしょうね。

ただ、プロの林さんが1週間使い込んでこういう良さを宣伝できるのですが
一般市民にそこまでアップルのこだわりを理解できるのだろうか?と疑問もあります。

いよいよ、明日4/10より予約開始されるApple Watch。
噂では、試着も予約が必要だとか。

また、例の行列についてはダメだしが出たらしく、オンラインでの注文のみ
という噂もありますね。

新しい物好き、ガジェットオタクなギークな人には楽しみな商品でしょうね。

私ですか?多分、買わないだろうなぁ。。。(いつまで我慢できるかわかりませんが。)

では、また。

2015年4月 8日 (水)

PZ14-42mm/H-PS14042用オートレンズキャップ購入

PanasonicのDMC-G5を電動ズームレンズPZ14-42mm(H-PS14042)との組み合わせで割安に購入したのはちょっと昔の話。

今回は、これに追加することで面倒なレンズキャップを外さないで電源のON/OFF
だけで撮影可能になるグッズを購入。

X-CAP LUMIX G X レンズ14-42mm専用オートレンズキャップ ブラック 798304238907
です。

では、お約束の開封の儀。

1

2

3

4

たったこれだけ!

説明書が無いのには不安が。。。
でもよーく見ると箱に小さく小さく印字されていました。(もちろん英語)

簡単に書くと、レンズを出す(電源ONする)、マーキングが下になるようにして持ち
バネの部分を押しながらはめ込む。
最後にマークが真上に来るようにねじ込む。

以上。

と、書くと簡単なのですが、実は大きな落とし穴がありまして。。。

そうなんです、「レンズフィルターとの同時装着不可」だったのです。

これは正直大きな誤算。

確かに開閉機構はそれなりに閉まってくれるのですが、やっぱり見えないような
小さいホコリ、ゴミはレンズフィルタの方が安心感が高いです。

数秒悩んだ後(短い!)、結局取り外して、下のレンズフィルタを付ける運用に
逆戻り。。。

あー、3,000円以上したのになぁ。。。

どこにもそんな注釈無かった気がする。あったのかな?

では、また。



2015年4月 4日 (土)

やっぱりネオ・クラシカルなデザインが流行なのか?(Nikon 1 J5)

お、今度のは何気にいい感じのデザインでは?

ニコン、デザインを一新した「Nikon 1 J5」 (デジカメWatch)

003_s

今までのJシリーズのメカニカルなデザイン、シンプルさというモノを捨てて
「カメラっぽさ」を見せたデザイン。

参考:Nikon 1 J4

Nikon1_j4

操作系もより本格的な感じで、ミラーレスのユーザと思われる女性や
一眼レフのサブとしての男性ユーザをターゲットとして考えているような
デザインが目を引きます。

価格帯も5万円台から7万円台(キットレンズの組み合わせによる)。
まさに一番売れ筋と思われる価格帯ですね。

マイクロフォーサーズのパナソニックのミラーレスしか持っていませんが
先日のCanon EOS M3もミラーレスとして興味ありますね。

キヤノンのミラーレス一眼がようやく完成形に!? 仕上がった「EOS M3」はかなり買い得
(ITmedia)

Eos_m3

大手の2社が今までどこか腰が引けているようなミラーレス戦略だったのが
今年は少し本気度が高くなったかな?そう思えるような動きです。

Nikon 1 J5の方のレビュー等が気になりますね。

では、また。



残業代ゼロ、成果主義。ホントにいいの?

「残業代ゼロ」法案を閣議決定 裁量労働制も拡大 (朝日)

昨日のテレビニュースで大学生に本件についてインタビューしていました。
公平性のためか、反対意見と賛成する意見がありました。

賛成した大学生は「成果で給料が決まるのはわかりやすい」とか言っていました。

甘いなぁ。。。

仕事って大学の講義の試験じゃないのだから誰が誰より成果を出したか
なんて客観的な評価ができないもの。

そうなると、結局は「目立つ仕事をした」とか「周りとの協調性がいい」とか
いわゆる、ウケの善し悪しで決まるのが評価。

例えば、職位の高い人(例:部長など)と日頃よくコミニュケーションを取って
積極性を示したり、仕事をやっている様子を報告したりすること、好かれること
そんなことが評価の際の大きくクローズアップされたりするもの。

課長など直属の上司に仕事を認められても、その課長が部内で発言力の
無い課長だったりすると、部長の一言で評価時は不利になったりするもの。

成果って曖昧な表現をする職務体系は日本企業にそぐわない。

以前も書いたけど、アメリカなどは職務についてしっかり規定されています。
(Job descriprion:ジョブディスクリプション、が明確)

自分のやる仕事と他人がやる仕事の線引きがはっきりしている。
その職務内容について上司と合意(契約)されている。
他人が自分の仕事を奪うことはタブー。

日本だったら誰かの仕事のサポート=積極性みたいなことになるけど
海外の人の仕事に口出ししたら大変なことになります。

逆に彼らの仕事についてはすごく真剣に職務を全うしてくれる。

そういうジョブ・ディスクリプションが明確で無い曖昧な日本社会で何をもって
成果と言うのか、考えていないのが問題。

仕事しない人は別に成果主義でも問題ないでしょう。
ところが一生懸命に仕事をやっている人は絶対に成果(評価)に不満が出るはず。
だって、成果主義と言っても結局は相対評価なので、一定の割合で優良可の
評価が分かれるので。

周りの社員が優秀だったらどんなに頑張って成果を出しても、評価は低い。
つまり、どれだけ仕事をしても、給料は上がらない、となります。

泥臭い、人の嫌がる、時間の掛かる仕事をしても、それが単純な仕事なら
成果は低くなるのは他者との比較で明確になってしまいます。

同じ仕事を同じ量だけやる、というのであれば実績ベースで賃金同じというのも
わかりますが、普通そんなことは絶対に仕事としてはあり得ない。

よくファミレスなどの業態で、店長が成果を上げないから給料を上げないという
半労働裁量性のようなことがあって、過労死する問題がありますが、それが
他の業態でも起こる可能性がある、ってことなのです。

個人的には「成果主義」という会社側に都合の良い解釈で給料を決め、
残業代を出さないという仕組みは、労働意欲に決してプラスにはならない
と思っています。

では、また。

2015年4月 3日 (金)

東京・築地。そこは「リトル・チャイナ・タウン」だった

平日に休みを取って東京・築地へ。

Tsukiji

まだ朝の10時過ぎでしたが、人、人、人。。。
多くは外国からの観光客。

私はお寿司を食べようとお店の所へ行こうとすると、もう既に長い行列が!
仕方なく、別の所を探し、そこで6人位待っていました。

寿司と言っても回転寿司。
しかし、まあ、凄い人の数。

面白いのは、寿司ネタについて英語表記、アルファベット表記が日本語に併記
されていたメニュー。
さすが、インターナショナルな街。

それにしても、商店のおばちゃんのしゃべる英語の達者なこと!
いや、他の言語も操れるようです!

とりわけ人の中で目立ったのは中国人。
平日ですよ。
まだ昼前ですよ。

とにかく、凄い熱気。

「ここはどこ?私は中国にいるのだろうか?」と錯覚するくらい。
軽い目まいを覚えたのは言うまでもありません。

東京・築地。
そこは、まさにリトル・チャイナ・タウン。

休日には怖くて行けそうにありません。

では、また。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ