« 東京・築地。そこは「リトル・チャイナ・タウン」だった | トップページ | やっぱりネオ・クラシカルなデザインが流行なのか?(Nikon 1 J5) »

2015年4月 4日 (土)

残業代ゼロ、成果主義。ホントにいいの?

「残業代ゼロ」法案を閣議決定 裁量労働制も拡大 (朝日)

昨日のテレビニュースで大学生に本件についてインタビューしていました。
公平性のためか、反対意見と賛成する意見がありました。

賛成した大学生は「成果で給料が決まるのはわかりやすい」とか言っていました。

甘いなぁ。。。

仕事って大学の講義の試験じゃないのだから誰が誰より成果を出したか
なんて客観的な評価ができないもの。

そうなると、結局は「目立つ仕事をした」とか「周りとの協調性がいい」とか
いわゆる、ウケの善し悪しで決まるのが評価。

例えば、職位の高い人(例:部長など)と日頃よくコミニュケーションを取って
積極性を示したり、仕事をやっている様子を報告したりすること、好かれること
そんなことが評価の際の大きくクローズアップされたりするもの。

課長など直属の上司に仕事を認められても、その課長が部内で発言力の
無い課長だったりすると、部長の一言で評価時は不利になったりするもの。

成果って曖昧な表現をする職務体系は日本企業にそぐわない。

以前も書いたけど、アメリカなどは職務についてしっかり規定されています。
(Job descriprion:ジョブディスクリプション、が明確)

自分のやる仕事と他人がやる仕事の線引きがはっきりしている。
その職務内容について上司と合意(契約)されている。
他人が自分の仕事を奪うことはタブー。

日本だったら誰かの仕事のサポート=積極性みたいなことになるけど
海外の人の仕事に口出ししたら大変なことになります。

逆に彼らの仕事についてはすごく真剣に職務を全うしてくれる。

そういうジョブ・ディスクリプションが明確で無い曖昧な日本社会で何をもって
成果と言うのか、考えていないのが問題。

仕事しない人は別に成果主義でも問題ないでしょう。
ところが一生懸命に仕事をやっている人は絶対に成果(評価)に不満が出るはず。
だって、成果主義と言っても結局は相対評価なので、一定の割合で優良可の
評価が分かれるので。

周りの社員が優秀だったらどんなに頑張って成果を出しても、評価は低い。
つまり、どれだけ仕事をしても、給料は上がらない、となります。

泥臭い、人の嫌がる、時間の掛かる仕事をしても、それが単純な仕事なら
成果は低くなるのは他者との比較で明確になってしまいます。

同じ仕事を同じ量だけやる、というのであれば実績ベースで賃金同じというのも
わかりますが、普通そんなことは絶対に仕事としてはあり得ない。

よくファミレスなどの業態で、店長が成果を上げないから給料を上げないという
半労働裁量性のようなことがあって、過労死する問題がありますが、それが
他の業態でも起こる可能性がある、ってことなのです。

個人的には「成果主義」という会社側に都合の良い解釈で給料を決め、
残業代を出さないという仕組みは、労働意欲に決してプラスにはならない
と思っています。

では、また。

« 東京・築地。そこは「リトル・チャイナ・タウン」だった | トップページ | やっぱりネオ・クラシカルなデザインが流行なのか?(Nikon 1 J5) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ