« Apple Watchファーストインプレッション(レビュー) | トップページ | サードパーティー向け仕様公開(Apple Watchリストバンド) »

2015年5月 4日 (月)

MacBook Retinaファーストインプレッション(レビュー)

Apple Watchよりも売れそうな予感のあった新型MacBook Retinaモデル。
アップルストア銀座にて実機を触ってみました。

Macbook

まず、気になる重さ。
持ってみて、「軽い!!!」

公式サイトの仕様を確認すると920g(グラム)
しかも薄い。

指2本で軽く持ち上げることができるパソコン!
まるでiPad Airの時のような感動でした。

新型のキーボード。
確かにストロークは浅いので、最初は結構気を遣います。
それとは別に、キーピッチがサイズに対して広いのか、ブラインドタッチの際に
DELキーなどへ指が届きにくい気がしました。

後で自宅のノートPCでは何で問題ないのかと思ったら、キーが浅いので
当たりを付けて指を伸ばす際に、キーとキーの間隔差が少なすぎて
わかりにくいのではないか
、と推測しました。

それは、ホームポジション(FとJのキートップ)に対する相対的な距離感が
普通のPCとは違うのかもしれません。
(ちなみにiPad Air 13インチも持っていますが、やっぱりMacBookは独特だと思います。)

次にタッチパッド(トラックパッド)。
これも従来とは少し違い押し込んだ間隔がフィードバックされるという仕様。
感圧タッチトラックパッドと呼ぶらしいのですが、使いこなせず。。。
従来のはっきりと押し込んだクリック感が無くなったのは好みが分かれそう。

ディスプレイはもちろんRetina化されてMacBook Airに比べて綺麗に見えます。

これだけ薄い筐体。
強度は大丈夫だろうか、と思ってヒンジの開閉をやってみたり、ディスプレイに
ねじれが生じないかと触ってみたのですが、意外にしっかりしていました。
Macユーザならば当然の事と思われるいつもの指1本でディスプレイを開閉できる
というところはしっかり継承しながら、強度もある感覚。

うーむ、これは思った以上に良く出来ているのではないか?

ちなみに、今日アップルオンラインストアの在庫を確認したら以下の結果。

Onlinestore

即納では無い模様。

モバイルユーザにとっては非常に欲しいモデルではないでしょうか?
ただし、お値段が最も安いモデルでも税込み(8%)で16万円以上になります。

CPUがMacBook Airよりも劣る点、入出力ポートがType-C USBが1ポートしか
無いという点など気になる点もありますので、本当に悩ましいですね。

ただ言えるのは、間違いなくカフェなどでドヤ顔で使えるパソコンの1つだと思います(何?)

では、また。

関連記事:
複雑かつ修理困難な設計に恐怖を感じた(MacBook Retina 2015)
新型Retina MacBookは買いか待ちか?(パソコン)

« Apple Watchファーストインプレッション(レビュー) | トップページ | サードパーティー向け仕様公開(Apple Watchリストバンド) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ