« マスコミは大丈夫?(電気柵感電事故報道について) | トップページ | GX8欲しいですか?(PANASONIC LUMIX DMC-GX8) »

2015年7月23日 (木)

西伊豆感電事故:男性2人は即死状態だった(安全性)

最新の情報が入ってきました。

<西伊豆感電事故>司法解剖 男性2人、即死状態 (静岡新聞)

まあ、流れた電流値が相当な電流値なだけに当然なのですが、痛ましいです。

ほぼ、最初の想定通りだったのですが、今回の事故(事件)の根が深いのは
中途半端に電気の知識を持っていたために、逆に余計危険な装置を作って
しまっていた
、というのが不幸な点です。

以下、静岡新聞より抜粋します。

電源は、男性宅の農機具小屋にある家庭用コンセント(100ボルト)だった。下田署は、一つの電源から複数の場所に電気を送る必要性があったことから、男性が変圧器で電圧を440ボルトまで高めていたとみている。
 電気柵は、男性が購入した資材などを使って自分で設置していたとみられる。漏電遮断器や電気を断続的に送ることで感電事故を防ぐ「パルス発生装置」と呼ばれる安全装置は付設されていなかった。
 電気柵の作動は普段、男性がプラグを家庭用コンセントに抜き差しすることで行っていたという。


怖いのは、送電線が長くなると電線の抵抗分が無視できなくなるので
電圧低下(ドロップ)することを認識していて、わざわざ440Vに昇圧していたこと。

これ、普通、電圧降下なんて意識しないはずなのに、意図的にやっているところが酷い。
最初は、正規の電柵(電気柵、電気さく)を買うのが面倒で、適当に家庭用AC100Vを
そのまま通電していたのかと思っていました。
しかし、それでも危険ですが、電圧低下しないように昇圧しているのが驚き。

そもそも、家庭用のAC100Vって普通のブレーカから15Aまでしか流せないように
なっているのですが、今回の事件は「どこからAC100Vを取っていたか?」という
点も非常に不透明で不安です。

こんなに違法工事をするスキルがあるのですから、15Aよりも多くの電流が流れる
回路にしていたかもしれません。

(恐ろしい。。。)

また、記事の中に作動(ON/OFF)はプラグを抜き差ししていた、とありますが
これほどのスキルがある人ならON/OFFのスイッチか、スイッチ付きのACタップ
などを使うはずなのになぜそうしなかったのか?
厳密に書けば普通の漏電ブレーカでON/OFFすれば良かった話なんですけど。

きっとそうしていなかったのは、最初から常時通電状態にして運用しようと
していたとしか思えません。
だから、日中でもON状態だったのでしょうね。

少し電気関係の販売か何かに従事していたそうですが、メーカに勤務していたら
こういう安全に関することは、「保護装置」「警告表示」等が必要ということを
知っていたはずなので、本当に残念です。

皆様がお使いになっている家電製品の取説の最初のページに山のように
安全に関する注意喚起記述があるのは、PL法によって裁判沙汰になった
時に巨額の賠償責任が発生しないように、最低限の安全性への注意喚起を
しているのです。

プロとアマチュアの違い。
アマチュアの電気工作は自己責任で他人に迷惑が掛からない範囲でやるのは
結構ですが、こういう不特定多数の人の危険に関わることをやっては絶対に
いけないことです。

二度とこういう痛ましい事故が起きないように、この事件を風化させないように
国などは対策をして欲しいです。

あと、本当に正規の安全な電柵メーカさんに風評被害が及ばないことを願いたいです。
安全に関して彼らはプロでコストを掛けて安全装置、警告表示を作っているのです。

では、また。

関連記事:

違法な電気柵による感電事故?(安全性)
電気柵感電事故:本質的問題を報道して欲しい(安全性)
マスコミは大丈夫?(電気柵感電事故報道について)
「電気柵」と呼べぬ 自作品で安全策欠落 静岡の感電事故(日本農業新聞より)
トランスは漏電ブレーカが作動しないための絶縁だった(電気柵感電事故)
【電気柵事故】事故の原因は追及しても人を追い詰めてはいけない



« マスコミは大丈夫?(電気柵感電事故報道について) | トップページ | GX8欲しいですか?(PANASONIC LUMIX DMC-GX8) »

安全性」カテゴリの記事

関連サイト

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ