« 【iPad Pro】欲しいけれど使えるのだろうか? | トップページ | 【買い物】Apple Magic Keyboardショートレビュー »

2015年11月15日 (日)

【テロ】フランス同時多発テロに思うこと

フランスでイスラム国(ISIL)によると思われるテロが起き、129人の犠牲者が出ました。
非常に恐ろしいことだと思います。

昨日のテロ直後からAmazonのトップページが以下のようになっていました。

Amazon

フランス語で「団結」を表す単語のようですが、このような姿勢はなかなか出来ないもの。
日本の企業サイトではこういう様子は無かった模様です。

フランスでは第二次世界大戦以来の非常事態宣言とのこと。
フランス軍隊もパリ市内に配備されたようで、まさに戦争状態という感じでした。

犯人の逃走を防ぐために国境封鎖。
そんな中、日本からフランスへのツアーはJTBが即時に停止したのは立派でした。
そんな危険な状態でもツアーを行おうとしているツアー会社のリスク管理には
非常に不安を感じました。

振り返って日本で同じようなテロが起きたらどうなのだろうか?と思いました。
果たして、自衛隊を都市に即時配備できるのだろうか、と。

フランスはシリアへの空爆をしているからテロの標的になったとか、
移民を受け入れたからという意見がネット上にありました。

そういうことは確かに事実なのかもしれません。
しかし、そういう「痛み」「犠牲」を払わずに、危険にさらされているシリアを
放置することが本当に人間として正しいことなのか、という根本的な問題に
日本人は冷たいように思えました。

なぜ、シリアを攻撃する必要があるのか?
なぜ、移民を受け入れる必要があるのか?

島国に住んでいてそういう感覚が鈍いのかもしれません。
フランスと言えば、フランス革命が有名ですが、そういう民主的な独立という
そういう思想が強い、またそれを誇りに思う国民性があること。
日本にとっては観光地の1つくらいにしか思っていないかもしれませんが
テロからの攻撃にいち早く「団結」という思いを持ち、国がひとつになる姿は
日本にとって手本にすべきではないかと。

テロという卑劣な行為に決して屈しないという姿勢、国民が一致する姿。
それこそがテロへの最も大切な姿勢。

それを、テロを正当化するかのように、移民を受け入れないようにする
というのは、まさに過去の戦争時代の歴史から何も学んでいないように
感じました。

フランス国民、またその他の国民で今回の犠牲になった方々へ哀悼の意を
表します。

頑張れ、フランス。

では。


« 【iPad Pro】欲しいけれど使えるのだろうか? | トップページ | 【買い物】Apple Magic Keyboardショートレビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ