« 【格安SIM】FREETEL(フリーテル)の評判はどう? | トップページ | 【格安SIM】0 SIM by so-net速度計測結果紹介 »

2015年12月25日 (金)

【格安SIM】0 SIM by so-net、499MBまで無料のSIMが付録に。

最近、SIMカードが付録という雑誌を見ることが増えました。
今回、初めて0SIM by so-netというものが付録になったデジモノ・ステーション、
2016年2月号を購入しました。

Desimonostation

なんでも499MBまでのデータ通信の場合には月額料金がゼロ円で維持できるという
とんでもない仕様なのです。

以下、ちょっと気になった点を幾つか列記します。

1. 500MBから100MB単位で100円ずつ課金されて5GBで上限。

 厳密には2048MB以上5GBまでが税抜1,600円。
  余程、ライトユーザでないと500MB/月というのは結構厳しいのと、5GBだと
 他社のプランより割高になってしまう点が気になります。
 特に他社のボリュームゾーン、競争の激しい3GBでは普通税抜900円かそれ未満
 なのですが、本SIMの場合には1,600円と割高になってしまいます。

2. 開通期限が2月24日まで。
 約1ヶ月ですのでそれまでに開通しないとゴミになってしまいます。

3. 5GB超えの速度はどうなる?
 重要注意事項という用紙を読むと、月末まで速度制限されます、とだけ記載されており
 実際に何kbpsに制限されるのかが不明です。
 なお、追加容量チャージにより速度制限解除が可能ですが100MBで500円
 これまた割高な設定です。

4. SIMを返却しないとどうなる?
 SIM損害金、税抜3,000円だそうです。解約時には必ず返送しましょう。

5. 低速モードのサポート無し?
 IIJmio、DMM mobile、mineoなど低速モードスイッチがあり、大体3日360MB程度の
 制限付きですが、高速分容量が減らないという設定が本SIMには無さそう。
 音楽ストリーミングというデータ量の多くなるアプリには低速モードが無いと
 月500MBというのは自分の場合、無理かなぁと思いました。

6. 利用開始月でも日割りにならない
 従量プランなのでまあ、当然かもしれません。

まあ、遊びで使ってみるのもアリかもしれません。
恐らく(全くの推測ですが)IIJmioなどのように速い時に10~20Mbps出るようなことは
無くて、きっと1~2Mbps程度の高速通信ではないかな(価格的に)と思っています。
当然ですが容量が少ないので動画を見るとかアプリをダウンロードするとか、
そういう用途には向かない(高い)でしょう。

逆にめったに通信しない、という人には意外にアリかもしれませんが。

話変わりますが、この付録が人気らしく、Amazonやヨドバシ.comでは既に売り切れ、
入手不可になっています。

購入したいと思う方は書店に急がれることをお勧めします。

では。

関連記事:
【格安SIM】0 SIM by so-net速度計測結果紹介
【朗報】So-net 0 SIMが公式サービススタート!
【格安SIM対決】So-net 0 SIM vs. DMM mobile 価格比較


中古価格がぼったくり価格になっています。転売は止めて欲しいですね。

« 【格安SIM】FREETEL(フリーテル)の評判はどう? | トップページ | 【格安SIM】0 SIM by so-net速度計測結果紹介 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ