« 料理が美味しそうに撮れるアプリ登場(Foodie) | トップページ | 【レビュー】1時間でハングルが読めるようになる本 »

2016年2月18日 (木)

高級コンデジG7 X後継機発売(Canon PowerShot G7 X Mark II)

正式発表されました!

キヤノン、手ブレ補正効果4段分の「PowerShot G7 X Mark II」
DIGIC 7を採用する1インチ高級コンパクト
 (デジカメWatch)

001_s

直販価格は税別7万7,800円。

個人的に驚いたのはDIGICがDIGIC7に変更された点。
S120時代からずーーーっとCanonはDIGIC6がハイエンドだったのが次世代モデルに
やっと変わった、という点。

簡単にG7 Xから変更された目立ったポイントを列記します。
・グリップが追加された
・コントロールリングがクリック/スクロール(自由回転)切替可能になった
・ディスプレイが下45°にもチルトするようになった

内部ハードもかなり手を入れているようで、Canonのこのカテゴリに於ける力の
入れ具合がひしひしと伝わってきます。

気になる大きさ、重さを比較してみましょう。

G7 X            103.0×60.4×40.4mm 約304g
G7 X Mark II  105.5×60.9×42.2mm 約319g


やはり下方向にもチルトするような機構にした影響か、厚みが2mm増えています。
重さは15gで微増。

元々G7 X自体がやや大きなデジカメでしたが小型化は残念ながら実現されませんでした。

これは恐らく小型モデルを求めるユーザには先日発売されたG9 Xの方を薦めるという
商品戦略なんでしょうね。
こういう、棲み分けの上手さが商売上手なCanonらしいラインアップ展開でしょう。

元々、4.2倍ズームでF1.8-2.8(開放端)という性能が魅力でしたからG9 Xとは
カニバル(共食い)ことがなさそうですし、相変わらず魅力的です。

ファインダーが欲しいというユーザにはちゃんとG5 XというモデルもあるCanon。
盤石ですかねぇ。

では。

関連記事:
Canon PowerShot G7 Xの後継機発売?(カメラ)



« 料理が美味しそうに撮れるアプリ登場(Foodie) | トップページ | 【レビュー】1時間でハングルが読めるようになる本 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

関連サイト

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ