« 【ファーストインプレ】iPhone SEを触ってきた印象は? | トップページ | 桜、咲く »

2016年3月31日 (木)

【英語】入門ビジネス英語と実践ビジネス英語(NHK語学講座)

4月は新年度のスタート。
ということで、英語もテキストを超久しぶりに購入してみました。

Advanced クリックで拡大

まずは「老舗」の実践ビジネス会話。
ご存じの方はこれは以前、「(やさしくないのに)やさしいビジネス会話」という
タイトルだった番組です。

当時、何でこれがやさしいのか、全く理解できなかったです。

先生は以前から同じ杉田先生。
それにしても、ビニエット(会話)方式で音声も聞いてみたけど、聞きやすい。

使われている単語、表現なんかも以前よりはやさしくなった気がします。
それでも、辞書を引くと「インフォーマル」「少し古い」という表現もあるあたり、
ニューヨークで仕事してきた杉田さんらしいといえば言える内容です。

一方、もう少し実用的だなぁと思ったのは「入門ビジネス英語」

P1000391

こちらは、音声スピードがやや遅く(不自然なほど遅い)実践~よりもよりやさしい。
でも使われている表現は非常にシンプルかつ難しい単語も無く、こちらの方が
実際にアジア圏など非英語圏の方々とのコミニュケーションには向いている

強く感じました。

良書です。

速度が遅いのは、iTunesでオーディオブック形式で購入したり、CD盤を購入すれば
自分の好きな速さにできるので、特にオーディオブック(iOSユーザ)はiBookで
練習するのが良いかと。

今すぐにでも使えそうな表現が豊富な入門ビジネス英語。
アメリカ人とちょっと馴れ馴れしく会話できる(かもしんない)気取った英語の
実践ビジネス英語。

どちらがどうという訳ではないのですが、個人的には入門の方が教材としては
面白いかな。

なお、余談ですけど、実践ビジネス英語のような、あんな綺麗な発音ではっきり
発音してくれる人ってアメリカでも少ないと思います。
特にIT関連(西海岸)はいろんな人種の人(インド系など)がいたりして、
ネイティブではないので余計そうなのですが、聞き取りにくいのが実践(実生活)です。

よりリスニング力を付けるには生の音源(ニュース、インタビューなど)を聞かないと
慣れませんね。

長くなりましたが、ビジネス英語語学講座教材のレビューでした。

では。



« 【ファーストインプレ】iPhone SEを触ってきた印象は? | トップページ | 桜、咲く »

英語」カテゴリの記事

関連サイト

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ