« 【原発】疑心暗鬼な再稼働(高浜原発:自動停止) | トップページ | スマホの弱点克服か!?(ZenFone Max) »

2016年3月 2日 (水)

相変わらず高い大手キャリアの通信費

スマホユーザの平均料金について大手キャリアといわゆる格安SIM(MVNO)との
比較記事が載っていました。

スマホユーザーの平均料金、3キャリアは7400円、格安SIMは2000円
(ケータイWatch)

この平均値、3大キャリアの場合には端末を購入した時の割引分を含んでいるのか
よくわからないのですが、高いですね。

最近、総務省のお達しで4,900円に収まるプランが出てきましたが、通信容量が
わずか1GB
という超ライトユーザ向け。
それでも5,000円弱も掛かるのですから高い印象です。

一方の格安SIMは2,000円とのことですが通話を全くしない場合、通常1,600円で
3GBのデータ通信
が付くのが普通なので実際の大手キャリアとの差はもっと大きいですね。

参考までに私の場合。
IIJmioのファミリープランなので税抜3,260円。(1*音声+2*データ)
ちょっと高いように見えますがデータ通信量は10GB(しかも翌月に残高を繰り越し可能)
なので満足度は非常に高いです。

コレ、家族でもしも残り2回線のデータ通信を音声プランにしても700円*2で1,400円
なのでホントデータ通信ほとんどしないでスマホを持ちたいという人には格安SIMが
本当に安いということがよくわかります。

もちろん、良いことばかりではありません。
端末は自分で調達しないといけません。
また端末の保証プランも(基本)ありません。

最近のMVNOは自社で端末と保証プランがあるというところもありますので
少し改善はされていますが、基本、自分でマメにメンテできる人でないと敷居は
高いのかもしれません。

それでもやっぱり今の厳しい格差社会で、通信費に何万も掛かるのは
本当にもったいない。

よく、母子家庭で子供に十分な食事を与えられないという報道を目にしますが
その時驚くのは、お母さんがスマホを普通に持っているという点。
自分の感覚だと、どうして安いガラケーとかにしないのだろう?ということ。

でも通信環境がPCでなく、スマホメインというユーザにとっては格安SIMは
敷居が高いかもしれません。

情報弱者が高いプラン(大手キャリアの言いなり)で契約している可能性が
高いのは本当に可哀想。

ふとそんなことを思ったのでした。

では。



« 【原発】疑心暗鬼な再稼働(高浜原発:自動停止) | トップページ | スマホの弱点克服か!?(ZenFone Max) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ