« 弱者に厳しいマスコミ(海老蔵の取材自粛要請への反論記事) | トップページ | U-mobile使い放題プランが新規受付終了していた!(MVNO) »

2016年6月26日 (日)

老化の始まり?耳年齢診断をやってみた(アプリ)

以前ニュースで見たけど、若い子には聞こえる高音が加齢により聞こえなくなる
という原理を使って、夜中の公園とかコンビニに「モスキート音」を出す装置を設置した
ということを思い出しました。

耳年齢診断というアプリの紹介です。

あなたの耳年齢を今すぐチェック!! (APP BANK)
耳年齢診断 ~《24秒で衝撃の結果が》 (iTunes)

Image

最近、英語とか聴いていても若い頃よりも子音や高音の聞き分けができないので
心配だったので早速ダウンロードして実施してみました。

その結果・・・

1st (クリックで拡大)

えーーー、やばい。

何回やっても改善しないので、ヘッドフォン(イヤフォン)を変更してみました。

その結果・・・

2nd

・・・(沈黙)

さて、念のために上記アイコンの「音」という箇所をタップすると周波数を変えて
聞き取れるかどうかの確認ができます。

こんなイメージ(下図参照)

Setting

で、確かめてみると、本当に高い音(=若い年齢)は聞き取れていないことが
はっきりとわかります。

そう言えば、ヘッドフォンで結構耳を酷使していたのかも。。。

一応、歳を取るとなぜ高音が聞こえなくなるのか、ググって調べてみました。

高い音が聞こえづらくなった (からだエイジング)
聴力の低下が起きる仕組み (ヒアリングストア)

耳の「蝸牛(かぎゅう)」の中にある有毛細胞の高音を識別する箇所が老化により
減ってしまうことが原因だとのことらしいです。

25_02

Img_0031

これを元に戻す方法はまだ見つかっていないらしい。。。
「γ(ガンマ)セレクター阻害剤」というものが有効らしいがまだ研究段階とのこと。

今日の教訓。
語学の学習は若いうちにやるべきですねぇ。。。

では。



« 弱者に厳しいマスコミ(海老蔵の取材自粛要請への反論記事) | トップページ | U-mobile使い放題プランが新規受付終了していた!(MVNO) »

スマホ・アプリ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ