« 過熱しすぎの困った「ポケモンGO」現象。。。(つぶやき) | トップページ | mineoファンイベントにIIJmioの中の人が参加!? »

2016年7月31日 (日)

【レビュー】OLYMPUS STYLUS TG-4 ファーストインプレ(カメラ)

ずーーと気になっていたOLYMPUS STYLUS TG-4を入手。

Tg4 Source

と言っても個人で買ったのではなく、会社の設備としての購入ですが。
会社用のカメラ(古いCanon IXY)が遂に壊れたので代替としての購入です。

仕事柄、細かい部分の観察などの用途も想定されることから、TG-4を一押し。
他のメンバーからも同様な賛同を得られて無事購入に。

私自身はオリンパスのコンデジとしてSTYLUS XZ-2, XZ-10を使っていますので
オリンパスのクセ(良くも悪くも)を知っているのでその上でのファーストインプレを
書こうかと思います。

まず、各スイッチ類の操作性。
防水機構のせいか、非常に固い印象を受けました。
バッテリ部、IFコネクタ部、共に扉はダブルロック機構なのですが、スイッチが小さい。
なのでロック・アンロックが結構やりにくいです。

ズームレバーはシャッターボタンと独立しています。
店頭で触った時も少しやりにくい印象でしたが、購入品も同様でした。

Tg4_top_2 Source

電源ボタン、シャッターボタン(これ重要)、背面の十字ボタンも皆、固い。

これって、寒冷地でグローブしたような過酷な状態を想定しているんだったら
結構やりにくくないだろうか?と心配になりました。

背面にはモード切替スイッチがあります。
普段、カメラトップにモード切替があるのが普通のコンデジなので、このタイプは
やっぱりやりにくい。
二本指で操作できるのが普通なのに、背面だと左手でしっかりホールドしながら
右手の指一本でグリグリ動かす感じなのでそこらへんが使いにくいのかも。
(慣れたら片手ホールドしながら親指で操作できるのだろうか???)

このカメラ、防水タイプにしてはf/2.0と明るいレンズを搭載しているのが売り。
でも、センササイズは米粒センサの1/2.3型と普通の(安い)コンデジと同様。
しかも、後で知ったのですが、なぜか2.0, 2.8, 8.0と3段階しかF値を変えられない
仕様。。。

Image Source

WiFi機能はスマホ連携のみ(?)
PC連携するのにWiFiは便利かな、と思って取説を見たら、ケーブル接続で
PCに取り込んでくださいという記述。
もちろん、WiFiの項目にはスマホアプリとの接続の仕方は記載されていますが
PCとの接続手順が無い(???)

スマホじゃ、個人所有の物になるので、セキュリティ上、会社内では取り込めない。
使えないってことですね。
(もちろん、個人購入で普通にスマホでシェアするには問題ないと推測されますが。)

何だか厳しめのコメントばかりなので、名誉回復のために良い点も。
それは売りの1つ、顕微鏡モード。
複数フォーカスポイントを変えて撮影して合成する深度合成機能は確かに良くできている
と思い、これからプリント基板やそのパッド、部品、ハンダ付け状態などの確認など
色々応用範囲が広そうでグッド。

ただし、これもオリンパス機の性なのか、合成時には処理に時間が掛かるらしく、
すこし(数秒)待たされます。
XZ-10の夜間撮影モードで経験したあの感覚です。
(関連記事:【レビュー】OLYMPUS XZ-10(手持ち夜景モード) 参照)

連続撮影をパシャパシャやる、という人にはプチ・ストレスかも。

結論:
防水カメラということで売られていますが、個人的には顕微鏡モードでマクロ撮影
する人向けのカメラとして「買い」だと思いました。

まだまだ他の機能(動画など)使い切れていませんが、今後業務で使用して
感じたことがあればレビュー更新しようかと思います。

では。



« 過熱しすぎの困った「ポケモンGO」現象。。。(つぶやき) | トップページ | mineoファンイベントにIIJmioの中の人が参加!? »

写真・カメラ」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ