« SONYのスマート・ウォッチは売れるか?(wena wrist) | トップページ | なんだか「未来」を感じさせてくれる(Bluetooth流星バッジ) »

2016年7月10日 (日)

英検は1級にこそ意味がある?(英語)

今日は英検2次試験の日ですね。(私は受けませんが。)

ツイートから。

これだと、準1級で覚えた7000語とほぼ同じ語彙数を増やしてやっと1級なのよね。
でも、コレ、事実かもと思うのは、洋書を読むのにそれでも足りなくて15000語と
書かれている点。

実感と合っています。
英字新聞(The Japan News)で日本人が書く文章は辞書無し、もしくは数語辞書で
確認する程度なのが、ネイティブが書く文章だと、わからない単語が最初の1文から
バンバン出てきたりしますから。

学校の勉強で語彙増強って重視されていないのが問題だと思います。
こういう15000語という数字をきっちりと意識させてくれないと、いつまでも
相手の言うことがわからない、言いたいことが言えない状態になる気がします。

何はともあれ、本日受験の皆様、尊敬します。

頑張ってください。

では。



« SONYのスマート・ウォッチは売れるか?(wena wrist) | トップページ | なんだか「未来」を感じさせてくれる(Bluetooth流星バッジ) »

英語」カテゴリの記事

関連サイト

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ