« 「PCを使えない学生が急増」の問題点 | トップページ | 【不具合】XZ-10 AWB(オートホワイトバランス)異常現象 »

2016年8月 9日 (火)

新しい電気接続の時代に期待すること

もうハンダ付けの時代は終わりなのかもしれない。
最近の鉛フリーハンダという時代は、高温に耐えられるように部品が対応しているのですが
鉛フリーということで色々な弊害も出てきています。

そんな時、新しい電気接続の方法 --- 接着というのが注目されてきています。

AgIC、常温で硬化する一液式導電性接着剤「ノーソルダー」 (PC Watch)

ソルダー(solder)とはハンダ付け。
ハンダは金属溶接の一種なので、曲げなど応力に弱い。

これからの時代、色々なものに電気回路を構成するようになることが明らかです。
プリント基板という固いものだけでなく、曲がる物、柔らかい物にも回路配線を
施す時代になります。

最近の部品実装の世界は本当に難しい時代になってきています。
仕事でも色んなトラブルを経験しています。

そんな時、こういう接着という方法で接点を電気的に安定に固定できれば
素晴らしい解決法になりそうです。

まだまだ課題は多いと思いますが、新しい技術として注目していきたいですね。

では。



« 「PCを使えない学生が急増」の問題点 | トップページ | 【不具合】XZ-10 AWB(オートホワイトバランス)異常現象 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ