« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

Windows10 既定プログラムの割り付け変更手順

Kingsoft OfficeとMicrosoft Officeを同じPCにインストールして、最初、Kingsoftの方を
デフォルト設定したため、.xls拡張子のエクセルファイルがKingsoft Spredsheetで開く
ようになったので、改善しました。

ちょっと面倒な手順だったので、列記します。

1. ウインドウズアイコン(デスクトップ左下)を右クリックし、コントールパネルを選択

Top (クリックで拡大)

2. コントロールパネルから「既定のプログラム」を選択

Control_panel

3. ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け、を選択

Procedure1_2

4. ターゲットのファイル拡張子(今回は.xls)を探す

Procedure2

上記写真のように、詳細表示ではちゃんとMicrosoft Excelが選択されるはずが
左上のアイコンはKingsoftの物になっています。
右上の「プログラムの変更・・・」を選択します。

Procedure3

私の場合、Program filesのMicrosoft OfficeのOffice 12の下にexcelの実行プログラムが
ありました。(検索掛けて探しました。)

それを選択すると以下の様に、正しく変更されます。

Result

以上です。

2016年12月30日 (金)

今更ながら、初めてAbema TV観てみて感心したこと

年末年始ってテレビが特番ばかりでつまらないです。
そんな時、Amebaのサイトに今日ももクロの国立でのライブ(確か2013年頃かな)を
放送してくれるとあったので、興味本位でAmeba TVのアプリをダウンロードしてみました。

PCではChromeとかIEとかがデフォルトでサポートしているようなんですが、iPadアプリでトライ。

いや、驚いたのは、画質が良くて、CMがほとんど無くって、無料なのが申し訳ないくらい。
明日は年越しライブがあるようなんですが、もしかしたら、見ちゃうかも。

今更ながら、Ameba TV、アプリの評価がいいのも納得。
何となく忙しい毎日、この手のTime eaterのアプリは敬遠していたけれど、
もっと早くに試しても面白かったかも。

このまま、CM少な目でお願いしますね>Amebaさん。

では。

関連リンク:
AbemaTV(アベマTV)

2016年12月28日 (水)

今日のお買い物(USB 3.0 ExpressCard/54)

NEC Lavieには今では懐かしい(?)ExpressCard/54というカードスロットがあります。
この特殊なスロット、使い道が無くて、ダミーカードが購入時からずーーーと刺さっていました。

そこに、今回、ダメ元でUSB 3.0用カードを入れてみました。
購入したのはコレ。


こんな感じです。

Usb_expresscard (Amazonより)

ドライバらしきCDが入っていましたが、無視してPCの電源ONのまま挿入。
何事も無かったかのように、USBとして認識されています。
果たして速度は出ているのか・・・?

早速、簡単にチェック。

まずはUSB2.0の場合:
Usb2_result

次にUSB3(と思われる)の結果:
Usb3_result_2

うーむ、微妙。。。(苦笑)
と言うか、ほとんど変化ないじゃん・・・

どうもおかしいようです。
人柱になっちゃたかな(笑)

再トライ:
ドライバCDからインストールを行い、ケーブルをUSB延長ケーブル(50cm位)を使っていた
のをやめて直刺しできる長めのUSB 3.0ケーブルに変更して再測定。

まずはUSB 2.0:
Usb2_retry

次にUSB 3.0:
Usb3_retry

お、たまたまか、少し速くなりましたね
ケーブル延長が速度低下の原因だったのかな?(不明だけど)

追記:
延長USBケーブルがUSB 2.0用だったことが判明。
多分、延長ケーブルが原因で速度が遅かったのではないかと思われます。
USB 3.0用の延長ケーブルを入手して確認してみようと思います。

では。


2016年12月27日 (火)

古いPCをSSDに交換しました。その結果は・・・

クローンにもすっかり慣れ、「Windows10はSSD用も考慮したOS設計になっている」と
いうことを思い出し、勢いでSSDへの置き換えを実施。

購入したのは、こちら。

Crucial [ Micron製 ] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 750GB
( 3D TLC NAND / SATA 6Gbps / 3年保証 ) CT750MX300SSD1

早速ですので有名なソフトCrystalDiskMarkを実行してみました。
まずはPCのスペックから。

Pc_spec (クリックで拡大表示)

確か2009年頃購入した記憶が。。。

さてこのスペックでのディスクR/W速度は。。。
Crystaldiskmark_result (クリックで拡大表示)

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.0 (C) 2007-2016 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :   272.882 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :   265.539 MB/s
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :    85.472 MB/s [ 20867.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :    84.437 MB/s [ 20614.5 IOPS]
         Sequential Read (T= 1) :   235.903 MB/s
        Sequential Write (T= 1) :   217.283 MB/s
   Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :    22.591 MB/s [  5515.4 IOPS]
  Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :    53.022 MB/s [ 12944.8 IOPS]

  Test : 1024 MiB [C: 60.6% (398.7/658.1 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2016/12/27 20:42:15
    OS : Windows 10  [10.0 Build 14393] (x86)

まあ、数字よりも体感速度向上が快適ですね。
まず、Firefoxって起動時に時間が掛かる重いブラウザなんですが、
SSDにした後は一瞬で起動するのが快感。。。

Amazonでは容量の少ないサムスン製256GB程度の物が割安で売れ筋のようです。
(文末リンクを参照ください)

追記:
先日購入した2TB SSHDでも計測してみました。


結果は以下の通りです。
Windows10_sshd

思ったよりも速いのかな?

では。

関連記事:
HDDクローン作業の失敗の原因について(その1)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その2)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その3)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その4:まとめ)
ノートPC HDD交換手順(Windows PC) ←かなり古い記事。速度計測結果があります。

HDDクローン作業の失敗の原因について(その4:まとめ)

さて、色々苦労した結果、何とかクリーンインストールしたHDDを別のHDDへのクローン、
及びHDDから小容量のSSDへのクローンに成功しましたのでご報告します。

さて、「なぜクローンに失敗したか」について総括、まとめてみます。

①元ディスクに障害があった
  対処法:ディスクチェックを事前に行うこと(詳細は後述)
②スリムタイプ(7mm)のディスクを9.5mmのPCに実装していた
  対処法:スペックの確認、目視(実測、現物比較等)を行うこと
③PC本体の動作不安定(クローン途中でシステムシャットダウン発生)
  対処法:特に無いのですが、電源オプションの設定でスリープに入ったりしないように
  設定しておくこと、比較的短時間でクローンできるアプリ(後述)を使うくらいでしょうか。

さて、うまく行った手順について説明します。

用意するもの:
・HDDケースとUSBケーブル
・パーティション変更ソフト
 AOMEI Partition Assistant(窓の杜よりダウンロード可能)
・クローンソフト
 AOMEI Backupper(窓の杜よりダウンロード可能)

手順:
・元HDDのパーティションチェック
 コマンド・プロンプトからディスクチェックを手打ちで入れてもいいけど、上記の
 AOMEI Partition AssistantやEaseUS Partition Masterなどをインストールして
 パーティションのチェックというメニューからCドライブなどのチェックをしておきます。
・システム再起動(パーティションチェックが実行されるため)
 上記ソフトを使うとCドライブのチェック時には自動再起動されます。
・クローン先のHDD(or SSD)を上述のケースに入れ、USBケーブルでPCと繋ぎます。
・クローンソフト(AOMEI Backupper)起動

Backupper_1 (クリックで拡大表示)

上記のように、「クローン」→「ディスククローン」を選択します。
上記写真は「プロ版(有償版)」ですが、これは真ん中の「システムクローン」という
機能が有償版しか使えないこと、そのシステムクローンじゃないとクローンできないと
私が誤解して有償版にアップデートしてしまったからです。
上記「ディスククローン」無償版でもできるので無償版で問題ありません。

後は、コピー元(PC内)がディスク0、クローン先(外付けHDD)がディスク1として
選択して実行するだけです。

終了後、シャットダウンする、というオプションがありますが私のPCは不調で
途中で強制終了で失敗してシャットダウンされたのか、正常終了したのか
判断したかったので、この「終了後、シャットダウンする」のオプションは非選択でした。

同様のクローンソフトでEaseUS Todo Backup Freeがありますが、これはどうもセクター
バイセクターのクローンのようで、時間が掛かりました。
上述のAOMEI Backupperの場合、セクターバイセクターは選択式になっているので
私の場合、それを非選択にして実行しました。
700GB程度+USB 2.0で約7時間くらいでしょうか。
USB 3.0だったり、クローンする容量が少なければ当然もう少し短時間でできるでしょう。

・正常終了の確認
 メニューで正常終了されていることを目視確認します。

・PCのシャットダウン
・ノートPCの電源ケーブルを外しバッテリを外す
・HDDの取り出し
 当然、各PCにより異なりますので事前にググるなどして確認するのが良いでしょう。

・HDDの入れ替え、バッテリ装着、電源ケーブル接続
・PC電源を入れる
 正常にWindowsが起動すればOKです。

では、また。

関連記事:
HDDクローン作業の失敗の原因について(その1)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その2)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その3)

2016年12月26日 (月)

増田みのりアナ、ニッポン放送退社

あー、こんな悲しいことがあるなんて。。。
ニッポン放送の女性アナ、増田みのりさんが本日2016年12月26日をもって退社するとか。

Blogクリックで拡大

今日、昼に出張で社有車で移動しようと13時少し前にニッポン放送をつけたら、
ラジオビバリーヒルズにゲストとして最後に増田さんが登場。

昔、本番組担当だったので懐かしいと思ったら、何と突然の退社挨拶!!!

えええ???

ショックでしたねぇ。何しろ、とっても美声で聞きやすい声だったので好感持っていたのに。

帰宅後、早速、ニッポン放送の増田みのりの「みのりの日記」を読んだら上述のように
公式に退社する旨が記載されていました。。。

多分、子育てと仕事の間で苦しんで悩んで決断されたんだろうなぁと。

長い間、本当にお疲れ様でした。

では。

関連記事:
祝)増田みのりアナご結婚!?

以下、ブログより転載。

ありがとうございました!

久しぶりの更新になってしまいましたが
お変わりありませんか??

なかなか発表することができず心苦しかったのですが
私はこの12月をもってニッポン放送を退社することになりました。
この会社にはずっと喋り続けている素敵な先輩もいるので
自分も働き続けるんだろうな、と思っていましたが
人生いろいろなことがありますね。
会社員ですから思うようにいかないこともあります。
子供をもつとそのバランス、環境と
いろいろなことを考え、悩み、今回の決断にいたりました。
いままで応援してくださったみなさま、
ラジオを聞いてくださっている方、
お仕事でご一緒させて頂いたみなさま、
本当に本当にありがとうございました!!

学生時代、とってもとってもなりたかったアナウンサーになることができて
当たり前のように毎日マイクの前に座り、マイクを持ち
ラジオに声を乗せられていた幸せを、今改めてかみしめています。

想い出は書ききれませんが、
松村邦洋さん、高田文夫センセイ、辛坊治郎さん、
番組でご一緒させて頂いた方が、倒れたり、クジラにぶつかったり、、、、、
そんなタイミングでアシスタントをしていた私はそれぞれ何か月もお留守番をさせて頂きましたが、
無事にみなさん生還されて。
再びスタジオでお会いして一緒にマイクの前に座った感激は
とてもとても心に残っています。

リスナーのみなさんと、たくさんお話しできてお会いすることができるのは
ラジオの魅力ですね。
本当にたくさんの方にお会いできました。中継先で、ラジオパークで、イベントで・・・・・。
私と関わってくださったみなさま、ありがとうございました!!

またどこかでお耳に、お目にかかれますように!!

ありがとうございました。

2016年12月25日 (日)

HDDクローン作業の失敗の原因について(その3)

さて、スペーサ(7mm→9.5mm)が届いてからの続きです。

早速、恐る恐るスペーサを貼り付けます。
粘着テープが四辺のうちの二辺にしかないので粘着力がちょっと不安。。。
さて、ディスクをPC本体に取り付けます。

Windows10の起動用ISOメディアをDVD/BlueRayディスクに入れ、インストール画面を
表示させて、ハードディスクが認識できるかを確認しました。

結果は・・・やっと認識できました!
つまり、今まで何度やってもダメだったのは、単なるスペーサ不足による接触不完全な
状態が原因だったと。。。 orz

さて、そうと分れば後は自信を持ってクローン作業をすれば良いわけです。

ところが、何ということか、PC本体が不調で何度やっても途中で失敗します。
元のディスクファイルが破損しているというエラーメッセージや突然システムが
シャットダウン(と言うか突然の電源断)が発生。。。

もうさすがにコレではダメと言いますか、時間がかかり過ぎるので、新しいディスクは
Windowsのクリーンインストールを行うことにしました。

バックアップデータの移行やアプリケーションソフトのインストールなどでこの連休は
ほとんど潰れましたが、一応、新しいマシンとして動かせるようにまで、復旧しました。

クローン化の話はこれで終わるか・・・と言うとちょっと違います。
それは、次回に。。。

では、また。

関連記事:
HDDクローン作業の失敗の原因について(その1)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その2)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その4:まとめ)

2016年12月24日 (土)

【詐欺】Windowsセキュリティの重要な警告

ウインドウズPCをセットアップしていたら、突然、下記のような警告が発生!

Spam クリックで拡大

Zoom  クリックで拡大

何にも変なサイトにアクセスしたつもりも、変なアプリをインストールした訳でもないのに(?)

無視しようと思っても、デフォルトのブラウザ(Firefox)のホーム設定が固定されてしまい
変更しようにも変更できないというトラップが。。。

電話番号をググってみたら・・・

Search_result クリックで拡大

03-4579-3444 という番号は明らかに詐欺の電話番号だとわかります。
(もちろん最初は他の端末で確認した訳ですが。)

でも、こんなセキュリティ画面とアラーム音でしつこく警告されたら、電話して
しまいそう。。。

今、冷静になって考えれば、ブラウザをロックしてしまったり警告音を止められない
という警告方法って明らかにランサムウェイ並みの行為ですよね。
詐欺、確定です。

さて、復旧方法ですが、一度デフォルトブラウザ(私の場合はFirefoxでしたが)を
アンインストール。
再起動して、EdgeからFirefoxを再ダウンロード&インストール。
オプション設定からホーム画面の設定を再設定して、何とか今の所、直ったみたい。

皆様、気を付けましょう。

では、また。

2016年12月22日 (木)

HDDクローン作業の失敗の原因について(その2)

クローン作業失敗事件、その続編です。
前回まででわかったことは、クローンターゲットのSSHDそのものは正常だということ、
EeeUS TO DOのソフトで失敗を繰り返したのは、元のHDDのディスクエラーが原因だった、
ということになります。

さて、正常にクローンが成功したかに見えたSSHD。
ところが、PCに実装すると現象は変わらず、Bootデバイスが見えないというようになります。
そこで、今回はWindows10のISOイメージディスクから強引にWindowsを入れることで
修復しようとしました。

ところがです。
どうやっても、内蔵HDD(正確にはSSHD)がドライブとして認識されません。
ドライバをインストールするようにも要求されたりもしましたが、そもそもドライバが
どこにあるのか、全くわかりません。

ちなみに、外して、USB接続してSSHDの中を見るとちゃんとクローンが出来ています。
もちろん、Cドライブ、Dドライブは別のパーティション番号(A、Bドライブなど)になって
いますがクローンに成功したディスクはPCに実装すればブートデバイスのあるディスクが
ちゃんとCドライブとして認識されるはず。

しかし、CもDもPCにSSHDを実装すると全く見えない。。。

こうなったら、パーティションを全部未割り付けに戻して、Windows10のクリーンインストール
をやろう!と思って、空にしたSSHDをPCに入れるも・・・ハードが認識されず。。。

この時点で「このSSHDとの相性問題だ」と諦めて、別のディスクをAmazonなどから
入手しようかと物色を開始しました。

そこで、初めて気づいたのです!

このSSHDが7mm厚のディスクだと!!!

ずーっと9.5mm厚のディスクしか購入していなかったのと、2TBもの大容量のHDDは
9.5mm厚だと思い込んでいたのです。

普通SSDなんかは7mm厚しかないのですが、ノートPC用のHDDは9.5mm厚。
これじゃ、スペーサで7mm→9.5mmに変換しないと、コネクタの接触が不安定に
なると気づいたのです(←遅すぎ。。。)

スペックに気づき、手持ちのノギスで測ると・・・ぴったり7mm厚!(笑)

ということで、スペーサを手配してそれが届くのを待っている、という状態です。

まだまだ続きます。
では。

関連記事:
HDDクローン作業の失敗の原因について(その1)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その3)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その4:まとめ)

HDDクローン作業の失敗の原因について(その1)

ご無沙汰しています。
この間、何をやっていたかを一言で言うと、
ハードウエアのクローン失敗により、多大な時間を費やしていた、
ということになります。

まずは何をしようとしたか、から。
やりたかったことは、HDDをSSHDに置き換えすること(クローン)です。
過去に何度もやっていて、本当に簡単な作業だったので甘く見ていました。

それが、泥沼のような時間の掛かる、本当に骨の折れる徒労だったと後から気づきます。

まず、元のHDDはSeagate ST200LM003という2TB 2.5インチHDD。
これを有名なEaseUS Todo Backup Freeというアプリでクローンしようとしました。
ターゲットHDDはST2000LX001

Sdsc00885_trim

<第一の関門>
エラーが発生。
ディスクに問題があるような、途中で停止してしまい、一回断念。
その後、他のAOMEIなど使ったりするも、HDD入れ替えてもBOOT DEVICE NOT FOUND
のようなエラーが出て、ブートしてくれません(>_<)

ググってみてもどうも自分のケースにヒットしない。。。

そのうちに、元のHDD自体もブート不能に。。。。。。。
仕方なく、Windows7(注1)から有償でWindows10ライセンスを買い、ISOイメージをディスク
に焼いて、何とか奇跡的にリカバリに成功!!!
(何とここまでかれこれ1週間以上も要しています。)
注1:過去にクローンを作った時の古いHDDからPCを立ち上げたという顛末

もうこの時点で仕事が増えているわけです。
元々不安定ながらも動いていた元のHDDの復元作業が発生したからです。
ただ古いWindowsはWindows.oldのようなフォルダにあるので、移行はムーブでしかも
同じパーティションだったので時間はあっという間でした。

<第2の関門>
EeseUSでのエラー原因を確認するために、EaseUS Partitionマスタをつかって
ディスクのエラーチェックをしたら・・・何とディスクエラーが!

Windowsの再起動を何度かして修復処理をしてエラー解消

そして、昨晩から今日まではEsse US Todo Backupに再挑戦!
結果は・・・
何と!成功しているではないですか!

一気に期待が高まるも、HDDを交換しても現象変わらず ORZ...

長くなったので次回に続きます。

では、また。

関連記事:
HDDクローン作業の失敗の原因について(その2)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その3)
HDDクローン作業の失敗の原因について(その4:まとめ)



2016年12月 8日 (木)

あら大変。今度はGalaxy S6で爆発事故か?

おっと、今度はGalaxy Note7ではなくGalaxy S6での爆発でしょうか?

飛行機内でGalaxyが爆発。リコールされたNote7ではなくS6 (すまほん)

まあ、最近のリチウムイオンバッテリの大容量化、急速充電、小型(薄型化)というのは
ハード設計のハードルを高くして、より安全マージンが減る方向、良くない方向に
移行しているように思えます。

しかも、デリバリ(製品出荷)の納期を煽られ、厳しい開発工程の中で評価を十分に
行い、母数を確保して信頼性データを積み上げるというプロセスは非常に難しいと
容易に想像できます。

それにしても参ったなぁ。。。

Note7だけならまだしも、他機種でも発生するとは。。。
個人的には前にも書きましたがGalaxy, Galaxy Ⅱ, Galaxy Note2, Galaxy S4と
使ってきて満足度も非常に高いスマホだっただけに、非常に残念。

爆発して原形をとどめない、この手の焼損事故は解析が本当に難しい。
外部からの過剰(異常)なストレスにより内部にダメージを受けた可能性、
つまり使用上の問題なのか、部品単体の製造工程の問題なのか、
設計的にバッテリに過剰なストレスが加わる問題なのか、切り分けが難しい。

しかし、Note7の回収で幕引きを図って根本原因調査がどうなっているのか
さっぱりわからないサムスン(三星)の対応には不信感が募ります。
(先にも書きましたが、調査が非常に困難を極めるのはエンジニア的に
 理解できますが。。。)

とにかく、根本原因の特定に注力して、信頼回復に努めて、他のスマホ
メーカへの注意喚起、水平展開が行われる解析を勧めて欲しいです。

では。



カジノ法案とギャンブル依存症を結びつける愚の骨頂

某大手新聞の社説にカジノ法案がわずか6時間で可決されたこと、ギャンブル依存症などの
問題についての議論が足りないような記事が載っていました。

これっておかしな論理では?

そもそも、ギャンブル依存症という問題があるのならパチスロ(パチンコ&スロット)、
公営競馬、競輪、ボード等々、ギャンブルと言われるものは依存する/しないは
別の問題でしょう?
なぜ、カジノだけやり玉に挙がるの?

別にカジノ法案に賛成というわけではありません。

競馬、競輪等はまだしも、パチスロは何十兆円もの産業でありながらなぜ無視するのか?

ご存じの通り、パチンコ店内では現金換金できません。
しかし、その外で換金できるようなシステムがあるのですから。
しかも、そのパチスロ関係に警察関係者が天下りしているという、半ば半分目をつぶって
黙認している法の抜け穴を利用した巨大なギャンブルが既に相当長い年月
この日本では平然と行われています。

パチスロに熱中して、クルマの中の幼児を熱中症で死なせた事例、借金をしてまで
パチスロですったお金を取り戻そうとするという事例。
もちろん、非合法(限りなくグレーな)なギャンブルですからメディア等でも
大きく取り上げられないのです。

その問題を無視して、数百億円のカジノがギャンブル依存の心配があるなんて
マスコミ自身がメディアの真の「報道の自由」という憲法で保障された権利を
放棄している
のではないのでしょうか?

なので、この社説は噴飯(ふんぱん)物ではないでしょうか?

何が言いたいかと言うと、早い話、パチスロをカジノの一部としてちゃんと合法化するか
警察との癒着問題にきっちり法のメスを入れて欲しいのです。

こういうダブルスタンダードは世界のスタンダードから逸脱している、まだまだ
後進国という日本という悪いイメージを残す、問題だと思っています。

堅い話ですが、本音と建て前という綺麗事で論理展開する社説を書く某新聞社に
怒り心頭なのです。

では。



2016年12月 7日 (水)

中性脂肪激増&危険値?余年10年か?

先日血液検査をしました。
結果、中性脂肪値が正常値39~149[mg/dl]に対し、1338[mg/dl]!!!

余命、あと10年位でしょうか。
早速精密検査をする必要が出てきました。

医者には色んなアドバイスを頂きました。
過去の人間ドック(毎年受診)での値は200くらいなので、今回がいかに異常か!
そりゃ、大大大ショックですよ。

まあ、とにかく食生活の改善、軽い運動の継続、くらいでしょうか今のところは。
初めて自分の血液の状態が重篤なことを知り、日頃の不摂生を深く反省するという
有様でございます。

これから、どうすれば改善するのか、確認(実験?)していきます。
はぁ。。。
参りましたねぇ。。。

では。


2016年12月 4日 (日)

ダイエットコーラについてあれこれ思うこと

体脂肪が気になる方へという悩ましいセリフで普通のコーラよりも割高価格で
販売されているのがダイエットコーラ。

その2大ブランドがキリンのメッツ・コーラ(Mets Cola)とペプシのペプシ・スペシャル
(PepsiSPECIAL)ですがこれらについてちょっと思うことがありまして。。。

Spc040308

Spc040309

まずメッツ・コーラですが、これ、初めて買った時にすぐに体脂肪が減ったので
「えーーー!」っと驚いたのを覚えています。
さすがは特保(特定保健用食品)認定品の成せる技なのか?

暫く飲み続けていましたがある時期から止めました。
理由は、仕事の合間に飲んでいると夕方頃に非常に空腹感、血糖値の低下のような
目まいのような感じに襲われるようになったからです。

後で知ったのですが、これらのコーラは食後に飲むべきもののようです。
あくまでも食事の時の脂肪吸収を抑える効果がある、というもののようです。

さて、止めた後に再び体脂肪が気になり、ダイエット・コーラに戻ってきました。
しかし、メッツ・コーラはアマゾンのレビューにもあるように、マイナーチェンジで
味が薬品臭のような微妙な味になり、正直あまり飲みやすくなくなりました。

そこで、ペプシ・スペシャルに変更。
こちらは、逆に飲んでも全然体脂肪が減りません注:個人的な感想です。

暫く(1ケース=24本)飲んだ後に、再びメッツ・コーラに戻ってきました。
今、家には1ケース分、メッツ・コーラが積まれています。。。

Spc040305飲みやすいペプシスペシャル

Spc040306クセのあるメッツ・コーラ

まずいと言えばそれまでですが、体脂肪が減ることを期待しています。
マイナー・チェンジで味が変わっただけで、体脂肪減らす効果は変わっていないと
信じて。。。

ところで、これらのコーラには砂糖の代わりに「アスパルテーム」と呼ばれる
いわゆる人工甘味料が使用されています。

実は、最初にメッツ・コーラを止めた時に、この人工甘味料って体に悪いんじゃないか、
と疑ったからです。

実際に安全性については、まさに放射線被曝のようなもので、どこまでの摂取が
本当に安全なのかは、個人差もあるでしょうし、まだはっきりしていません。

食品会社からの圧力なのか、マスメディアもこの問題について触れようとはしません。

砂糖(特に白砂糖)は精製しているので有害(多量摂取の場合)と言われて久しいです。
でも本当でしょうか?

またゼロカロリーというのは完全なゼロではなく、ある数値未満ならゼロと表示して
良いというルールから完全にカロリーがゼロ、という訳ではないということも知っています。

何が言いたいかといえば、この手の加工された製品は過剰摂取は控えるべきかなと。
何だかんだ言っても、自然にあるものがリスクもあるけど安全性が高く、加工されたものは
安全と言われても多少のリスクをケアしながらうまく摂取するのがいいのかなぁと。

1ケース分飲んで人体実験してみようと思います。
果たして、また血糖値低下のような激しい空腹感に襲われるか、体脂肪はちゃんと
減るのかどうか、他に体調に異常は起きないか、等々。

では。



« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

関連サイト

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ