« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

Huawei Mate9 ショート・レビュー

うーむ、なかなかいい感じかな。

Overview (クリックで拡大表示)

Camera (クリックで拡大表示)

ネット上での評判が良かったファーウェイ(Huawei)のMate9というSIMフリー端末。

ざっくりと他機種(Huawei P9/Huawei P9 LITE)との比較を書くと、
・第2世代のLEICAカメラ
・ディスプレイの大型化(5.9型)
・メモリ4GB、ストレージ64GBに増強
・Android 7.0(ヌガー)

感じたことをざっくり書きますと
・カメラがP9は上部横並びだったデュアルレンズが指紋センサ付近に縦並びに
 変更されたため、指紋センサと誤ってカメラレンズを触る確率が増えた。
・ディスプレイの大型化、メモリ増量のせいか、バッテリ容量も増えているが
 バッテリ減りが早い気がする。
 (P9 LITEが一番減りが少ない気がします。)
・狭縁ディスプレイのおかげでサイズの割には持ちやすい。
・大画面はやっぱり迫力あります。

カメラが売りなのでしょうけど、しょせんはスマホ。
でも光学手ぶれ補正も追加されていて、AFもP9よりは早い気がします。
P9. P9 LITEもスマホとしては綺麗な方なので、不満は普通に使うには少ないかなぁと。
但し、やっぱり大きくて少し重いので、片手でシャッターを切るのは容易ではありません。

ファーウェイのカメラのシャッター音は小さめでiPhoneよりは好感が持てます。
(まあ、どちらも日本仕様の困った点なので、海外モデルだと無音なんでしょうけど。)

デザインは、P9などと同様に「どこかで見たことのあるような」デザインですが、
質感はうまくまとめていると感じます。
裏面と表面のHUAWEIロゴが無ければ、中華スマホとは思えないでしょう。

P9同様にNFCが付いています(P9 LITEには無し)
WiFiも5GHzのac対応(P9も同様。P9 LITEは2.4GHzのみ)

こうして比較してみると、改めてP9 LITEはバランスが良く、コスト・パフォーマンスが
非常に高い良いモデルだなぁと感じます。

Mate9はスペックはもちろんいいんですけど、他の2台と比べるとやや高いかなぁと。
まあ、それでもハイエンド機としてはiPhone等と比べてかなり割安なのかもしれませんが。

MateはAndroidのバージョンのせいか、UIのEMUIのせいなのかわかりませんが
横向きにするとアイコンも横向きに回転してiPhone6 Plus/iPhone7 Plusのような
配置に変わります。(タブレットのような感じ)

よく、iPhone7 Plusとの比較動画などがありますが、どちらも十分速い。
アプリの起動の速い/遅いという比較はナンセンスで、どちらも実用上問題なさそう。
(重いゲーム用途は除く。)

一つだけ気になるのは、iPhoneでBluetoothペアリングしている時には切れなかった
音楽が時々切れることがある点。
これはもう少し様子を見ようかと思います。
iPhoneは本当に細かいところまで、完成度が高いのでこういう点などでの不満は
本当に少ない、問題が少ないのがやっぱり人気機種ならではなのかなと。

長くなりましたが、簡単にレビューしてみました。

では。

関連記事:
【レビュー】Huawei Mate9ベンチマーク結果
撮り比べ(SONY DSC-RX100/Canon G7XMK2/Huawei Mate9)
大きなスマホ、Mate9のスリップインケースを探して・・・
Huwaei Mate9 売れてます!
なぜスマホは大型化してきたのか?---大画面は体験すると戻れない



2017年1月25日 (水)

Huwaei Mate9 売れてます!

最近、ファーウェイ関連記事ばかりなんですが、やっぱり気になる大型スマホ、
Huawei Mate9ですが価格が高いのに売れているようですね。

以下、価格comのランキング情報

Mate9 (画像クリックで拡大)

ちなみにランキング2位には同じくHuaweiのP9 LITEが入って、こちらも健闘中。

P9_lite (画像クリックで拡大)

個人的には今のP9/P9 LITEの5.2型ディスプレイサイズが小さすぎず、大きすぎずで
持ち運び、グリップ片手持ちなどでのベストかなと。

でも、第2世代のLEICA LENS、より大画面、大容量バッテリのMate9もスペック的には
興味がありますねぇ。

あとは、P9/P9 LITEのようにしばらくして値下げしてくれないかなぁ。。。

レビューの評判も良さそうで、気になる端末ではあります。

話が変わりますが、また怪しいメールが来ました。
今までなかったことなので、やっぱりちょっとHuawei端末登録時にメアドを入れているのが
影響している(漏れている?)のではないかと疑いたくなります。

極力、同意文章には情報リークしないように選択を非選択にセレクトしたつもりだったんだが。。。

こういう点、中国製端末には何となくリスクを感じるのも事実。

しかし、Huawei、完成度高く、値段は低め、レビュー関連記事への提供の多さ、
さすがに日本を重要視しているのがヒシヒシ感じられます。

では。

関連記事:
【レビュー】Huawei Mate9ベンチマーク結果
Huawei Mate9 ショート・レビュー
大きなスマホ、Mate9のスリップインケースを探して・・・

スマホ買いましたがiPhoneじゃない物にしました・・・(Huwaei P9 Liteレビュー)
Huwaei P9 Lite、2日目の印象(レビュー)
久々のAndroid端末の進化に感動。。。(Huawei P9)
新しいAndroidタブレットを追加(Huawei MediaPad M3)

2017年1月23日 (月)

新しいAndroidタブレットを追加(Huawei MediaPad M3)

iOSのタブレットはちょいちょい購入していたのですが、Androidタブレットはそうですねぇ、
多分Nexus7(2013)以来買っていなかったかも。

できれば、10インチ程度、つまりiPadくらいのサイズのタブレットが第1候補でずーっと
物色してきたのですが、どうも値段とスペックで満足できる物がありませんでした。

そこで、購入したのは8.4インチのHuawei MediaPad M3。

Mediapad_m3

このタブレットを選んだ理由は、ディスプレイの解像度(2560 x 1600)、LTE付き、
指紋センサ付き、音が良い(Harman Kardon)とヘッドフォン(AKG)が良さそうだったから。

プレミアムモデルで、内蔵64GB、microSDカード追加可能。
プレミアムモデルは保護カバー(上記写真)、AKGヘッドフォンが付属。
液晶フィルムも付いていましたが、サイズがぴったり過ぎて上手く貼れずに棄却しました。

ディスプレイは、そうですねぇ、感動する程綺麗!ということはありませんでした。
iPad Air2のディスプレイの方が綺麗かも。

でも、音、サウンドについてはもう大満足の製品!

上下にスピーカが付いているので横向きにするとちゃんとステレオになり、
iPad/iPad Air/iPad miniつまりiPad Pro以外のiPadしか所有していない自分には
大きなアドバンテージと感じられました。

音の質もタブレットとは思えないくらいに良いです。
これは嬉しい。

惜しいのは、やっぱり画面がちょっとだけ小さいので没入感という意味ではiPadサイズに
一歩及びません。

付属のヘッドフォンは素直な音質でとっても聴きやすく、普段SONY製イヤフォン(ヘッドフォン)
を使っている自分ですが、とてもイイと感じました。

LTEのSIMカード(nanoSIM)の実装時にトレイとの関係がちょっと微妙だったらしく、
最初、SIMを認識できない不具合が発生。
何度か慎重にやり直したら、何とか接続確立できました。
個体差かな?

タブレットは片手で左右、つまり幅方向をグリップできるのでこれは良いですね。
重さは310gでカバンに入れても軽い感じがします。

指紋センサはHuawei P9などと同様に瞬時に反応しますので超快適。
押し込むタイプのiPad Air2はカバー開閉時に指紋ロック解除が超面倒でPINに
変えて、ロック時間変更して、結局指紋センサは使わなくなりましたが、
MediaPad M3の場合は軽くタッチするだけなのと反応速度が速いので、本当に
快適です。

動作もAndroid 6.0ですが特に引っ掛かりも無く動作しています。
ゲームなど重い作業は基本しないので問題無いと思っています。

事前にわかっていたことですが、なぜだか、chromeなどがタブレットモードで認識せずに
スマホモードの画面に遷移するようで、ここはマイナス。

自分はDolphin browserを使うので簡単にPC表示とスマホ表示を変えられるので
問題無いと思っていましたが、YouTubeをコメント表示できないようなので、
やっぱりちょっと不便かも。
(iPadのSafariでYouTubeを開くとコメント表示可能。)

気になったのでNexus7で確認するとDolphin browserでもちゃんとYouTubeは
PCのようにコメント表示されていましたので、やっぱりMediaPad M3がタブレット
認識できていない問題のようです。
(Huwaeiの独自UI EMUI 4.1のせい?)

まあ、色々気になる点もあるけれども、便利なツールであることは間違いないです。
願わくは、Nexus7やP9のようにNFCもあると嬉しかったかも。

使用第1日目の感想でした。

では。



2017年1月19日 (木)

LINE 安全認証をかたるフィッシングメール(詐欺情報)

今日、いきなり怪しいメールが来ました。
タイトルは「LINE-安全認証」
本文は以下の通り。
お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために 、ウェブページで検証してお願いします。

 

こちらのURLをクリックしてください。安全認証

 

www.line.me/

で、このwww.line.meなんですが偽装されていて別のURLにリンクされていました。
(下図、左下にURLが表示されます)

Url (クリックで拡大)

LINEの正式URLはhttps://line.me/ja/
ところが上記の偽サイトは http://www.linelinei.me/ となっています。

Link

で、ログインしようとするとエラーが発生する。
これでメールアドレス+パスワードを盗むようです。

ちなみに http://www.linelinei.me/ について調べてみました。

Domain (クリックで拡大)

Website Title:系统发生错误                                           
で、これを翻訳すると・・・

Translation(クリックで拡大)
【システムエラーが発生しました】

その他情報の抜粋:

Registrant Name: yan zhongzheng
Registrant Organization: yanzhongzheng
Registrant Street: shanxigujiao
Registrant City: lvliangshi
Registrant State/Province: shanxisheng
Registrant Postal Code: 030200
Registrant Country: CN

出た、中国サイト。

うーむ、メールアドレスがどこかからリークしたのか?

思い当たるふしは・・・そうだHuawei(中国、ファーウェイ)のスマホ買ったなぁ、
gmailのアドレス入れたなぁ。。。
そこからメールアドレスがリークした???


可能性は否定できません。

後で、「LINE 安全認証」でググると、出るわ出るわ、フィッシング詐欺情報が。。。

ということで巧妙な詐欺メールが流通していますので、ご注意ください。

では。

久々のAndroid端末の進化に感動。。。(Huawei P9)

また病気が発症してきた。。。

Android病(?)復活でHuawei P9を触っています。
勝手な想像でP9 Liteと同寸だと誤解していましたが、明らかにP9の方がコンパクト。

まあ、何がいいなぁと思ったかと申しますと、カメラですねぇ。
デュアルレンズのLEICA監修というのは知っていましたが、ディスプレイの見やすさも
ディスプレイの大きさ(5.2型)も含めて、カメラ撮影体験を根底から覆してくれます。
(もちろん、良い意味で。)

コレ、ホントにコンデジ、売れなくなるよね。。。

デフォルトのカメラアプリでも、各種マニュアルモードの設定が簡単にできたり、
ワイドアパチャーモードでフォーカス(f値)を事後に変更してぼかし量を変えたり
フィルタは当然各種あったり、まあ、とにかく使っていて楽しい。

光学手ぶれ補正は最近のMate 9にはあるけど、P9には無い。
そこがちょっとコツがいる点。
でも、AFもスマホにしては早いと思うし(要は許容範囲内)、写真自体もいかにも
スマホって感じではなく、コンデジっぽい出来栄えに感じました。

そう、そんなに引き延ばして目を凝らして神経質になって見なければ、スマホ画面で
綺麗、それでもう十分なんじゃないかな、と。

カルチャーショック。。。

今時のコンデジやレンズ交換型カメラにはスマホ連携のWiFiとかNFCとかがデフォルトで
付いていて、それはそれで連携できるんですけど、やっぱりかったるいですよね。

今、その瞬間、写真をぱっと撮って、素早くシェアしたい、というニーズに応えるのは
スマホしか無い。極論を言えばホント、そう思えますね。

また、中国製のカメラらしく、自撮り(セルフィー)も強力!
(注:中国人はセルフィーの綺麗に撮れるカメラが人気でカシオが人気だそうです。)

おっさんの顔が、美肌モードにデフォルトでなる(!!!)という仕様にはもう
笑うしかない。

美肌モードもレベル可変で、「これは女子向けに売れちゃうんだろうなぁ・・・」と
再認識しました。

そう、やりすぎでも、盛っても、とにかく、セルフィー強力。
こういうことは、アップルはやらないでしょうね。

アプリの種類、動作、その他諸々(例えばiTunesやApple Music、Podcast等)が
アップル、iPhoneの強みで否定はしないし、これからも使っていくつもり。

でも、Android端末も使っていて楽しい。これが最近強く再認識したこと。

P9も昔のAndroid端末のように熱くなったり、動作が次第に重くなる、ということが
ほとんど無くなり、とにかく快適。

先日ブログにも書いたけど、指紋認証は笑うほど高速で、iPhoneよりも快適なんじゃないか
とすら思えました。

おまけに、カメラも突起が無くて、デザインも(どことなくiPhone5s系のパクリっぽいけど)
質感も高い。

それでいて、お値段、45,000円ほどで新品が買えちゃう。
Type-C USBケーブル、Type C- MicroUSB変換コネクタ付属。
液晶フィルム(ちょっと小さいのが残念)、リア保護カバー付き。

元々通信関係のハードを開発しているだけあって、LTEの通信も問題無い。
驚いたのは、P9 LITEには無いNFCが付いていたこと。
(スペック表に記載がなかった。)

早速、Suica Readerを入れたらちゃんと残高&履歴参照できちゃったし。

防水やおサイフは無いけど、au以外のSIMなら(=ドコモとY!モバイルらしい)
そのまま使えるSIMフリー機なので海外でもきっと便利でしょう。

長々書きましたが、久々のAndroidは新鮮。
たまには、Androidで遊ぶのも悪くないなぁと感じた次第です。

では。

関連記事:
【レビュー】Huawei P9ベンチマーク結果
Huwaei P9 写真サンプル・・・カメラのポテンシャルはどうか?

Huawei_p9



2017年1月18日 (水)

Huwaei P9 Lite、2日目の印象(レビュー)

大分、使い込んできましたので、第2日目の印象をレビューしたいと思います。

カメラですが、思ったよりも良さそうです。
画面が大型(5.2インチ)で綺麗なのでそう思うのかもしれませんし、レタッチやフィルタ
機能の確認も見やすいので、SNS投稿などを使う人には結構イイんじゃないかなぁと。
AFのスピードはちょっとまったりしていますが、きっちりと合わせに行きます。
但し、手ぶれ補正(光学手ぶれ補正)が無いので、両手でしっかり、ブレないように
撮影した方がいいでしょう。

まあ、いずれにせよ、それほど期待するものでなかったのですが、普通に使う分には
記録用としてはもう十分ではないかなと思いました。
(少なくとも持っているSONY CyberShot DSC-WX350よりは使えるかなと。)

次にやっぱり指紋センサの速さ。
触るだけでロック解除されるので、今までのiPhoneのホームボタンを押す+指紋認証
よりは数段早いです。

願わくは、フロント面に指紋センサがあれば、机に置いた状態でのロック解除が
できるので、個人的にはフロントの方が嬉しいですが、持った状態での解除という
設計ポリシーなんでしょうね。

屋外での画面の視認性については未確認です。
噂では見づらいそうなので、ピーカン天気の日にでも確認したいですね。
(ピーカンだとiPhoneでもやっぱり苦戦するのですが。。。)

一番残念だったのは、オーディオ関係。
どの音楽アプリを使っても、スピーカ音、ヘッドフォン経由の音、Bluetooth経由で
聴いた音、どれもフラットではなく、うわん、うわん、と高低が揺れるような不安定な
感じ(微妙な表現ですみません)がして、非常に聴きづらいと思いました。

この点は歴代のiPhoneの音質や他のAndroid(Galaxy)よりも劣っていると感じました。
HuwaeiのHPの製品特徴では音が良いとの記載があっただけに、もう少し努力して
欲しい点です。

なので、せっかく大画面でビデオ動画を観ようという気がやや薄れます。
残念。。。

画面が大きいので4X5でアイコン整列できてやっぱり使いやすいです。
ゲーム等の重いアプリを使わない人なので、動作に不満はありません。

タッチパネルの感度が時々不安定になるのは、少しだけ気になります。
ハード側のCPUによるフリーズなのか、タッチセンサの感度の問題なのか・・・

独自UIは良い点としてiPhone(iOS)ライクにアプリのアンインストールが簡単な点、
悪い点は通常のAndroid端末よりカスタマイズしにくい使いづらさですかねぇ。

バッテリの残量%表示ができないので(今の所)、ウィジットを入れて胡麻化しています。

あと、バッテリの持ちは本当にイイです。
本体の省電力設計+大容量バッテリの組み合わせが非常に効果的です。
1日は全く問題無く使えそうです。
最近、iPhone6のバッテリの減り、残量を気にするほど何もしなくても減っていく傾向
が気になっていたので、この点は評価していいかと思います。

デザインも2万円台のFull HDディスプレイ品とは思えない程、質感は高いです。
(どことなく、iPhone5/5sのパクリっぽいのですが。)

マイナー機種なので(iPhoneとの比較ですが。。。)アクセサリ関係を探すのが
一苦労です。

まあ、とにかく、久々のAndroidワールドを楽しんでいます。

では。

関連記事:
スマホ買いましたがiPhoneじゃない物にしました・・・(Huwaei P9 Liteレビュー)
【レビュー】Huawei P9 LITEベンチマーク結果

2017年1月16日 (月)

スマホ買いましたがiPhoneじゃない物にしました・・・(Huwaei P9 Liteレビュー)

気の迷い、でしょうか。
Huwaei P9 LITEを購入しました。

お値段は26,000円+10%ポイント還元。
後から気づいたけれど、AmazonだとOCNの音声SIMセットで買う方が安かったですね。

で、1日使っての感想、レビューを。。。

良い点:
値段が安い。
サクサク動く点。
タッチパネルの感度。
指紋センサが劇速!!!
デザイン
FULL HDのディスプレイ。
SIMフリー
液晶フィルム&リアカバーが付属

 

残念な点:
ヘッドフォン、スピーカの音質がイマイチ
USB端子(MicroUSB)ががたつく点
付属のUSBケーブルとの嵌め合いがイマイチ
カメラはP9と違って平凡な出来(P9はネット上のレビューを参考にしています)

最初、これだけのスペック、特にディスプレイがFULL HDなのがお得感満載でしたから
売れるのは当然かなぁと期待していました。

確かに格安SIM(MVNO)との組み合わせで基本的なアプリ(SNS系等)を使う分には
全く不満はないでしょう。

内蔵ストレージが16GBなので、アプリも容量を取る物(辞書系、地図系)は入れないで
音楽、動画は外部ストレージに逃がすという運用をしています。

久々のAndroid端末。
過去はdocomoモデルの白ロムだったので、一番残念なのはワンセグやNFC/おサイフ
(Felica)が使えない点がやっぱり痛い。
逆に余計なドコモアプリがプリインストールされていないのは良いです。

何といっても一番感動したのは、事前情報でも知っていたけど実際には予想の斜め上だった
指紋センサの感度の良さ!!!

これは本当にストレスフリーで、本当に凄い!

大き目の5.2インチのディスプレイだけど持ちやすいので動画コンテンツを観るためには
それなりに使えそうな気がします。

後は、モバイルルータの代用(テザリング)としてもいいかな。

バッテリ性能も優秀そうで、ガンガン使っていても全然熱くならないのは凄いです。

そろそろ新型が出るような気がしますが、なかなかコストパフォーマンスの高い1台ですね。

では。

関連記事:
Huwaei P9 Lite、2日目の印象(レビュー)
【レビュー】Huawei P9 LITEベンチマーク結果

2017年1月15日 (日)

モバイルルータはAtermとOCNセットのアマゾン・タイムセールがお得

知る人ぞ知る、定番のNEC AtermモバイルルータとOCN モバイルONEパッケージとの
セット販売が時々、アマゾンのタイム・セールで激安販売されます。

なので、モバイルルータを欲しい、という人にはお勧め。

特に、昨年Aterm MR05LNという新機種が出た影響で型落ちとなったMR04LNの
割引販売が時々発生します。

先日はプライム会員限定でしたが、元々は24,000円位の定価、通常アマゾン価格で
約19,800円が何と!7,100円で販売されていました

ツイッターに情報が上がった直後に覗いたら、完売になっていました。
が、その前になぜか(?)カートに入れていたらしく、7,100円でルータ&クレードルを
ゲットしてしまいました。。。

クレードル2,000円だから本体は5,000円ほどですね。うわぁ、安い。

型落ちになったけど、SIMがnanoSIMでなくてMicroSIMだったり、キャリアアグリゲーション
(CA)が3本が2本になったり、バッテリ駆動時間、SIM2枚の切り替え時間がそういう点の
変更なので、格安SIMなどで使う場合にはSIMフリーでau mineo回線なんかも
使えるということから、まだまだ現役バリバリの機種だと思います。

ということで長くなりましたが、アマゾンは時々やるタイム・セールでルータを安く買うのが
お得なのかなぁ、と。

では。

2017年1月14日 (土)

ニフティの買収報道。買うのは何と・・・?

この報道は意外でしたねぇ。。。

ニフティの個人事業買収へ=250億円、富士通と調整-ノジマ (時事通信)

ノジマと言えばご存じの通り、家電量販店。
記事によると、ニフティは現在富士通に完全子会社化されて、個人向け、つまり
いわゆるISP(インターネットサービスプロバイダ)としての部門を切り離そう、売却
しようとしている状況。

現在私はこのブログもそうだけど、ISPとしてニフティさんにお世話になっています。
スマホなどの携帯無線通信によるインターネットの接続時代、ADSLやダイヤルアップ
などによる接続は激減。
光などの固定回線というのは、ある程度まだ大丈夫かもしれませんが、ISPと
契約するというユーザは今後、人口減も含めて増加の見込みは少ないのではないかと
推測されます。

ノジマさんがどれだけ、今後、ニフティに肩入れしてくれるのか?
非常に興味深い反面、不安な気持ちもありますね。

では。



2017年1月 8日 (日)

iPhone7効果?Bluetoothヘッドセットが売れている?(SONY MDR-EX31BN)

昨年購入していた、SONY MDR-EX31BN、今日見ると価格COMのランキング1位です。

Kakakucom (画像クリックで拡大)

これ、実は昨年購入していた(当然iPhone7発表、発売前)のでその時の記事を参考に。

【買い物】SONY BluetoothヘッドセットとNFCについて(MDR-EX31BN)

事前予想通り、iPhone7/iPhone7 Plusはヘッドフォン端子を削除して来ました。
当時の予想は本体の薄型化だったと思っていたのに、全然薄くなっていない、謎仕様

と思ったら、Appleから純正のBluetoothヘッドセットのAirPods MMEF2J/Aというものが
発売されていて、これが意外にまた売れている模様。

18,000円もするのに、さすがはアップルブランド。。。
一方の私が愛用しているMDR-EX31の方は7,000円程度です。

NFC搭載云々を昨年のレビュー時には書いていますが、何とApple Payなんて日本向けに
Suica(Felica)搭載するなんて予想外でびっくりでしたが、Androidに付いている純正のNFCは
iPhone7にはあるのかな?(多分無いと思っているのですが・・・?)

昨年は、Bluetoothのペアリングを毎回やり直さないといけないと愚痴っていましたが
最近、iPhone5sをオーディオプレイヤーとしてこのMDR-EX31と組み合わせている際には
全く問題無く、ヘッドセットのONとiPhone側のBluetooth ONだけでペアリングが完了して
便利に使えています。

ちなみに、iPhone5sはiOS10に上げています。

音については、PopsやRock系なら全然問題ないですね。
元々、ヘッドセットにそれほどの音質を期待していないタイプなので。
(古い、オーディオファン=いいアンプ+いいスピーカで聴く派)

話は戻りますが、この製品売れているのも当然かなぁと思いますね。
価格手頃でノイズキャンセリング付き、音質は多分Appleよりはましだろうし、
音量調整、曲飛ばし、停止・再生操作をリモートでできるのはやっぱり便利。

iPhoneのボリュームだと音の微調整ができない欠点も補完してくれるので愛用中。

残念なのは、なかなか後継機が発売されない点かなぁ。
SONYはハイレゾ路線に力を入れているけど、こういう地味な製品もしっかり開発して
欲しいなぁと。

ちなみに、バッテリの持ちも普段使いでは全然気になりません。
未だにバッテリ切れということを経験していないので、気づいた時に充電するだけで
良いようです。

残念なのは前回も書いた、LED光が眩しい点。
黒のビニールテープ(電工用)を小さく切って、貼って少し眩しくないよう工夫しています。

個人的には数ある買い物の中で生き残っている良い買い物のグループになりますね。

では。



2017年1月 7日 (土)

【悲報】G9X、型落ちモデルになる。。。(Canon PowerShot G9X)

今、新型カメラニュースラッシュ。
こんな記事を発見。

キヤノン、「PowerShot G9 X Mark II」を海外発表 (デジカメWatch)

え、昨年の夏に買ったばかりなのに、もう新型になっちゃうんですか・・・?

見た目は、まんまG9Xと同じ。
中身の変更点は画像処理エンジンがDIGIC 6→DIGIC 7となり、PowerShot G7X Mark2と
同じになるようです。
あとは、Bluetooth対応だとか。。。

何か、今のG9Xのスペックである程度完成形だと思っていたので、この変更はちょっと疑問。
だって、別に処理速度とか、SONY RX100なんかと比べるとCanonはサクサクですもの。

それならむしろ、望遠倍率が少し伸びるとか、そう言った光学系の進化が欲しかった。

今でも45,000円位とそんな安くないのに、これでまた値上げだと・・・ねぇ。。。

あまり使わないうちに型落ちになって、ますます手放しにくくなりましたので
これから使い込んで行こう!

では。

関連記事:
【レビュー】Canon PowerShot G9X
Canon PowerShot G9X...


2017年1月 2日 (月)

【解決】iTunesでiPhoneのバックアップができない、消える!不具合?

それは突然の事でした。
ある日、いつものようにiPhoneのバックアップをiTunesで行おうとしたところ、
どうやっても保存できないことに気づきました。

環境はWindows10。
過去のバックアップデータを参照すると、見事に全て見えなくなっています。
(iTunes→編集→設定・・・ から参照できます。)

Device_env_settting (クリックで拡大)

ネットをググると
C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync
の配下にBackupというフォルダがあり、そこにバックアップデータが残るとのこと。

見ると、確かに日付は更新されているフォルダーはあるのです。。。

Backup_folder こんなイメージ

そこで、どうしたか?
まず、このBackupフォルダを丸ごとコピー。
そして、Backup配下のフォルダを全て削除。

その後、iTunesを再度起動して、iPhoneを接続してバックアップをすると・・・

Good (クリックで拡大)

何と、できました!!!

念のため、設定情報も確認しました。

Device_env_settting_ok (クリックで拡大)

ちゃんとデバイスからバックアップが見えるようになりました。

原因はわかりませんが、取り敢えず、これで様子を見ようと思います。

補注:
バックアップが取れない間はiCloudによるオンラインバックアップとMacのiTunesを
使ってバックアップしました。
別に思い当たることが無いので、原因不明で気持ち良くないですね。

では。



2017年1月 1日 (日)

【訃報】渡辺和子シスター、天に召される

作家でも最近有名になった渡辺和子姉妹が12/30に89歳で天に召されました。

彼女は好きな作家の一人で、ベストセラー「置かれたところで咲きなさい」以前より
愛読していました。


私が彼女の著作に出会ったのは「愛をこめて生きる」でした。


最初、買ったけどあまり読まなかったのですが、仕事でうまく行かないことがあって、
異動して、新しい仕事をやっていて、その時にこの本に書かれてあったことが
非常に心に沁みました。

正直、泣かされました。

自分の苦しみ、というものに意味がある、そう考えることができた、貴重な体験でした。

ネットでググれば彼女の経歴もわかるでしょうから、ここでは省略しますが、
この死を知って、「ああ、彼女も天に召されて、天から私たちを見守ってくださるんだ」
という思いで、悲しさよりも、何だろう、ほっとしたような、そんな気持ちでした。

キリスト教について知識が無いと、ちょっと理解できない部分もあるかもしれませんが
私たちの生き方について、とても有益な助言があるので、一読されてみてはいかがでしょう。

では。

2017年(平成29年)になりました。

普通の人だと「新年あけましておめでとうございます」となるのでしょうけど、
世の中には喪中で年賀状を出せない人、熊本震災で被災された方々、
先日の新潟糸魚川市の火災の被害に遭われた方、など決して「めでたくない」
という方もいらっしゃると思うので、上記のようなブログタイトルとしました。

自分の経験談を1つ。

実は、子供の出産とほぼ同時期に父親の死を迎えたことがあります。
周りの人たちは、出産おめでとう、って言ってくださるのですが、
肉親の死で喪中だったので、正直、辛かったですねぇ。。。

今思えば、貴重な体験でした。

さて、皆様、2016年はどのような年でしたでしょうか?

世界は不透明感が増した年だったと、私は思っています。

イギリスのEU離脱、アメリカでのトランプ氏の大統領選勝利などなど。
今年は何が起こるか、誰にもわかりません。
トランプ氏だってメディアは予想外の結果だったわけですし。

エンタメだってSMAPが解散したり、PPAPピコ太郎という人が突然有名になるなど
激しい変化の年だった気がします。

ネットやIT関連では以下のサイトに興味深い記事がありました。

15 technologies that died in 2016 (PC World)

Pebble、Samsung Galaxy Note7、Vine、Google Nexus Phones、Firefox OS、
Intel Atom for smartphones、Apple Thunderbolt displays、Picasa、などなど。

これも時代の流れなのかと思う反面、過酷な、ダイナミックな流れ、急激な
世界の変化をつくづく感じさせられます。

さて、今年は何を目標にしましょうかね?

皆様は何か、目標を立てましたか?

今、自分はうつっぽいので、なかなか思うようにいろんなことができないのですが、
少しづつでも、回復すればいいかなぁ、運動したりして健康に気を付けたいなぁ、
なんてぼんやり思っています。

長くなりましたが、今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

関連サイト

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ