« 打倒サムスン(三星)だった東芝の転落。。。(フラッシュ売却) | トップページ | 【新製品】Huawei P10はP9を超えたのか? »

2017年2月20日 (月)

今度は売れるか?- トヨタの挑戦(プリウスPHV)

トヨタのPHV(プラグイン・ハイブリッド)がモデルチェンジしたそうです。

トヨタ、“PHVこそこれからのエコカーの主流”新型「プリウス PHV」発表会
ゲストの石原さとみさんが“給電初体験”
 (Car Watch)

Phv_ishihara_satomi (Car Watchより)

絶好調のアクアなどのハイブリッド車の影に隠れて、今一つぱっとしなかったのが
プリウスPHV(以下PHV)。

「2代目プリウスPHV」、大刷新に込めた野望
トヨタがHVの次を見据えて本気モードに
 (東洋経済)

トヨタは2012年にプリウスPHVの初代を発売したが、これまでの販売台数は日本で約2万2000台。年間3万5000台~4万台の目標に遠く及ばなかった。(東洋経済より)

これによると初代は不発だったようですね。
でも、今回はリベンジを目指して大きくモデルチェンジしているようです。

新型プリウスPHVの国内での月間販売目標は2500台。国内販売担当の村上秀一常務役員は「初代プリウスPHVの5倍強の台数拡大を目指している。事前受注は8000台ある」と意気込む。「普及してこその環境だ」との思いがあり、外観や機能性が大幅に向上したものの、初代と同程度の最低価格で300万円水準に抑えた形だ。ただそれでも最低価格は通常のプリウスより約80万円高い。価格差に見合った価値を伝えようと、人気女優の石原さとみさんをテレビCMに採用するなど宣伝活動にも力を入れる。 (東洋経済より)

カタログを入手しましたが、これがまた気合が入っています。

Phv

私はトヨタ車、レクサス車についてトヨタがどれくらい本気なのかをいつもカタログを
見て感じています。

今回のこのカタログ、厚さもそれなりにありますので「気合モード」ですね。
上記の写真なんかは表紙なんですが、写真ではわかりにくいですが、文字(PHV)と
車体の写真はシールのように貼り付けたような造形になっています。
手触りが違うのです。

白い部分もよーく見るとラメ加工のようにキラキラしています。
凝っていますね。

中身もPHVの魅力について存分に、しかしとってもわかりやすく解説していました。

ただ、やっぱり私を含めた一般消費者にはプリウスとの差異というのが今一つ
わかりにくい商品なんだろうなぁと感じます。

PHVって何?
多分、大多数の人が「めんどくさそう」とかよくあるEV(電気自動車)のように
充電しないといけないから使い勝手が良くないんじゃないか、設備投資が必要
じゃないのか、と想像するでしょう。

そうなんです、そこがとってもわかりにくくて、普通のハイブリッドのプリウス、アクアと
何がそんなに魅力的なのか、購入動機となるのか、お財布にやさしいのか、
環境にやさしいのか、その差別化が見えないのでしょう。

高速充電可能で、インフラ(充電ステーション)がもしも充実したらEVでいいはず。
だけど、それがまだ技術的、社会インフラ的に難しいからPHVにしてガソリンでも
走るようにしている、というのが中途半端なんでしょう。

普通のハイブリッド車はガソリン車なのに燃費が良くて、騒音が少ないなどの
メリットがありながら、価格差が普通のガソリン車とあまり大きくないので
普通のガソリン車よりハイブリッドが人気なのでしょう。

実際にプリウスなどに乗ると、多少高くてもあの静かさは大きなセールスポイントだと
思いますし。。。

トヨタにとってPHVは燃料自動車(FCV)のために必要なプラットフォームなんでしょう。
でも、そういうメーカ都合というのは、結局ユーザには響かないんですよね。

これとは逆のアプローチで成功したのが日産ノート。

バカ売れ 日産「ノートe-POWER」に「欠点」はあるのか 購入前に知っておきたい「ポイント」
(J-CAST)

EV(電気自動車)のメリット、加速性能などを大きくアピールしながら、小型車に
収めたところ、日産のEV リーフからの技術転用なんでしょうね。
そこ、つまり、EVの運転体験が革新的だったということをユーザに理解させた点、
使い勝手がEVと違いガソリンにより発電させるという発想が成功のポイントだったと
思われます。

ガソリン車の使い勝手の良さ、プラスEVの運転の楽しさ。

多分、販売価格も大きな差なんでしょうね、プリウスPHVとの違いは。

長くなりましたが、宣伝に女優石原さとみさんを起用して、ネット広告もバンバン
流しているプリウスPHV。

果たして、認知度、注目度は高まり、販売は上向きになるのでしょうか?
非常に気になります。

では。



« 打倒サムスン(三星)だった東芝の転落。。。(フラッシュ売却) | トップページ | 【新製品】Huawei P10はP9を超えたのか? »

自動車」カテゴリの記事

関連サイト

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ