« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月22日 (土)

【レビュー】NB-13L互換バッテリ(Powerextra)

Canon G9X/G7X/G7X Mark2などの純正バッテリNB-13Lの互換バッテリを購入したので
簡単ですがレビューします。

Amazonではこんな感じ。

Screenshot_1

で、届いたのはこんな感じ。

Package1 (クリックで拡大。以下同様)

Package2

純正品と比較してみました。(上が純正品、下が互換品)
Comparison1

Comparison2

この写真を見るとわかるのですが、純正品と互換品では仕様が若干違います。

純正品:定格電圧 3.6V 容量 1250mAh
互換品:定格電圧 3.7V 容量 1600mAh

普通互換品の方が容量が少なかったりするものですが、何故か互換品の方が大容量。

デジタルマルチメータで電圧を測定してみました。

純正品:約3.67V
互換品:約4.11V (共に無負荷状態での測定。SANWA製マルチメータ使用。)

ちなみに、使えたかどうかですが、手元のG9X, G7X, G7X Mark2全て問題無く使えます。
よくある純正でない物だとバッテリ残量がわからない、ということを聞くのですが、
そのような事も無いようです。

通常、電池容量は電圧降下、つまり電圧値をモニタしていると思われますので
定格電圧が高めのこの互換バッテリだとバッテリ残量低下は遅めになるのかな、
と思います。

さて、このPowerextraというバッテリメーカ、意外に評判は悪くないようです。
前述の通り、梱包も箱に入っていますし、バッテリ端子保護ケースも付属していて
よくある怪しげな(新品か不明な物)よりはまともそうです。

何より純正品が5,000円以上するのに互換品が2,000円未満で買えるのは嬉しい。
自己責任ですが、一応PSEマークも付いているので国内で安全に使用できるのでは
ないかと思っています。

あと充電はCanon純正の充電器(Battery charger CB-2LH)で問題無く充電できました。

では。



2017年4月15日 (土)

プロはiPhoneでも綺麗に撮る(田中みな実、渡辺達生)

TBSラジオ、「ガスワンプレゼンツ 田中みな実 あったかタイム」に写真家の
あの渡辺達生氏が出演して田中みな実の写真をiPhoneで撮ってました。

Img_2315300x400 source

そこで一句。
「プロはiPhoneでも綺麗に撮る。アマは良いカメラでも平凡な絵になる」

渡辺達生先生のアドバイス。
「とにかく寄る」

上の写真なんか、ホント、自然な女性の美しさをさりげなく引き出していると
思いませんか?

写真は奥深いなぁ。。。

では。

情報提供元:TBS 田中みな実 あったかタイム

2017年4月 9日 (日)

【サンプル】Canon PowerShot G7X Mark2 レビュー

簡単ですが、撮影サンプルを。 (クリックで拡大表示)

Img1

Img2
Img3
Img4
Img5
Img6
Img7

撮影はAモード、F2.8で撮っています。
室内でもそれなりに綺麗かなと思いますが如何でしょう?

G7Xからの変更点としてAUTO NDフィルタ機能が追加されました。
G9Xにも付いていますが、この日のようにピーカンの晴れの日でもNDフィルタを
意識しないで気楽に撮影できるのは、室内/屋外と行き来するようなケースでは
実に便利な機能だなぁと痛感しました。

逆にカメラの腕が高くて、自分で色々カスタマイズしたい、NDフィルタのOFF/ONも
手動でしたい、という場合には手動のOFF/ONもできます。

平凡な町中スナップばかりですが、無難な仕上がりかと思います。
万人にお勧めできるのではないでしょうか。

マリオカートの写真だけ望遠が足りなかったので、その部分をトリミングして拡大
した写真になっています。
まあ2,000万画素もありますので、切り取っても十分実用レベルではないでしょうか。

本格的に写真にこだわりたいという人はマニュアルモードなど、設定を細かく変えれば
もう少し個性的な写真が撮れると思います。

でもコンデジってやっぱり、ぱっと取り出して、さくっと撮影するというニーズがメインかと。
そういう意味でやや大きいけど、十分コンパクト(OLYMPUS XZ-2なんかと比べると)
なのでとても使いやすいカメラだと思いました。

EVF(ファインダー)が無いので明るい屋外でのモニタの視認性は大丈夫かなと
思ったのですが、液晶パネルも特に気にならない感じで合格点かなと。

コンデジにしては高価ですが、売れている理由がわかる気がします。

では。

関連記事:
(今更ですが)Canon PowerShot G7X Mark2レビュー
撮り比べ(SONY DSC-RX100/Canon G7XMK2/Huawei Mate9)


2017年4月 8日 (土)

パスポートを更新しました(10年ぶり)

10年ぶりの更新です。

Passport

以前はパスポートセンターという所にわざわざ行って更新。
そりゃもうパスポートセンターって言うくらいですから、人が多い多い。

ところが最近、パスポート業務の権限移譲が市役所に渡されたようで、
自分の住んでいる市役所でパスポートの更新ができるようになっていました。

グッジョブ。

必要なのは写真(3.5X4.5mmかつ制限の厳しい証明写真)、身分証明(旧パスポートが
ある場合には不要)だけ。
私の場合、本籍地が変わったので、戸籍抄本を準備する必要があったのですが
そこは市役所、おなじ場所で書類を取れます(超便利!)。

細かい申請用紙を記入して、窓口に提出。
平日だったので(まあ市役所ですから)、そんなに人もいなくてほとんど待たずに
写真チェック、書類チェックが終わって引き換え用紙をもらいました。

帰りに収入印紙を国と県用にそれぞれ購入。
もちろんこれも市役所内で。
10年パスポートなので計16,000円。

会社での出張用(と言っても予定は無いのですが、突然の出張対応のために
会社では取るように言われています)なので、写真代、抄本代、印紙代は全て
経費申請しました。

申請から何も無ければ1週間後から受け取りができるというので、早速受け取りに。
本人確認のため、氏名、生年月日を聞かれたり、出来た新しいパスポートの名前
表示が合っているかなどの確認後、無事パスポートを貰いました。

中身は前と全く同じ。
前のパスポートはパンチ穴が開けられて使用不可に。

期限が5月まであったのに、申請するとその日から(4月)になるんですね。
運転免許証とは違うので、なるべく引っ張って遅めに更新する方がいいでしょうけど
パスポートは国によって残りが3か月とか無いとダメというケースがあるので
期限切れの半年前くらいから申請しておくのが良いでしょう。

10年で海外に行ったのは2回。
中国と米国。

果たして今後、どこかに出張行くのかしら?
何はともあれ、一つ仕事が終わってほっとしました。

また、申請(更新)も市役所でできるようになり利便性は本当に向上しましたね。
あわよくば、写真もその場で撮影してくれるともっと楽なんですけどね。
(運転免許証の更新のように。)

では。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

関連サイト

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ