« 【朗報】OLYMPUS Tough TG-5発表される(デジカメ) | トップページ | 【悲報】今の4Kテレビは4K放送が見られない? »

2017年5月18日 (木)

本当に意味があるのだろうか?(東京五輪リサイクル金メダル)

史上初!東京五輪リサイクル金属でメダルを (日テレ)

関東の方なら首都圏ネットワーク(NHK)などの報道で既にご存知かと思いますが
2020年東京オリンピックの金メダルのために、携帯電話約2000万台分の金属を
回収するプロジェクトが行われています。

東京五輪メダルを携帯電話で!3万台突破 (日テレ)

上記は本日(2017/5/18)の状況。
テレビでも報道していましたが、何でしょう、本気で2000万台もの携帯電話等の
電子機器を回収してリサイクルするつもりなのでしょうか・・・?

まず現在の3万台に対して、目標まで約666倍もの端末等が必要ということ。
それと、誰がどれだけのコストを掛けて2000万台もの電子機器からリサイクルを
してくれるのだろうか、ということ。

メーカに勤める人なら、物を作る(=メダルを作る)のに普通の材料を安く購入して
アセンブリ(組立、製造)する方がコストが確実に安く品質が安定したものが作れると
肌で分かっています。

そもそも、リサイクルとは、消費者が最初に金属を「分別」してくれないと、話に
ならないのに、リサイクルボックスにポンと投入するだけなんて、どうして?と
思わずにはいられません。

当然、一般消費者の方がきちんと金属を分別できる訳が無く、産業廃棄物処理
業者に委託しないと効率が悪いです。
(装置、手順、等々)

つまり、リサイクルというととてもエコロジーな印象を持たれますが、費用が掛かる
ただでさえ設備負担費用問題が話題になっている東京五輪。
何で、こんなお役所の思いつきみたいなことを本気でやっているのだろうか?
それで2020年のオリンピックに間に合わせるにはいつまでに目標達成しないと
いけないのか、スケジュール(工程表)は立てているのだろうか?

本当に大丈夫なのか、と都民ではないですが心配になります。

確かに、「私のケータイがオリンピックのメダルになると思うと嬉しい」という人情は
よくわかります。共感できないわけではありません。

ただ、物作り、という観点から見て、「それってどうなの?」と思わずにはいられません。

心配しすぎでしょうか?

では、また。

« 【朗報】OLYMPUS Tough TG-5発表される(デジカメ) | トップページ | 【悲報】今の4Kテレビは4K放送が見られない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関連サイト

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ