« Apple Watchは1台のiPhoneに何台ペアリングできるか? | トップページ | iPhoneの最大のライバルはiPhoneか? »

2017年9月10日 (日)

【レビュー】Huawei Watch 2 (Android Wear)

今回はAndroid用のスマートウオッチ。
Huawei(ファーウェイ)Watch 2です。

AndroidのウオッチはAndroid Wearと呼ばれますが、アップルのApple Watchシリーズが
四角形であるのに対し、こちらは普通の時計の様に円形のモデルが多い気がします。

まずは、起動。
自分は初代のApple Watchしか知らないので、こちらの起動時間は物凄く速い気がします。
(普通のスマホの電源OFF->ONのような感じ)
Apple Watchも次のSeries 3(仮称)ではきっと速くなるんでしょうけど。

この製品はApple Watchよりも安いのにIP68対応(防塵、防水)、GPS、WiFi対応
しています。
私が気が付かなかった、見落としたのは国内で販売されているのはLTE SIM未対応
だった
という点。
国際版はSIM内蔵できるようにスロットがあるので当然国内版もあると思い込んで
いましたが、ありませんでした。
残念。。。

日本ではまだそれほど売れないだろう、という判断なんでしょうね、未対応な理由は。。。
Huaweiの通信技術力であればテクニカルな問題では無いでしょうし。

さて、一番面白いなぁと思ったのは、画面が完全にOFFしない仕様なこと。
まずは以下の写真にあるように、点灯時はこんな感じ。

Huawai_watch2_on

数秒経つと、スリープモードになります。
こんな感じ。

Huawai_watch2_off

OFFでもちゃんと時計として機能しています。
この処理は賢い。
以前、Apple Watchのところでも書きましたが、真っ暗なディスプレイが
常時表示されている時計というのは寂しいものです。
こっちはそんなことが無い、これはアドバンテージかと。

あと、よく言われているように、ウオッチフェイス(文字盤)の種類がストアに
豊富なこと。
正直多すぎて選びきれません。。。

本体は、ステンレスよりも6倍硬いと言われるセラミック製とのこと。
でも、言われなければ樹脂、プラスティックだと勘違いするでしょう。
Apple WatchはEditionがセラミック製で14万円位するはずなので
こちらの方がお買い得なのかな?

バンドはアマゾンのレビューでも酷評されているように安っぽいですが
スポーツモデルなので、これはこれで十分な気がしました。

文字盤を囲むように、文字が刻印された部分は、Samsung Galaxy Gearと異なり
動かない仕様です。

さて、円形ディスプレイの使用感ですが、正直文字情報がやっぱり読みにくいです。
仕方ないことですが、こうなるとApple Watchの四角形のディスプレイが正義だと
再認識させられました。

マップは当然ながらGoogle Mapでそこそこ速い(Apple Watchと比較して)。
でも、やっぱりこんな小さなディスプレイでは使おうという気になれません。
GPS内蔵ですが、方位の認識はスマホと比べてはいけないレベル。

使えそうなのは、Googleの音声認識。
Siriよりは賢いので、アラーム設定なんかは音声でやると便利。
アラームの比較ですが、Apple Watchは音が優しい音なので気づきにくいですが
Huawei Watch2は結構しっかりした音なのでこっちの方がいいです。

Apple Watchもアラーム音を変更できるといいのですが、そのような設定は
iPhone側の設定にも無いのでWatch OS 3.0台では設定不可のようで残念。
ちなみに、Huaweiの方も音の変更はできない模様。

心拍計など一通りのヘルスデータのサポートはApple Watchと同様。
前にも書きましたが心拍計はやっぱりあるとついつい測ってしまいます。

スマホで音楽を再生すると、時計側に情報が表示されるのは便利。
自分はONKYOのアプリを使うのですが、Google Playアプリでの再生でなくても
反応するのには感心しました。

気になる点は、タッチセンサの感度がいまいちな点。
上述の音楽再生時などに設定を変えようとしてもタッチ反応が無い場合が多々。
これは、センサの感度と言うよりも実はCPUの処理系が追い付いていないのかな、
とも感じます。
時計のアプリとかだと反応は問題ないようなので。。。

全体的な印象ですが、Apple Watchはリストバンドを変えることでカスタマイズする
時計ですが、Huawei Watch 2は文字盤をカスタマイズすることで自分だけの時計
にする、というタイプの時計です。

そうです、こっちは本当に時計だと思います。

決して安くは無いけれども、Fitbitなどが2万円近くすると思えば、それほど
割高でも無いし、機能的には一通り揃っていて便利かと。

では。

注意:
公式サイトにはiOSでも使えるような仕様記載ですが、購入したマニュアルでは
iOSはサポートしない、みたいな書き方になっています。
当然のことながら、iOS用のアプリも無さそうなので、Android端末持ちの人向け
の製品である点に注意が必要です。


« Apple Watchは1台のiPhoneに何台ペアリングできるか? | トップページ | iPhoneの最大のライバルはiPhoneか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ