« 驚き!イーオンがKDDIの傘下になっちゃった!(英語) | トップページ | もはやコンデジはオワコン?iPhone Xのカメラ性能が凄い »

2017年11月25日 (土)

2017年、個人的に今年唸った製品たち

今年ももう11月の末。
色んな散財をしましたがその中で印象深い商品、製品を上げたいと思います。

1. Apple Watch Series 3
元々、Apple Watchを使ってなくて、初代Apple Watchを初めて使ったのが今年。
それ自体も感動だったんですけど、Series 3は動作(起動、アプリの反応等)が
劇的に速くなり、実用的になりました。

2. Apple AirPods
これは、最初懐疑的だったけど、完成度が非常に高い製品でした。
音も聞きやすいし、第一、他社の完全ケーブルレスヘッドフォンよりも
遥かに通信安定性が高い。
通信が切れたり不安定にならないのは、あの長めのアンテナが役立っているのでしょう。
充電の仕方も今や、他社が真似するくらいすっかりスタンダードになりました。
快適さも含めて、感動した商品。

3. Apple iPad Pro 12.9(第2世代/2017モデル)
初の12.9インチモデルはとにかく、大画面の良さ、画質、音質ともに良くて
なおかつアプリもサクサクなので、超快適。
また、高速充電対応もされていて、使いやすくなりましたね。
残念なのは高速充電器+ケーブルが別売りな点。

4. Huawei Mate9
昨年発売されたモデルですけど、今年になり少し安くなり、コストパフォーマンスが
非常に高い製品。
サイズはiPhone8 Plusなどと同じくらいなのに、FHDの5.9型ディスプレイと
狭縁筐体、背面のラウンドで持ちやすい。
カメラの出っ張りも無く、指紋認証は爆速。(タッチで反応)
Android 7になり、□ボタン長押しで画面分割(要対応アプリ)ができたり、
スピーカが2つあり、ステレオで、しかも音質がスマホのくせに良かったり。
背面カメラもフラットでしかもデュアル+Leica監修。
デザイン、質感とも、アップルに肉薄しています。
反応も機敏で本当に凄い。
数多くスマホ持っていても、これだけはいつも持ち歩く一台。
おまけに高速充電対応の充電器とケーブルも付属しているというサービス。
(ケースなんかも付属している。)

5. Huawei Mate M3 8.4
スピーカの音が良くて、コンパクトサイズなのにLTE SIM挿せるので
気楽に持ち歩けるのが良い。
ディスプレイも綺麗だし、とにかく便利。
欠点はYouTubeがタブレットモードでなくスマホモードと認識されてしまう点。

6. Huawei P9
これも昨年の製品ですが、サイズ感がとにかくジャストフィット。
iPhone8より大きく、iPhone8 Plusよりもコンパクト。
Leica監修のデュアルレンズも搭載。
それでいて価格も安くてMate9同様、コスパの良いモデル。
スピーカはステレオで無いのがやや残念。
端子はUSB-TYPE Cだけど高速充電未対応。
(後継のP10は対応したみたいだけど。)

7. Bluetoothスピーカ(JBL CHARGE3など)
モバイルバッテリとしても使える大容量バッテリ+防水というスペックで
持ち運びに便利だし、ACケーブル不要で数時間音楽聴き続けられるのは
やっぱり便利。
音もそこそこいいし、1万円台だったけどもう少し安いAnkerなどのスピーカも
それなりに鳴るのでおすすめ。
最近はTurn On radioで曲を流しっぱなしという生活スタイルが定着。

Img_0330

8. iPhone8/iPhone 8 Plus
新しさを感じたのは背面がガラスになった点くらいでしょうか。
話題はすっかりiPhone Xに取られた感じで地味なモデル。
中身はしっかり進化しているけど、iPhone7からの変化が一般には
わかりにくいのが残念ですね。
高速充電に対応しました。(またも充電器とケーブルは別売り。)

これにあるように、タブレットはAppleの勝ち、スマホはHuaweiの勝ちかなぁというのが
偽らざる気持ち。

iPhone Xでホームボタンを無くした!とのことだけどその代わりの操作が
わかりにくくないだろうか?
確かにスマホを使い込んできたレビューワーは数分で慣れるでしょう。

でもホームボタンは元々Android OSには無い。
(サムスンにはあったけど。)
◁(戻る)〇(ホーム、長押しでGoogle起動)□(履歴、長押しで画面分割)と
シンプルです。

通知パネルは上からスワイプで通知情報とWiFiのON/OFF切り替えができる。
ガジェットでWiFiなんかは一発でホーム画面からON/OFFできる使い勝手の良さ。
アイコンを下に配置できるので大画面でも手の届く下の方にアイコン配置できるので
その気になれば片手操作も可能。

暫くAndroid端末使っていると、本当にシンプルで使いやすいと思うようになりました。
昔のiOSはシンプルだったから、それはそれで良さがあった。
でも、通知は上から(iPhone Xは左上から)、コントロールパネルは下から(iPhone X
は右上から)呼び出すとか、Siriの起動のためにサイドボタンを長押しする(iPhone X)
とか、Androidの方が画面のタッチだけで完結する分、シンプルになり、iOSは
統一性が欠けて複雑になった感がします。

今後、動作をどのようにまとめていくのか(iOSのX版と従来版、スマホとタブレット版)
気になるところです。

では。

« 驚き!イーオンがKDDIの傘下になっちゃった!(英語) | トップページ | もはやコンデジはオワコン?iPhone Xのカメラ性能が凄い »

Apple アップル関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ