« もはやコンデジはオワコン?iPhone Xのカメラ性能が凄い | トップページ | 「FREETEL」プラスワン・マーケティング民事再生法申請について振り返る »

2017年11月30日 (木)

ちょっと待って。Huawei Mate10 Proの意外な欠点とは。

Huawei P9 Lite/P9/Mate9と持っているのでMate9の後継機のMate10 Proの
日本発売、発表を待っていました。

先日、発表されたスペックは想定通りだったのですが、実は残念な点が。

AI対応チップセットで新たな可能性を開く「HUAWEI Mate 10 Pro」
 (ケータイWatch)

上記記事より一部抜粋します。

ただし、国内でのVoLTEについては、今のところ、ソフトバンクのネットワークに限られており、NTTドコモやauのネットワークはVoLTE未対応(LTEによる通信は利用可能)という扱いになる。MVNO各社が利用するネットワークの状況を鑑みると、NTTドコモとauのVoLTEに対応しないということは、実質的にデュアルVoLTEは限られた環境でしか利用できないことになる。

せっかくSIMフリーでMVNOのSIM、大体はドコモ、もしくはauのタイプになるのですがそのドコモのSIMではLoLTEが使えないとは。。。

プレスリリースでは、高速移動中でも切れないというアピールをしていただけに
(理論的には)音質の良いVoLTEが非対応というのは残念ですね。

ちなみに、この欠点を許容できれば魅力的な機能が満載。
・防塵防滴仕様
・Huawei独自の急速充電対応(しかもAC/DCアダプタ付属。iPhoneは別売り)
・RAM 6GB, ストレージ128GB。外付けmicroSD内蔵しない仕様。
 (iPhone 8はRAM 2GB、iPhone 8 Plusは3GB)
・F1.8というとんでもないスペックのカメラ(当然Leicaブランド付き)
・実売価格88,000円程度とiPhone Xよりは割安感あり。
 しかもMVNO各社でも取り扱いありで、更に安く買える可能性あり。
・Huawei得意の購入後90日のディスプレイ破損保証、別名VIPサービスあり(無料)。
・Bluetoothでハイレゾのプロファイル(aptX/aptX HD/LDAC)対応

残念なのは先のVoLTE仕様とiPhoneのようにヘッドフォンジャックが無くなったことですね。

新しいAIチップというHiSilicon製Kirin 970は今後、P11(仮称)等のPシリーズの
後継機に搭載されると思っています。
なので、待てるなら来年まで待つのも手かもしれません。

9:18という縦長ディスプレイが流行りのようですね。
Androidは画面分割が簡単にできる(注:対応アプリのみ)ので使い勝手が良さそう。

では。

追記:2017/12/6
PC Watchか何かの記事でHuawei日本の方のインタビューでは
今後、ドコモもVoLTE対応をファーム更新で対応したい、との事。
期待して待ちましょう。

関連記事:
HuaweiヘビーユーザだけどMate 10 Proは薦めない理由。


« もはやコンデジはオワコン?iPhone Xのカメラ性能が凄い | トップページ | 「FREETEL」プラスワン・マーケティング民事再生法申請について振り返る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

関連サイト

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

管理者からのお知らせ

  • お手数ですが下記の「ブログ内検索」をご利用ください。 (iPod、iPad、iPhone、Mac、MacBook Air、Amazon Kindle Fire、Google Nexus7など気になるワードを入力してみてください。) また、以前のページ(http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/)にあるかもしれませんのでお手数ですが宜しくお願いします。
無料ブログはココログ